【ストラクチャーデッキ「マスター・リンク」収録カードリスト・効果詳細】新規・再録全て判明!!

公開日: : カードパック収録まとめ

本記事は、6月23日発売『ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-』の収録カードリスト・効果詳細についてまとめた記事です。新たな情報が判明次第随時更新していくのでよろしくお願いします。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

ストラクチャーデッキ-マスターリンク- 商品概要

ストラクチャーデッキシリーズ第34弾目は、我らがプレイメーカーをイメージしたリンク召喚主体の構築済みデッキ、その名も『マスターリンク』です。アニメテーマの中では若干出遅れているサイバースデッキですが、「マスター」の名は伊達じゃないって事で、超絶強化を期待したい所です。

発売日 2018年6月23日 (土) 
価格 1000円(税抜)
収録総枚数 44枚構築デッキ
公式HP マスター・リンク

ソース:「YU-GI-OH.JP」

収録カードリスト

カードリスト
  • JP001《レイテンシ》
  • JP002《スワップリースト》NP
  • JP003《デフコンバード》NP
  • JP004《マイクロ・コーダー》UR
  • JP005《プロフィビット・スネーク》NP
  • JP006《コード・ラジエーター》SR
  • JP007《サルベージェント・ドライバー》
  • JP008《サイバース・ウィザード》
  • JP009《ランチャー・コマンダー》
  • JP010《ビットルーパー》
  • JP011《バックアップ・セクレタリー》
  • JP012《サイバース・コンバーター》
  • JP013《スタック・リバイバー》
  • JP014《リンク・インフライヤー》
  • JP015《護封剣の剣士》
  • JP016《亡龍の戦慄-デストルドー》
  • JP017《カオス・ソーサラー》
  • JP018《こけコッコ》
  • JP019《超電磁タートル》
  • JP020《ファイヤー・ハンド》
  • JP021《アイス・ハンド》
  • JP022《スプール・コード》
  • JP023《サイバネット・オプティマイズ》SR
  • JP024《サイバネット・コーデック》SR
  • JP025《ワンタイム・パスコード》
  • JP026《二重召喚》
  • JP027《禁じられた聖典》
  • JP028《皆既日食の書》
  • JP029《手札断殺》
  • JP030《大欲な壺》
  • JP031《端末世界》
  • JP032《サイバネット・コンフリクト》NP
  • JP033《サイバース・ビーコン》
  • JP034《戦線復帰》
  • JP035《タイフーン》
  • JP036《ブレイクスルー・スキル》
  • JP037《妖怪のいたずら》
  • JP038《和睦の使者》
  • JP039《串刺しの落とし穴》
  • JP040《異次元グランド》
  • JP041 《シューティングコード・トーカー》 UR
  • JP042 《エルフェーズ》 NP
  • JP043 《トークバック・ランサー》NP
  • JP044 《コード・トーカー》

新規カード効果詳細

《レイテンシ》
効果モンスター
星1/光属性/サイバース族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが効果で自分の墓地から手札に加わった場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚したこのカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
《スワップリースト》
効果モンスター
星2/地属性/サイバース族/攻 500/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードをリンク素材としたリンクモンスターの攻撃力は500ダウンする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
《デフコンバード》 
効果モンスター
星3/風属性/サイバース族/攻 100/守1700
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカード以外のサイバース族モンスター1体を捨てて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分のサイバース族モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージステップ終了時まで元々の攻撃力の倍になる。そのモンスターが攻撃表示の場合、さらにその表示形式を守備表示にできる。
《マイクロ・コーダー》
効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻 300/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
手札のこのカードをリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「サイバネット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
フィールドのこのカードを素材とした場合にはその1枚をサイバース族・レベル4モンスター1体にできる。
《プロフィビット・スネーク》 
効果モンスター
星2/光属性/サイバース族/攻 500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のサイバース族リンクモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。
(2):このカードが墓地に存在し、自分のサイバース族モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分の墓地からカード1枚を除外し、自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
《コード・ラジエーター》
効果モンスター
星4/水属性/サイバース族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
手札のこのカードをリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは攻撃力が0になり、効果は無効化される。
フィールドのこのカードを素材とした場合にはこの効果の対象を2体にできる。
《スプール・コード》
速攻魔法
(1):自分の墓地のサイバース族モンスターが3体以上の場合、相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。その攻撃を無効にする。その後、自分フィールドに「スプールトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を3体まで守備表示で特殊召喚できる。このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。
《サイバネット・オプティマイズ》
永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
サイバース族モンスター1体を召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分の「コード・トーカー」モンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
《サイバネット・コーデック》
永続魔法
このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):「コード・トーカー」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
このターン、同じ属性のモンスターを自分の「サイバネット・コーデック」の効果で手札に加える事はできない。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
《サイバネット・コンフリクト》
カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「コード・トーカー」モンスターが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。
次のターン終了時まで、相手はこの効果で除外したカードと元々のカード名が同じカードの効果を発動できない。
《シューティングコード・トーカー》
リンク・効果モンスター
リンク3/水属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/下】
サイバース族モンスター2体以上
(1):自分バトルフェイズ開始時に発動できる。このバトルフェイズ中、このカードはこのカードのリンク先のモンスターの数+1回まで相手モンスターに攻撃できる。このターン、相手フィールドのモンスターが1体のみの場合、そのモンスターと戦闘を行うこのカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ400ダウンする。
(2):自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。このターンにこのカードが戦闘で破壊したモンスターの数だけ自分はデッキからドローする。
《エルフェーズ》 
リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:上/右】
レベル3以上のサイバース族モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×300アップする。
(2):リンク召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、リンク素材にできない。
《トークバック・ランサー》 
リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイバース族/攻1200
【リンクマーカー:下】
レベル2以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、そのモンスターと元々のカード名が異なる自分の墓地の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

