【魔力カウンター強化】「エンディミオン」デッキ効果解説!魔力統括と各種エンディミオンが超強力!

公開日: : 最終更新日:2019/03/10 魔力カウンター

魔力カウンターをコンセプトにした最新ストラク「ロード・オブ・マジシャン」が発売されました。

魔法使い族とペンデュラム召喚の組み合わせは強テーマという風潮があります(主にペンエボの影響)が、本ストラクの仕上がりは実際どうなのでしょうか?

ペンデュラムはただでさえテキストがボリューミーで複雑なのに、今回はそこに魔力カウンターまで絡んで「さー大変!」。分かり易さを意識しながら最新ストラク(新カード)の効果・動きをみんなでチェックしていきましょう。

SPONSORED LINK

エンディミオンカード(ロード・オブ・マジシャン)効果チェック

創聖魔導王エンディミオン

《創聖魔導王 エンディミオン》 
ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2800/守1700
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの魔力カウンターを6つ取り除いて発動できる。Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードの数まで、フィールドのカードを選んで破壊し、破壊した数だけこのカードに魔力カウンターを置く。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。自分フィールドの魔力カウンターが置かれているカード1枚を選んで持ち主の手札に戻し、その発動を無効にし破壊する。その後、手札に戻したそのカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く事ができる。
(2):魔力カウンターが置かれているこのカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。デッキから通常魔法カード1枚を手札に加える。

 

P効果でできる事

  • 自身をPゾーンから特殊召喚(自場の魔力カウンター6つ要求)
  • 特殊召喚した後に、自分フィールドの魔力カウンターを置く事が出来るカードの数までフィールドのカードを破壊(対象をとらない)。
  • 破壊したカードの数だけ自身に魔力カウンターを置く(ここまで一連の効果)。

 

モンスター効果でできる事

  • 自分フィールドの魔力カウンターが置かれているカードを手札に戻し、魔法・罠カードの効果発動を無効にして破壊。その後、戻したカードの上に置かれていた魔力カウンターを自身に移植。
  • 相手の効果の対象にならず相手の効果で破壊されない(魔力カウンター参照)。
  • 魔力カウンターが置かれている状態で戦闘破壊されるとデッキから通常魔法カードをサーチ。

 

頼れるエースモンスター枠

セルフSS・除去・魔法・罠への制圧能力・対象耐性・効果破壊耐性・条件付きの通常魔法カードサーチ。更にスケール8・打点2800の頼れるエースモンスター!

エンプレス・オブ・エンディミオン

《エンプレス・オブ・エンディミオン》 
ペンデュラム・効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻1850/守2700
【Pスケール:青2/赤2】
(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。手札の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。
【モンスター効果】
自分は「エンプレス・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分フィールドの他の魔力カウンターが置かれているカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。その自分及び相手のカードを持ち主の手札に戻す。その後、自分フィールドから手札に戻したカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。
(2):魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。デッキから「エンディミオン」カード1枚を手札に加える。

 

P効果でできる事

  • 自分or相手の魔法カード発動で魔力カウンターを1つ置ける。
  • 魔力カウンターを3つ取り除き、手札の魔力カウンターを置く事が出来るモンスターと自身を特殊召喚。その後魔力カウンターを1つずつ置ける。

 

モンスター効果でできる事

  • 自分フィールドの他の魔力カウンターが置かれているカードと相手フィールドのカードを対象とし、それら二枚を持ち主の手札に戻す。その後自分の手札に戻ったカードに置かれていた魔力カウンターを自身に移植。
  • 魔力カウンターが置かれている状態で戦闘破壊されるとデッキから「エンディミオン」カードをサーチ可能。

 

