【遊戯王デュエルリンクス】遊城十代のレベルアップ報酬カード・スキル・ドロップ・デッキについて

公開日: : 最終更新日:2017/10/04 デュエルリンクス

『遊☆戯☆王GX』の主人公「遊城十代」のレベルアップ報酬・スキル・ドロップの一覧記事です。

「HERO」デッキだけあって専用色の強いカードが多いですが、最終的にはかなり強くなりそうな予感がする…何てったって主人公だからね!

SPONSORED LINK

遊城十代のレベルアップ報酬カード

  • LV3:《E・HEROワイルドマン》
  • LV7:《フェザー・ウィンド》
  • LV10:《E・HEROフレイム・ウィングマン》
  • LV11:《E・HEROバブルマン》
  • LV14:《E・HEROセイラ―マン》
  • LV16:《E・HEROスチーム・ヒーラー》
  • LV18:《E・HEROネクロダークマン》
  • LV21:《E・HEROフレイム・ウィングマン》
  • LV23:《E・HEROクレイマン》
  • LV25:《O-オーバーソウル》
  • LV33:《ミラクル・フリッパー》
  • LV35:《摩天楼-スカイスクレイパー》
  • LV38:《O-オーバーソウル》
  • LV40:《R-ライトジャスティス》

オススメカード①《E・HEROフレイム・ウィングマン》

融合・効果モンスター
星6/風属性/戦士族/攻2100/守1200
「E・HERO フェザーマン」+「E・HERO バーストレディ」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

十代のレベルアップ報酬は、「HERO」デッキ全振りって構成なので汎用性はかなり低いです。

でも最高にカッコイイ「HERO」デッキが使えるようになるんだから育てる他ないじゃない!

攻撃力2100でもリンクス環境ならば戦闘破壊が狙えます。そして、戦闘破壊したモンスターの攻撃力分ダメージはかなり強力なのでエースとしての実力は十分です。

オススメカード②《O-オーバーソウル》

通常魔法
(1):自分の墓地の「E・HERO」通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

《E・HEROネオス》の蘇生を狙っていきましょう!

《E・HEROブレイズマン》の②効果で墓地に送って《O-オーバーソウル》。これ鉄板になりそうです。

オススメカード③《摩天楼-スカイスクレイパー》

フィールド魔法
(1):「E・HERO」モンスターがその攻撃力より高い攻撃力を持つモンスターを攻撃した場合、
攻撃モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ1000アップする。

 

スキル「ヒーローが戦う舞台」で展開可能ですが、除去された時のことを考えたら一枚入れておきたいかな!?

上昇値は1000UPと高いのでかなり頼もしいフィールド魔法です。しかし、自分よりも強い相手&自分から攻撃を仕掛ける場合のみに適用されるので要注意。

行きは良い良い帰りは恐い。

レベルアップ&ドロップスキルついて

レベルアップで入手できるスキル

  • LV4:《ヒーローの戦う舞台》

自分のライフポイントが2000以下になった後に1度だけ使用できる。「摩天楼-スカイスクレイパー-」を発動する。自分フィールド上にフィールド魔法が存在している場合、そのカードは手札に戻る。

  • LV13:《融合ヒーロー》

自分のライフポイントが1500減る毎に使用できる。通常ドローの代わりにデッキ外から「融合」を手札に加える。

  • LV20:《戦力補充》

自分のライフポイントが1800減る毎に使用できる。自分は手札を1枚デッキに戻し、ランダムで戦士族モンスターをデッキから手札に加える。

レジェンドデュエリスト戦でのドロップスキル

  • 準備中

遊城十代Lv.40 ドロップ報酬

  • UR:《E・HEROネオス》
  • SR:《E・HEROテンペスター》
  • SR:《E・HEROサンダー・ジャイアント》
  • SR:《ハネクリボー》
  • SR:《クリボーを呼ぶ笛》
  • R:《E・HEROスパークマン》
  • R:《E・HEROバブルマン》
  • R:《E・HEROワイルドマン》
  • R:《カードエクスルーダー》
  • R:《スパークガン》

《E・HEROサンダー・ジャイアント》

融合・効果モンスター
星6/光属性/戦士族/攻2400/守1500
「E・HERO スパークマン」+「E・HERO クレイマン」
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。
自分の手札を1枚捨てる事で、フィールド上に表側表示で存在する
元々の攻撃力がこのカードの攻撃力よりも低いモンスター1体を選択して破壊する。
この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに使用する事ができる。

 

リンクス環境ならば2400打点はまぁまぁの安心感であり、除去れる範囲もそこそこ広いです。

基本的に扱い易い除去効果を持ってるってだけで優秀ですよね…。

《クリボーを呼ぶ笛》

速攻魔法
自分のデッキから「クリボー」または「ハネクリボー」1体を選択し、手札に加えるか自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

 

少し前のイベントでたんまり集めた《クリボー》がここに来て輝きそうでワクワクしてます。

デッキからリクルートできる《クリボーを呼ぶ笛》があれば、《機雷化》や《増殖》戦術も多少は現実的になって来るかな?

