【スパイラルの《トライゲート・ウィザード》が強すぎる】相互リンク自由自在ならこんなもんさ!

公開日: : 雑談

本日の午前記事は、今をトキメク《トライゲート・ウィザード》さんについてです。

《トライゲート・ウィザード》さん…あんた相互リンクできたらこんなにも強いんだな…(遠い目)

「SPYRAL(スパイラル)」で出てくる《トライゲート・ウィザード》は、もはや僕の知ってるあの人じゃ…ない。あれは魔法・罠・モンスター効果を無効にして除外する何かだ。

SPONSORED LINK

トライゲート・ウィザード

《トライゲート・ウィザード》
リンク・効果モンスター

リンク3/地属性/サイバース族/攻2200
【リンクマーカー:上/左/右】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし除外する。

 

3体相互リンク時の《トライゲート・ウィザード》強すぎ問題

3体相互リンクしてるって前提がある時点でかなり優しいとも言えますが、それにしてもやっぱり魔法・罠・モンスター効果の発動を無効にできるのは強烈ですよね。

しかもこの人破壊じゃなくて除外してくるのが本当にヤバイ…。

2体以上相互リンク時の除外効果も強いしマジでパネェっすわ((+_+))

ここでちょっとこのカード判明時の管理人の反応を振り返ってみましょう。(おい、過去の俺、きちんと評価していろよ…トライゲート・ウィザードさんは出来る子だって書いておけよ!(期待))

理想が現実に追い付いてきた!

関連記事:【SD-サイバース・リンク収録リンクモンスターについて】

《トライゲート・ウィザード》さんには個別記事が無く、上の「SD-サイバース・リンク」に収録される【リンクモンスター】って事で纏めて紹介したのみです。(この時点で怪しい)

詳しく知りたい人はそちらを読んでいただければ一目瞭然ですが、当時の管理人の評価としては…

  • 3体と相互リンク状態になると流石に強いですが、それを実現させる為には相当な展開力が必要になります。
  • 効果的にもマーカー的にもエクストラモンスターゾーンに出しても旨味がないモンスターなので、とりあえずメインモンスターゾーンに展開する事が大事!
  • 《エンコード・トーカー》《バイナル・ソーサレス》の効果を駆使しながら、《トライゲート・ウィザード》の効果で大ダメージを狙おう!ってのが今回のストラクチャーデッキのコンセプトだと思いますが、正直な所、これは難しいんじゃなかろうか?
  • 想定する動きの理想が高すぎる。

 

細かくは前後しますが、大体こんな感じの事を書いてました( `ー´)ノ

まぁ、これなら許される範囲かな… 酷評してる訳でもないし一応相互リンクできれば強いって書いてあるし…(汗)

でも、当時の管理人はこんなにも近い未来に《トライゲート・ウィザード》がバリバリ活躍するとは考えてもみなかったです。

しかもあの時点で「SPYRAL(スパイラル)」は海外テーマとして既に存在していました訳ですから…。

アノ状態からここまで持って行った《SPYRAL ザ・ダブルヘリックス》の存在が本当に恐ろしいです。

動きを支える地力を得た【リンクモンスター】は侮れませんな…。

《ファイアウォール・ドラゴン》
リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、
戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。

 

よくよく考えたら《ファイアウォール・ドラゴン》の時点で一度通った道だった訳だから、相互リンクって書かれているカードの危険性にもっと早く気付くべきでした。

そもそも効果発動にリミッターが付いてる時点で効果自体は強い訳で…。

それを悠々とこなせるようになったら滅茶苦茶強いって…そんなの誰でも分かる事っていう(笑)

今回の一件で、【相互リンク】持ちへの印象はガラリと変わりました。別に《ファイアウォール・ドラゴン》が特別だった訳じゃない…【相互リンク】は危険なんだ!

とりあえず汎用リンク3オススメ記事に《トライゲート・ウィザード》を追記しておきます。

とりあえず…【汎用リンク3オススメカード】の記事に《トライゲート・ウィザード》を追記しておきます。

まぁ、あのカードの持つポテンシャルを完全に引き出す地力を持つデッキはまだまだ少ないですが、「SPYRAL」って前例が出てきた訳だし追記せざるを得ません。

あー「SPYRAL(スパイラル)」…「SPYRAL(スパイラル)」怖いよぉぉ((+_+))

うずまき (ビッグコミックススペシャル)
伊藤 潤二
小学館 (2010-08-30)
売り上げランキング: 54,567
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    剛鬼だってレベル1が来ればたぶん出来たり出来なかったりするもん…

  2. 荒くれナンバーズ より:

    これから先素材ゆるゆるリンクモンスターもでるでしょうからねぇ・・・
    たとえばこの先こいつが簡単に3体並べるような環境がきたらファイアウォールとかと一緒に規制がかかったりするかもしれませんね

  3. 匿名 より:

    星杯でもトライゲートはけっこう使えるよ

  4. 匿名 より:

    エクストラゾーン開設で大量展開 制圧 を規制してもリンクの環境が進めば今と変わらないだろう
    という新マスタールールに改訂された際に言われていた言説が既に現実のものになってますね
    恐ろしい

  5. 匿名 より:

    相互リンクが恐ろしいんじゃなくて単純にリンクが恐ろしいんだと思うのよね。特にリンク2がアカシックとかアンダークロックテイカーのように、どんどん便利になっていってるのが恐ろしい。次号付属のセキュリティ・ドラゴンがプロキシーのマーカー違いだったりしたらもうね…(バシバシリンクを使いながら

  6. 匿名 より:

    まだ一年も経ってないのに、いきなりブッ飛ばして来てますね、リンク。
    VRAINS終盤まで来るとどうなることやら…

  7. これでもし1月の規制でスパイラルよりもこいつ禁止にでもなったらサイバースデッキ作ってる私からしてみたら辛すぎる…

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【真紅眼の不屍竜/レッドアイズ・アンデットネクロドラゴン考察】アンデットワールドへの依存性は高いがデッキ次第では普通に汎用

『ストラクチャーデッキR‐アンデットワールド』に収録される《真紅眼

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第64話・感想】草薙さんと遊作、出会うの巻!《過去編》

今明かされる遊作と草薙さんの出会いのエピソード。 ロスト

【エクストラパック2018収録《ハロハロ》公開】フレーバーテキストが滅茶苦茶可愛い!【ミニストップに行きたくなる】

『エクストラパック2018』に収録される新カード《ハロハロ》の

【タツネクロの使い方・効果考察】《たつのこ》まさかのアンデット化!手札シンクロor送り付け戦術!?

可愛い可愛い《たつのこ》は、アンデットになっても可愛かった!?

【シンクロデーモン《デーモンの招来》効果解説】対象耐性付与で硬さが増しました!

キャンペーンパック第三弾の収録情報と共に、第三の《デーモンの召喚》

【ストラクチャーデッキRアンデットワールド】収録カードリスト・新規カード効果・再録情報まとめ【タツネクロ等更新】

本記事は、9月22日発売『ストラクチャーデッキR-アンデット・ワー

【《デーモンの招来》収録・20thスペシャルパックカード一覧】《バルブ》と《トリックスター・ライトステージ》のスーパーやばそう

『遊戯王OCG』20周年を記念して毎月実施(12か月連続)され

【エクストラパック2018収録カードまとめ】アドヴェンデッド・セイヴァーの効果判明!【カッコイイ】

2018年9月8日発売、『エクストラパック2018』の収録カー

→もっと見る

PAGE TOP ↑