【遊戯王デュエルリンクス】カードトレーダーに《カオスハンター》《砂バク》《ダーク・砂バク》が追加!〈プチ解説〉

公開日: : デュエルリンクス

カード交換システム「カードトレーダー」に新たなカードが入荷したようです。

追加カードは、《カオスハンター》、《砂バク》、《ダーク砂バク》の計3枚。

《カオスハンター》は分かりやすいカードですが、《砂バク》と《ダーク砂バク》は馴染みのない人も多そうですね。

トレーダーの更新はゲリラ的にくるから楽しいなぁ~( ˘ω˘ )

SPONSORED LINK

カオスハンター

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2500/守1600
(1):相手がモンスターの特殊召喚に成功した時、このカード以外の手札を1枚捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はカードを除外できない。

 

相手の特殊召喚に反応して特殊召喚できるレベル7の2500打点モンスター

最近は特殊召喚するデッキも増えてきたので、①効果を活かす事は結構容易だと思います。

②の除外メタは刺さるデッキと刺さらないデッキがハッキリしていますが、「XYZ」の融合、「赤竜、黒竜」の除外コスト、「機械天使の儀式」の身代わり効果等、意外と引っかかるポイントは多いので悪くはなさそうです。

砂バク

効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻 900/守 300
リバース:表側表示でフィールド上に存在するモンスター1体を裏側守備表示にする。「砂バク」は選択できない。

 

味方のリバースモンスターをサポートできたらニコニコだぞ!

相手モンスターが2体いる時に片方の攻撃でリバースしてもう片方の攻撃を防ぐなどの運用も可能。《ホルスの黒炎竜》等裏側にしたい制圧系モンスターも増えてきたので悪くなさそう。

獣族である事とメイン2が無い事を強みに頑張って行きたい一枚。

ダーク砂バク

効果モンスター
星2/地属性/獣族/攻1100/守 300
このカードがゲームから除外された時、自分の墓地に存在するレベル4以下の獣族モンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。

 

どこから除外されても効果発動できるので強力なカードではあるのですが、このカードをどうデッキに関連付けていくかは使い手のセンスに大きく左右されます。

強力な獣族が今以上に増えたら活躍シーンも増えそうだけど…。

《カラントーサ》とか出たら強そうだよね。

《カオスハンター》は忍者メタになれるだろうか?

再注目カードは、やっぱり《カオスハンター》でしょうか?

分かりやすい仮想敵としては、《赤竜の忍者》、《黒竜の忍者》辺りが挙げられると思いますが、《赤竜》はともかく《黒竜》は打点が2800もあるのが気になります。

《カオスハンター》の攻撃力は2500なのでフィールド魔法《闇》込みでも戦闘突破されちゃうのが…。

まぁ《赤竜》を止められるだけでもかなり優秀だし、サポート込みなら《黒竜》も見れる性能なのは悪くないでしょうね。

素材に余裕があるなら1,2枚交換しておいても良さそうなカードだと思います。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    今更だけど、ダーク砂バクと砂バクの効果に関連性がないし、攻守やレベルも違うことに驚いたw

コメントを残す

【魔晶龍ジルドラスと相性の良いデッキとは?】命を賭けてでも守るべき魔法・罠がそこにあるか!?

本日の主役は魔法・罠を復活させる凄い奴、《魔晶龍ジルドラス》につい

【闇鋼龍ダークネスメタルのカード効果予想編】Vジャンプ付録・応募者全員サービスで蘇る伝説竜に思いを馳せる!

Twitterなどをご使用の皆さんは既に周知の事と思いますが、来月

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード 【リプロドクス、ハイパースター、見習い魔嬢など追記】

出しやすくって使いやすい、【リンク召喚】のメインストリーム

【No.75ゴシップ・シャドーの使い方・効果考察】モンスター効果に対する制圧力は如何程か!?エクシーズ素材化も面白いです

5月12日発売『コレクターズパック2018』にて、新たなナンバーズ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第48話感想】儀式サイバース&新たなコードトーカー登場!ソウルバーナーと不霊夢もカッコイイね!

奪われた仁くんの精神を追いかけて新生リンクヴレインズを疾走する

【コレクターズパック2018 ・収録カードリストまとめ】新たなナンバーズ《No.75惑乱のゴシップ・シャドー》!モンスター効果をドローに変えるぜ!

『コレクターズパック2018』の情報が到着だぁぁ! まだ4枚

【リトマスの死の剣士とスキドレの布陣は凶悪です】一緒に使いたい罠カード5選付き!

《馬頭鬼》、《マスマティシャン》等の汎用性の高いカードから、「

【星杯ストーリー考察・解説】《星冠》の出現とパラディオン集結・機械騎士の過去【星遺物を巡る戦いの歴史-第五幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