【クロノダイバーコンボ】リダン&PSYフレームロード・ラムダで毎ターンガンマをサーチ!

公開日: : クロノダイバー

どうも、『エクストラパック2019』収録テーマの中では「クロノダイバー」がイチオシな管理人です。

本日は、相性抜群と巷で噂の《クロノダイバー・リダン》《PSYフレーム・ロードΛ(ラムダ)》を使ったコンボの情報をお持ちしました。

毎ターン《PSYフレームγ(ガンマ)》をチャージできる通称【γチャージ】を華麗に成功させましょう。

SPONSORED LINK

毎ターンγをチャージ:ラムダリダンコンボ!

毎ターン《PSYフレームγ》をサーチする【ラムダリダンコンボ】達成の為の必要札は以下の通り。

  • PSYフレーム・ロードΛ
  • クロノダイバー・リダン

 

《クロノダイバー・リダン》の展開については問題ないと思いますが、《PSYフレームロード・Λ》を立てながら《クロノダイバー・リダン》を立てるとなると、構築段階からちょっぴり準備が必要になります。

《PSYフレームロード・Λラムダ/PSY-Framelord Lambda》 
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/サイキック族/攻1700
【リンクマーカー:左下/右下】
トークン以外のモンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は手札の「PSYフレームギア」モンスターの効果を自分フィールドにモンスターが存在する場合でも発動できる。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、このカード以外の自分フィールドの表側表示のサイキック族モンスターが除外された場合に発動できる。このターンのエンドフェイズに、デッキから「PSYフレーム」カード1枚を手札に加える。

 

ありがたい事に《PSYフレームロード・Λ》の素材指定は非常に緩い為、ランク4展開サポートをそのまま流用する事が出来ます。

主流なカードで言うと、《フォトン・スラッシャー》,《Emハットトリッカー》,《RR-シンギング・レイニアス》等は併用し易く、デッキの方向性も定めやすい事からオススメです。

あと、『エクストラパック2019』に同時収録されている「未界域」からレベル4の二種(モスマン,チュパカブラ)も結構オススメだったりします。

《未界域のモスマン/Danger! Mothman!》 
効果モンスター
星4/闇属性/昆虫族/攻1800/守 400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のモスマン」以外だった場合、さらに手札から「未界域のモスマン」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。お互いのプレイヤーはデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。

 

特に《モスマン》の捨てドローは、墓地効果の多い「クロノダイバー」と噛み合っており、当てられた場合も割とポーカーフェイスを貫けるのでオススメです。

《チュパカブラ》は初動で使うと「何も成果を得られませんでしたッ!」になってしまうので、採用する場合はモス3:チュパ2みたいな感じで採用すると丁度良いかも知れません。

展開の話題で少し話がそれましたが、本題はここから!ラムダリダンコンボの流れと強みをご紹介☆

クロノダイバーリダンの除外効果でラムダのサーチを誘発させる!

《クロノダイバー・リダン/Time Thief Redoer》 
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/サイキック族/攻2400/守2000
レベル4モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。相手のデッキの一番上のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):自分・相手ターンに発動できる。このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。その後、以下を適用する。
●モンスター:このカードをエンドフェイズまで除外する。
●魔法:自分はデッキから1枚ドローする。
●罠:相手フィールドの表側表示のカード1枚を選んで持ち主のデッキの一番上に戻す。

 

  1. 上記で紹介した展開サポート等を駆使して《PSYフレームロード・Λ》を展開
  2. 更に《クロノダイバー・リダン》を展開する
  3. 《クロノダイバー・リダン》の②効果で自身をエンドフェイズまで除外
  4. 《ラムダ》の②効果「エンドフェイズにPSYフレームカードサーチ」が誘発
  5. 《リダン》の素材(モンスター)を維持できれば毎ターン同様の流れを生み出す事が出来る

 

モンスター・魔法・罠の3つなら、モンスターが一番素材化し易い印象を受けました。各種「クロノダイバー」カードによるサポートを駆使すれば、毎ターンγチャージは割と容易いはずです。

《PSYフレームギア・γ(ガンマ)》の効果おさらい

 

《PSYフレームギア・γガンマ/PSY-Framegear Gamma》 
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星2/光属性/サイキック族/攻1000/守 0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分フィールドにモンスターが存在せず、相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、その発動を無効にし破壊する。この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

 

別にγ(ガンマ)縛りって訳ではありませんが、一番腐り難くメインに入れ易いのはγです。

発動条件(自分フィールドにモンスターが存在しない)も、《PSYフレームロード・Λ(ラムダ)》のおかげで無視できるので安心ですね!

