【パワーコード・リンク収録の新カード達を徹底攻略】セグメンタル・ドラゴン結構強い説!

公開日: : 最終更新日:2018/01/13 サイバース

昨日(2017/12/9)発売されたストラクチャーデッキ『パワーコード・リンク』を色々と触ってみて感じた事や気付いた事を雑に書いていきます。

関連記事: 【パワーコード・リンクを使用した限定構築サイバースデッキレシピ】バックアップセクレタリー使いた過ぎて泣いた

やっぱり限定構築とかすると、枷の中で足掻くので普段見えないものが見えたりするもんだねぇ~

SPONSORED LINK

「パワーコード・リンク」収録新カードで特に気になった奴等

召喚権を使わないデッキの《セグメンタル・ドラゴン》結構強い説!

《セグメンタル・ドラゴン》
効果モンスター
星7/光属性/サイバース族/攻2600/守2400
(1):このカードはリリースなしで通常召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で通常召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。
(3):1ターンに1度、このカードが通常召喚されている場合に発動できる。表側表示のこのカードを破壊し、その攻撃力以下の攻撃力を持つメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

相手のトークン戦術や捕食植物を根こそぎやれる!

フリーチェーンだし弱いとは思っていませんでしたが、破壊できる範囲を考えると「やや器用貧乏なのかなぁ~」と実は考えていました。

…が、よくよく考えると攻撃力1300以下を全破壊でしょ…。

大体のトークン、【捕食セット(オフリス&ダーリング)】、他にカードの無い状況下での《ケルビーニ》等(メインモンスターゾーンなどでやや微妙)、結構倒せそうなモンスターがいたので少し評価を改めました。

通常召喚したという条件があるので召喚権を使わない・余るデッキ限定での運用がメインになりますが、先行でバックを背負いながら出すには結構頼もしいカードなんじゃないでしょうか?

一度召喚した後なら、《サイバネット・バックドア》や《聖遺物を巡る戦い》等でこのカードを除外して場に戻しても召喚したという事実は覆らないのでマックスパワーで①効果を使う事も可能です。意外と迷うところだと思うのでこの機会に覚えておきましょう!

《レディ・デバッガー》の特殊召喚を安定させる事でサイバースの初動は安定する

《レディ・デバッガ―》
効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキからレベル3以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

何を軸にしたらいいのか分からないアナタへ!

「サイバース」デッキってカード自体は多いけど何を軸にしたらいいのか分からないって人いませんか?

今回、《レディ・デバッガ―》というサーチャーが加わった事でその部分はグッと締まりました。

このカードを如何に展開し手札を整えその後の展開プランを組み立てる。今後の「サイバース」デッキの一つのベースとなるのがこのカードだと管理人は考えています。

《バックアップ・セクレタリー》
効果モンスター
星3/光属性/サイバース族/攻1200/守 800
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドにサイバース族モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

 

昨日の記事では、《バランサーロード》⇒《レディ・デバッガー》というプランを前面に押し出していましたが、その他のSS要因+《レディ・デバッガ―》⇒《バックアップ・セクレタリー》で【リンク3】を安定させるなどのルートも可能です。

このカードを展開するだけで《バックアップ・セクレタリー》のサーチ⇒特殊召喚が成立するのは単純に強みと言えるでしょう!

《サイバース・コンバーター》
効果モンスター
星2/光属性/サイバース族/攻1000/守1000
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドのモンスターがサイバース族モンスターのみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚に成功した時、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの種族はターン終了時までサイバース族になる。

 

勿論、同様の特殊召喚条件を持つ《サイバース・コンバーター》も重宝します。

《フレイム・バッファロー》は様々なカードとのシナジーを感じられる良いカード!

《フレイム・バッファロー》
効果モンスター
星3/炎属性/サイバース族/攻1400/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。手札からサイバース族モンスター1体を捨て、自分はデッキから2枚ドローする。

 

ストラクチャー内だけでも意外とシナジー満載でした

『パワーコード・リンク』収録カードだけでも《ガベージコレクター》、《A・ジェネクス・バードマン》の二種。

既存のサイバースサポートだと《サイバネット・バックドア》、《リンク・ディサイプル》のリリース等、汎用カードも含めれば、それこそ無数に存在します。

《ガベージコレクター》
効果モンスター
星2/風属性/サイバース族/攻 100/守1900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻し、手札に戻ったモンスターと同じレベルでカード名が異なるサイバース族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

このカードをどうフィールドに展開するかが課題にはなってきますが、《ガベージコレクター》と《フレイム・バッファロー》のシナジーにはやはり見所があるのでルート開拓する価値は十分にありそうです。

《ドングルドングリ》はレベル1便利枠に収まるスペックだと思う

《ドングルドングリ》
効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻 0/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分フィールドに「ドングルトークン」(サイバース族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 

特殊召喚するだけでトークン生成は破格の性能!!

《ワン・フォー・ワン》でリクルートするも良し、適当な効果で雑に手札から特殊召喚するも良し、墓地から蘇生するも良しの万能感。

《金華猫》のような効果を無効にしない蘇生効果を持つモンスター効果で蘇生すれば、それだけで【リンク3】相当の素材供給が可能ってのはかなり魅力的!