注目ポイント1.《シューティングコード・トーカー》でついに揃う「コード・トーカー」

ついに全ての属性が勢揃いとなる「コード・トーカー」ですが、今回の《シューティングコード・トーカー》は、モンスターへの連撃(最大3回)からのドロー(戦闘破壊数で増減)という連撃厨&アド厨を唸らせる効果を持っています。(ちなみに管理人はどちらにも該当します)。

注目ポイント2.扱いやすい新規リンクモンスター

その他収録される《エルフェーズ》《トークバック・ランサー》も優秀で、いずれもサイバースデッキの新たな力として活躍してくれる事でしょう。

《エルフェーズ》の蘇生後リンク素材にできないデメリットは、墓地の《リンクリボー》などを上手く使えばケアできそうです。

注目ポイント3.《マイクロ・コーダー》、《コード・ラジエーター》が持つ手札からリンク素材

「(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードをリンク素材にできる。」

《マイクロ・コーダー》と《コード・ラジエーター》が持っているこの効果、平たく言って凄く強いです。

しかも素材にした上で更なるメリットが出る…《マイクロ・コーダー》に至っては待望のアド効果で隙がありません。フィールドで素材になると効果が強化される設計なのも良いです。

注目ポイント4.《サイバネット・コーデック》という化け物カード

《レイテンシ》、《マイクロ・コーダー》の二枚(アド源)で「やった!」と小躍りしていたら、その下に待ち構えていた《サイバネット・コーデック》と言う化け物の存在。

「EXデッキから特殊召喚された「コード・トーカー」を対象にとって、その属性と同じサイバース族をサーチ」

一応、同じ属性のモンスターを何回もサーチする事は出来なくなっていますが、ターン1制限が無いので、その気になったら最大6枚サーチ出来るって事ですね。

EXが「コード・トーカー」で埋めまくる必要はありますけど、サイバース使いにとっては最高の一枚です。(エクストラリンク余裕でできるようになるんじゃね?やばくね?)。

注目ポイント5.《スプール・コード》は結構好き

受け身かつ条件が少し重いカードではありますが、攻撃をやり過ごしつつトークンを最大3体確保という動き自体は好きです。

この効果なら罠で良くね?って意見もありそうですが、魔法をコスト指定するカードとかと組み合わせる事を想定するなら魔法である利点はありますね。

欲を言えばサーチしたかったかなぁ…。

新規カードはどれも強いです

展開力の補強、アド源の登場等々、サイバースデッキに必要な所ががっつり収録されたストラクチャーデッキになりました。

今まで不遇と言われ続けて来たサイバースが今こそ花咲く時ですよ!!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    元から期待していたシューティングコードとトークバックランサーも期待通りで嬉しいのですがエルフェーズがトポロジック着火用に使えるので意外な収穫でした

  2. アジャラシ より:

    水が看板って珍しい気がする
    水デッキのストラク出してウツボの再録をだな…

    • cast より:

      強欲なウツボって結構再録がご無沙汰ですよねぇ 確かに良い頃合いかもしれません

  3. 匿名 より:

    エルフェーズは儀式のリリース要員確保に使えるかな?
    でも素材が微妙に揃えづらい。
    ドラゴネットもディヴォーティートークンもガジェットトークンもダメとは…

  4. 匿名 より:

    シューティングはアドミニスター辺り置いても強そうですね
    一番はトランスコードで釣り上げかな

  5. RUM ロマンス より:

    シューティング、何か既視感あると思ったら、ウサインボルト…。

  6. 匿名 より:

    レイテンシはまだかコナミィイイイイイイ!

  7. 匿名 より:

    儀式サイバース、というより主人公がデュエルをしてないんだなぁ。
    それと6月ストラクは環境に食い込むほどの力をサイバースに与えるのか否か?

    • cast より:

      最近はずっとソウルバーナーのターンですしねぇ サイバースもそろそろって感じします

  8. アクシズ教信者 より:

    トークンバックラーは
    ディサイプルに変わるディヴォーティーの発動機点になれそうですかね?(´-ω-`)

    ディヴォーティーのデメリットのせいで大分厳しいけど

  9. 匿名 より:

    コードトーカーの文字が見えずシューティングだけをみてしまった私はえ?シンクロに使えるリンク!?ってなりました←

  10. 匿名 より:

    パワーコードかこれを買うかで迷っているぜっ……パワーコードトーカーカッコいいけど……

  11. 匿名 より:

    手札からリンク素材な新規来ましたし、追記お願いします!

