【アークファイブ・40話感想】 パンサーウォリアーが融合だと!?懐かしモンスター大量出演!

アークⅤ
久々に零児さんがデュエルしてくれました!懐かしいモンスターや新規DDなど情報量の多い回でした満足度高し!

40話「アカデミアの戦士」

柚子や権現坂の2回戦が進むなか、LDS所属の志島北斗が何者かに襲われ不戦敗になってしまう。北斗を襲った犯人を追う零児は、柚子によく似た一人の少女 のもとにたどり着く。その時、少女の従者が零児にデュエルを仕掛ける!何かを確かめるようにデュエルをする零児…いったい少女は何者なのか…?!

SPONSORED LINK

懐かしいモンスターがアニメで見れる喜び

tubasa
「天空の聖域」・「ジェルエンデュオ」・「翼を織りなすもの」・「勝利の導き手フレイヤ」ってフィールドが懐かしすぎる。

最近は「ハルベルト」や「ガンマン」などの突破方法が多数存在するので厳しいですが、「ジェルエンデュオ」って結構厄介なモンスターでしたよね。意外と止まるんだよね~。

そして、「パンサーウォリアー」さんの融合

pansa
「パンサーウォリアー」さんの融合体が今更登場するとは…。

「獣闘機パンサー・プレデター」って名前でしたね。OCG化されるのだろうか…。
素材が「パンサーウォリアー」縛りだった場合アニメオリジナルになってしまいそう。

そういえば「ハイロン」さんもチラッと映りましたね。

新規DDも大盤振る舞い!

teru

今回登場した新規DDは以下の3枚

  • DDパンドラ
  • DDD狙撃王テル
  • DDD神託王ダルク

 

「狙撃王テル」は「ウィリアム・テル」で「神託王ダルク」は「ジャンヌ・ダルク」ですね。
武器も「クロスボウ」だし、体がりんごで矢が3本刺さってる!いいデザインですね!

リアルトラップには注意しましょう!

gureimoya
まさかのリアルトラップ!流石は万能地雷ですね!!
不意打ち過ぎて笑ってしまいました。反則やで…。

あー、あと「北斗」君はご愁傷様でした。
完全にネタキャラとしてのポジを築いていってますなぁ~。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    個人的にパンサー・プレデターはOCG化するなら効果ダメージは攻撃力全てにするのと特殊召喚したモンスターの効果無効化が欲しいですね。

    • cast より:

      そうですね素材にもよりますが、効果無効化は必要ですね。
      OCG化されればよいが…。

  2. 匿名 より:

    かっこよかったなぁ!パンサーウォリアー!

  3. おばば より:

    エクシーズしたら面白い動きをするデッキだなぁと見てて思いましたね。
    次の記事は希望として、OCGオリジナルが決まってカードプールが増えたRRについてもう一度書いて欲しいです。

  4. 匿名 より:

    公式ホームページの熱血!デュエル塾で獣闘機パンサー・プレデターがでてきますのでそれを見るといいですよ~。

    • cast より:

      素材がレベル4以下の獣戦士族+レベル4以下の機械族になっていた!
      しかもイラスト的にOCGっぽい…。

      これは楽しみですねェ~。かっけー

コメントを残す

【遊戯王.JPにて《魔弾の悪魔ザミエル》が公開されました】発動した「魔弾」の数だけドローってやばそう

「遊☆戯☆王」公式情報サイト『遊☆戯☆王.jp』にて、2017

【超電磁タートルや速攻のかかしと《拮抗勝負》は併用できます】バトルフェイズ終了系効果の処理についてのお話

関連記事:【裏側除外《拮抗勝負》は本当に強いのか?】 昨

【トーナメントパックにて《サイバーダーク・インパクト!》再録決定】融合召喚扱いとしてのテキストが消えた日

〈俺は非対応だけどサーチできるから便利になったぜ!〉 公式Twi

【《魔弾の射手カスパール》に心躍る】速攻魔法・罠を手札から発動できる悪魔族テーマ!

《魔弾の射手カスパール》以外のモンスター・肝心な「魔弾」魔法・

【裏側除外《拮抗勝負》は本当に強いのか?】手札からも発動可能なのが良いですねぇ!!

公式twitterにて公開された新カード《拮抗勝負》について。

【遊戯王ヴレインズ第7話感想】トリックスターハルシネーションなど新規カード多数登場!一番近くにあって一番遠い存在…

アニメ遊戯王VRAINSより引用 〈ブルーエンジェルの髪型は子供

【今日はVジャンプの発売日(2017/8月号)付録はV-LANヒドラ】漫画アークファイブ・ソウラ・犬マユゲ感想など

本日、2017/6/21日は『Vジャンプ8月特大号』の発売日!

【超強い《アシンメタファイズ》で除外&ドローを決めろ!】たった一枚のカードで世界は変わる

《影六部衆-ドウジ》もほぼ同時(!?)に公開されていましたが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