除去兼手札からの展開役

手札の魔力カウンター関連モンスターを特殊召喚。破壊耐性持ちなどをバウンス効果で対処。守備型のステータスなのでリンク・エクシーズ・シンクロなどに使うと良さそう。

サーヴァント・オブ・エンディミオン

《サーヴァント・オブ・エンディミオン》 
ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/魔法使い族/攻 900/守1500
【Pスケール:青2/赤2】
(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。デッキの魔力カウンターを置く事ができる攻撃力1000以上のモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。
【モンスター効果】
自分は「サーヴァント・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):魔力カウンターが置かれているこのカードは直接攻撃できる。
(2):相手ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。このカード及び自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカード全てに魔力カウンターを1つずつ置く。
(3):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。その後、このカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。

 

P効果でできる事

  • 自分or相手の魔法カード発動で魔力カウンターを1つ置ける。
  • 魔力カウンターを3つ取り除き、デッキの魔力カウンターを置く事が出来るモンスター(攻撃力1000以上)と自身を特殊召喚。その後魔力カウンターをそれぞれ1つずつ置ける。

 

モンスター効果でできる事

  • 魔力カウンターが置かれているとダイレクトアタック可。
  • 手札を1枚捨てて自分フィールド全体に魔力カウンターをばら撒く(相手ターン限定)。
  • モンスターゾーンで破壊されるとPゾーンへ移動。置かれていた魔力カウンターは継続。

 

頼れるリクルーター

攻撃力1000以上という設定はありますが、リクルート効果は純粋に強力。モンスターゾーンで破壊された際のPゾーン移行に魔力カウンターの有無は関係ない。

マギステル・オブ・エンディミオン

《マギステル・オブ・エンディミオン》 
ペンデュラム・効果モンスター
星3/地属性/魔法使い族/攻1500/守 900
【Pスケール:青8/赤8】
(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。自分のEXデッキの表側表示の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。
【モンスター効果】
自分は「マギステル・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードの攻撃宣言時に発動できる。このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):相手ターンに1度、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(3):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。その後、このカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。

 

P効果でできる事

  • 自分or相手の魔法カード発動で魔力カウンターを1つ置ける。
  • 魔力カウンターを3つ取り除き、EXデッキの魔力カウンターを置く事が出来るモンスター(攻撃力1000以上)と自身を特殊召喚。その後魔力カウンターをそれぞれ1つずつ置ける。

 

モンスター効果でできる事

  • 攻撃宣言時に自身に魔力カウンターチャージ!
  • 魔力カウンター3つ消費で魔力カウンターを置けるモンスターをリクルート(相手ターン限定)。
  • モンスターゾーンで破壊されるとPゾーンへ移動。置かれていた魔力カウンターは継続。

 

EXデッキからの展開・デッキからのリクルート

②効果は「エンプレス・オブ・エンディミオン」をリクルートしてバウンス効果に繋げる事に適している。EXデッキからのSSと良い、きちんと回っていると凄く強いカードという印象。

魔導輝士デイブレイカー

《魔導耀士 デイブレイカー》 
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/魔法使い族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
魔法使い族モンスター2体
このカード名の(2)(4)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードのリンク先に魔法使い族モンスターが特殊召喚された場合に発動する。このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(3):このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×300アップする。
(4):このカードの魔力カウンターを2つ取り除き、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

モンスター効果でできる事

  • リンク召喚に成功すると魔力カウンター1つプレゼント!
  • リンク先に魔法使い族が特殊召喚されるともう一つプレゼント!
  • 魔力カウンター1つに付き攻撃力300アップ!
  • 貯めた魔力カウンターを使ってフィールドのカードを破壊!

 

ペンデュラム召喚の前に展開しよう!

「エンディミオン」モンスター達の効果SSでこのカードに繋ぎ、このカードがEXモンスターゾーンにある状態でP召喚できるのが理想に見えます。とりあえず出した流れで④効果までマルっと使える事が大事。

魔力統括

《魔力統轄》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「エンディミオン」カード1枚を手札に加える。その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードに、自分のフィールド・墓地の「魔力統轄」「魔力掌握」の数まで可能な限り魔力カウンターを置く事ができる。

 

このカードでできる事

  • 「エンディミオン」カードのサーチ(カードの種類を問わない)。
  • 魔力カウンターの爆供給!