  12. 匿名 より:

    コードトーカーがここへきて大きく躍進、持っといてよかった

    逆にレイテンシはサルベージ時の特殊した場合のみにドローができないので、ロムクラウディア、FWDでしかできない現状では残り新規次第ですね

  13. 匿名 より:

    散々言われてたリカバリー効果が今回は多いですね。
    サイバースが環境を撮るのも遠くないかも?

  14. 匿名 より:

    第一弾スターターからサイバースを追い続けてた身としては、やっとコード・トーカーというカテゴリでデッキを纏められる日が来て感慨深いです。

    これは迷わず3箱買いですね。

  15. H.T より:

    私もサイバース儀式をつくってみたので、もう少し関連のあるカードがでてほしいです。
    ただ、サイバースでドロー効果は嬉しいですね。
    また、リンク2の《コード・トーカー》 もようやく日の目にあたれるかもしれないのはよかったと思います。

  16. ネテルヒトー より:

    サイバネットコンフリクト強いですね。こんなカード待ってた。やっぱサイバースはコードトーカー軸が良さそうですね。

  17. アクシズ教信 より:

    デバッカーとコーデックでEXリンク可能なのはヤバいですねぇ

  18. ラララ より:

    マイクロとラジエーター的にあと4種類のコード・トーカーに対応する効果モンスターも出るのでしょうか?
    7月、11月に入るのでしょうか?

  19. 匿名 より:

    やはり前回のマスター・ペンデュラム同様、アド取り強化来ましたね。
    今後、マスターの名称がアド取りの代名詞になるかも?

  20. ロマン派アクアアクトレス より:

    うーんめっちゃ強いストラクですね…
    おかげで汎用枠抜いてストラク、パック産のサイバース枠のみのトーカーデッキ作れそうです!
    コイツは3箱ですぜ!

  21. ここの より:

    どうしよう、このタイミングでのコーデックがファイアウォールの死刑宣告に思えて仕方ない
    でも名称ターン1じゃ重すぎるし、調整が難しいものですね。。。

  22. 匿名 より:

    マスターリンクにサイバースデッキに足りないものが収録されていて良かったです。デュエルが更に楽しくなりそう\(^_^)/

  23. 猫乃音 より:

    コードトーカーでエクストラリンクして
    どや顔したい

  24. 匿名 より:

    何?サイバース新規なら役立たずではないのか!?
    マイクロコーダーで好きなサイバネットサーチできるのは楽しいですね

  25. 匿名 より:

    モンスターサーチ、追加召喚、カウンター罠どれも普通に強いですね。しかもこれらを「召喚権使わずに」サーチできる下級がいるという…。

  26. 匿名 より:

    スプールコードが速攻魔法なのはサイバースウィッチの効果のためなのかなー、なんて思ったりします
    発動の難しい魔法でも手札コストにすればアドに変換できるという点は儀式軸特有の利点ですよね

  27. 匿名 より:

    トルドー再録はありがたいですね
    なかなか売ってなかったので必ず1枚は欲しいです
    端末世界を再録したのはスピ-ドデュエルを再現するためですかね?

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第77話感想】相容れない兄妹!無限泡影からのマルチフェイカー強い(確信)

異母兄妹という複雑な関係を理由に相容れる事の無い二人の兄妹。

《転生炎獣の烈爪(サラマングレイト・クロー)》効果判明!耐性・貫通・連撃だッ!

『SD-ソウルバーナー』に収録される新カード、《転生炎獣の烈爪

【列車リンク】《機関重連アンガー・ナックル》効果判明!【リンク・ヴレインズ・パック2最新情報】

『リンク・ヴレインズ・パック2』収録新カード《機関重連アンガー

《魔弾の射手マックス》《六武衆の軍大将》効果判明!【リンク・ヴレインズ・パック2最新情報】

『リンク・ヴレインズ・パック2』に収録される新規カード、《魔弾

遊戯王チップス《ブラック・マジシャン・ガール》仕様詳細:レプリカ表記無しの五芒星バージョン!

『遊戯王チップス』に収録されている《ブラック・マジシャン・ガー

《魂の開封》の使い方・効果考察:1枚でデッキを5枚圧縮するカード!通常モンスターを大量投入できるかどうかがカギ!【除外海産物追記】

【エクゾディア】や【おジャマ】等での活用が既に話題になっている《魂

Vジャンプ付録カード《プラチナ・ガジェット》の効果が判明!レベル4機械族を特殊召喚できるリンク2モンスター

▲以下だから対応してました! Vジャンプ2019年1月特大号付録《プ

【遊戯王チップス開封結果】新規カード・当たりカード(ミレニアムレア)仕様詳細レポート!

昨日発売と言いつつどこにも売ってなかった問題児を確保して参りま

→もっと見る

PAGE TOP ↑