【パワーコード・リンクの豪華再録枠を再チェック】お得さ加減を管理人と見ていこう!!

公開日: : 雑談

ストラクチャーデッキ『パワーコード・リンク』に収録される豪華再録カードの最終チェック!

管理人が「これはアド!」と感じたカードをプチ効果解説と共にご紹介!

超豪華再録ラインナップを見逃すなかれ( ˘•ω•˘ )b

SPONSORED LINK

『パワーコード・リンク』収録カードリスト

  • SD33-JP001 《ドングルドングリ》
  • SD33-JP002 《ガベージコレクター》
  • SD33-JP003 《シーアーカイバー》
  • SD33-JP004 《フレイム・バッファロー》
  • SD33-JP005 《レディ・デバッガー》
  • SD33-JP006 《アンチエイリアン》
  • SD33-JP007 《ストームサイファー》
  • SD33-JP008 《セグメンタル・ドラゴン》
  • SD33-JP009 《サイバース・ガジェット》
  • SD33-JP010 《トーチ・ゴーレム》
  • SD33-JP011 《ジュラゲド》
  • SD33-JP012 《幻獣機テザーウルフ》 
  • SD33-JP013 《輪廻天狗》×2
  • SD33-JP014 《スカル・マイスター》
  • SD33-JP015 《同族感染ウィルス》
  • SD33-JP016 《ゴブリンドバーグ》
  • SD33-JP017 《幻銃士》
  • SD33-JP018 《A・ジェネクス・バードマン》
  • SD33-JP019 《魔導雑貨商人》
  • SD33-JP020 《クラスター・ペンデュラム》
  • SD33-JP021 《ドロール&ロックバード》
  • SD33-JP022 《サイバネット・ストーム》
  • SD33-JP023 《ナイト・ショット》
  • SD33-JP024 《死者への供物》
  • SD33-JP025 《禁じられた聖杯》
  • SD33-JP026 《スケープ・ゴート》
  • SD33-JP027 《光の護封剣》
  • SD33-JP028 《名推理》
  • SD33-JP029 《ワン・フォー・ワン》
  • SD33-JP030 《盆回し》
  • SD33-JP031 《パケットリンク》
  • SD33-JP032 《荒野の大竜巻》
  • SD33-JP033 《蟲惑の落とし穴》
  • SD33-JP034 《業炎のバリア -ファイヤー・フォース-》
  • SD33-JP035 《トラップ・スタン》
  • SD33-JP036 《安全地帯》
  • SD33-JP037 《リビングデッドの呼び声》
  • SD33-JP038 《無謀な欲張り》
  • SD33-JP039 《透破抜き》
  • SD33-JP040 《パワーコード・トーカー》
  • SD33-JP041 《トラフィックゴースト》
  • SD33-JP042 《LANフォリンクス》

 