魔法・罠が止めたいならδ(デルタ)やε(イプシロン)にお世話になりましょう!

クロノダイバー面白れぇぇぞ!

リダンの硬さは勿論、相手のデッキトップを素材にするという稀有な動きがクセになるテーマです。

相手のデッキの準制限や制限カードを運よくトップから掻っ攫えた時の楽しさと言ったら…もうッ…。

『イグニッション・アサルト』で新規が増えるのも決定していますし、自信をもってオススメできるテーマです。…始めるなら今ですぞ!!

関連記事:【クロノダイバー・スタートアップ効果考察】リューズからサーチ出来る展開札!墓地効果でパーフェクトリダン達成!《始まりは未来?》

関連記事:【クロノダイバー・レトログラード効果考察】レギュレーター1枚からリダン&カウンター罠盤面!これは良いカード!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ヴァレット・トレーサーとリチャージャーもクロノダイバーと相性いいですね。クイックリボルブ1枚からリダン出せて、リチャージャーの効果もピンチな時に使えますし。クロノダイバー面白いし構築自由度も比較的高いので、色々試してみたくなります。

  2. 匿名 より:

    未開域使うなら素直にジャッカロープツチノコでラムダ展開するのも特に先行では安定して良さそう

  3. 匿名 より:

    レギュレーター+SSできるモンスター1体からインフィニティ、ラウンチ、幻影霧剣構えつついけますね!
    ただアザトートや霧剣と妨害範囲が被ってしまうのでデルタを混ぜてもいいかもしれない…

  4. 匿名 より:

    仁王立ちもいれて懐かしの仁王立ちΩならぬ仁王立ちリダンを狙うのも面白いぞ!(俺だけ)

  5. ここの より:

    増G再録も決まったことだし、ループついでに翡翠の蟲笛使ってからリダンのデッキトップバウンスで増G封じも決めてみたい

  6. 匿名 より:

    ランクアップ目的なら紋章獣ユニコーンとかも使えそうなので面白いテーマだけどパーペチュアだけ高いのがなん

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【始原竜プライマル・ドラゴン付録「Vジャンプ12月号」購入感想】万物創世龍持ってねぇ!【ゲーム小話:デススト】

▲カズキング描き下ろしの海馬の表紙が目印! 本日発売(10/21

《くず鉄のシグナル》の安定運用は難しい?効果は強力だけど発動条件とサーチ手段の乏しさが気になります

2019年11月9日発売『DPレジェンドデュエリスト編6』に収

【@イグニスターデッキ】サイバース・ウィキッドが滅茶苦茶便利!バランサーロードとの相性が素晴らしい!

どうも!最近ちまちまと「@イグニスター」をいじっている管理人で

【進撃の巨人プレイマット&カードバインダー予約情報】巨人バージョンのエレンプレマカッコイイ【サプライの軌跡】

「進撃の巨人」シリーズより、ラバーマット、カードバインダー等の

【キャラクター万能ラバーマット サルゲッチュ & どこでもいっしょ 20周年・発売予約情報】管理人それぞれへの想いを語る【サプライの軌跡】

「サルゲッチュ」「どこでもいっしょ」の両タイトルがめでたく20

【ガガガガマジシャン】未来皇ホープ・フューチャースラッシュで8000ダメージ!エクシーズ汎用蘇生効果としても見所あります

2019年11月9日発売『DPレジェンドデュエリスト編6』に収録さ

【サテライト・ウォリアー効果考察】ウォリアー、シンクロン、スターダストを結ぶ超広範囲シナジー!動きをイメージするだけでワクワクします

2019年11月9日発売『DPレジェンドデュエリスト編6』に収

【E・HEROネオス・クルーガー】幻の融合「ネオス・ワイズマン」現る!《ネオスフュージョン》で楽々展開できるのが素晴らしい!

《ネオス・ワイズマン》と言えば、アニメでは融合モンスターであったに

→もっと見る

PAGE TOP ↑