【オノマト連携】《ズバババンチョーGC》&《希望皇オノマトピア》サーチの動き!ゴゴゴゴースト・ゴーレムコンビもうまく使いたい所

公開日: : 最終更新日:2019/10/10 未分類

本日は、《ズバババンチョー-GC(ガガガコート)》に注目です。

生粋のエクシーズ召喚(特にランクアップ)好きと自負するだけあって、「ガガガ」「ゴゴゴ」等の【オノマト関連】も実は結構思い入れの強いテーマだったりします。

そんなゼアル期の思い出が詰まったテーマに新規が来るとなれば…黙ってられませんよね!!

『イグニッション・アサルト』収録のトロン一家強化もそうですが、最近はゼアル関連の話題が事欠かないですね(楽しい)。

SPONSORED LINK

ズバババンチョー-GC(ガガガコート)

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800守/守100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在し、自分フィールドに「ズバババンチョーGC」以外の「ズババ」モンスターまたは「ガガガ」モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
②:自分の墓地の「ゴゴゴ」モンスターまたは「ドドド」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

「ズババ」であり「ガガガ」でもあるという欲張り名称を持つ一枚。

フィールド参照のセルフSS効果に加え、墓地の「ゴゴゴ」「ドドド」モンスター1体を特殊召喚する蘇生効果まで持っています。

②効果発動後はEXデッキからの特殊召喚に一部制限が付きますが、①による特殊召喚だけなら制約無しで運用できます。

「ガガガコート」というものが一体何なのかは不明ですが、「ガガガ」と「ズババ」の友情の証。…互いを認め合い贈り合った品物とかだったら胸熱!

とりあえず「オノマト連携」を加速させるナイスカードである事は間違いありません。

オノマト連携(オノマトピア)からの動き

《オノマト連携/Onomatopaira》 
通常魔法
手札を1枚墓地へ送って発動できる。デッキから以下のモンスターの内1体ずつ、合計2体までを手札に加える。
「オノマト連携」は1ターンに1枚しか発動できない。
●「ズババ」と名のついたモンスター
●「ガガガ」と名のついたモンスター
●「ゴゴゴ」と名のついたモンスター
●「ドドド」と名のついたモンスター

 

《ズバババンチョー-GC》をうまく使う為に欠かせないのがこのカード。

《ズバババンチョー-GC》は「ズババ」「ガガガ」の両方に属するモンスターなので、「ズババ」側で1枚、「ガガガ」側で1枚の計2枚サーチする事も可能です。

まぁ、名称ターン1である以上、同時にこのカードを2枚サーチするシーンは稀でしょうけど、他に択がないなら圧縮目的でやるのも悪くないですね。

相当な力業って印象ではありますが、「ガガガコート」の響きが良かったので管理人的にはアリです。

希望皇オノマトピアと共にサーチしよう!

《希望皇オノマトピア/Utopic Onomatopoeia》
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1500/守1500
このカード名はルール上「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」カードとしても扱う。このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。手札から「希望皇オノマトピア」以外の以下のモンスターをそれぞれ1体まで守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
●「ズババ」モンスター
●「ガガガ」モンスター
●「ゴゴゴ」モンスター
●「ドドド」モンスター

 

《ズバババンチョーGC》と一緒にサーチしたいのがコチラ!

コチラは驚異の4カテゴリ該当モンスター(ズババ、ガガガ、ゴゴゴ、ドドド)であり、《ズバババンチョーGC》同様、《オノマト連携》1枚で2枚同時にサーチする事も可能です。

最大4体特殊召喚という驚愕の効果を持っており、手札状況次第ではトンデモナイ展開力を見せつけてくれます。

該当カードにアドバンテージを稼ぐカードが増えれば増える程強力になるカードですが、現状はやや落ち着いているので、今後の新規に期待といった所です。

まぁ、《ズバババンチョーGC》で参照・対象にするカードとしてはもうこれ以上無いって位完璧な一枚ですけどね!

ゴゴゴかドドドをコストにしてると無駄がない!

