【サンダー・ドラゴンデッキ構築・相性の良いカード案】集めておくべきカードはこれだ!【沢山追記】

公開日: : サンダードラゴン

『ソウル・フュージョン』の発売も近づいてきましたので、収録テーマと相性の良いカード特集などをチマチマとはじめて行きます。

「集めておくべきカードはこれだ!」と偉そうに銘打ってはいますが、新たに出て来たテーマですし、正直手探りな所が多いです。

至らない所も多いと思いますので、そういう所はコメント欄でご指摘いただければ幸いです。

とりあえず「サンダー・ドラゴン」カードをザっと紹介しつつ、相性の良いカードの紹介に移行していきます。

SPONSORED LINK

「ソウル・フュージョン」収録「サンダー・ドラゴン」カード効果まとめ

「サンダー・ドラゴン」効果モンスター

新規収録される「サンダー・ドラゴン」モンスターの特徴としては、それぞれ2つの効果を持っている(いずれか1つしか使用できない)、①効果は手札から捨てて発動、②効果は除外またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動の3つが挙げられます。

いずれの効果も状況や流れが重要になる為、そこら辺に不都合が発生しないような構築・プランニングが必要不可欠です。

《雷源龍-サンダー・ドラゴン》 
効果モンスター
星1/光属性/雷族/攻 0/守2000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、自分フィールドの雷族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は500アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「雷源龍-サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。
《雷電龍-サンダー・ドラゴン》
効果モンスター
星5/闇属性/雷族/攻1600/守1500
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「雷電龍-サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「雷電龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」カード1枚を手札に加える。
《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》 
効果モンスター
星6/闇属性/雷族/攻2400/守 0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「雷獣龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」カード1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》 
効果モンスター
星6/光属性/雷族/攻1800/守2200
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「雷鳥龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分の手札を任意の数だけデッキに戻してシャッフルする。その後、自分はデッキに戻した数だけデッキからドローする。

 

唯一《雷劫龍-サンダー・ドラゴン》だけは上記の流れから逸脱した例外的存在で、カオス条件を持つ特殊召喚モンスターとなってます。

他の「サンダー・ドラゴン」モンスターと比べて少し地味なイメージはありますが、攻撃が通った際に得られるアドバンテージや相手エンドフェイズ発動のデッキトップorボトム操作は中々に面白いです。

《雷劫龍-サンダー・ドラゴン》 
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2800/守 0
このカードは通常召喚できない。自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、モンスターの効果が手札で発動した場合に発動する。このカードの攻撃力はターン終了時まで300アップする。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、自分の墓地からカード1枚を除外して発動できる。デッキから雷族モンスター1体を手札に加える。
(3):相手エンドフェイズに、除外されている自分のカード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキの一番上または一番下に戻す。

「サンダー・ドラゴン」融合モンスター

今年の夏は、驚異の相手だけ《ライオウ》効果、《超雷龍-サンダー・ドラゴン》と、簡単に出てきてやたら割りまくる《雷神龍-サンダー・ドラゴン》の豪華二本立て!

どちらも墓地のカードを身代わりにして破壊を免れるという疑似耐性能力を持っている為、破壊で対処しようとするとかなり厄介なモンスター達です。

自前の特殊召喚能力もかなり強力なので、想像以上にポンポン出て来ること間違いなし!

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》 
融合・効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2600/守2400
「サンダー・ドラゴン」+雷族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、融合モンスター以外の自分フィールドの雷族の効果モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。
《雷神龍-サンダー・ドラゴン》 
融合・効果モンスター
星10/光属性/雷族/攻3200/守3200
「サンダー・ドラゴン」モンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●手札の雷族モンスター1体と、「雷神龍-サンダー・ドラゴン」以外の自分フィールドの雷族の融合モンスター1体を除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):雷族モンスターの効果が手札で発動した時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード2枚を除外できる。

「サンダー・ドラゴン」魔法・罠カード

いずれも強力なカードですが、やはり注目は専用融合である《雷龍融合(サンダー・ドラゴン・フュージョン)》でしょうか?

