【ハリファイバー巧技】《シトリィ》等「クリストロン」チューナーが生み出す強力なシナジー!EXモンスターゾーン埋まってるぞテクニック!

公開日: : 最終更新日:2017/11/29 雑談

【知っている人は知っている。知らない人は全然知らないテクニック】

《水晶機巧-ハリファイバー》の登場で湧き立つシンクロ界隈!

多くの人がこの新たな玩具(力)を使ったシンクロルート開発に勤しんでいる事と思いますが、《ハリファイバー》の力を最大限に発揮する「クリストロン」チューナー達の事について詳しくご存じない方も多いのではないでしょうか?

ここだけの話、「クリストロン」チューナーの3体(クオン以外)には、知らないと超損する超絶技巧があるんですよ…( ˘•ω•˘ )ボソボソ

知らないと損する【クリストロンチューナーの秘密】始まり始まり~♪

※:《クオン》だけは効果の性質上【クリストロンテク】出来ません。記事に一部間違いがあったので修正しました。申し訳ございません。

SPONSORED LINK

《水晶機巧-ハリファイバー》と《シトリィ》《リオン》併用のススメ!

《水晶機巧-ハリファイバー》の効果おさらい

遊戯王 / 水晶機巧-ハリファイバー(シークレット) / LVP1-JP091 / LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

EXデッキから特殊召喚できる様に見せかけるプロ!

今回は、②効果をチェーン2で発動させる事により、EXデッキの使用状況を偽装するテクニックを使います。

感覚的には、「クリストロン」チューナー達の効果発動時にはマーカーがあるから効果発動OK。しかし、効果処理時にはEXゾーン埋まってるしマーカーもない状況を意図的に発生させます。

「クリストロン」チューナー三人衆効果おさらい(クオン、シトリィ、リオン)

「クリストロン」チューナーの特徴として、「相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに、チューナー以外の(対応場所)の自分のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材として機械族Sモンスター1体をS召喚する。その時のS素材モンスターは墓地へは行かず〇〇〇する(クオンにはない)。というのがあるのを覚えておいてください。

《クオン》

手札の非チューナーを特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材に機械族シンクロモンスターになるレベル1チューナーです。

※:実は手札空特殊召喚する《クオン》だけ【水晶機巧テクニック】非対応です。

《シトリィ》

墓地に存在する非チューナーを特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材に機械族シンクロモンスターになるレベル2チューナーです。素材は除外されます。

《リオン》

除外されている非チューナーを特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材に機械族シンクロモンスターになるレベル3チューナーです。素材はデッキに戻ります。

注意点 それぞれの効果を介したシンクロ召喚のみ機械族縛りが発生します。素材がデッキに戻る効果も同様です。

チェーン①シトリィ、チェーン②ハリファイバーテク!

☆チェーン組み立て編☆

  1. 墓地の《ワイト夫人》を対象に《シトリィ》の効果を発動します。
  2. 相手に何もないならチェーン2で《ハリファイバー》の②効果を発動します。
  3. ※:【不知火ワイト】作成中に撮影したので《ワイト夫人》となっていますが、当然他のモンスターでもOKです。

 

☆効果解決編☆

  1. チェーン②の《ハリファイバー》効果を処理しEXデッキから《クオンダム》をS召喚扱いで特殊召喚します。
  2. チェーン①の《シトリィ》効果処理で墓地から《ワイト夫人》が特殊召喚されますが、EXモンスターゾーンが埋まっているのでシンクロ召喚できません。
  3. 出来ないものはしょうがないのでその場にとどまります。

「クリストロン」チューナーは効果発動後にシンクロ不可になると特殊召喚処理までで止まる!

