【透破抜き再録】手札・墓地のモンスター効果を戒める!刺さると強い良カードだが…遅い

公開日: : 未分類

12月9日発売『ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク』に《透破抜き》が再録されるようです。

《透破抜き》と言えば、『EXTREME VICTORY』に収録されて以来一度も再録されていないカードなので、6年の時を経てようやく再録されたカードとなります。

効果自体は凄く強いし良いカードではあるのですが、如何せん器用貧乏感が強く、採用するとなると結構難しいカードっての率直な感想です。

SPONSORED LINK

透破抜き

遊戯王/第7期/4弾/EXVC-JP076 透破抜きSR【スーパーレア】

カウンター罠
(1):手札・墓地でモンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし除外する。

実は除外する点が最大の強みだったりします

今では比較対象となる競合カードも増えに増えたのでこのカードのアイデンティティは発動無効にし除外する点に尽きると思ってます。

確かに、ノーコストだし《見切りの極意》でカバーできないタイミングやカードも存在しますが、大体の場合《神の通告》でOKってなってしまうのが現実。

除外する事で更なる再利用を防ぐ、これ大事!

個人的には《ゾンビキャリア》を透破されて痛い思いをした記憶がありますが、最近だったら《妖精伝姫-シラユキ》とか透破すれば大ダメージって感じがしますね。

《透破抜き》と競合するカード達

神の通告

カウンター罠(準制限カード)
(1):1500LPを払って以下の効果を発動できる。
●モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

 

1500のライフコストで幅広く使える対モンスター効果カウンター罠

敗北しなければライフコストなんて安い安い!!

実際問題、幅広いモンスター効果に対応でき、効果による特殊召喚以外の特殊召喚に対応できるこのカードの強さは正に神の如し!

〇〇でOKって台詞は個人的に好きじゃないけど…カバーできる範囲が広く使いやすいのは事実。

《透破抜き》との差異

  • 手札・墓地だけでなく広範囲のモンスター効果に対応できる
  • 効果による特殊召喚以外の特殊召喚の無効もカバー範囲
  • ライフコストが必要
  • 準制限である

見切りの極意

>
 カウンター罠
(1):相手の墓地のカードと同名のモンスターの効果・魔法・罠カードを相手が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

二枚目からを止めるように見えて一枚目からも止める奴

カード名やテキストから二枚目のカードを止めるカードに感じますが、手札から墓地に送って発動するタイプの手札誘発や墓地で効果を発動するリクルーター等は一枚目から対応する事が可能です(発動したそのカード自身が墓地にあるのでOK)。

効果範囲もモンスター効果に限らず魔法・罠にも対応でき、状況によってはフィールドで効果を発動するカードにも対応できる万能感を見せつけてくれます。

ただし、墓地から除外して効果発動するタイプのカードだと同名がもう一枚墓地にないとカバーできないというちょっとした隙も持ってます。

《透破抜き》との差異

  • 条件付きだがモンスター効果・魔法・罠に対応できる
  • 状況次第ではフィールドで発動するカードにも対応できる(同名が墓地にある)
  • 墓地から除外して発動するタイプのカードがすり抜けやすい
  • 除外していないので再利用される可能性は捨てきれない

メンタルドレイン

 永続罠
1000ライフポイントを払って発動できる。このカードがフィールド上に存在する限り、手札のモンスターの効果は発動できない。

 

永続的に働く手札誘発メタ

手札で発動するタイプのモンスター効果にしか対応できないけど維持すればずっと機能するし、ぶっ刺さり度はコチラの方が上。永続だから対処され易い。

《透破抜き》との差異

  • メタでサイド採用するなら役割が明確かつ強力
  • 維持すればずっと機能する
  • 対応幅が狭い(ハッキリしている)
  • ライフコストが必要
  • 自分にも影響がある
  • チェーンサイクに弱い

ソウルドレイン

 永続罠
1000ライフポイントを払って発動できる。このカードがフィールド上に存在する限り、ゲームから除外されているモンスターの効果及び墓地に存在するモンスターの効果は発動できない。

 

永続的に働く墓地(除外されている)モンスター効果メタ

墓地&除外されいるモンスター効果にしか対応できないけど維持すればずっと機能するし、ぶっ刺さり度はコチラの方が上。永続だから対処され易い。

《透破抜き》との差異

  • メタでサイド採用するなら役割が明確かつ強力
  • 維持すればずっと機能する
  • 対応幅が狭い(ハッキリしている)
  • ライフコストが必要
  • 自分にも影響がある
  • チェーンサイクに弱い