「サンダー・ドラゴン」融合モンスターには自前の特殊召喚手段がある為、必ずしも必須という訳ではありませんが、やはりフィールド・墓地・除外されているカードという広範囲をリソース化できる融合カードは強力です。

雷族専用「ヒスパ」と呼ばれている《百雷のサンダー・ドラゴン》も注目の雷族汎用カードですぞ!

《雷龍融合サンダー・ドラゴン・フュージョン》 
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールド・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、雷族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから雷族モンスター1体を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
《百雷のサンダー・ドラゴン》 
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の雷族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。その後、その同名モンスターを自分の墓地から可能な限り特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。この効果で特殊召喚したモンスターがモンスターゾーンに存在する限り、自分は雷族モンスターしか特殊召喚できない。
《雷龍放電サンダー・ドラゴン・ストリーマ》 
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分の雷族モンスターの効果の発動は無効化されない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに「サンダー・ドラゴン」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。デッキから雷族モンスター1体を除外し、対象のカードを破壊する。

「サンダー・ドラゴン」と相性の良い集めておくと得するかもしれないカード

《サンダー・ドラゴン》

《サンダー・ドラゴン/Thunder Dragon》 
効果モンスター
星5/光属性/雷族/攻1600/守1500
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「サンダー・ドラゴン」を2体まで手札に加える。

 

コストとして華々しい活躍を見せて来たキミが、遂に主軸となって戦う日が来るのか…(感無量)。

スーパーレアは超高いですが、ノーマル、レア、パラレルならまだまだお手頃価格で揃えられます。

《太陽電池メン》等、召喚権使用先

《太陽電池メン/Batteryman Solar》 
効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから雷族モンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、雷族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。自分フィールドに「電池メントークン」(雷族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
(3):自分のフィールド・墓地の「電池メン」効果モンスター1体を対象として発動できる。エンドフェイズまで、このカードはその同名カードとして扱う。

 

召喚権の使用先として有能なのがコチラ!

任意の「サンダー・ドラゴン」を墓地に送ったり、相手ターン全破壊を目的に《大狼雷鳴》を墓地に送ったりと、その汎用性は計り知れない。

電池メントークンとこのカードで《常夏のカミナリサマー》をリンク召喚する事も勿論可能です。

《召喚師アレイスター》(召喚権)

《召喚師しょうかんしアレイスター/Aleister the Invoker》 
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1800
(1):このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。

 

※:読者さん推薦

召喚権の使用先候補の一つ。

融合という事でモロモロ相性がとても良い感じです。《召喚魔術》で能動的に「サンダー・ドラゴン」を除外出来る点も大きな強み。

《雷神の怒り》(簡易融合用)

《雷神の怒/Kaminari Attack》 
融合モンスター
星5/風属性/雷族/攻1900/守1400
「エンゼル・イヤーズ」+「メガ・サンダーボール」

 

《雷神龍-サンダー・ドラゴン》 の特殊召喚用に重宝するのがコチラ!

《簡易融合》で特殊召喚し、手札の雷族モンスターと除外するだけで《雷神龍-サンダー・ドラゴン》を特殊召喚する事が可能です。

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》 の特殊召喚条件には使えないので要注意!(融合素材にするのは問題なし)。

「開闢の使者」等、カオス関連

《カオス・ソルジャー開闢の使者》 
特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカードの(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
(2):このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。

 

何気に光と闇の半々構成なので、カオス系のモンスターを差し込めば普通に機能してくれます。

《混沌帝龍》《終焉龍 カオス・エンペラー》等々、お好みのカオスモンスターを自分なりにチョイスしてみるのも楽しいと思います。

《竜魔導の守護者》

《竜魔導の守護者》 
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。
(2):EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

 

※読者さん推薦

召喚権使用先候補の内の一つ。

融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できなくなる誓約には要注意ですが、何とか共存できる範囲だと思います。

《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》

《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング/Thunder King, the Lightningstrike Kaiju》 
効果モンスター
星9/光属性/雷族/攻3300/守2100
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。このターン、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できず、このカードは1度のバトルフェイズ中に3回までモンスターに攻撃できる。