【これこそ水晶機巧技(クリストロンテク)】

本来ならばレベル5機械族シンクロしか出せない流れだったのに、成り行きで《クオンダム》、《シトリィ》、《ワイト夫人》の盤面が完成しました。

これを活用すれば幅広いシンクロルートが可能になる他、《シトリィ》達の効果で発生する制約もデメリットも無視する事が出来ます。

「クリストロン」使いの間では昔から愛されてきたテクニック

新マスタールールの話が出た時に少しだけ話題になりはしたんだけど、実際に使用していない人の所まではそこまで浸透していないと思います。

これを知っているかどうかはかなりデカイので、《ハリファイバー》と共に「クリストロン」チューナーを使う際には【クリストロンテクニック】の事を思い出して下さいね☆

俺たちの燃え★スリーブ やらないか
マイルストン (2012-02-15)
売り上げランキング: 9,503
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. クリストロンチューナーのシンクロする効果って、新マスタールールだとそうなるんですね。

    途中でシンクロ出来なくなるとssしたモンスターが残るとは、こういう裁定の効果が他にないか調べたくなりますね。

    • cast より:

      これはハリファイバー+での話でしたが、クリストロンチューナー×2でチェーンを組んでも同様になります(片方のシンクロ体がEXモンスターゾーンを埋めるので)

  2. 匿名 より:

    面白いコンボですねこれ!
    これってシンクロ失敗しても制約残るんですか?

  3. 匿名 より:

    水晶機巧テクはクオンでは出来ないんですよ

    • cast より:

      テキスト確認しました。これは確かにできませんね…間違った情報を流してしまい本当にスイマセン。問題のある個所は修正しておきました…((+_+))

  4. 匿名 より:

    例えばシトリィでクリテクをするならば、特殊召喚されたモンスターは効果も無効化されず、シトリィとそのモンスターは機械族Sしなくてもいいし、フィールドを離れても除外されない、ということでしょうか。

    • cast より:

      効果は無効にされますね。ただシンクロはしていないので除外される事はないです。

  5. D-HERO教徒 より:

    水晶機械技巧の紹介ありがとうございます。

    このテクとハリファイバーのおかげで、同じ盤面でもグリオンガンドを出すか、フェニキシオンを出すか、スターダストクロニクルを出すか直前まで選べるのが大きいですよね。

    • cast より:

      自分の再確認用という意味合いが強いんですけどね…大事な所でクオンミスをしてしまいましたが、喜んでいただけたのであれば幸いです。

  6. シューティングクエン酸ドラゴン より:

    私もワイトデッキにハリファイバーを投入しておりますが、専らサモンソーサレスへの繋ぎでございます。妖刀やシトリィを入れて大型シンクロの展開パターンを模索するのも魅力的ですね。選択肢が増えるほどエクストラデッキの圧迫がヤバイですが。

    • cast より:

      妖刀を引っ張ってきて次ターンの準備する動きが最高に好きです…。あれは気を蓄積しているイメージw

  7. 匿名 より:

    このテクニック使えばエクシーズも出来るのか、エクストリームからランク8もいいかも

  8. […] 6.7.8工程(水晶機巧テクニック)については別記事で参照。強みとしては、《Ω》や《異次元からの埋葬》を使わずに一度使用した《馬頭鬼》を結果的に墓地に戻しながら相手タ […]

コメントを残す

【新たな良き力《トポロジック・トゥリスバエナ》効果考察】相手が使用するEXモンスターゾーン前に展開すると…

1月13日発売『フレイムズ・オブ・デストラクション』には、昨日

【Vジャンプ3月号付録《E・HEROソリッドマン》効果予想】展開をサポートするって事らしいけど

『Vジャンプ3月特大号』に付属する事が判明した《E・HEROソ

【 公式レシピ】《パーペチュアルキングデーモン》採用型「三幻神」デッキ!《エッジインプ・シザー》が生命線!

《パーペチュアルキングデーモン》を使用した「三幻神」+「デーモン」

【コード・トーカー特集】《デコード・トーカー》から始まった謎多きサイバースリンクモンスター【パワーコード・トーカー追記】

《デコード・トーカー》から始まりし謎多きサイバースリンクモンス

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話感想】トポロジック・トゥリスバエナという新たな良き力。

ゴーストガールの先行で幕を開けた【ゴーストガールvsリボルバー

【フレイムズ・オブ・デストラクション収録カード一覧】《オルターガイスト・キードゥルガー》公開【カード評価・プチ解説付き】

1月13日発売『フレイム・オブ・デストラクション』のカード効果

【パワーコード・トーカーの使い心地が良好だった話】ややコストが重い印象でしたが割かし強かったです

【ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク】に収録された新規

【レギュレーション改訂の影響と新環境の動向を考える】強そうなデッキは何かなぁ?

リミットレギュレーションの公開から1日が経ち、そろそろみんな落

→もっと見る

PAGE TOP ↑