 

最低でも2つは置けます

発動している時点で1つ。更に効果で1つは最低保証(発動しているこのカードも含む)されています。サーチ札ってだけで強いのに…このカードは相当キレてます。

 

魔力カウンターが置けるカードの落とし穴

ペンデュラムゾーンに存在する「創聖魔導王 エンディミオン」は魔力カウンターが置けるカードとして扱わないという裁定が出ているので要注意。(Pカード状態では自身に魔力カウンターを置く効果は持っていない為)。

救魔の標

《救魔の標》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の魔法使い族の効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

 

このカードでできる事

  • 墓地の魔法使い族効果モンスターを回収

 

Vジャンプ付録の効果次第で化けるはず…

現状だと相性はそこそこと言った印象。Vジャンプ付録《ローグ・オブ・エンディミオン》の効果次第では大きく化ける逸材。まぁ普通に魔法使い族汎用カードとして使っても良いです。

魔法都市の実験施設

《魔法都市の実験施設(エンディミオン・ラボ)》 
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードは魔法&罠ゾーンに存在する限り、カード名を「魔法都市エンディミオン」として扱う。
(2):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(3):1ターンに1度、自分の魔法使い族モンスターが戦闘で破壊されたダメージ計算後に、自分フィールドの魔力カウンターを6つ取り除いて発動できる。手札・デッキからレベル7以上の魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する。

 

このカードでできる事

  • 魔法都市エンディミオンとして扱う
  • 自分or相手の魔法カード発動で魔力カウンターを1つ置ける。
  • 魔法使い族が戦闘破壊された際に魔力カウンター6つ消費で手札・デッキからレベル7以上の魔法使い族モンスターを特殊召喚。
  • 条件が厳しい分、特殊召喚範囲はかなり広い(混黒が収録されていたのはこのカードの兼ね合い?)

 

エンディミオンカードなのでサーチ可能

条件や要求される魔力カウンターの数はかなり重い。その分、効果は強く設定されていますね。《魔力統括》でサーチ可能という強みはあります。

効果による特殊召喚&ペンデュラム召喚!ダブルSS体制


▲召喚権使っていいよ!

性質の異なる特殊召喚効果とペンデュラム召喚の共存による展開力の爆発。どちらかが不成立でももう片方で補う柔軟性こそが本ストラク最大の特徴と言えるかもしれません。

召喚権が現状浮いているのが気になるので、恐らくそこを埋めるカードになるであろう《ローグ・オブ・エンディミオン》の効果判明が待ち望まれます。

制圧能力に少し難がありそうですが、それ以外の部分は割といい線行ってるんじゃないでしょうか?

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    サラマングレイトと蠱惑魔に新規エンデュミオンで挑みましたが流石にサラマングレイト相手には辛かったです。初動つぶされたら手札が枯渇して後続が続きませんでした。
    蠱惑魔は落とし穴系に対して破壊耐性や対象にとられない効果で対応できるので楽に戦えました。
    感想ですがフリーで戦う分には良いのですがカウンターや誘発で手札が枯渇しやすく墓地から回収したくてもエクストラに送られるので救魔が腐る印象でした。大型が多いので事故が起こるのも大きいですね。

  2. 匿名 より:

    最速感想ありがたい!

  3. 匿名 より:

    展開した後に貯まったカウンターの使い道が微妙。
    テンペスターやアーカナイト使うか、Vジャンプに期待かな。

  4. 波音 より:

    クルセイダーがデュアルだったから、まさかローグもデュアルってことないよな?