赤字になっているのが再録カードです。

ご覧の通り、実用的かつ高額化しているカードが多くかなり隙の無い再録ラインナップとなってます。

勿論、需要や相場の高いカードばかりではありませんが、そういったカードも再録回数の少ないものや初再録カードを中心にチョイスされているので好印象です。

地味に嬉しい再録カード群

ピックアップカードの紹介に移る前に個人的にちょっと嬉しい枠や久々の再録枠について触れて行きます。

幻獣機テザーウルフ 登場から4年目にして初再録。
召喚するだけでトークンを生成できるカードなのでリンク召喚との相性は抜群です。単騎のビート性能もそこそこ高い頼れる一枚。
輪廻天狗×2 準制限で2枚収録だからそのまま機能するという有難さ。
1月の改訂で緩和されるとかなりの神再録となりますが、流石に無制限は強すぎると思うので現状維持と予想。
同族感染ウィルス 10月改訂で長きにわたる豚箱生活から解放された一枚。
古いカードですし新テキストによる再録は素直に喜ばしいです。
ゴブリンドバーグ 再録常連というイメージが強いですが、意外と前回の再録から2年以上空いているので実は良再録。《増援》でサーチできて丸く働く特殊召喚札なので持ってない人は確保しておきましょう。
A・ジェネクス・バードマン こちらも3年ぶりの再録。
未だ制限カードだけあってその強さは本物!
新カードである《フレイム・バッファロー》をバウンスすると展開しながらドローが出来ると管理人の中で話題。
幻銃士 自分フィールドに存在するモンスターの数まで銃士トークンを生成できる割とヤバイ性能を持ったカードです。実は《トーチ・ゴーレム》と同じパック・ウルレア同士という因縁を持つカードですが、こちらはDTで一度再録されているのでお値段自体はそこまででもありません。ただトークン系カードは今後どうなるか分からないので要チェックです。
魔導雑貨商人 そこまで相性が良いとは感じませんが、こちらも4年ぶりの再録なのでタイミング的には悪くなさそう。
クラスター・ペンデュラム 実に7年ぶりの再録です。
相手依存ではありますが、状況次第では大量のトークンを生成できるカードなので悪くはないです。トークン⇒リンク召喚を公式が推しているのが良く分かる一枚。
ナイト・ショット 使用頻度は高くありませんが、個人的には好きなカードです。
死者への供物 約10年ぶりの再録…懐かしいの一言に尽きます。
《無謀な欲張り》でドロースキップのデメリットを軽減して行けって事だと思います。
禁じられた聖杯 環境次第では普通に使われる優良カードです。
持っていないのであれば3枚揃えておく価値がありますよ!
スケープ・ゴート リンク戦術の一翼を担うパワーカードです。
いくら持ってても問題ないカードなので地味にありがたいですが、規制がちょっと怖いカードだったりもします。
光の護封剣 このカードで古参組へのアピールもバッチリ?
名推理 制限カードですが再録回数の少ないカードなので嬉しい人は多いはず!?
ワン・フォー・ワン こちらも制限カード。2年ぶりの再録です。
荒野の大竜巻 何気に初再録っていう驚き(ちなみに7年ぶり)。
デュエルリンクスのイメージが強いっす(笑)
蟲惑の落とし穴 良いカードなんですが「落とし穴」カードの中ではやや取り扱いが難しい印象です。
業炎のバリア -ファイヤー・フォース- 本ストラクの顔である《パワーコード・トーカー》が炎属性だから《ファイヤー・フォース》が収録された説を提唱。
トラップ・スタン 罠が妨害のメインを張る時代が再来すれば使われるだろうなぁ~(遠い目)
安全地帯 ギアギア箱の拡張パックで再録された事はありますが、それを除くと初の再録です。ハマるとかなり強いカードかつ用途幅も広い良カードです。確保確保!!
リビングデッドの呼び声 再録回数は多いですが何枚あってもOK枠なのでOK!
無謀な欲張り 高いカードではありませんが、ストレージで探すとなると結構骨が折れるんです。
丁度予備が欲しいと思っていたところなので個人的にかなり嬉しいっす。
透破抜き めでたいめでたい初再録。
効果自体はかなり強力ですが、今の環境では罠である時点で遅いという評価を下されてしまう悲しみの一枚。効果は間違いなく強いだけに勿体ないです。

サイバース・ガジェット

 効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1400/守 300
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 

登場から一年未満での再録!

ノーマルレアの再録が早くなったという話はしましたが、それと同時にVジャンプ付録も依然と比べるとかなり再録が早くなりましたよね!

《サイバース・ガジェット》が収録されたのは、今年のVジャンプ5月特大号だったはずなので、1年未満での再録となります。

サイバースデッキ以外でも幅広く使用できるカードなので持っていない人は3枚集めておきましょう!

ウルトラレア⇒ノーマルレアという事でオリジナル版への値段影響は微々たるものだと思いますが、高レアリティが欲しい人は値段の下がった後にシングルガーイもありかな?

きゃすとの査定は、300アドです。

トーチ・ゴーレム

 特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守 300
このカードは通常召喚できない。自分フィールドに「トーチトークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)2体を攻撃表示で特殊召喚する事によって相手フィールドに特殊召喚できる。このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚はできない。

 

特殊召喚する事によって相手フィールドに特殊召喚できる

さり気無く少しだけ分かりやすいテキストに変更されているのがポイント!

このカードを使用したお手玉系コンボについては今まで散々紹介してきたのでここでは割愛。

10年ぶりの再録、超実用的で目玉である事は間違いありません。

再録版のレアリティはノーパラ仕様らしいです。この再録によりオリジナルであるウルトラレア版の値段が如何様に変化するかはちょっと予想できませんが、規制されない限りは今まで通り高い価格を推移するのではないでしょうか?

きゃすとの査定は、800アドです。

ジュラゲド

 効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守1300
「ジュラゲド」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手ターンのバトルステップに発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、自分は1000LP回復する。
(2):このカードをリリースし、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その表側表示モンスターの攻撃力を次のターンの終了時まで1000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

何気に一番うれしい再録かもしれない…

「アロマ」デッキで使われているイメージが強いですが、それ以外のデッキでも十分使用できる汎用性を持っています。

初の再録ですし、典型的な地味に高い系カードだったので有難いですね。

管理人も3枚しかもっていないので追加で3枚確保しておきたい所です。

きゃすとの査定は、300アドです。

スカル・マイスター

 効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 400
相手の墓地で魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から墓地へ送る事で、その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

 

名サイドとして度々登場するカードです

実は《ドロール&ロックバード》と同じパックに収録されていました。

コチラも7年目にしてようやく初再録といったカードです。

名サイドとして度々環境に顔を出すカードなので持っていない人は確保しておきましょう。

きゃすとの査定は、300アドです。

ドロール&ロックバード

 効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

滅茶苦茶使うからありがてぇの何のって!

