【ストラクチャーデッキRロードオブマジシャン】収録カードリスト・新規カード効果【再録を含む全カード判明】

公開日: : カードパック収録まとめ

本記事は、3月9日発売『ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-』の収録カードリスト・効果詳細についてまとめた記事です。

新カード効果・再録カードを含む全てのカードリストが判明しました。ご確認にお使いください。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン- 商品概要

ストラクチャーデッキRシリーズ第8弾は、約10年前に発売されたストラクチャーデッキ「ロード・オブ・マジシャン」を、現代遊戯王に適応できるよう再設計された構築済みデッキです。

ストラクRと言えばノンエクストラが常識でしたが、今回も前回同様、EXデッキのカードも収録されています。しかもリンクモンスターだ!

発売日 2019年3月9日 (土) 
価格 1000円(税抜)
収録総枚数 40枚構築デッキ
特典カード2枚
公式HP ロード・オブ・マジシャン

収録カードリスト

カードリスト
  • SR08-JP001 《創聖魔導王 エンディミオン》 Ultra 
  • SR08-JP002 《エンプレス・オブ・エンディミオン》 Super 
  • SR08-JP003 《マギステル・オブ・エンディミオン》 N-Parallel 
  • SR08-JP004 《サーヴァント・オブ・エンディミオン》 N-Parallel 
  • SR08-JP005 《神聖魔導王 エンディミオン》 N-Parallel
  • SR08-JP006 《クルセイダー・オブ・エンディミオン》 
  • SR08-JP007 《魔導騎士 ディフェンダー》
  • SR08-JP008 《魔導獣 ケルベロス》 
  • SR08-JP009 《魔導獣 メデューサ》 
  • SR08-JP010 《マジックアブソーバー》
  • SR08-JP011 《マジカル・コンダクター》 
  • SR08-JP012 《マジカル・アブダクター》 
  • SR08-JP013 《聖なる解呪師》 
  • SR08-JP014 《見習い魔術師》 
  • SR08-JP015 《混沌の黒魔術師》
  • SR08-JP016 《妖精伝姫-カグヤ》N-Parallel
  • SR08-JP017 《召喚僧サモンプリースト》 
  • SR08-JP018 《魔導書士 バテル》 
  • SR08-JP019 《マジカル・アンダーテイカー》 
  • SR08-JP020 《聖なる魔術師》 
  • SR08-JP021 《ドロール&ロックバード》 
  • SR08-JP022 《魔力統轄》 Super 
  • SR08-JP023 《魔法都市の実験施設》 N-Parallel 
  • SR08-JP024 《魔法都市エンディミオン》N-Parallel
  • SR08-JP025 《魔力掌握》 
  • SR08-JP025 《魔力掌握》
  • SR08-JP026 《魔法族の結界》
  • SR08-JP027 《グリモの魔導書》 
  • SR08-JP028 《ヒュグロの魔導書》 
  • SR08-JP029 《トーラの魔導書》
  • SR08-JP030 《マジックブラスト》
  • SR08-JP031 《ディメンション・マジック》
  • SR08-JP032 《テラ・フォーミング》 
  • SR08-JP033 《左腕の代償》 
  • SR08-JP034 《強欲で貪欲な壺》 
  • SR08-JP035 《魔導変換》  
  • SR08-JP036 《漆黒のパワーストーン》 
  • SR08-JP037 《臨時収入》
  • SR08-JP038 《ガガガシールド》 
  • SR08-JP039 《マジシャンズ・サークル》 
    特典カード
  • SR08-JP040 《魔導耀士 デイブレイカー》 Ultra 
  • SR08-JP041 《救魔の標》 Super 