レベル1には多くの汎用便利枠モンスターが存在しますが、《ドングル・ドングリ》は、その一員となるに相応しいスペックを持つカードだと思います。

尻にUSBは伊達じゃないです☆

カード自体は悪くない コンセプトが圧倒的に伝わりにくいのが最大の問題

 

今回の新規もパッと見は地味なんですけど、持ちうるスペック自体はやっぱり最新カードです。
一つ一つ吟味しながら自分流のデッキを考えてきたいですね☆

追伸:色々と足らないストラクである事は紛れもない事実ですが、その足らなさが管理人に火をつけてしまいました。昨日のレシピでは全然物足りないので、次は既存カードプールを使った「サイバース」デッキのレシピを考えたいと思います。

あとライバル枠として「ヴァレット」もUPしたい(野望)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ネタデッカー より:

    サイバース、出来ればヴァレットデッキのアップを楽しみにしています。(熱望)

  2. カワセミ より:

    サイガジェでコレクター釣り上げて、
    コレクターの効果でサイガジェバウンスして
    レベル4サイバース族リクルート
    っていう手札消費無し召喚権のみ
    の展開ができますよ

    • 匿名 より:

      サイガジェは効果無効で蘇生なのでコレクター効果は使えませんよ!

      • 匿名 より:

        効果は無効なのでサーチはできませんが、手札に戻すのはコストなのでできるのでは?
        次のターンにサイバースガジェットを使い回せるって感じだと思います

        • 匿名 より:

          ガベージのテキストは「サイバース族モンスター1体を選択して発動できる。そのモンスターを手札に戻し~~」なので手札に戻すのはコストではなく効果ですね。故にそこまで相性が良いわけでもないかと。

    • cast より:

      ガベージはどうやって場に展開するかが課題ですね。競合が激しいのでつなぎのカードが欲しい所です。(いつかこういう動きが出来るようになると信じたいですね)

  3. 原子番号19番 より:

    魔術師オッドアイズとかでっ使ったらセグメンタル強そう

  4. 匿名 より:

    破壊する範囲がメインモンスターゾーンなのでケルビーニを破壊する状況はあまりないと思います

  5. 匿名 より:

    サイバースは今の所メインをサイバースで固める意味が薄いからなぁ…
    サイバース族リンク専用のライブラリアンが出れば…

  6. 匿名 より:

    盆回しはこの際大目に見て、有能な下級サイバースの加入を喜ぶしかないね。( ・3 ・)

    • 匿名 より:

      盆回しの記事あったのですね…。無いと思ってストラクの話題してるここにコメントしたんですが、蒸し返すようなコメントして申し訳ない! ( * ω * )

  7. にゃん より:

    下級サイバースはある程度揃ってきたからサイバースで統一することに意味があるリンクモンスターが欲しい。サイバースの素材指定はほとんど意味がないし…

  8. 匿名 より:

    ヴァレット是非見たいです。
    考えるほどにレダメスリーバーストがヴァレルロードより強いなぁと思ってしまうので管理人さんの構築が知りたいです。

    • cast より:

      逆に管理人はヴァレルロード意識しすぎて困ります。スリーバーストも本当に良い性能ですよねぇ

  9. Dirty Creap より:

    フレーバーテキストの軌跡も待ってるんだぜ…

  10. ここの より:

    バッファローはダメステ発動可能なのもありがたい
    これで門前払い張って直撃バウンスで自分をコストに2ドロー、って動きができる
    レベル3でドリルウォリアーの素材にしやすいし、個人的に最高です

  11. 匿名 より:

    小見出しのところがドングリドングルになってますよ

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

《エキストラケアトップス》の使い方・効果考察!エクストラをケアするトリケラトプス!?【ノーマルレアの軌跡】

『サベージ・ストライク』のノーマルレアは面白いカードが盛沢山ッ!

【リンクヴレインズパック2】収録カードリスト,当たりカードまとめ!テーマデッキにリンクと言う名の新風を!

『リンク・ヴレインズ・パック2』の収録カードリスト・当たりカー

《スリーバーストショット・ドラゴン》が今熱い!【守護竜】の動きを阻害せずにフル回転させる名脇役!

「守護竜」の登場で沸き立つドラゴン界隈。そんなドラゴン革命を支える

《ロスタイム》の使い方・効果考察:《ソウルチャージ》のコストを踏み倒せ!【ノーマルレアの軌跡】

『サベージ・ストライク』に収録された《ロスタイム》が、「これぞノー

《天空神騎士ロードパーシアス》効果考察:輪廻のパーシアスからの特殊召喚は必殺の輝き【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』特集第三弾は、「天空の聖域」で

【Vジャンプ12月号(ホワイトローズ・ドラゴン付録)感想・レビュー】アキデッキを作るなら必ずゲット!《ゲーム小話》

本日発売(10/20)『Vジャンプ12月特大号』を購入して参りまし

【サベージ・ストライク追加購入記録】20thシク《ヴァレルロード・S・ドラゴン》を求めて!

昨日、足りないデッキパーツを求めて行き付けのショップに行ったんです

《エーリアン・ソルジャーM/フレーム》効果考察:毒蛇の供物やゴルガーとのシナジー濃いですね!【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』特集第二弾は、昔からコアなファ

→もっと見る

PAGE TOP ↑