こういうカードをストラクに入れる事自体に意味がある

《透破抜き》は、弱くはないし良いカードだけど、
「デッキに採用するか?」と聞かれると「うーん( ˘•ω•˘ )微妙」となる良い例です。

でもこういうカードをストラクに収録する事自体に意味があると管理人は思うんですよねぇ~

発動⇒カウンターはカードゲームの面白さの一つですし、実際に使ってこそ強さや弱さが見えて来るものです。

ストラクチャーデッキを購入して遊戯王を始めようと考える人がどれ位存在するのかは分かりませんが、そういう経験や気づきのチャンスが少しでも存在するのであればどんどん織り込んでいく、それが今の遊戯王には必要だと思うので、《透破抜き》再録には大大大賛成。

実際、再録が無かった分手元に持ってないって人も多いと思いますし、特殊なフォーマットで遊ぶのにハマっている人も多いようですし悪い再録ではないです。

でも欲を言えば手札から発動できたり、条件付きでセットしたターンに使える《突破抜き》が欲しい…欲しくない?

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク
コナミデジタルエンタテインメント (2017-12-09)
売り上げランキング: 22
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 荒くれナンバーズ より:

    手札誘発も止めれる効果は貴重ですよね~ 問題は無理なくメインに入るか…ですが モンスターなら ダークロウが安定、バトルのみならメテオバースト、ライトニング かわったところで ブレイブアイズ…やっぱモンスター効果のインフレを感じますねw

  2. ラララ より:

    昔は「つえ~な。これでヴェーラーとか止められる」と思っていましたが今だと「使えなくはないけれど、罠だから遅い」という感想に……

    罠は先考ターンに使えないのが辛かったりします。こういう強いカードでも

  3. ユキ より:

    罠での対応で遅いと言われる現環境で居場所が無いのが悲しいですがいいカードだと思います。
    今の先攻制圧型が有利な場合、罠で遅いと言われるのはゲーム性としてはつらいですね。デッキレシピ見ても罠の色無いですもん…。
    ライフコストと自分盤面がゼロ枚の時に手札から使える罠を今後生産してもいいかなと。手札誘発の役割を罠に与えて欲しかったなと思いますね。

    • cast より:

      個人的にも「手札からトラップだと!?」は好きなので条件付きでもいいから推して行って欲しさはあります。…あ、だから「魔弾」好きなのか…今気づいた(笑)

  4. ここの より:

    マキュラさん返してとまで言わないけど、王家の神殿対応のサーチカードくらいは欲しいってところかな

  5. シューティングクエン酸ドラゴン より:

    こういうピンポイントなカウンタートラップが大好きで、3枚ずつ集めてたっけ。結局、使わないまま再録されてしまったけど。

    • cast より:

      絶対に使いこなしてやるぞ!⇒集める⇒再録のパターンはアルアルです( ˘•ω•˘ )

  6. TT より:

    マジェスペクターテンペストも追加お願いします

    • cast より:

      確かに効果は近いのですが… 魔法使い風をリリースしなきゃなんで今回はごめんなさいッ((+_+))

コメントを残す

【新たな良き力《トポロジック・トゥリスバエナ》効果考察】相手が使用するEXモンスターゾーン前に展開すると…

1月13日発売『フレイムズ・オブ・デストラクション』には、昨日

【Vジャンプ3月号付録《E・HEROソリッドマン》効果予想】展開をサポートするって事らしいけど

『Vジャンプ3月特大号』に付属する事が判明した《E・HEROソ

【 公式レシピ】《パーペチュアルキングデーモン》採用型「三幻神」デッキ!《エッジインプ・シザー》が生命線!

《パーペチュアルキングデーモン》を使用した「三幻神」+「デーモン」

【コード・トーカー特集】《デコード・トーカー》から始まった謎多きサイバースリンクモンスター【パワーコード・トーカー追記】

《デコード・トーカー》から始まりし謎多きサイバースリンクモンス

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話感想】トポロジック・トゥリスバエナという新たな良き力。

ゴーストガールの先行で幕を開けた【ゴーストガールvsリボルバー

【フレイムズ・オブ・デストラクション収録カード一覧】《オルターガイスト・キードゥルガー》公開【カード評価・プチ解説付き】

1月13日発売『フレイム・オブ・デストラクション』のカード効果

【パワーコード・トーカーの使い心地が良好だった話】ややコストが重い印象でしたが割かし強かったです

【ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク】に収録された新規

【レギュレーション改訂の影響と新環境の動向を考える】強そうなデッキは何かなぁ?

リミットレギュレーションの公開から1日が経ち、そろそろみんな落

→もっと見る

PAGE TOP ↑