【新規『聖騎士』カード判明】ユーウェイン卿と魔女モーガンを召集!《Heritage of the Chalice》強いですね!

公開日: : 海外新規情報

10月19日に海外で発売となる『ソウル・フュージョン』に収録される「聖騎士」新規カード4種をご紹介します。

前回の『サイバネティック・ホライゾン』から始まった「聖騎士」シリーズ第二幕(勝手に命名)が今回も収録されているようです。

今回は獅子の騎士の異名を持つユーウェイン卿や魔女モーガンをモチーフとしたカードが中心みたいですね。

SPONSORED LINK

【海外ソウルフュージョン】収録「聖騎士」カード

【聖騎士新規の効果が公開されました】クラレントを持ち出すと決めた運命の朝!コンスタンティン強いですね!

『サイバネット・ホライゾン』に収録された「聖騎士」カードは上記の関連記事でご確認ください。

今回紹介する以下の「聖騎士」カードは、2018/10/19日に海外で発売される「ソウル・フュージョン」に収録される新カードです。

  • Noble Knight Iyvanne
  • Morgan, the Enchantress of Avalon
  • Heritage of the Chalice
  • Until Noble Arms are Needed Once Again

Noble Knight Iyvanne

Noble Knight Iyvanne
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守1600
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「聖剣」装備魔法カードを装備している限り、このカード以外の自分フィールドの「聖騎士」モンスターの攻撃力は500アップする。
(2):このカードが「聖剣」装備魔法カードを装備している場合に発動できる。自分フィールドに「Noble Knight Token」(戦士族・光・星4・攻/守1000)1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「聖騎士」モンスターしか特殊召喚できない。

 

イラストに獅子がいるのでトークンは獣族なのかと思いきや、しっかりと戦士族でした。

まぁ、ここで獣族って言われちゃうと《聖騎士の追想イゾルデ》的に困っちゃいますもんね!

発動後の制約が気になるので、発動前までに色々使いたい奴は使っておくようにしておきましょう。

Morgan, the Enchantress of Avalon

Morgan, the Enchantress of Avalon
効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1300/守1600
このカード名の効果は1ターンに1度しか発動できない。
(1):自分フィールドに「聖剣」装備魔法カードを装備した「聖騎士」モンスターが存在し、相手がカードの効果を発動した場合、このカードを手札から墓地に送って発動できる。自分フィールドの「聖剣」装備魔法1枚を破壊し、その発動を無効にする。

 

「聖剣」を装備した「聖騎士」が必要ですが、相手が発動したカード効果を種類を問わず発動無効に出来るのは素晴らしい!

【聖騎士】はガチガチの耐性効果を理由に相手ターンへの妨害効果が乏しかった為、条件付きとは言えこういう手札誘発効果は嬉しんじゃないでしょうか?

フィールドの「聖剣」を破壊しながら無効にしているので、変則タイミングでの「聖剣」装備誘発効果も一応狙えますね。組み合わせ次第では無効にしながら更なる追撃も可能です。

Heritage of the Chalice

Heritage of the Chalice
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか発動できない。
(1):デッキ・墓地から「聖騎士」モンスター1体または「聖剣」装備魔法カード1枚を手札に加える。
(2):「聖剣」装備魔法カードを装備した「聖騎士」モンスターが戦闘によって破壊され墓地に送られた場合に発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。

 

「聖騎士」モンスター1体または「聖剣」装備魔法カード1枚サーチだけでも十分強いのに、墓地からの回収効果まで付いてるってスゲェ!

「聖剣」装備魔法カードを装備した「聖騎士」モンスターが戦闘破壊される必要があるとは言え、毎度毎度それ以外の除去で盤面を切り崩せる訳ではないのでかなり厄介なカードだと思います。

ダブったら片方はコストに使ったりすると便利そうですねぇ…。

Until Noble Arms are Needed Once Again

Until Noble Arms are Needed Once Again
通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか発動できない。
(1):自分フィールドの「聖剣」装備魔法カードと同じ数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。その中から1枚を手札に加え、残りは好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。フィールド・墓地に存在しない「聖騎士」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。

 

個人的にこのカードのイラスト大好きなんですけど…(元気玉感大好き)。

効果の方も最大4枚めくってうち一枚を手札に加えるってかなり良質な手札補充が出来そうです。しかも残りは好きな順番で戻すので、2枚欲しいカードを連続で手札に加えられるって寸法です。

墓地効果も普通に強いですし良いカードですね。ハイランダー「聖騎士」を組みたくなる効果です。

《Heritage of the Chalice》で安定感高まる

4枚とも見所のある新規って印象ですが、《Morgan, the Enchantress of Avalon》と《Heritage of the Chalice》の二枚はかなり評価点が高そうですね。

特に《Heritage of the Chalice》は手札に足りてない方(聖騎士or聖剣)をサーチ出来るカードと言う事で、多くの「聖騎士」使い達が待ち望む一枚になりそうです。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    とうとう聖騎士にもセフィラ式ヤケクソサーチカードが実装されたか

  2. 名無し より:

    聖剣か聖騎士サーチは強いですね、シンクロのランスロットさんが涙目ですよ

  3. ワンダー・ワンド より:

    基本的に魔法罠ゾーンが聖剣で埋まるから、専用の強い手札誘発が欲しかったしありがたい

  4. 匿名 より:

    安定感がだいぶあがりましたね
    とはいっても展開力はそれほど高くないので
    メタよりの構築になりそうです。
    トリスタン君には相手ターンに頑張ってもらいましょう

  5. 匿名 より:

    捲るのは最大4枚でわ?

  6. ラララ より:

    海外でリンク3の聖騎士が4段目ぐらいで出るのでしょうか?
    次は新しいシンクロでそんな感じになりそうな予感

  7. 匿名 より:

    トラップのリクルートを生かす為に聖騎士を除外するギミックを考える必要があるし
    待望の誘発札が来てくれて嬉しいな毎ターンギネルヴァ破壊します。

  8. 匿名 より:

    聖騎士と聖剣関係全種入れて使いたいな〜って思ってたけどそれが現実的になった感
    他にまだ出てないいろんな伝承や言い伝えの円卓の騎士も登場してほしい

  9. ガガガガンブラー より:

    何気に通常罠は「聖剣」カードなのでボールス、ランスロット2種からサーチ効くのデカイです
    イゾルデで三兄弟サーチ、ボールスリクルートで通常罠含む聖剣1枚サーチ
    返しで全滅しても三兄弟からのイゾルデ含む3枚サルベとドロー、リクルートからのイゾルデ展開
    先攻でも中々いい動きができるように!

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

「守護竜」の登場で《巨神竜の遺跡》が超絶強化!表側カードを何でも《ピスティ》《エルピィ》に変換可能!

皆さんは『SD-巨神竜復活-』に収録された《巨神竜の遺跡》とい

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第73話感想】紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる!

勝機を見誤った事により、ボーマンの「ストームアクセス」を許してしま

【《ハーピィの羽根休め》の収録判明:DPレジェンドデュエリスト編4】条件付きで2ドローできるドロソ!

11月10日発売『DP-レジェンドデュエリスト編4』の情報が「

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第一話感想】漫画の力で真実を照らす新感覚ミステリー!

《ハイキューの表紙が目印です》 発売から少し日は経ってしまいまし

【星杯ストーリー考察・解説】星櫃・守護竜の覚醒と終わる世界【星遺物を巡る戦いの歴史-第七幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