【出張視点で未界域(Danger!)を読む】各種族・レベルサポート・帝ステ等々!【ステータスで活路を見出そう!】

公開日: : 雑談

昨日の記事でも少し触れましたが、「未界域」って出張面でも”バリバリ”なんですよ!バリバリ!

…ッという事で、属性・種族・レベルなどにフォーカスを当て、出張カードとしての「未界域(Danger!)」について考えてみました。

運が絡むとは言え、やっぱり何回でも使えるSS効果って半端ねぇなぁ…。

昨日の記事:ネタが無いので「RR(レイド・ラプターズ)」の話をします。【RRで使えそうなエクストラパック2019カード】

SPONSORED LINK

獣族の未界域(ビッグフット・ジャッカロープ)

《未界域のジャッカロープ/Danger!? Jackalope?》 
効果モンスター
星3/闇属性/獣族/攻 500/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のジャッカロープ」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のジャッカロープ」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
デッキから「未界域のジャッカロープ」以外の「未界域」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

《ビックフット》《ジャッカロープ》の2種が該当。

捨てられると効果が発動する獣族モンスターという事で、「魔轟神獣」との噛み合いに注目が集まる事が多いです。

《ジャッカロープ》《レスキュー・キャット》によるリクルートが可能。

ビッグフットはレベル・属性・効果共に優れた逸材

《未界域のビッグフット/Danger! Bigfoot!》 
効果モンスター
星8/闇属性/獣族/攻3000/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のビッグフット」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のビッグフット」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

獣族シナジー以前に、レベル8・闇属性・除去効果と、あらゆる点が優れまくっているのが特徴。

手札を捨てる効果を有効活用できるデッキかつ、《闇の誘惑》,《トレード・イン》等を扱うデッキでの活躍に期待できます。

《サンダー・バード》,《オゴポゴ》もレベル8なので《トレード・イン》対応です。

鳥獣族の未界域(サンダー・バード)

《未界域のサンダーバード/Danger! Thunderbird!》 
効果モンスター
星8/闇属性/鳥獣族/攻2800/守2400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のサンダーバード」以外だった場合、さらに手札から「未界域のサンダーバード」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合、相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

関連記事:ネタが無いので「RR(レイド・ラプターズ)」の話をします。【RRで使えそうなエクストラパック2019カード】

昨日の記事でも取り上げましたが、SS出来る闇属性・鳥獣族は《RR-ワイズ・ストリクス》の素材として有能です。

闇属性・鳥獣族を扱うデッキは勿論、《ワイズ・ストリクス》を出張させるデッキなどへの採用が期待できます。

レベル3の未界域(ツチノコ,ジャッカロープ)

《未界域のツチノコ/Danger!? Tsuchinoko?》 
効果モンスター
星3/闇属性/爬虫類族/攻1300/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のツチノコ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のツチノコ」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

 

SS可能なレベル3という部分も、《彼岸の黒天使ケルビーニ》の素材的観点で活かせる可能性を持っています。

ケルビーニを扱うデッキは墓地に送りたいカードが必然的に多い事から、手札を捨てる効果である「未界域」とも必然的に噛みあうはずです。

ツチノコはキングレムリンでサーチ可能

《ツチノコ》《キングレムリン》でサーチする事も出来ます。

爬虫類族にとっては、セルフSS出来るモンスターという部分で十分に活用できそうです。

悪魔族の未界域(チュパカブラ)

《未界域のチュパカブラ/Danger! Chupacabra!》 
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守 400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のチュパカブラ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のチュパカブラ特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合、「未界域のチュパカブラ」以外の自分の墓地の「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

「暗黒界」,「魔轟神」という名の2大捨てテーマがある以上、悪魔族の「未界域」というステータスを見逃す事は出来ません。

エクシーズ・シンクロの両観点から見ても、レベル4である事は都合が良さそうです。…ベージ君とタッグを組もう(提案)。

レベル4である事も利点になる

《未界域のモスマン/Danger! Mothman!》 
効果モンスター
星4/闇属性/昆虫族/攻1800/守 400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のモスマン」以外だった場合、さらに手札から「未界域のモスマン」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。お互いのプレイヤーはデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。

 

《チュパカブラ》,《モスマン》が該当します。

相性の良いテーマ(暗黒界等)でも【ランク4エクシーズ】の道が模索出来る為、レベル4はそれだけで強みになり得ます。

《モスマン》の種族部分(昆虫族)も使用テーマ次第では活かす事が出来るかもしれません。

帝ステータスの未界域(ワーウルフ)

《未界域のワーウルフ/Danger! Dogman!》 
効果モンスター
星7/闇属性/獣戦士族/攻2400/守1000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のワーウルフ」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のワーウルフ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。

 

攻撃力2400,守備力1000=帝ステータス!