 

※読者さん推薦

《雷劫龍》、《雷龍融合》でサーチ出来る「壊獣」モンスター…それだけで強い。

《No.61 ヴォルカザウルス》

《No.61 ヴォルカザウルス/Number 61: Volcasaurus》 
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/炎属性/恐竜族/攻2500/守1000
レベル5モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。選択した相手モンスターを破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。この効果を発動するターン、このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できない。

 

※読者さん推薦

《雷電龍》、《無印》、《雷神の怒り》と、レベル5モンスターカウントが多いので【ランク5エクシーズ】も視野。ヴォルカドラグーンの瞬間火力はいまだ健在。

《エレクトリック・ワーム》

《エレクトリック・ワーム/Electric Virus》 
効果モンスター
星3/光属性/雷族/攻1000/守1000
このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。相手フィールド上のドラゴン族・機械族モンスター1体を選択し、エンドフェイズ時までコントロールを得る。

 

※読者さん推薦

相手のデッキ次第のカードですが、《リプロドクス》を絡めて無理やりドラゴンor機械族にするというプランをいただきました。

《超雷》や《雷神龍》との相性も良いです。

《霞の谷の雷鳥》

《霞の谷の雷鳥/Mist Valley Thunderbird》 
効果モンスター
星3/風属性/雷族/攻1100/守 700
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが手札に戻った時、このカードを自分フィールド上に特殊召喚する。この効果で特殊召喚したターン、このカードは攻撃できない。

 

※読者さん推薦

《超雷龍》や《雷神龍》の諸々を満たす事が出来るカード。フィールドから手札に戻るギミックをうまく搭載すれば一級品になりえます。

《封印の黄金櫃》

《封印の黄金櫃/Gold Sarcophagus》 
通常魔法
(1):デッキからカード1枚を選んで除外する。このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、この効果で除外したカードを手札に加える。

 

数ある好相性カードの中でも頭一つ抜きんでているのがコチラ。

詳しい内容は個別記事でご確認ください
関連記事:【サンダードラゴン・封印の黄金櫃&左腕の代償の最強シナジー】

《左腕の代償》

《左腕の代償/Left Arm Offering》 
通常魔法
このカードを発動するターン、自分は魔法・罠カードをセットできない。
(1):このカード以外の自分の手札が2枚以上の場合、その手札を全て除外して発動できる。デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

 

こちらも《封印の黄金櫃》の記事にて個別特集しています!

詳しい内容は個別記事でご確認ください
関連記事:【サンダードラゴン・封印の黄金櫃&左腕の代償の最強シナジー】

《簡易融合》

《簡易融合(インスタントフュージョン)》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):1000LPを払って発動できる。レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

 

《雷神の怒り》を特殊召喚する為にどうぞ!

《雷神龍-サンダー・ドラゴン》の展開を抜きにしても、《常夏のカミナリサマー》のリンク素材に使えるので普通に有能なはず。

《闇の誘惑》

《闇の誘惑/Allure of Darkness》 
通常魔法
(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

 

《雷電龍》、《雷獣龍》の二枚を除外出来たらかなりオイシイ!

デッキ内の闇属性比率を考慮する必要はありますが、採用優先度はかなり高めな印象。

《隣の芝刈り》

《隣の芝刈り/That Grass Looks Greener》 
通常魔法
(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

 

《左腕の代償》を採用するならこれも一緒に入れてみても良いかもしれない…。

普通に強いとは思いますが、芝を刈らない構築の方が強い気もしているので微妙な所。お試しで60枚にしてみるのは全然ありだと思います。

《ブリリアント・フュージョン》

《ブリリアント・フュージョン/Brilliant Fusion》 
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に、自分のデッキから「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてEXデッキから融合召喚する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
(2):1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

 

