【星遺物が刻む傷痕の③効果は「ジャックナイツ」8種参照でした】芝刈りジャックナイツの件お詫びいたします。

公開日: : 雑談

本日は、皆さんにお詫びする事があり…参上いたしました。

もうお気付きの方も多いとは思いますが、

10月14日発売『エクストリーム・フォース』に収録される《星遺物に刻む傷痕》の効果を一部間違って読みとっており、今まで散々誤報しまくってしまいました。

管理人の解読ミスで誤った情報を発信してしまった事をここにお詫びいたします。

公式によって正しいテキストが公開されましたので、そちらをご確認ください。

ソース:デュエリスト通信
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

星遺物が刻む傷痕

画像引用:公式Twitter

フィールド魔法
(1):フィールドの「ジャックナイツ」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):1ターンに1度、手札から「ジャックナイツ」モンスター1体または「星遺物」カード1枚を捨てて発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
(3):自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「ジャックナイツ」モンスター8種類を1体ずつ除外して発動できる。相手の手札・EXデッキのカードを全て墓地へ送る。

6種類と記載・説明していましたが、正しくは8種類でした。

《隣の芝刈り》と併用すれば先行で③効果発動する【芝刈りジャックナイツ】行けるんじゃ?

的な事を散々書きましたが、効果テキストを誤読してしまっていたので全く問題ありませんでした。

6種類じゃなかったことは素直に喜ぶべきことですが、

誤報していたのは反省すべきことであり…何とも複雑な心境です…。

8種類なら先行1ターン目で揃う心配はやや薄いかな?

6種類と8種類では話が大きく違ってくるので、とりあえず安心だとは思います。

ただ、内1種類はエクストラデッキのモンスターという事を考えると決して不可能な条件ではないという事だけは念頭に置いておいた方が良さそうです。

どちらにせよ、誤報の件。本当に申し訳ございませんでした。

以後気を付けます。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    テキスト読み間違えはあるあるですよね、仕方ないことです。
    これにめげずにこれから記事の更新頑張ってください、楽しみにしてます!

  2. ラララ より:

    ここ以外も間違っていたから別に謝るほどじゃないと思います

    • cast より:

      正しいと判断して掲載していたのは管理人なので一応。正しいテキストを広める為にも記事化する事にしました。

  3. 匿名 より:

    他所でも6種ってことで話てたし、誰も気づかなかったんじゃないかな。
    とりあえず言えることは管理人さんが謝るようなことでもないですよ

  4. 匿名 より:

    ADS動画でも6種類でデッキ組んでる奴多かったな

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【リンクヴレインズパック2】収録カードリスト,当たりカードまとめ!収録テーマ・再録カード大量判明!

『リンク・ヴレインズ・パック2』の収録カードリスト・当たりカー

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第77話感想】相容れない兄妹!無限泡影からのマルチフェイカー強い(確信)

異母兄妹という複雑な関係を理由に相容れる事の無い二人の兄妹。

《転生炎獣の烈爪(サラマングレイト・クロー)》効果判明!耐性・貫通・連撃だッ!

『SD-ソウルバーナー』に収録される新カード、《転生炎獣の烈爪

【列車リンク】《機関重連アンガー・ナックル》効果判明!【リンク・ヴレインズ・パック2最新情報】

『リンク・ヴレインズ・パック2』収録新カード《機関重連アンガー

《魔弾の射手マックス》《六武衆の軍大将》効果判明!【リンク・ヴレインズ・パック2最新情報】

『リンク・ヴレインズ・パック2』に収録される新規カード、《魔弾

遊戯王チップス《ブラック・マジシャン・ガール》仕様詳細:レプリカ表記無しの五芒星バージョン!

『遊戯王チップス』に収録されている《ブラック・マジシャン・ガー

《魂の開封》の使い方・効果考察:1枚でデッキを5枚圧縮するカード!通常モンスターを大量投入できるかどうかがカギ!【除外海産物追記】

【エクゾディア】や【おジャマ】等での活用が既に話題になっている《魂

Vジャンプ付録カード《プラチナ・ガジェット》の効果が判明!レベル4機械族を特殊召喚できるリンク2モンスター

▲以下だから対応してました! Vジャンプ2019年1月特大号付録《プ

→もっと見る

PAGE TOP ↑