【《E・HEROネビュラ・ネオス》効果考察】コンタクト・アウトでスーパードロータイム移行!?

公開日: : モンスターカード(融合)

2018年8月31日に海外で発売される『MegaTin2018』に収録される海外先行カード、《E・HEROネビュラ・ネオス》の使い方・効果考察記事です。

トリプルコンタクト融合体という事で、出すまでの労力はやっぱり必要ですが、その分強力な効果を内蔵したモンスターに仕上がっています。コンタクト融合ファン必見の一枚ですぞ!

SPONSORED LINK

《E・HEROネビュラ・ネオス》

E・HERO ネビュラ・ネオス(Elemental HERO Nebula Neos)
融合・効果モンスター
星9/地属性/戦士族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+ 「N・グラン・モール」+「N・ブラック・パンサー」
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードがEXデッキから特殊召喚に成功した場合に発動する。相手フィールドのカードの数だけ自分はドローし、フィールドのカード1枚を選び、そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
②:1ターンに1度、エンドフェイズに発動する。このカードをEXデッキに戻す。その後、フィールドのカードを全て裏側表示で除外する。

 

相手フィールドの数だけドローというパワーワード!裏側除外も強力です。

効果が強力なのは間違いありませんが、コンタクト融合で大事なのはその展開方法。本記事では、素材指定や展開の為に必要となるサポート(Contact Gate)等にフォーカスを当てて解説していきます。

融合素材は「ネオス」「鬼畜モグラ」「ブラックパンサー」の三体

  • このカードが無くては始まらない。コンタクト融合の顔ッ!
  • コンタクトゲートで「N」は揃えやすくなったので、ネオスの展開がネビュラネオス運用のカギ!
  • …というか元々そうでしたね(笑)
  • みんな大好き鬼畜モグラ
  • 単体で凄く強いので引いて安心のスーパー「N」です
  • ネビュラの強さの3割くらいはこいつが供給してそう
  • 鬼畜モグラと比較すると地味ですが、コチラはコチラでコピー効果と面白い逸材
  • 管理人は《ブラック・ネオス》が好きなので必然的に《ブラック・パンサー》も好きです
  • 効果を無効にする効果は《ブラック・ネオス》から来た感じかな?

《コンタクト・ゲート》で円滑にコンタクト融合!

《コンタクトゲート》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名が異なる「N(ネオスペーシアン)」モンスター2体を自分の墓地から除外して発動できる。自分の手札・デッキ・墓地からカード名が異なる「N(ネオスペーシアン)」モンスター2体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):「E・HERO ネオス」を融合素材とする融合モンスターがフィールドからEXデッキに戻った場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。除外されている自分の「N(ネオスペーシアン)」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

海外先行カード《コンタクト・ゲート》がコンタクト融合を変える!?

トリプルコンタクト融合を安定させる為のカードと言えば、『サイバネティック・ホライゾン(TCG)』に先行収録された《コンタクト・ゲート》ですよね。

正直、このカードが来日すれば、《コンバート・コンタクト》から動くことでかなりトリプルコンタクトしやすくなります。

《ネビュラ・ネオス》のEX帰還効果は裏側除外なので《コンタクトゲート》の②効果とは直接シナジーしていませんが、基本的に①で除外した「N」を戻す事になるので問題ないでしょう。

墓地の「N」が重要になるので、ワンチャン【芝刈りネオス】もありかな…って思ってます。

ターン1が無いので《コンタクト・アウト》捗ります

遊戯王/第5期/6弾/GLAS-JP045 コンタクト・アウト

《コンタクト・アウト/Contact Out》 
速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「ネオス」と名のついた融合モンスター1体を融合デッキに戻す。さらに、融合デッキに戻したモンスターに記された融合素材モンスター一組が自分のデッキに揃っていれば、この一組を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

 

《ネビュラ・ネオス》のドロー効果はターン1ではありません!

《ネビュラ・ネオス》の①効果はターン1ではないので、《コンタクト・アウト》で融合・分離・融合を繰り返せば、その都度ドローする事が出来ます。

相手の場に依存してはいますが、効果によるドローで《コンタクト・アウト》が連鎖したら滅茶苦茶面白いですね!