種族部分を活かす事は難しそうですが、この帝ステータスは何かに使えそう…。

セルフSS出来る帝ステモンスターとして覚えておいた方が良いか?

セルフSS可能なレベル7モンスター

《未界域のネッシー/Danger! Nessie!》 
効果モンスター
星7/闇属性/水族/攻1600/守2800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のネッシー」以外だった場合、さらに手札から「未界域のネッシー」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから「未界域のネッシー」以外の「未界域」カード1枚を手札に加える。

 

特殊召喚可能なレベル7モンスターというだけで結構貴重。

【ランク7エクシーズ】を主軸にしたいデッキ等で、《ワーウルフ》《ネッシー》の2枚を出張させてもよさそうですね。

《ネッシー》の捨てたらた場合の効果はサーチな為、他の「未界域」カードを混ぜる事も視野!

出張カードとしてもかなりのポテンシャル!

出張札としてみてもかなりのポテンシャルである事が分かりますね!

「未界域」が文字通り”Danger!”なテーマである事は間違いないなさそうですが、それを差し引いても余りある魅力に満ちているのも事実です。

発売日まであと数日…OCGをどんな風に染め上げてくれるのか?…恐ろしくもあり、楽しみでもあります。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ツチノコはキングレでサーチ可、ライトサーペントという同レベルの類似効果持ちの存在、レプティレスとは悪夢再びの共有、Mフレームやスネークレインで捨てることもできるなど爬虫類族的にも期待の新星ですね
    爬虫類族全体のカードパワーがまだ足りてない感はありますが…

  2. 匿名 より:

    トリスタで開闢使いたいんでカオストリックスター構築にして、パンクラの部分をビッグフットするつもりです

    ビッグフットは当たれば、モンスター破壊、外れても青眼打点がポンと出てきて無駄の無の字もないくらい優秀

  3. 匿名 より:

    オゴポゴ「…」

  4. 匿名 より:

    闇の誘惑つかったら除外されちゃうじゃん

コメントを残す

【好きなカードやデッキ傾向は偏る?】テーマ構造・アーキタイプに関する話

好きなカード・組むに至ったデッキの傾向は結構偏るってお話。

『LEGENDARY GOLD BOX』12月21日発売決定:歴代主人公・ライバルデッキを強化する新規・再録カードってのが気になる

12月12日発売予定『LEGENDARY GOLD BOX』の一部

【@イグニスターと相性の良いカードまとめ】サイバース族縛りをうまくやり過ごす構築が鍵!【ベイルリンクス追記】

『イグニッション・アサルト』の発売に向けて、「@イグニスター」

【ワルキューレシグルーン付録「Vジャンプ11月号」購入感想・レビュー】ワルキューレデッキ必携の一枚【ゲーム小話:P5R】

本日発売(9/21)『Vジャンプ11月特大号』を購入して参りました

【デュエルリンクスに実装された未OCG化カード】キャラクター別にまとめてみました!

『遊戯王デュエルリンクス』に実装された未OCG化カードをまとめた記

《昇華騎士-エクスパラディン》の効果を墓地肥やし目線で考えてみよう!素直にデュアルモンスターを装備すべきなのかな?

『ストラクチャーデッキR-ウォリアーズ・ストライク』に収録される新

【デュエルリンクス】聖騎士の槍持ち実装!デッキから任意の装備魔法サーチ!【OCGより先に実装された新カード第11弾】

OCG化に先駆けてリンクス実装されたカード第11弾! 現在開

【彼方のアストラのカードスリーブ・マット発売決定・予約開始】アニメ面白かったですねぇ【サプライの軌跡】

「彼方のアストラ」シリーズより、スリーブ・プレマ等の最新アイテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