雷族主軸の【ジェムナイト】への出張または受け入れ時に重宝するのがコチラ。

《プリズムオーラ》を融合召喚すれば、任意の「サンダー・ドラゴン」を墓地に送れます。

出張云々の話は別記事で語ってます
関連記事:【サンダードラゴン強化は雷族の救世主】

《ブラックホール》《激流葬》等の巻き込み破壊カード

《ブラック・ホール/Dark Hole》 
通常魔法
(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。

 

※:読者さん推薦

フィールド全体を巻き込む破壊札を使う事で、《超雷龍》や《雷神龍》の身代わり除外を能動的に誘発。除外を制する者は盤面を制す。

《ドラゴン・目覚めの旋律》

《ドラゴン・目覚の旋律/The Melody of Awakening Dragon》 
通常魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。攻撃力3000以上で守備力2500以下のドラゴン族モンスターを2体までデッキから手札に加える。

 

※:読者さん推薦

《闇黒の魔王ディアボロス》、《レヴィオニア》、《混沌帝龍》等を絡めるならこちらも一緒に採用圏。

構築幅が広くて楽しそうですよね!

ザっと出してみただけでも結構ボリューミーですね!

純構築以外にも色々と構築幅が広いと思うので、今後も少しずつ追記していきたいと思います。

耐性持ちの一方的なライオウ効果…先行で出されると軽く詰むデッキ多そうだなぁ…(白目)。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 回鍋肉のキャベツ より:

    超雷の召喚要件達成、雷神龍の破壊トリガーとしてエレクトリックワームもありかも?
    リプロドクスを上手く絡めればワンチャンあるなと思ってます。

  2. 匿名 より:

    激流葬、ブラックホールが相手モンスターを破壊しつつ、融合体の墓地除外効果を能動的に使えるので好相性かもです。

  3. 匿名 より:

    雷劫龍、雷龍融合からサーチできる雷撃壊獣サンダー・ザ・キング、簡易融合含めてレベル5に厚めなのでNo.61 ヴォルカザウルス、雷龍融合、簡易融合に触れる竜魔導の守護者なんかも良さそうかな

    • 匿名 より:

      他にも闇黒の魔王ディアボロスは超雷龍で条件を満たせるので、旋律、レヴィオニアと一緒に突っ込んでみるのも良いかもしれない

  4. M より:

    墓地のサンダードラゴンを除外できるので召喚獣はかなりアリだとおもいます。

  5. 匿名 より:

    なにげに悪夢再び対応してるのか…

  6. 匿名 より:

    雪花の光もありかなと思います。

    黄金櫃よりは安定性に欠ける気もしますが雷劫龍と合わせて毎ターン強欲な壺は面白そう。

    • cast より:

      ふむふむ 上効果はちょっと考えなきゃですが、それでもいけなくはなさそうですね

  7. 匿名 より:

    主題とは、少し離れるのですが、サンダードラゴンフュージョンで、ジェムナイトパーズやプリズムオーラって融合召喚できますよね?
    ですから、雷族主体のジェムナイトサンダードラゴンデッキ何てのも面白そうです。

  8. 霞の谷の竜騎兵 より:

    霞の谷って言う鳥獣、雷族デッキがあってこれはこれで良き

  9. 匿名 より:

    強欲で貪欲な壺!雷劫龍-サンダー・ドラゴン(3)効果!私は除外されたカードの中からRUM-七皇の剣をデッキトップへ!
    ってやれたら楽しそう(小並感)
    真面目な話すると、実質なんでもサーチになるから強いとは思うけども、除外されると困るカードもあったりするから微妙かもしれません。

    そういえば裏側除外されたカードって融合素材にできたっけ…?

    • cast より:

      裏側除外のカードを融合素材にするのは残念ながら無理っす((+_+)) 七皇の剣トップ操作素晴らしい!

  10. 匿名 より:

    除外…除外…ヘルテントーチ?

    というのはネタですが、上の方も仰有る通りサンダーザキングがサーチできるのでヘルテンペストを挿しておくと思わぬところで発動できるかも?