一つ前の記事で【ネビュラエクゾ】って電波を発信しましたが、ちょっと真面目にやってみたくなってます(笑)。

《ミラクルコンタクト》とかも合わせたら状況次第では結構なドロー量行くと思うんですよね…。

あえてエンドフェイズを待つってのもあり!《巻き込み注意》

遊戯王 PTDN-JP043-UR 《E・HERO ストーム・ネオス》 Ultra

《ストーム・ネオス》さんもビックリな裏側除外効果にも注目です。

《コンタクト・ゲート》を軸にする場合、《ストーム・ネオス》,《カオス・ネオス》,《ネビュラ・ネオス》の三体を主軸にして戦う事になるでしょうし、バウンス,セット,裏側除外の3パターンで相手の場を掻き乱せるわけですね!

いつも通り強大な力で味方を巻き込む可能性があるので、自場の管理にはよーく注意を払いましょうね。

まじめに【芝刈りネオス】考えてみようかな…(ミラクルコンタクト)も再録されたし…。

《ジャンク・スピーダー》の記事もよろしく!

《ジャンク・スピーダー》の記事は夕方位にUP出来ると思うので、そちらもよろしくお願いします。

《ネビュラ・ネオス》と《ジャンク・スピーダー》は、8月31日発売(海外)『Mega Tin2018』にそれぞれ収録されるプロモカードです。

米版OKな人は輸入版を!それ以外の人は来日する日を楽しみに待ちましょう!

遊戯王 EU版 2018 Mega-Tins 2018 メガティンズ 2種類セット 十代 遊星
コナミデジタルエンタテインメント
売り上げランキング: 268
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ネビュラネオスで相手の表側表示カードを無効にすることで、アドを稼ぎながら安全にマグマネオスをぶちかませる爆発力を大きく高めてくれるカードですなぁ。伏せロック効果のあるカードと併用したい所

  2. 匿名 より:

    あとはネオスを場にどうやって出すのってところよね
    現状では安定して出すの厳しいし消費カード多すぎだし…

  3. 匿名 より:

    自身の効果を無効にすることで相手ターンのエンドフェイズに全除外効果を発動させることもできますね。
    ネビュラエクゾを組むとしたらおじゃまトリオのようなカードを入れるべきでしょうか。

  4. H.T より:

    日本にくるのは、レジェンドデュエリストパックだといいな。
    歴代主人公を一斉強化とか。

  5. 霞の谷の竜騎兵 より:

    ブラックパンサーのコピーには名称を変更にも注意が必要だね
    コンタクトゲートを使うには全Nの力が必要だし何よりEXが厳しい、できるならNEXも使いたいし上手くまとまるかなぁ

  6. cast より:

    良いサポートはもらってますが、それをまとめられるかどうかが鍵になりそうです。でもコンタクト融合の未来に明るい光を感じるのは事実ですね!

  7. 匿名 より:

    想像以上に強力なカードで嬉しい
    後はトリプルコンタクト融合がしやすいサポートやトリプル融合体の帰還の被害を受けないネオスペースとかもほしいな
    とにかくネオスの強化すべきところが明らかになってきたのは嬉しい

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

《魂のペンデュラム》収録・効果判明!天空に描け光のアーク!【20thアニバーサリーデュエリストボックス】

2018年12月22日発売『20thアニバーサリーデュエリストボッ

《ダーク・アンセリオン・ドラゴン》効果考察:ランク7のダクリベ!フリーチェーンで二度活躍!

今回のプレミアムパックはEXのモンスターが濃くて良い感じだよね

【呪眼(じゅがん)カード効果から感じた事あれこれ】セレンの呪眼が超重要なテーマ!攻撃力2600の達成が急務!

未だ3枚しか判明していないので時期尚早とは思いますが、「呪眼(じゅ

【新テーマ:呪眼(じゅがん)】呪眼の王ザラキエル、呪眼の死徒サリエル、セレンの呪眼の3枚が公開!

2019/2/23日発売『デッキビルドパック-インフィニティ・チェ

【遊戯王リーグ応援キャンペーン当選】謎の小包到来!遊戯王.JPありがとう…

超が付くレベルの私事ですが、『遊戯王リーグ』と並行してやっていた「

《星屑の願い》効果考察:《スターダスト・ドラゴン》や《スターダスト・ウォリアー》の隙を埋める一枚!

2018年12月22日発売『20thアニバーサリーデュエリスト

《ファイアウォール・X・ドラゴン》効果考察:FWDの穴はトポロジックで埋める!いざ、脳筋へ!

1月改訂で禁止になる《ファイアウォール・ドラゴン》と、1月パック(

【D-HERO強化・新規カード効果考察】デッキ融合《フュージョン・デステニー》と《クロスガイ》の有能さがやばい!

『ダーク・ネオストーム』に収録される「D-HERO」強化を見て、色

→もっと見る

PAGE TOP ↑