単純にアドバンス召喚のリリース確保にも使えて便利です。

専用デッキ色が強いキャラクターですが使い心地は最高だぜ!

「HERO」デッキ自体がテーマ色ゴリゴリなので汎用性が薄いのは致し方なしッ!

しかし、カテゴリー・テーマ特有の面白さが詰まったキャラクターなのでオススメ度は高いです。

融合デッキが専用カードで埋まるってのは遊戯王ならではの魅力ですしね… 徐々に種類も増えて行くだろうし、これからの強化にも期待です。
遊戯王デュエルモンスターズ


闇遊戯

海馬

城之内

杏子


竜崎

羽蛾

梶木

キース

リシド

イシズ

ペガサス

武藤遊戯

闇バクラ

闇マリク

迷宮兄弟

モクバ

パンドラ
骨塚

 

遊戯王GX


十代

万丈目

エド

明日香

三沢

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. huyu より:

    俺も少し前にリンクス始めて、十代のレベルを上げてます。
    新パックに融合関連のカードが多いのが助かります。まさかリンクスでフレアウイング融合からの融合解除ができるとは…

  2. ネテルヒトー より:

    シャイニングフレアウィングマンは実装されるのかな?十代デッキはブレイズマン三枚必須かな?

    • cast より:

      融合をサーチする方法は他にもあるのでブレイズマン3必須とまではいかないかな?シャイニングフレアウィングマンはどうなるか分からないw

  3. ネテルヒトー より:

    万丈目で十代のレベル40倒したらスキル「行けおジャマども」”自分のライフが500以下になった後に一度だけ相手フィールドにおジャマトークンを可能な限り守備表示で出す。”が出ましたよ。もうみんな出たかな?

  4. bana より:

    帰りは強いですよ

  5. 荒くれナンバーズ より:

    一応?情報として万丈目とのデュエルで「奇跡の融合」ってのがありましたね~ ライフ500以下で一度だけデッキ外から「ミラクル・フュージョン」を手札に~ というスキルでした

    • cast より:

      それ 素敵なスキルですね!いいなぁ~

      • 荒くれナンバーズ より:

        これから先確実に強化されるHEROの融合先、SFWが来た時が楽しみですね~あとはライフ500以下 ってのをどうクリアするかですね~

コメントを残す

【オーバーテクス・ゴアトルスの召喚条件が重い?】シャドールフュージョンなら1枚でOKだよ!

10月改訂で《魂喰いオヴィラプター》と《化石調査》が規制されて

【アロマセラフィージャスミン効果考察】ロンファ、マスマティ1枚で出せる超汎用リンクモンスター

11月25日発売『リンク・ヴレインズ・パック』に「アロマ」新規

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話感想】GO鬼塚の決意!ヒールターンによりダーク鬼塚爆誕!《毒霧》

友を昏睡に追いやったドクターゲノムをぶっ潰すべく立ち上がったG

【リンク・ヴレインズ・パック収録カード】彼岸、クリストロン、ライトロード等々!《アロマセラフィ-ジャスミン》公開!

皆が楽しみでしょうがない『リンク・ヴレインズ・パック』のカード

【サプライの軌跡】ブルーアイズデザインのデッキケースを入手!最近の非正規品って出来が良いんだね…

気付いてしまった…( ˘•ω•˘ )…カードサプライ系の記事を

【新パック「サーヴァント・オブ・キングス」は何が当たり?】混沌の黒魔術師欲しい!《遊戯王デュエルリンクス》

本日配信(2017/10/18)となる最新パック「サーヴァント

【インスペクト・ボーダーは強いのに安すぎる】メタビ専用カードとして見るのはやや早計かも?

「エクストリーム・フォース」には、過小評価され過ぎててやたら安

【デュエルリンクス】《機械天使の儀式》制限!《レッドアイズ・スピリッツ》は準制限!【最新リミットレギュレーション】

11月開催予定の「KCカップ」に向け、よりよいバランスを目指す

→もっと見る

PAGE TOP ↑