【ゴッドオーガス&覇王眷竜スターヴ・ヴェノムによるサイコロ大作戦】最大14枚ドローが可能になる(かもしれない)夢の塊

公開日: : 雑談

本日は、《ゴッドオーガス》を嗜む者にとっての常識になりつつあるスーパーコンボ、【ゴッドヴェノムエンタメ大作戦】について解説していきます(コンボ名は今付けました)。

《ゴッドオーガス》、《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》、《エンタメデュエル》の3枚を使うというだけで何となく流れが予想できるという親切設計。

コンボの概要だけでなく、扱えるデッキについても軽く触れているのでそちらも合わせてお楽しみください。

SPONSORED LINK

ゴッド・オーガス+覇王眷竜スターヴ・ヴェノムという組み合わせ

《ゴッドオーガス》
効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2500/守2450
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。サイコロを3回振る。このカードの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで、出た目の合計×100アップする。その後、出た目の2つが同じ場合、その同じ目によって以下の効果を適用する。出た目の全てが同じ場合、以下の効果を全て適用する。
●1・2:このカードは相手ターン終了時まで戦闘・効果では破壊されない。
●3・4:自分はデッキから2枚ドローする。
●5・6:このターン、このカードは直接攻撃できる。
《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
闇属性Pモンスター×2
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分または相手のフィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同じ、元々のカード名・効果を得る。このターン、自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

 

この二枚でやることはただ一つ。《ゴッドオーガス》の効果を《スターヴ・ヴェノム》でコピーするッ!

やる事は馬鹿みたいに単純ですが、

《ゴッドオーガス》の効果が名称ターン1でない事、《スターヴ・ヴェノム》の効果が自分または相手のフィールド・墓地と範囲が広い事、打点アップと貫通効果が相性抜群等々、この二枚は様々な要素が絶妙に絡み合う関係にあります。

”《ゴッドオーガス》がフィールドにいなくても効果をコピーできる。”これが結構ありがたいんですよね。

エンタメデュエルを絡めると最大14枚ドローの可能性がある

遊戯王OCG エンタメデュエル パラレル仕様スーパーレア 20AP-JP060-P+SR 遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE]

仮に、《ゴッドオーガス》×3、《スターヴ・ヴェノム》×3、《エンタメデュエル》という盤面ができたとしましょう。(…ほぼ絶対に無理だけど出来たことにしてください)。

その際の最大ドロー枚数(理論値)は14枚。サイコロを振る回数に至っては18回という物凄い回数になります(白目)。

まぁ現実は《ゴッドオーガス》+《スターヴ・ヴェノム》+《エンタメデュエル》まで行けたら上出来なので、ドロー枚数は2枚~4枚が限界なんですけど、この数字は結構夢詰まってると思いませんか?

…と言っても結局はダイス目次第なので、《ゴッドオーガス》だけでは何も引かしてくれない事も多いです。なのでここの《エンタメデュエル》は一種の保険的な意味合いも兼ねています。

ちなみに管理人の1ターン中の最大ドロー枚数は6枚が最高記録です。

この無茶な組み合わせを成立させるデッキがあるらしい…

アストログラフ・マジシャン ウルトラレア 遊戯王 ペンデュラム・エボリューション sd31-jp001

レベル7がペンデュラム召喚可能かつ、《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》を無理なく特殊召喚でき、無茶な構築をしても誤魔化しの利く凄まじい地力を持つテーマ。…そう、【魔術師】しかねぇ!

【メタルフォーゼ】にお願いするという方法もあるにはあるのですが、《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》を使う事を考慮すると、【魔術師】の方が何かと都合がいいという結論に至りました。

まぁ、強さを求めたら確実に《ゴッドオーガス》は抜けてしまうんですけど、

手札に《ゴッドオーガス》と《調弦の魔術師》が存在し、スケールが成立していれば《エンタメデュエル》の条件を達成できるというのが、【魔術師ゴッドオーガス】最大の魅力です。

意外と成立するし引けるから病み付き必死!?

超絶パワーの無駄遣いって言われそう…(白目)

でもサイコロいっぱい振れるし、ワンチャン大量ドローできるから面白いんだもの…。

たとえドローできずとも打点アップからの貫通効果は普通に強力ですし、誘発や妨害にデッキスロットを割く余裕もあります(魔術師のおかげ)。

《ゴッドオーガス》が当たりまくって困っている人は、【魔術師】に雑に投入して遊んでみると意外と楽しいかもしれませね…(でもオススメはしません)。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    スターヴ・ヴェノム3体出す過程でリンクモンスター絡める必要もある当たり絶望的である

  2. 匿名 より:

    FWDのバウンスでスターヴを使い回すという手も…

  3. D-HERO教徒 より:

    ゴッドオーガス、悩ましいですね。書いてあることは強い気がするのにどう使ったらいいのかわからない…!