ここ数カ月の間で需要が格段に上がった一枚。

ノーマルカードではありますが、6年前に発売された『エクストラパック』収録のカードなので市場に存在する数自体はそこまで多くありませんでした。

よくよく考えると、このカードが収録された『エクストラパックvol4』って、《増殖するG》《スカル・マイスター》《ドロール&ロックバード》と手札誘発祭りっすね(笑)

きゃすとの査定は、400アドです。

盆回し

 速攻魔法
(1):自分のデッキからカード名が異なるフィールド魔法カード2枚を選び、
そのうちの1枚を自分フィールドにセットし、もう1枚を相手フィールドにセットする。この効果でセットしたカードのいずれかがフィールドゾーンにセットされている限り、お互いに他のフィールド魔法カードを発動・セットできない。

 

使うデッキは限られるけど持っておくに越した事はねぇ

発動不可って話題は昨日のアレで御終いだ!

有用なフィールド魔法がそこら中に転がっているのでそれらと併用して回しまくろうぜ!

効果の性質上、デッキを選ぶカードなので汎用性は絶妙なライン。ストラクのついでにゲットできるのであれば確保推奨って意味合いの強いカードです。

欲しかった人はめちゃくちゃ嬉しいでしょうねぇ~( ˘ω˘ )

きゃすとの査定は、500アドです。

再録だけでもかなりお得だよ!

管理人の査定は、現状の相場からレアリティ差などを考慮した価格変化を感覚で予想したものです。一応、お店の相場などを参考にしてはいますが、管理人自身の感覚が多分に含まれているのでそこまで参考にはしないでください(笑)

「ここら辺のカードは大体持ってるなぁ~」

って人は、新収録される有能な汎用リンクの確保の為に1,2個摘めば事足りる感じかな?

管理人も《パワーコード・トーカー》と《LANフォリンクス》目当てに1,2個購入予定です。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク
コナミデジタルエンタテインメント (2017-12-09)
売り上げランキング: 22
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ガク より:

    いつも楽しみに拝読しておりますー!
    業炎のバリアはサイバネット・ストームの③の効果の起動のためかと思われますよー

  2. ユキ より:

    今回幻銃士が収録されたのでアーミタイル組み直そうかなと思います。
    他の汎用はパーツ別に整頓したあとにサイバースを弄ろうかなと。

    幻銃士収録の時点でアーミタイルで頭がいっぱいになったんだ…
    GXが好きなんだ…

  3. 匿名 より:

    ワンフォーワンが二年ぶりってところでDDストラクからそんなに経ってて衝撃を受けました
    今回の再録はあったら便利だけどちょっと値の張るカードが多くていいですね

    • cast より:

      優先して買うほどではないけど持っておきたいなぁ~ってカードが多い印象です。

  4. 匿名 より:

    ワイも1、2買い箱かなぁ

  5. 匿名 より:

    バードマン三年ぶりなんて嘘ばっかり、ついこの間シンクロンストライクに入ったじゃないか

    と思ったらもうアレ3年も前なのか…歳をとると時間感覚が早くなっていけねえや…

  6. ネタデッカー より:

    何気にジュラゲドありがたいです。
    DDDに突っ込みます。

  7. […] 関連記事: 【パワーコード・リンクの豪華再録枠を再チェック】お得さ加減を管理人と見ていこう!! […]

コメントを残す

【新たな良き力《トポロジック・トゥリスバエナ》効果考察】相手が使用するEXモンスターゾーン前に展開すると…

1月13日発売『フレイムズ・オブ・デストラクション』には、昨日

【Vジャンプ3月号付録《E・HEROソリッドマン》効果予想】展開をサポートするって事らしいけど

『Vジャンプ3月特大号』に付属する事が判明した《E・HEROソ

【 公式レシピ】《パーペチュアルキングデーモン》採用型「三幻神」デッキ!《エッジインプ・シザー》が生命線!

《パーペチュアルキングデーモン》を使用した「三幻神」+「デーモン」

【コード・トーカー特集】《デコード・トーカー》から始まった謎多きサイバースリンクモンスター【パワーコード・トーカー追記】

《デコード・トーカー》から始まりし謎多きサイバースリンクモンス

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話感想】トポロジック・トゥリスバエナという新たな良き力。

ゴーストガールの先行で幕を開けた【ゴーストガールvsリボルバー

【フレイムズ・オブ・デストラクション収録カード一覧】《オルターガイスト・キードゥルガー》公開【カード評価・プチ解説付き】

1月13日発売『フレイム・オブ・デストラクション』のカード効果

【パワーコード・トーカーの使い心地が良好だった話】ややコストが重い印象でしたが割かし強かったです

【ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク】に収録された新規

【レギュレーション改訂の影響と新環境の動向を考える】強そうなデッキは何かなぁ?

リミットレギュレーションの公開から1日が経ち、そろそろみんな落

→もっと見る

PAGE TOP ↑