【デュエルリンクス攻略】クリボール・エネコン・イタクァの暴風・銀幕の鏡壁(ミラーウォール) 我ら妨害カード四天王!

公開日: : デュエルリンクス

どうやら、「最近デュエルリンクス始めたよ!」って人が思っていたよりも多いようなので、『デュエルリンクス』の記事頻度を少し増やしてみようと思います。

(当然、『デュエルリンクス』に興味ないOCGプレイヤーも多いと思うので、『デュエルリンクス』関連の記事をUPした場合はOCG記事もきちんと出せるようにするのでご安心を!)

今回は《クリボール》《エネミーコントローラー》《イタクァの暴風》《銀幕の鏡壁(ミラーウォール)》、『デュエルリンクス』妨害札四天王を連れてきました。

まぁ、実際にプレイしてたらこれらのカードの洗礼を絶対体験する事になるよね~

SPONSORED LINK

クリボール

kuribo- 効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
①:相手モンスターの攻撃宣言時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。 その攻撃モンスターを守備表示にする。
②:儀式召喚を行う場合、必要なレベル分のモンスターの内の1体として、 墓地のこのカードを除外できる。

入手方法:『アルティメット・ライジング』UR:ガチャ限定(2017/3/30迄)

最初期から途切れる事無く環境に居続ける強カード

正直な話、『デュエルリンクス』の環境において、このカードの評価が下がる事ってよっぽどの事がない限り無いような気がします。

最近は、《サクリファイス》と併用して②効果もうまく使ってくるし、正に隙のない防御札と言った所です。

防御札とは言いましたが、守備表示化は防御から攻撃へと転じる効果なので、ある種攻撃札でもありますね。

強さ:

エネミーコントローラー

速攻魔法
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その相手の表側表示モンスターの表示形式を変更する。
●自分フィールドのモンスター1体をリリースし、 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その表側表示モンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

入手方法:『海馬瀬人LV30以上からのレアドロップ』SR

《クリボール》の項でも書きましたが、表示形式変更はディフェンスでありオフェンスのカードなので、まぁ~強い!

現実でも強いカードだからね、カードプールが狭くて簡易ルールだったらそりゃ強さ!
エンドフェイズまでのコントロール奪取もディフェンス・オフェンス両方に機能し、最終的には無理やり押し込む為のオラオラカードとしてブッ混んできます。

海馬で使うときちんとコマンド入力してくれる…それだけで神ってますなぁ~

強さ:

イタクァの暴風

通常罠
①:相手フィールドの全ての表側表示モンスターの表示形式を変更する。

入手方法:『孔雀舞 レベルアップ報酬(LV.25)』

レベルアップ報酬なので、運とか課金とか関係なく全員が一枚だけゲットできる強カード!(素晴らしい)

表示形式変更が強いのはもう散々言ったのでもういいよね…

『デュエルリンクス』をプレイしていない人に向けて書くと、このカードが環境に存在する事で、相手にセットがある場合はわざと攻撃表示と守備表示を混ぜてバトルフェイズに移行するってプレイングが常識となってます。(全員攻撃表示だと一枚で全部やり過ごされてしまうので)

罠カードが強い環境なので《天下人-紫炎》が結構活躍できるってのも面白いです。

強さ:

銀幕の鏡壁(ミラーウォール)

永続罠
相手の攻撃モンスターの攻撃力は半分になる。 この効果はこのカードがフィールド上に存在する限り適用される。 このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に2000ライフポイントを払う。 または、2000ライフポイント払わずにこのカードを破壊する。

入手方法:『ネオ―インパクト』UR:ガチャ限定

ブラフ伏せ得環境を作り出した魔のカード

相手の攻撃表示モンスターとセットカードを見ると、とりあえず「銀幕くせ~」と思ってしまう習性。
リンクスプレイヤー的にはアルアルだと思います。

魔法・罠カードの除去手段(特にセット)が乏しい環境なので、とりあえず伏せ得!
テキトーなブラフカードをセットしたとしても、相手は見えない銀幕(ファントムミラー)を警戒して動けなくなる…

それほどまでに、このゲームのボードアドの損失はそのまま敗北へと繋がってるって事ですなぁ~

ちょっと強すぎる気もしますが、総ライフ4000での2000の維持コストはデカいですし、刺さらないデッキも結構環境に存在するので良いバランスだとは思います。

撲滅の使徒》も実装されたし、また少し評価が変わってきそうなカードでもあります。

強さ:

全部満点じゃねーか…

まぁ、そもそも今回は強いカードしか連れてきてないので、この評価は妥当でしょう!

かなり軽くてゆるーい記事なので、管理人自身の息抜きにも丁度良い事がたった今判明した!
注目カードや面白いコンボ・デッキなんかがあったらこれからはOCG記事とのバランスを考えてUPしていこうかなぁ~

 

 

※:KCカップのランキングは現在何とか10000位以内を死守してるって感じです…UR引換券欲しいので、このまま死守していくぞ…みんな強いから大変です(´・ω・`)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    実際どれだけディスアドせずに相手の伏せカードを使わせるかで勝負決まりますよね。
    個人的には撲滅よりも心鎮壺のほうが対策としては好きです。ロックできると大抵勝てますし。

  2. 匿名 より:

    ミラウォのレアリティがSRになってますよ管理人さん!

  3. 匿名 より:

    10000位は諦めたわ
    50000位すら落ちそうだし

コメントを残す

【リンクスレイヤー強いね!】フォトスラ式特殊召喚対応・魔法罠破壊効果の凄い奴!!

おーす、みんな【リンク召喚】決めまくってるかな? 簡単に

【ランクアップマジック発動時にリンクモンスターを除去られた場合の処理について】出るのか出ないのか?

質問する程の事ではないと思いましたが、どうしても確証を得たかっ

【スターターデッキ&パーフェクトルールブック2017ゲット】色々と購入して参りました~

『スターターデッキ2017』と『パーフェクトルールブック201

【アマゾネス女帝:効果考察】タイラー姉妹のカードがついにOCG化されるぞ!

アマゾネス使い&タイラー姉妹ファン歓喜! タイラー姉妹が

【デュエルリンクス:闇バクラ攻略】闇のウィジャ盤対策には《墓堀りグール》か「現世復帰の制約」だ!

デュエルリンクスで絶賛開催中のイベント『恐怖のオカルトデッキ

【1:2交換《砂塵の大嵐》効果考察】汎用除去の歴史が、また1ページ・・・

少し前の話ですが、(記事にするのが遅い)公式Twitterにて

【《剛鬼ザ・グレート・オーガ》効果考察】鬼塚豪操るプロレステーマ「剛鬼(ごうき)」

遊戯王ヴレインズ特集第3弾は管理人がイチオシの「剛鬼(ごうき)

【リンク召喚入門】『スターターデッキ2017』収録カードリスト・画像・効果まとめ

何だかんだで発売日まで約1ヵ月なんで、収録カードをまとめて行き

→もっと見る

PAGE TOP ↑