【F.A.(フォーミュラー・アスリート)新規:Whip Crosser・Pit Stop等判明】レベルダウンさせる魔法が来るとは…予想外!

公開日: : F.A.(フォーミュラアスリート)

海外版の『サーキット・ブレイク』に収録される「F.A.(フォーミュラー・アスリート)」の新カード情報が「遊戯王TCGEU」公式フェイスブックにて公開されました。

モンスター2枚と魔法カード2枚、これで「F.A.」カードは合計8枚。今はとりあえず数を蓄える時…パーフェクトな「F.A.」デッキが完成する日が待ち望みながら…。

Yu-Gi-Oh!TCGEUフェイスブックより画像引用

SPONSORED LINK

「F.A.」新モンスターカード

F.A. Whip Crosser 

効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻 0/守1000
(1):このカードの攻撃力はこのカードのレベル×300アップし、相手は300LPを払わなければ、このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低いモンスターの効果を発動できない。
(2):「F.A.」魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。このカードのレベルを1つ上げる。
(3):このカードのレベルが7以上の場合、相手はカードの効果を発動するために手札のカードを捨てる、または墓地へ送る事ができない。

F.A. Turbo Charger 

効果モンスター
星6/風属性/機械族/攻 0/守1500
(1):このカードの攻撃力はこのカードのレベル×300アップし、このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低い相手モンスターは他の自分フィールドのモンスターを攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。
(2):「F.A.」魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。このカードのレベルを1つ上げる。
(3):このカードのレベルが7以上で自分の「F.A.」モンスターが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時までモンスターの効果を発動できない。

《F.A.Whip Crosser》は相手のハンドコストを封じる!

最高速(レベル7以上)に達すると、《F.A.Whip Crosser》は、コストで手札からカードを捨てるor墓地へ送るタイプの効果を戒めます。

遊戯王にはハンドコストを要求される強力な効果がたくさん存在するので結構刺さるはずですよ!

《レッドアイズ・インサイト》みたいな効果みたいなコスト(手札・デッキから「レッドアイズ」モンスターを墓地に送って発動)を持つカードも勿論NGです。

あと、何気に《F.A. Whip Crosser》よりレベル・ランクの低いモンスターの効果発動にライフコストを要求してますね。

300くらいなら払えなくはないけど…このジリジリが最終的には活きてきそうな気もします。

《F.A. Turbo Charger》

展開するだけで、レベル・ランクが6より低いモンスターは《F.A. Turbo Charger》しか攻撃&効果対象にできなくなります。しかもその範囲は②効果によってどんどんと広がって行くので相手はかなりやりにくいはずです。

最高速に達すると自分の「F.A.」モンスターが戦闘を行う場合のダメージステップ終了時までモンスター効果発動不可という全体に影響を及ぼす永続効果を発生させます。

リクルーターや《オネスト》等の手札誘発カード等にかなり強くなりますね!

イラストから、クラッシュギアっぽさを感じます(懐)。

「F.A.」新魔法カード

F.A. Off-Road Grand Prix

フィールド魔法
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、フィールドの「F.A.」モンスターのレベルはメインフェイズの間だけ2つ上がる。
(2):自分の「F.A.」モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる。
(3):フィールドの表側表示のこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「F.A. Off-Road Grand Prix」以外の「F.A.」カード1枚を手札に加える。

F.A. Pit Stop

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「F.A.」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのレベルを2つ下げ、自分は自分の墓地の「F.A. Pit Stop」の数+1枚をデッキからドローする。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「F.A.」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

F.A. Off-Road Grand Prix

《F.A.サーキットGP》

フィールド魔法
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
フィールドの「F.A.」モンスターのレベルはバトルフェイズの間だけ2つ上がる。
(2):1ターンに1度、自分の「F.A.」モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):フィールドの表側表示のこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「F.A.サーキットGP」以外の「F.A.」カード1枚を手札に加える。

 

《F.A.サーキットGP》に続く2枚目のレース場(フィールド魔法)の登場です。

①効果は共通効果ですが、②効果は今までの「F.A.」カードとは少し違っていて戦闘破壊された時の効果となってます。

スピードが乗って来るまでの「F.A.」モンスターは攻撃力1000そこそこのモンスター達ですから、戦闘破壊されるのも実は大得意!

