【公式レシピ】《鋼鉄の襲撃者》型「闇機械族」デッキ!《Kozmo-ダークシミター》も出て来るぜ!

公開日: : 公式デッキレシピの軌跡

『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-』公式デッキレシピ特集第4弾は、「バンデット・キース」をイメージとした《鋼鉄の襲撃者》採用型の『闇機械族』デッキ。

《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》の他に《Kozmo-ダークシミター》や「星遺物」モンスターを採用している所にも注目です。

SPONSORED LINK

バンデット・キースの『機械族・闇属性モンスター』デッキ

《鋼鉄の襲撃者》を軸に最上級闇属性・機械族を展開!

 《鋼鉄の襲撃者》
フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分の機械族・闇属性モンスターは、それぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されず、その戦闘で自分が戦闘ダメージを受けた場合、その数値分だけ攻撃力がアップする。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの元々の種族・属性が機械族・闇属性のモンスターが、戦闘または自身の効果でフィールドのカードを破壊した場合に発動できる。手札から機械族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

 

《鋼鉄の襲撃者》の効果で大型モンスターを展開していく事を主軸としているので上級・最上級モンスターてんこ盛りの構築となってます。

通常召喚可能で②のトリガーを満たせるのが、《BM-4ボムスタパイダー》と《マジック・リアクター・AID》の二種類だけなのがちょっと気になりますね。

《トレード・イン》等の噛合いから《戦線復帰》も採用されているので、墓地からの蘇生も積極的に狙って行けって事でしょう。個人的に、ここは《トレード・イン》3枚でも問題ない様に構築をいじりたい所。

 《Kozmo-ダークシミター》
効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻3000/守1800
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
(2):このカードは相手の効果の対象にならない。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキからレベル7以下の「Kozmo」モンスター1体を特殊召喚する。

 

シナジーを持つモンスターとして《Kozmo-ダークシミター》が採用されています。

特殊召喚時の誘発効果も狙えるし、相手の効果対象にならない3000打点は主戦力に据えるには持って来いの性能です。

《マジック・リアクター・AID》が3積みされている

《マジック・リアクター・AID》
効果モンスター
星3/闇属性/機械族/攻1200/守 900
1ターンに1度、相手が魔法カードを発動した時に発動できる。その魔法カードを破壊し、相手ライフに800ポイントダメージを与える。

 

「何故に《マジック・リアクター・AID》????」という声が出てきそうですが、このカードは先行で《鋼鉄の襲撃者》と並べてシナジーするように想定されているんだと思います。

《鋼鉄の襲撃者》の誘発トリガーは、闇属性・機械族モンスターが効果でフィールドのカードを破壊した場合なので、相手が魔法カードを発動したタイミングで《襲撃者》の効果を誘発可能です。

通常魔法や速攻魔法は破壊するだけでは効果が止まりませんが、永続やフィールドを相手が軸にしているのであれば効果は抜群でしょうね。

線の細いシナジーですけど、動き的には面白いです。

《星遺物-『星盾』》と《星杯》の採用に注目

 《星遺物-『星盾』》
効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻 0/守3000
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、EXデッキから特殊召喚されたモンスターが発動した効果を受けない。
(2):このカードと同じ縦列の自分の「星遺物」カードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):このカードが墓地に存在する場合、自分・相手のスタンバイフェイズに1000LPを払って発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。その後、相手は自身の手札・墓地からモンスター1体を選んで特殊召喚できる。

 

名前通り「盾」として使用する訳ですが、それと同時に《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》の的を増やすという役割も担ってそうですね。

墓地状況によっては腐ってしまう効果…しかし、「盾」を用意しつつ的を用意できるのは嬉しい。相手が蘇生する事を選ばなかったらそれはそれでお得って事で!

《ジャック・ワイバーン》で蘇生を狙え!

《ジャック・ワイバーン》
効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1800/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの機械族モンスター1体とこのカードを除外し、自分の墓地の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

個人的に《ジャック・ワイバーン》を採用している点を高評価!

実は管理人も「鋼鉄の襲撃者」デッキを考えているのですが、《ジャック・ワイバーン》はめちゃくちゃ良いですよ!

《星盾》や《ドラゴノイド・ジェネレーター》のトークンをコストにあてると捗ります。

コイツをつかうならあのカードも使いたくなるよなぁ!!

パックに収録されていないのでシングル買いが必要なカードについて

 

収録カードメインで作られているので作成難易度は低め。

値段的にみると《トレード・イン》が一番高いカードな気がする…(財布に優しすぎるw)

上級・最上級が多いので事故だけには気を付けて!

とにかく上級・最上級モンスターが多い構築なので、手札事故にだけは要注意です。

蘇生効果持ちのチューナーである《ブラック・ボンバー》がかなり好相性だと思うので、ここら辺を採用してもう少し安定感を高めたいかな?

《ブラック・ボンバー》を入れれば、《D・D・B》も採用できるし…殺意マシマシルートも模索できそう。

《パワーボンド》や《オーバーロード・フュージョン》からの《ガトリング・ドラゴン》等、これ以外にも様々な構築が楽しめると思うので、興味ある人は色々といじってみて下さいまし!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ユキ より:

    個人的にはコイントスに特化させた方が楽しいかなと思って構築してます。
    鋼鉄の襲撃者はギミパペや人造人間にも採用できそうで楽しみです。
    ギミパペ強化はよ・・・はよ・・・

    • cast より:

      ギミパペはあと1,2来れば満足できる水準になりそうなんですけどねぇ 今の時点でもヘブンズ⇒デビルズのコンボは最高ですし

  2. 匿名 より:

    リクルート手段豊富なKozmoでもカオスMAXを上から殴れないのはキツかったので盆回しと一緒に採用してみたいですね。あとライトニングでやられないのがうれしい!!
    そしてドラゴノイドジェネレーターのトークンって機械族だったんですね………

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【Vジャンプ5月号(ローグ・オブ・エンディミオン付録)感想・レビュー】セットしたターンに表にしたいです(白目)

▲表紙恰好良すぎ 本日発売(3/20)『Vジャンプ5月特大号』を

【バスターモード出張】《サイキック・リフレクター》使ってる?手札を減らさずシンクロ召喚!

皆さんは《サイキック・リフレクター》を絡めた「バスター・モード」出

【妖仙獣強化に望む事アレコレ】三兄弟軸とP軸で揺れる心!全ての妖仙獣ファンに笑顔を!

「妖仙獣(ようせんじゅう)」の大幅強化が決定したという事で、本

「フォーチュンレディ/妖仙獣」デッキ体験会決定!成長したソリテア・マジカルとオレンジ色のフォーチュンレディ…まさか!?

体験会開催という事で、「フォーチュンレディ」と「妖仙獣」の2テ

オルフェゴール需要で《スクラップ・リサイクラー》爆ぜる!10年再録無しは伊達じゃない!

関連記事:【無限起動 構築初動案】スクラップ・リサイクラーが注目さ

【ライジング・ランペイジ収録カードまとめ】ウィッチクラフト,妖仙獣,フォーチュンレディ等、既存テーマ新規強化祭!【怪蹴一色追記】

4月13日発売『ライジング・ランペイジ』の収録カード情報まとめです

【海晶乙女(マリンセス)メモ】デッキの動きや相性が良さそうなカードを考えよう!

『ライジング・ランペイジ』に収録される新テーマ「海晶乙女(マリンセ

【リミッター解除2枚使えます】攻撃力を倍加して反動でぶっ壊れる機械族デッキのロマン砲

《リミッター解除》が『解除』とはこれ如何に!? …と、管理人

→もっと見る

PAGE TOP ↑