【Danger!(デンジャー)の新規カード判明】ツチノコやモスマンなど有名どころ大量追加!

公開日: : 最終更新日:2018/10/09 海外新規情報

新種発見!Dangerっち

10月19日に海外で発売となる『ソウル・フュージョン』に収録される「Danger!」新規カード5種をご紹介します。

「つちのこ」とか「モスマン」とか馴染み深い(?)「Danger!」モンスターが大量に追加されたみたいですね(つちのこカワ(・∀・)イイ!!)。

SPONSORED LINK

【海外ソウルフュージョン】収録「Danger!」カード

【UMAテーマ・Danger!確認】暗黒界デッキと共闘だ!川口、藤岡、イモト、伝説のハンター達の助け求む!

『サイバネット・ホライゾン』に収録された「Danger!」カードは上記の関連記事でご確認ください。

今回紹介する以下の「Danger!」カードは、2018/10/19日に海外で発売される「ソウル・フュージョン」に収録される新カードです。

  • 《Danger!? Tsuchinoko?》
  • 《Danger! Dogman!》
  • 《Danger! Mothman!》
  • 《Danger! Response Team》
  • 《Second Expedition into Danger!》

《Danger!? Tsuchinoko?》

効果モンスター
星3/闇属性/爬虫類族/攻1300/守 0
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。この効果で捨てたカードが「Danger!? Tsuchinoko?」以外だった場合、手札から「Danger!? Tsuchinoko?」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

 

どちらにせよ特殊召喚という約束された強効果!

アド損せずに展開出来る効果なので「Danger!」での役回りは結構大きそうです。

ふくふくしてて可愛いビジュアルです。

《Danger! Dogman!》

効果モンスター
星7/闇属性/獣戦士族/攻2400/守1000
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。この効果で捨てたカードが「Danger! Dogman!」以外だった場合、手札から「Danger! Dogman!」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。

 

捨てられると相手フィールドのモンスター全ての攻撃力を1000ダウン!

「Danger! Bigfoot!」以外の「Danger!」モンスターはそこまで攻撃力が高くない為、《DOGMAN!》の効果は結構重宝しそうです。

《Danger! Mothman!》

効果モンスター
星4/闇属性/昆虫族/攻1800/守 400
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。この効果で捨てたカードが「Danger! Mothman!」以外だった場合、手札から「Danger! Mothman!」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。お互いのプレイヤーはデッキから1枚ドローする。その後、お互いのプレイヤーは手札を1枚選んで捨てる。

 

捨てられると互いにドローして更に捨てられる!

捨てる事が次につながる「Danger!」的には連鎖を起こすこのカードは重要です。

互いにルーターするのでミラーだと大変な事になりそう…。

《Danger! Response Team》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「Danger!」モンスター1体とフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札から「Danger!」モンスター1体を捨てて発動できる。墓地のこのカードをデッキの一番下に戻す。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

自分の「Danger!」モンスターと相手フィールドのモンスターを一体ずつ手札に戻す!

「Danger!」側は手札に戻るのは大した問題ではなく、基本的には相手だけが損する作りになってます。EXのモンスターをバウンスすると超強力ですね!

墓地効果で任意の「Danger!」モンスターを捨ててデッキに戻しつつ1ドローするのもアドアドしいです。通常魔法版《強制脱出装置》って考えるとかなりやばい。

《Second Expedition into Danger!》

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨て、自分フィールドの「Danger!」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで500アップする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札から「Danger!」モンスター1体を捨てて発動できる。墓地のこのカードをデッキの一番下に戻す。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

このカードの強みは、維持して継続的に手札を捨てられる永続罠って所にありそうです。

何気に打点が頼りない「Danger!」的には500の攻守アップも地味に重要ですが、任意の「Danger!」を捨てられる装置は必要不可欠。

割られても②効果で捨て、戻す、ドローの動きが出来るので安心。

混ぜ混ぜしたくなるテーマですねぇ

【暗黒界】や【魔轟神】と合わせたい気持ちしかないッ!

