【Danger】「未界域」の影響で《終わりの始まり》に注目集まる!全て闇属性だから確かに相性は良いけど、重ね引きすると腐るみたい

公開日: : 高騰情報

「未界域」(Danger!)の影響で《終わりの始まり》に注目が集まっているようです。

「未界域」デッキにおける《終わりの始まり》の役割・相性の良さ・注意点などをまとめてみましたので、気になっている人は良かったらチェックしてみて下さい。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

《終わりの始まり》とは?

遊戯王 PTDN-JP053-R 《終わりの始まり》 Rare

《終わりの始まり/The Beginning of the End》 
通常魔法
自分の墓地に闇属性モンスターが7体以上存在する場合に発動する事ができる。
自分の墓地に存在する闇属性モンスター5体をゲームから除外する事で、自分のデッキからカードを3枚ドローする。

収録:【ファントムダークネス】

墓地闇7体を作り出して初めて発動できる超ヘビーなドロソ!

普通のデッキでは流石に重すぎますが、デッキをゴリゴリ回転させられる「未界域」ならば結構使えると噂の一枚。

海外での使用実績もそこそこある為、来日前にプチ高騰の兆しを見せています。

「未界域」(Danger)との相性は確かに抜群!

「未界域」モンスターは全て闇属性!

「未界域」モンスターは全て闇属性モンスターで構成されたテーマです。

一見、地属性に見える「ジャッカロープ」や、水属性に見える「オゴポゴ」でさえマルっと闇属性だったりします。

全てのモンスターを能動的に墓地に捨てられる

全てのモンスターが以下の共通効果を持っています。

(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のオゴポゴ」以外だった場合、さらに手札から「未界域の〇〇〇〇」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。

 

しかもこれ……名称ターン1じゃないんですよね(白目)。

要するに、手札に引いたら引いただけランダムディスカードからの特殊召喚&ドローチャレンジが可能な訳です。

一応、同名カードを選ばれると特殊召喚&ドローはありませんが、その場合はそれぞれが持つ固有効果(オゴポゴの場合はデッキからの墓地肥やし)が発動します。

…何で名称ターン1を付けなかったんでしょうねぇ…(;^ω^)

【注意点】重ね引きすると流石に腐る

性質的に相性抜群なカードではありますが、初手で2枚以上引くと流石に腐るみたいです。

しかし、海外のレシピを見ると3積みされている例も多いので、枚数に関する調整は自分で判断する他無さそうです。

まぁ、発動できなかったとしても「未界域」の①効果で捨てればドローに変換できるんですけどね…。

【注意点】チュパカブラで墓地利用する


《未界域のチュパカブラ/Danger! Chupacabra!》 
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守 400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のチュパカブラ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のチュパカブラ特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合、「未界域のチュパカブラ」以外の自分の墓地の「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

墓地は《チュパカブラ》の効果で触るので除外し過ぎは要注意!

《チュパカブラ》は「未界域」の中でも定番のモンスターっぽいですし、そこら辺の兼ね合いは気にする必要がありそうです。

でもまぁ…一部の高打点モンスター以外はリソース運用される事がほとんどでしょうし、何かしら残ってれば機能しそうではあるなぁ…。

とりあえずストレージ漁ってみると良いかも?

「未界域」は見せたモンスターを当てられまくるのが負ける流れっぽいですし、程よく「未界域」以外のカードが混ざってる方が良いみたいですね。

「暗黒界」(特にスノウ,ブラウ)も相性良いみたいなので、今のうちにストレージを漁ってみると良いかも?

とにかく型が多いデッキなので、いざって時に選択できるように準備しておくのが丸いですな!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ラララ より:

    三枚ドローは魅力的だけど、五体除外はつらいので自分はドロソは貪欲な壺を採用するつもりです
    墓地に行った未海域を再利用は強いと思います

  2. 匿名 より:

    無理にドローしなくても回るからなぁ

  3. 匿名 より:

    海外は昔からドローカード大好きで、増Gも禁止だから採用されるのはわかるけど、日本でも使われるかは微妙

  4. 匿名 より:

    むしろ未界域で固めてどれかしらの固有効果を使いに行くのもいいんじゃ無いかな…居合いドローワンキルとかもそのテの構築だった気がしますし。

  5. ここの より:

    セルフSS可能なレベル8が3種類もいるんで、アドバンスドローもけっこう発動できちゃいますね
    場にいてもバニラだし、②で割りたいのにSSしちゃったビッグフットなどをコストにすれば無駄も少ない
    モスマン採用予定ならコスト共有できるジェネレイドと混ぜるのも楽しそう

  6. 匿名 より:

    共通効果の欄がオゴポゴ専用になってますよ

  7. 匿名 より:

    墓地リソース食うのはちょっと…
    チュパカブラとの相性も悪いし、7体って中々溜まらないから微妙だわ。分かりやすいシナジーしか見てないっていういつものパターンやな
    闇の誘惑の方が取り回しよくて使いやすい

  8. 匿名 より:

    海外のように未界域でデッキボトム操作によるワンキルが流行った場合、デッキを弄らずにドロー出来る札は欲しいのでこのまま高騰しそうではありますね。とはいえ使われても2枚くらいでしょうし慌てて揃える必要は無いかな?

  9. 匿名 より:

    まさか20世紀少年がまた輝くときが来るのか?

コメントを残す

【20thシクの女剣士カナン当たる!?】思い出と共にカード名をツイートして応募!管理人はこんな感じでツイートしたよ!

Twitterにて、遊戯王OCG10000種突破記念キャンペー

【メガリスモンスターのサーチすゝめ】マンジュや儀式の準備だけじゃない!《魂の造形家》が使えるの驚きました!

既に相性の良いカード記事は作成しているのですが、今回はサーチに

【LEGENDARY GOLD BOX収録カード情報】ブラマジ×真紅眼、ネオス×ユベル、シュースタ×TG!

「Yu-Gi-Oh.JP」にて、12/21日発売『LEGENDAR

【リンク・ヴレインズ・パック3収録カード情報】L・G・D、捕食植物、エンディミオンリンク来た!

「Yu-Gi-Oh.JP」にて、11/23日発売『リンク・ヴレイン

『20thシークレットレア FINAL CHALLENGE PACK』配布キャンペーン情報・浮幽さくら、クェーサー、インフィニティの20thをゲットするチャンス!

「Yu-Gi-Oh.JP」にて、2020年1月11日から開催される

《バトル・サバイバー》活用術・バトルフェイズ中に落ちたカードなら何でも回収可能!ベアトリーチェを使ったサーチコンボも面白い!

バトルフェイズ中に自分の墓地に送られたカードを回収する男、《バトル

【デュエリストパック – レジェンドデュエリスト編6】十代・遊星・遊馬・遊矢をイメージした新カード収録カード大量公開

「Yu-Gi-Oh.JP」にて、11/9日発売『デュエリストパック

《脆刃の剣》を装備した《アマゾネスの剣士》で7000ダメージ!面白コンボ・シナジーを持つモンスターを集めてみました!

話題のカード《脆刃の剣》のコンボ・シナジーについて書きました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