《ゴゴゴゴースト/Gogogo Ghost》 
効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1900/守 0
このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「ゴゴゴゴーレム」1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。その後、このカードは守備表示になる。「ゴゴゴゴースト」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

《ズバババンチョー-GC》で釣り上げる為にも、《オノマト連携》のコスト役はとても重要。

「ドドド」を混ぜるのはちょっと特殊な構築になるので、丸く仕上げるなら「ゴゴゴ」がオススメです。

まぁ、全てを兼ねる《希望皇オノマトピア》をコストにするのが一番ですが、《ゴゴゴゴースト》,《ゴゴゴゴーレム》はうまくかみ合うと更なるアドに繋がるので悪くないですよね。

墓地にそれぞれ1体ずついれば機能するし、1枚ずつ採用してうまく取り回せると良さそうかな?

地味だけど堅実な流れが形成できます


▲ラプラシアン・ダランベルシアンも使える

  1. 「ゴゴゴ」or「ドドド」モンスターコストで《オノマト連携》発動
  2. 《オノマトピア》と《ズバババンチョー》サーチ
  3. 《オノマトピア》召喚
  4. 《オノマトピア》参照で《ズバババンチョー》特殊召喚
  5. 《ズバババンチョー》効果で墓地の「ゴゴゴ」or「ドドド」を特殊召喚

 

墓地に《ゴゴゴゴーレム》がいる状況下で《ゴゴゴゴースト》を特殊召喚※⑤すると、効果で《ゴゴゴゴーレム》を特殊召喚できる為、結果盤面のモンスター数が1体増えます。

効果に伴う制約は勿論付きまといますが、2枚からフィールドにモンスターを4体展開できるのは堅実な良い動きではないでしょうか?

まぁ、そこから何をエクシーズ召喚するかが大事になる訳ですが、3体素材または4体素材エクシーズを安定して展開できるのは悪くなさそうです。

最近は、《斬機ラプラシアン》《斬機ダランベルシアン》等の強力なランク4エクシーズも増加傾向にありますし、EXデッキの構成で個性を出すのも楽しそうです。

どちらにせよ《希望皇オノマトピア》は重要な役割を担うカードになると思うので、持ってない人は集めておいた方が良さそうですね。…今なら1枚数百円で買えるので結構おすすめ!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    最強ロンゴミアント狙えそうですね

  2. 匿名 より:

    リンクモンスターはアンダークロックテイカーが個人的におすすめ
    ホープダブルからのホープ(5000打点)を対象にすれば確実に1キル

    適当なモンスターSS→オノマトピア召喚→バンチョーSS
    →オノマトピアと任意のモンスターでアンダー
    →オノマトピア蘇生からホープダブルと繋げれば簡単にできます

  3. 匿名 より:

    名前は「ズバババンチョー-GC(ガガガコート)」が正しいですよ

コメントを残す

【デュエリストパック – レジェンドデュエリスト編6】十代・遊星・遊馬・遊矢をイメージした新カード収録カード大量公開

「Yu-Gi-Oh.JP」にて、11/9日発売『デュエリストパック

《脆刃の剣》を装備した《アマゾネスの剣士》で7000ダメージ!面白コンボ・シナジーを持つモンスターを集めてみました!

話題のカード《脆刃の剣》のコンボ・シナジーについて書きました。

《幻魔の肖像/デビルズ・ポートレイト》の使い方を考える・ミラーマッチまたはコントロール転移デッキでギリギリ!?

本日は、『イグニッション・アサルト』に収録された罠カード《幻魔の肖

【イグニッション・アサルト:強くてオススメ汎用カード5選】今回の狙い目はコレだ!シングル相場安めだけど良いカード多いです

毎度お馴染み『強くてオススメ汎用カード5選』のお時間です。

【クロシープは可能性の獣】リンク+α構成のデッキ全てにワンチャンある性能!簡易融合が旧神ノーデン化するの凄い!

『イグニッション・アサルト』に収録された有能リンク2モンスター《ク

【機巧蹄-天迦久御雷(アメノカクノミカヅチ)裁定】相手のモンスターカードでも特殊召喚可能!?自分の魔法・罠ゾーンに存在するモンスターカードを特殊召喚する効果!

関連記事:機巧蹄-天迦久御雷(アマノカグノミカヅチ)のテキストに翻

【イグニッション・アサルト&10000種突破記念SPパック開封】10000シークレット、20thシークレット出るか!?

10月12日発売『イグニッション・アサルト』の開封結果記事です

【イグニッション・アサルトのノーマルレアカードは何?】バトル・サバイバー,テイ・キューピット,脆刃の剣,ヘッド・ジャッジングの4枚

『イグニッション・アサルト』のノーマルレアカードを4種ご紹介!

→もっと見る

PAGE TOP ↑