特にモンスター側は損失無く手札を捨てる効果を発動できるので、上記二つとの噛み合いは素晴らしいでしょうね。

純構築も勿論できるでしょうけど、何となく【壊獣】みたいな便利出張枠としてのイメージが定着しそうな予感です。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    Dander!ミラーでネコマネキングが輝く可能性ありそう?

  2. 匿名 より:

    一段目でなかなか強かったので二段目が心配でしたが、普通に強くって安心しました

  3. 匿名 より:

    元ネタに反してツチノコは鉄の意志でフィールドに出てくるのは良いですね
    レベルも3で活用しがいがあるし素晴らしきカードです。

  4. 匿名 より:

    ツチノコに『?』が付いてるのは海外では知名度低いからですかね?比較的扱いやすい爬虫類族ってけっこう久しぶりな気が

    • 匿名 より:

      人を襲いそうなイメージの少ない小さいやつには?がつくそうです

    • 匿名 より:

      他にもジャッカロープだったかが?付きだったよね
      どっちもレベル3で手軽に展開できる効果持ち
      効果が強力な一方で「!」がないのはサーチとかに対応させない為なんだと思う

    • cast より:

      危ないの?みたいなニュアンスじゃないですかね。 ビッグフットとかネッシーは間違いなくあぶなそうですしw

  5. 良いデザインですよね、Danger!。
    今回は海外先行テーマは一つだけで、聖騎士を強化していくっぽいですね。

  6. 匿名 より:

    冒頭の文章、何かデジャブを感じると思ったらたまごっちだ・・・

  7. ネテルヒトー より:

    dangerって宇宙人も入るのかな?ていうか面白いテーマですね。

  8. 波音 より:

    来日は十中八九、来年のエクストラだろうな。恒例になりつつある海外テーマのリンクモンスターも楽しみだ。

  9. 匿名 より:

    ADSでデンジャー暗黒界回したらクッソ楽しかったっすわ
    グラファとビッグフットでランク8立てれば打点不足も打開できるんで超つええっす

  10. 匿名 より:

    Danger! spiderman!

    Change! leopardon!

    スパイダーは英語でレオパルドはドイツ語、歌は日本語で掛け声はフランス人…まるで意味がわからんぞ!?

  11. 匿名 より:

    フリチェの手札調整をたくさん入れて魔轟神ユニコールでのコントロール系で組んでみたいなと思っておるしだいです

    • cast より:

      ユニコン良いですね いつも以上にトリッキーな手札コントロールを要求されそうw

  12. 匿名 より:

    この調子でグレイとか出ないかなー出てほしいなー

  13. 匿名 より:

    「Danger!? Tsuchinoko?」の説明のとこ
    アド損せずに展開出来る効果なので「Dange!」での役回りは結構大きそうです。
    ↑「Dange!」になっちゃってます

    • cast より:

      管理人の左ひとさし指はrを押したつもりになってることが多いみたいです。修正しておきます。

  14. 匿名 より:

    出張の必要枚数少なくしても仕事するタイプのテーマっぽい?
    しかし手札抹殺が禁止になる未来しか見えない

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

「守護竜」の登場で《巨神竜の遺跡》が超絶強化!表側カードを何でも《ピスティ》《エルピィ》に変換可能!

皆さんは『SD-巨神竜復活-』に収録された《巨神竜の遺跡》とい

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第73話感想】紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる!

勝機を見誤った事により、ボーマンの「ストームアクセス」を許してしま

【《ハーピィの羽根休め》の収録判明:DPレジェンドデュエリスト編4】条件付きで2ドローできるドロソ!

11月10日発売『DP-レジェンドデュエリスト編4』の情報が「

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第一話感想】漫画の力で真実を照らす新感覚ミステリー!

《ハイキューの表紙が目印です》 発売から少し日は経ってしまいまし

【星杯ストーリー考察・解説】星櫃・守護竜の覚醒と終わる世界【星遺物を巡る戦いの歴史-第七幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