    スカイマジシャンとおんなじにおいがするぜぇ。
    いっそ魔術師に両方いれるか…?

    • cast より:

      スカイマジシャンも一緒にいれれますよ 管理人は最初入れてて最終的に外しちゃいましたけど…(;^ω^)

  4. 匿名 より:

    インチキパワカで無理くりロマンカード使えるようにするのは楽だし強いしいいですよね(笑)
    だからハリファサモソ禁止にするのはやめてねコナミさん(はぁと)

    • cast より:

      ハリファサモソはもう禁止にされると困る位に当たり前になってますからねぇ ぶっちゃけ困りますね 実際動きはどちらも面白いですし

  5. 匿名 より:

    合計5回だからたしか5回以上振ってもドローなかったような
    1ターンに一度づつだから最高でも10枚…

    • ここの より:

      たぶんゴッドオーガス3体で6枚、スターヴヴェノム3体コピーで6枚とエンタメで2枚だから14枚かと

    • cast より:

      エンタメデュエルのドローは1ターンに1度までですね オーガス×3、スタヴェ×3はそれぞれ一回ずつ出来るので合計14枚であってるはずですよ まぁ無理なんですけどねW

  6. 匿名 より:

    ※5
    まぁでも、魔術師で10枚も引けばほぼ間違いなくオーバーキルレベルの展開できるだろ

  7. 匿名 より:

    どうせペンデュラム入れるなら5体同時SSのドローも狙うべきなのでは?

  8. モモ藻 より:

    闇機械のPテーマがあればデスペラードリボルバーとも合わせて楽しいことが出来そう…!(ギャンブル過激派)
    …しっかしダイナミスト(水)やらクリフォ(地)やらと噛み合うPテーマがないんすよねぇ…

  9. 匿名 より:

    5の人物ですがやはり公式にて「同一ターンに同じ効果でドロー出来るのは1回のみ」だそうです
    カード毎ではなく「エンタメデュエル」毎だからもう一度サイコロでドローはエンタメデュエルを張り直さなくては出来ないそうです
    満たす度にと言う記述は5つの効果を続けて満たしたら、と言う意味でサイコロやライフ等全て満たして最大で10枚が限度のようです

    • cast より:

      エンタメデュエルの効果でひけるのはおっしゃる通り1回です 他のドローはゴッドオーガスとスターヴヴェノムで12枚引くというはなしです。勿論、ダイスの条件は満たさないといけないので あくまで可能性の話なのでご注意ください。

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【マスターリンク収録・オススメ新規カードまとめ】サイバースデッキの基本となるカードが大量収録されてます

再録カードのチェックの次は、新規カードの最終チェックです。

【マスターリンク収録・オススメ再録カードまとめ】戦線復帰、こけコッコ、デストルドー等、地味に良いの揃ってる!

『マスター・リンク』に収録されている優秀な再録カードをドドッと

【海外新規・Legendary Heroes Decks】HERO、極星、幻影騎士団強化が表紙を飾る!

海外で2018年10月5日発売予定の商品、『LEGENDARY H

【海外新規《Contact Gate》の効果・イラストが判明】トリプルコンタクトサポート

以前からチラホラと話題に出ていたコンタクト軸のHERO強化の新情報

【魔界の警邏課デスポリスと相性の良いデッキは?】闇属性・特にディストピア採用なら激熱

《魔界の警邏課デスポリス》付録のVジャンプの発売日と言う事で、せっ

【ストラクチャーデッキ「マスター・リンク」収録カードリスト・効果詳細】新規・再録全て判明!!

本記事は、6月23日発売『ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-

【魔界の警邏課デスポリス付録Vジャンプ8月号感想・レビュー】今明かされる漫画版アークファイブ驚愕の真実!

魔界の警邏課デスポリス付録「Vジャンプ8月号」を購入して参りま

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話感想】ボーマンとのマスターデュエル!新たに植え付けられた記憶

キルラキルと言うべきか、綺羅星と言うべきか…やたら星が主張して

→もっと見る

PAGE TOP ↑