新規カード効果詳細

魔力カウンターを主軸にしている事もあり、新規カードは全体的に専用色強めな仕上がりです。

しかし、特典カード2種(救魔の標、魔導耀士 デイブレイカー)はかなり汎用性を意識している為、幅広い魔法使い族デッキで使えるはずです。

ザっと見た感じではテーマデッキの強さも図り辛いですが、Pテーマ・魔法使い族と強い要素は十分に兼ね揃えているので期待値も高そうです。

創聖魔導王エンディミオン
ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2800/守1700
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの魔力カウンターを6つ取り除いて発動できる。Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードの数まで、フィールドのカードを選んで破壊し、破壊した数だけこのカードに魔力カウンターを置く。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。自分フィールドの魔力カウンターが置かれているカード1枚を選んで持ち主の手札に戻し、その発動を無効にし破壊する。その後、手札に戻したそのカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く事ができる。
(2):魔力カウンターが置かれているこのカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。デッキから通常魔法カード1枚を手札に加える。
エンプレス・オブ・エンディミオン
ペンデュラム・効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻1850/守2700
【Pスケール:青2/赤2】
①:自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
②:このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。手札の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。
【モンスター効果】
自分は「エンプレス・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、自分フィールドの他の魔力カウンターが置かれているカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。その自分及び相手のカードを持ち主の手札に戻す。その後、自分フィールドから手札に戻したカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。
②:魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された場合に発動できる。デッキから「エンディミオン」カード1枚を手札に加える。
マギステル・オブ・エンディミオン
ペンデュラム・効果モンスター
星3/地属性/魔法使い族/攻1500/守900
【Pスケール:青8/赤8】
①:自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
②:このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。自分のEXデッキの表側表示の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、
その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。
【モンスター効果】
自分は「マギステル・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードの攻撃宣言時に発動できる。このカードに魔力カウンターを1つ置く。
②:相手ターンに1度、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
③:モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。その後、このカードに置かれていた数だけ魔力カンターをこのカードに置く。
サーヴァント・オブ・エンディミオン
ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/魔法使い族/攻900/守1500
【Pスケール:青2/赤2】
①:自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
②:このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。デッキの魔力カウンターを置く事ができる攻撃力1000以上のモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。
【モンスター効果】
自分は「サーヴァント・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:魔力カウンターが置かれているこのカードは直接攻撃できる。
②:相手ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。このカード及び自分フィールドの魔力カンターを置く事ができるカード全てに魔力カウンターを1つずつ置く。
③:モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。その後、このカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。
魔力統括
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「エンディミオン」カード1枚を手札に加える。その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードに、自分のフィールド・墓地の「魔力統括」「魔力掌握」の数まで可能な限り魔力カウンターを置く事ができる。
魔法都市の実験施設
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードは魔法&罠ゾーンに存在する限り、カード名を「魔法都市エンディミオン」として扱う。
②:自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
③:1ターンに1度、自分の魔法使い族モンスターが戦闘で破壊されたダメージ計算時に、自分フィールドの魔力カウンターを5つ取り除いて発動できる。手札・デッキからレベル7以上の魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する。
救魔の標
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の魔法使い族の効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
魔導耀士 デイブレイカー
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/魔法使い族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
魔法使い族モンスター2体
このカード名の(2)(4)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードのリンク先に魔法使い族モンスターが特殊召喚された場合に発動する。このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(3):このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×300アップする。
(4):このカードの魔力カウンターを2つ取り除き、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

再録カードに注目!強貪・バテル・カグヤありがてぇ!

とりあえず「カグヤ」「バテル」「強貪」の3枚は分かり易く豪華です。他にも《魔力掌握》や「魔導書」関連など、地味に再録が少ないカード多めです(注目)。予想されていた《ルドラの魔導書》は今回は見送られたようですね。

  • 《妖精伝姫-カグヤ》
  • 《魔導書士 バテル》
  • 《強欲で貪欲な壺》 

魔法使い族ファン(特に魔力カウンター好き)必携です!

カウンターを大量に使用するテーマは面倒という理由で敬遠されがちですが、使ってみると逆にそれがしっくりくるタイプの人もいます(小物を使う・カウンターの管理が好き等)。

現に管理人も「魔導獣」で魔力カウンターの面白さに遅れて気付いた口ですし、今から始めても全然遅くないと思います。

…話題に挙げた「マスターケルベロス」と「キングジャッカル」が再録されていないことに目を背けながら。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. RUMロマンス より:

    魔導加速とペンデュラムパラドックスホシカッタナー。あと、水ディミオンはどこへ…?

  2. 匿名 より:

    パック剥いて放置してた魔導獣が活躍するときがくるとはなぁ
    世の中わからないもんだ

  3. H.T より:

    「魔導耀士 デイブレイカー」は他でも使えそうなので、1枚確保したいですね。
    ただ、できれば元の《魔導戦士 ブレイカー》みたいに、魔法・罠にはカウンター1つで、モンスターには2つで破壊にしてほしかったかな。対象はとるわけですし。

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

「サンダー・ボルト」解禁で「避雷針」も15年ぶりにスタンドアップ!発動後にこのカードを破壊する謎効果付き!

『スターターデッキ2019』に再録されて、いよいよ《サンダー・ボル

【謎のモンスターの正体は「召命の神弓アポロウーサ」】新テーマ「召命?」を妄想してみた!

ランキングデュエルのプレマに描かれているモンスターの名前がさりげな

【スターターデッキ2019開封】新規・再録ラインナップを見ながら駄弁る!シークレットはカートン2って本当なのかな?

お昼位にUPするつもりだったのですが、寝落ちしてしまっていたの

【スターターデッキ2019収録全リスト・オススメカード一覧】ウルトラレア枠にはシークレットも存在します【本日発売】

3月23日発売『スターターデッキ(2019)』の収録情報まとめ

【デッキ名の境界線】フォトスラが入っていたらフォトン〇〇問題を今更斬る!不要牌をゴミと言っちゃう問題もオマケに斬る!

▲この話題と言えばフォトスラ 本日は「デッキ名・デッキ表記」に関

【炎属性汎用サポート】《ライジング・オブ・ファイア》で《フェニックス・ギア・フリード》を蘇生だ!

炎属性汎用サポートカード《ライジング・オブ・ファイア》の特集記事で

【天威龍の汎用性を探る】メタルフォーゼ等通常ペンデュラムと相性抜群?簡易融合なども巧みに使っていこう!※追記

本日は『ライジング・ランペイジ』に収録される「天威龍(てんいり

【ライジング・ランペイジ収録カードまとめ】ウィッチクラフト,妖仙獣,フォーチュンレディ等、既存テーマ新規強化祭!【ブラスターキャノン・コア追記】

4月13日発売『ライジング・ランペイジ』の収録カード情報まとめです

→もっと見る

PAGE TOP ↑