  5. 匿名 より:

    エンディミオンを組んでみたんですが、カウンターをいかにして稼いでいくか、オブ・エンディミオンが特殊召喚ターン1なのでどうやって展開していくかが重要なので、魔力カウンターと特殊召喚の管理が凄く難しいデッキでした。
    ローグの性能にもよりますけど、現状ではエンディミオン単体で組むよりも、魔導獣みたいな魔力カウンターを稼げるテーマとか、魔導書みたいな魔法を連打できるデッキと組み合わせた方が安定するって感じがしました。特に、魔導獣はオブ・エンディミオンの特殊召喚効果に対応してるので結構相性が良かったです。

  6. 匿名 より:

    3個合体に魔導獣(マスターケルベロスとキングジャッカル各2枚ずつ)と魔導書数枚(セフェル2とルドラ2とゲーテ1)足しただけで対応力と召喚権の余りと初動の安定性がかなり上がったのでオススメです
    ただ、純軸で使いたい〜って場合は微妙かもですけどね

  7. ロマン派アクアアクトレス より:

    ひとまず3つ合わせて、雑にウィッチクラフトねじ込みました
    対戦したわけじゃないので何に強い〜とかは判断しかねますが、召喚権を赤デコことシュミットに割ける、魔力掌握を雑に墓地に落とせるって点が強みかなと思います
    展開自体はエンディミオンたちに任せればいいので、案外ケアしやすいかなと
    或いはウィッチクラフトを囮にエンディミオンで動けるって考えればまあ良いのかなと

    今日対戦出来たらそこでデッキの方向性をしっかり決めてみます

  8. 匿名 より:

    エンプレスの解説の一番下。バウンス効果がバスンス効果になってますよ~

  9. 匿名 より:

    雑に三箱の収録内容だけで組んでEXデッキにディアブロシスねじ込んで嫌がらせするような内容に仕上げてみましたが、魔法都市張れてないと展開後の魔力カウンター枯渇が著しいのが中々…。オブたちはP召喚やサーヴァント以外の二種の効果で同名を特殊召喚する分には名称SSターン1も気にならないですし、エンプレスP効果でエンプレスSSして二枚ともバウンス効果でそっくり手札に戻すなんて芸当もできるのが面白かったです。ただサーヴァントP効果・統括・バテルにさくら使われると即死案件でした…

コメントを残す

【ヴァレット・トレーサーの可能性】魔術師ヴァレット、オッドアイズヴァレット、リゾネーターヴァレットetc

本記事は、ストラクチャーデッキ「リボルバー」に収録される新カー

【リボルバーストラク:収録カードリスト・新規カード効果まとめ】全リスト判明!再録カードも良い感じですね!

本記事は、6月22日発売『ストラクチャーデッキ-リボルバー-』の収

【ストラクチャーデッキテーマ投票】強化・新規が欲しいテーマは何だ?熱き想いを爆発させろ!

「遊戯王OCG カードデータベース」にて2019年6月21日(金)

【憑依覚醒戦争不可避】ジャンプフェスタリミテッドパック2019再配布決定!収録カードリストおさらい【ジャンプビクトリーカーニバル2019】

7月21日(大阪会場)、7月28日(東京会場)で開催される「ジ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第107話感想】鬼を討つ!剛鬼復活!鬼塚復活!!

鬼塚復活!剛鬼復活は朗報ですが、その陰でハノイの騎士の皆様がひっそ

【カオス・インパクト 収録カード・リスト・レアリティまとめ】チョバムアーマー・ドラゴン公開!HPと装甲が強化されそう

7月13日発売『カオス・インパクト』の収録カード情報をまとめた

「GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジ」効果判明!来月号の付録は「天威の龍拳聖」!新キャンペーン情報等【Vジャンプ8月号新情報まとめ】

フラゲで色々判明したようです。 ゼロゴッド・レイジの効果良い

【汎用レベル12シンクロ・一覧から選ぶオススメモンスター】神立のオニマル&炎斬機ファイナルシグマの二本柱!【デルタアクセルシンクロ特集もあるよ】

汎用と呼べるモンスターが2体になったので、ようやく汎用オススメ

→もっと見る

PAGE TOP ↑