    • 匿名 より:

      と書いてから思ったのですが、電源龍の攻撃力が0なので、ヘルテンペスト、サンダーザキング、電源龍の三枚で、擬似ヘルテントーチになりますね。しかも内二枚はサーチリクルート可能という。

  11. 名もなき帝使い より:

    なんかスゴくマテリアルゲートしたいです。

  12. Kuma Sinuki より:

    カリキュレーターとギャラクシークィーンズライトも相性がいいと思いました。
    このデッキならどちらもサーチできるので

  13. AYBな鮫使い より:

    影依融合でシャドールとサンダードラゴン落としてシャドールの墓地効果使ってその後にカオスモンスターや白黒コンビでサンダードラゴン除外して効果を使う…出来たらいいなぁ…

  14. 趣旨は変わりますが、モンタージュ・ドラゴンも面白そうですよ。高レベルが多いので、高打点を狙えますし、コストもカオスや雷刧竜で除外すれば、リカバリーできますよ。
    コストにサーチしやすい、サンダー・ドラゴン二枚、雷電竜でも4500打点のモンスターになりますよ。

    • cast より:

      確かに打点は雷神龍が最大ですし、高打点プランも何かしら考えておく方が良いかもですね モンタージュは派手に手札きれるのが好きです

  15. 大平直樹 より:

    僕のデッキはサーチに頼ったデッキなので超雷龍-サンダー・ドラゴンはかなり厄介になりますね。
    僕は運がないから思ったカード引けないもので・・・

    • cast より:

      いやぁ… 大体の決闘者が頭を抱える効果だと思いますよ!みんなで仲良く頭を抱えよう!

  16. 匿名 より:

    無難にコラプサーペント、ワイバスター
    マイナーどころだとライトレイソーサラーでランク6、霊魂の護送船でランク5を狙って見る位でしょうか?

  17. 匿名 より:

    電池メンを絡めるなら業務用を入れて墓地のサンダードラゴン除外しながら盤面破壊ができるので面白いかもしれませんね

  18. ファットマン より:

    魔術師と組んでサーチ効果を使った素サンダードラゴンか雷電龍をペンデュラム召喚してそのまま超雷龍…とか思い浮かんだのですがどうですかね?
    初動になりにくい雷獣龍と鳥雷龍の枚数を抑えられて事故率が低くなっていいかなー?と…

    • cast より:

      何を混ぜるかって結構大事になってくると思うので、案としては普通にありだと思います。それなりに構築は難しそうですが…(^^)/

  19. 雷仙神とか駄目なんですかね?ライフ消費激しいですが、打点も高くエクシーズも狙えそうですが、ディアブロシスかビックアイで更に盤面制圧するくらいしかできなさそうですね。

  20. タギリス より:

    左腕の代償とかもサンダードラゴンモンスターとの相性良さそうですよね

  21. 匿名 より:

    サンダードラゴンは混源龍と終焉龍混ぜたカオスドラゴンよりにしました。
    この2枚はドラゴン目覚めの旋律対応でサーチしやすく闇属性なので稀に使いにくい闇の誘惑のコストの算出が可能なのでいい感じです。特に終焉龍ペンデュラム効果が除外ドラゴンサルベージなので闇の誘惑で飛ばした混源龍が手札に戻りエクストラデッキと手札から3000ドラゴン2体並ぶ可能性もあります。

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

「守護竜」の登場で《巨神竜の遺跡》が超絶強化!表側カードを何でも《ピスティ》《エルピィ》に変換可能!

皆さんは『SD-巨神竜復活-』に収録された《巨神竜の遺跡》とい

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第73話感想】紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる!

勝機を見誤った事により、ボーマンの「ストームアクセス」を許してしま

【《ハーピィの羽根休め》の収録判明:DPレジェンドデュエリスト編4】条件付きで2ドローできるドロソ!

11月10日発売『DP-レジェンドデュエリスト編4』の情報が「

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第一話感想】漫画の力で真実を照らす新感覚ミステリー!

《ハイキューの表紙が目印です》 発売から少し日は経ってしまいまし

【星杯ストーリー考察・解説】星櫃・守護竜の覚醒と終わる世界【星遺物を巡る戦いの歴史-第七幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