【ヴェンデットデッキと相性の良いカードPart2】《虹光の宣告者》《武力の軍曹》オススメです!

公開日: : ヴェンデット

早くも【不知火】の構築を考えたくなっている管理人ですが、とりあえず目の前にある【ヴェンデット】を完成させないと前に進めないので、【ヴェンデット】特集の続きです。

今回は、【ヴェンデットデッキと相性の良いカードPart2】と題して、【ヴェンデット】と相性の良いカードの補足をして行きます。【Part1】や 【ヴェンデットデッキ・カード効果評価】も併せてお願いします。

関連記事
SPONSORED LINK

ヴェンデットと相性の良いカード(メインデッキ編)

おろかな重葬

《おろかな重葬》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は魔法・罠カードをセットできない。
(1):LPを半分払って発動できる。自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。

 

【ヴェンデット】は儀式魔法(《リヴェンデット・ボーン》《リヴェンデット・バース》)を引かないとお話にならないので、《おろかな重葬》&《虹光の宣告者》セットは全然アリです。

《リヴェンデット・ボーン》3、《リヴェンデット・バース》2~3、《儀式の下準備》3、《おろかな重葬》1の計9~10枚。非芝刈りならこれ位欲しい印象です。

あと、【ヴェンデットデッキ・カード効果評価】の《リヴェンデット・バース》の評価を見直したのでそちらもチェックお願いします。

儀式の準備

《儀式の準備/Preparation of Rites》
通常魔法
(1):デッキからレベル7以下の儀式モンスター1体を手札に加える。その後、自分の墓地の儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える事ができる。

 

レベル7以下の儀式モンスターを持つ【儀式デッキ】なので当然と言えば当然ですが、今まで一切触れていないのでちょっと触れておきます。

【ヴェンデット】は如何に儀式魔法を握れるか…が課題になるデッキの為、儀式魔法へのアクセスが墓地状況で左右する《儀式の準備》の使い心地はちょっと微妙なシーンが多いです。

中盤以降は強いですが、初動で微妙な事を考えると採用枚数は必然的に控えめになっていきます。ただ一つ、【芝刈り型】での上振れは例外です(ターン1じゃないので強い)。

シノビネクロ

《シノビネクロ》
チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻 800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分の墓地からこのカード以外のアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。その後、手札を1枚選んで捨てる。
(2):墓地のこのカードが、効果を発動するために除外された場合、または効果で除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

《ヴェンデット・コア》との相性の良さが印象的ですが、純粋に《リヴェンデット・ボーン》の墓地除外儀式召喚との噛み合わせが良いです。このカードを絡めながら《リヴェンデット・スレイヤー》を出すだけでレベル8シンクロが立つ…これがかなり有能です。

ヴェンデットと相性の良いカード(EXデッキ編)

シューティング・ライザー・ドラゴン

《シューティング・ライザー・ドラゴン/Shooting Riser Dragon》
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2100/守1700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。フィールドのこのカードより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから墓地へ送り、そのモンスターのレベル分だけこのカードのレベルを下げる。このターン、自分は墓地へ送ったそのモンスター及びその同名モンスターのモンスター効果を発動できない。
(2):相手メインフェイズに発動できる。このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

 

①効果で《儀式魔人リリーサー》を墓地に送れるのが超強い!

①で送ったモンスター及び同名モンスターの効果はそのターン中発動できませんが、《儀式魔人リリーサー》の効果は発動する効果でないので問題なく使えます。

ナチュル・ビースト

《ナチュル・ビースト/Naturia Beast》
シンクロ・効果モンスター
星5/地属性/獣族/攻2200/守1700
地属性チューナー+チューナー以外の地属性モンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、デッキの上からカードを2枚墓地へ送る事で、魔法カードの発動を無効にし破壊する。

 

《グローアップ・バルブ》を混ぜると《馬頭鬼》《牛頭鬼》の組み合わせで出せるので結構立ちます。強さに関しては説明不要でしょう!

武力の軍曹

《武力の軍奏/Martial Metal Marcher》
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 500/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードをS素材としたSモンスターは、フィールドに表側表示で存在する限りチューナーとして扱う。

 

《グローアップ・バルブ》+《ヴェンデット・ストリゲス》で立てられます。

儀式召喚した《スレイヤー》を素材に《ハリファイバー》を展開すると、その流れで《武力の軍曹》の素材が揃うので結構強いです※。

  1. 儀式召喚した《リヴェンデット・スレイヤー》とチューナーで《ハリファイバー》
  2. 《ハリファイバー》効果で《グローアップ・バルブ》リクル
  3. 素材になった《スレイヤー》効果で儀式魔法をサーチしつつ《ストリゲス》落とす
  4. 《ストリゲス》効果で自身を特殊召喚

 

チューナー過多になる展開ルートですが、《ユニゾンビ》を釣り上げれば《ケルビーニ》ルートも見えて来るのでポテンシャルは非常に高いです。

虹光の宣告者

《虹光の宣告者(アーク・デクレアラー)/Herald of the Arc Light》
シンクロ・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 600/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いの手札・デッキから墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。
(2):モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、このカードをリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

 

基本的には《おろかな重葬》で落とす用ですが、レベル的に意外と正規召喚する事も可能です。想像以上に有用なのでオススメです。

サモンソーサレスの穴をうまく埋めていきましょう!

《サモン・ソーサレス》を展開に絡めていた人はそこをどう埋めるかが課題になっているはずです。色々試して自分自身の最適解を見つけて行きましょう(自分に言い聞かせながら)。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR アンデットワールド
コナミデジタルエンタテインメント (2018-09-22)
売り上げランキング: 98
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    シンクロも加えたら面白くなりそうですね
    基本的にEXはあまり使わないから

  2. 波音 より:

    シノビネクロいれるなら、ドラゴネクロ・ドラゴキュートスの二大冥界龍も入れたくなるね。龍の鏡でいけるし。

  3. 匿名 より:

    第2弾待ってましたー
    復帰して間もないこともあって、エクストラデッキが特に悩んでたんで助かります
    相場安そうで安心したけど、武力の軍曹は地味に持ってない……w

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

「守護竜」の登場で《巨神竜の遺跡》が超絶強化!表側カードを何でも《ピスティ》《エルピィ》に変換可能!

皆さんは『SD-巨神竜復活-』に収録された《巨神竜の遺跡》とい

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第73話感想】紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる!

勝機を見誤った事により、ボーマンの「ストームアクセス」を許してしま

【《ハーピィの羽根休め》の収録判明:DPレジェンドデュエリスト編4】条件付きで2ドローできるドロソ!

11月10日発売『DP-レジェンドデュエリスト編4』の情報が「

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第一話感想】漫画の力で真実を照らす新感覚ミステリー!

《ハイキューの表紙が目印です》 発売から少し日は経ってしまいまし

【星杯ストーリー考察・解説】星櫃・守護竜の覚醒と終わる世界【星遺物を巡る戦いの歴史-第七幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