クラッシュ系のレースゲーム(バーンアウト、スリルドライブ)が如く相手に自爆特攻を仕掛けるもありです(笑)

一気にクラッシュしまくって相手の手札をスッカラカンにできたらハッピー♪

※:サーキットGPはバトルフェイズ中のレベルUP、Off-Roadはメインフェイズ中のレベルUPという差があるというコメントをいただきました。これでメイン・バトルで変化なく運用できる訳か…なるほどね~

F.A. Pit Stop

まぁ、ピットストップすりゃスピードは落ちるよね…(レベル2ダウン)

②効果は墓地状況次第で沢山ドローできる効果ですが、③の蘇生効果が墓地除外発動なので、やや難しい印象。

「ドローしてその後特殊召喚狙っていくぜ~」ってのが理想なんでしょうけど①②ともにターン1なので一気にドロー加速してゆっくり蘇生効果使って行くってのもできないのか…。

凄く可能性を感じるカードではありますが、やや取り扱いが難しい感じですね。

「F.A.」デッキの課題の一つが展開力の乏しさだったので蘇生効果は純粋に嬉しいですが、これだけではまだちょっと足りない気がします。

最終的には相手のデッキによってサイドからレーサーをシフトできるようなデッキになったらいいなぁ

最高速になるとピンポイントメタっぽい効果を得る「F.A.」モンスターが多い傾向なので、

最終的には相手のデッキによって表情を大きく変えるサイチェンマスター的なテーマになってくれたら個人的には嬉しいです。

ただ、現状だと色んな事はできるけどチグハグでまとまってない印象を受けるので、そこを今後の強化で埋めていって欲しいですね。

個人的に《F.A. Whip Crosser》は、かなり強いと思っているので…期待しています。 

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    一応、フィールド魔法2種はレベル上げ効果の適用タイミングが異なると突っ込んどきます(メインフェイズかバトルフェイズか)
    この違いがどう影響するかはよくわかりませんが

  2. 名無し より:

    F.A.はもう一枚、破壊以外に対応したフィールド魔法が来そうですよね
    峠や高速道路をイメージした奴が

コメントを残す

【魔晶龍ジルドラスと相性の良いデッキとは?】命を賭けてでも守るべき魔法・罠がそこにあるか!?

本日の主役は魔法・罠を復活させる凄い奴、《魔晶龍ジルドラス》につい

【闇鋼龍ダークネスメタルのカード効果予想編】Vジャンプ付録・応募者全員サービスで蘇る伝説竜に思いを馳せる!

Twitterなどをご使用の皆さんは既に周知の事と思いますが、来月

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード 【リプロドクス、ハイパースター、見習い魔嬢など追記】

出しやすくって使いやすい、【リンク召喚】のメインストリーム

【No.75ゴシップ・シャドーの使い方・効果考察】モンスター効果に対する制圧力は如何程か!?エクシーズ素材化も面白いです

5月12日発売『コレクターズパック2018』にて、新たなナンバーズ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第48話感想】儀式サイバース&新たなコードトーカー登場!ソウルバーナーと不霊夢もカッコイイね!

奪われた仁くんの精神を追いかけて新生リンクヴレインズを疾走する

【コレクターズパック2018 ・収録カードリストまとめ】新たなナンバーズ《No.75惑乱のゴシップ・シャドー》!モンスター効果をドローに変えるぜ!

『コレクターズパック2018』の情報が到着だぁぁ! まだ4枚

【リトマスの死の剣士とスキドレの布陣は凶悪です】一緒に使いたい罠カード5選付き!

《馬頭鬼》、《マスマティシャン》等の汎用性の高いカードから、「

【星杯ストーリー考察・解説】《星冠》の出現とパラディオン集結・機械騎士の過去【星遺物を巡る戦いの歴史-第五幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