【レッドアイズ新規】《流星竜メテオブラックドラゴン》《真紅眼の凶星竜-メテオドラゴン》効果考察

meteo2

7月9日発売『インベイジョン・オブ・ヴェノム』に新規「レッドアイズ」カード《レッドアイズ・インサイト》が収録される事はすでに周知の事ですが、なんと更なる新規カードの存在が判明しました!

《流星竜メテオブラックドラゴン》
《真紅眼の凶星竜-メテオドラゴン》

「レッドアイズ」の新たな力…
じっくりと見てみましょう!

SPONSORED LINK

《真紅眼の凶星竜-メテオ・ドラゴン》

meteo

デュアル・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守2000
①:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
②:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。 その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。 ●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 このカード以外の自分フィールドの「レッドアイズ」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。

収録:【インベイジョン・オブ・ヴェノム】

メテオドラゴン君もデュアルになって再登場!しかも属性まで地属性から闇属性に!?

デュアルすると自分フィールドの「レッドアイズ」モンスターが戦闘・効果で破壊されなくなる!
メテオドラゴン君…少し見ない間にずいぶんと頼もしい効果を体得したようじゃないか…。

meteo

ずいぶんとシャープになりましたねw

《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》

ryu

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守2000
レベル7「レッドアイズ」モンスター+レベル6ドラゴン族モンスター
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。 手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、 そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
②:このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、 自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

収録:【インベイジョン・オブ・ヴェノム】

《真紅眼融合》で流星を融合召喚して、①効果でレダメを墓地に送って1400ダメージ。更に《黒炎弾》で3500バーン。合計4900の特大ダメージを相手ライフにお見舞いです!バーンに厳しいコナミさんにしては随分挑戦的なカードって感じがしますね~

《レッドアイズインサイト》で各種魔法・罠カードもサーチ可能になったので普通に強そうですし、②の通常モンスター特殊召喚効果も何気にモンスターゾーンから墓地へ送られるだけでいいんですね!これは能動的に送る事もできるし良いぞぉ!

《メテオ・ブラック・ドラゴン》の帰還!

mbd

個人的には昔のポッテリした《メテオ・ブラック・ドラゴン》のイラストが好きなんですが、今回のイラストの方がメテオ感は確かにありますね!(主に降ってきているせいだろうけどw)

一つ心残りがあるとすれば、属性が炎じゃなくなってしまった事ですかね~
闇属性の方が結果的には良いんだろうけど…何だかちょっぴり残念です。

土曜日の朝からテンションが上がってしまったぞ!
更新したし二度寝します…(一日が終わるフラグ)

Amazon:遊戯王アーク・ファイブ OCG インベイジョン・オブ・ヴェノム(仮) BOX

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. カペラ より:

    これは本当に嬉しい…!インサイトだけで終わらなくて本当に良かった!
    しかしかなり融合素材が緩いですねこれ;^_^A
    聖刻と混ぜるのが良い感じ…?

  2. 匿名 より:

    聖刻+黒龍の騎士はすでにツルキオンルートとして確立してますし、そこに組み込むことは難しくなさそう!

  3. 匿名 より:

    なかなか面白いカードですね?
    可能性のけも竜はいい

  4. 匿名 より:

    信じた甲斐があったぜ!

  5. 匿名 より:

    真紅眼融合からの黒炎弾でバーンした後に、手札かインサイト使ってからレッドアイズ・バーンを伏せて「お、破壊しても良いがライフが風前の灯火になるぞ〜?」なんて言う嫌らしい真似も出来そうですね
    サイクロンなりライトニング出されたら終わりですが、単純に相手への抑止力にもなれるかなと思います

  6. 匿名 より:

    黒炎弾使えるの?

  7. 親切なおじさん より:

    うーんなんとも言えないっすね
    自身のバーンは微火力だし真紅眼融合使ったあとに除去されると蘇生効果使えないしメテオはレベル合わせてくれないしなんか真紅眼は使えそうな効果達がバラバラにいるイメージかな
    デュアルデーモンが普通にデュアルで使えそうなくらいにしか思えないかな

  8. 匿名 より:

    流星竜自身の効果で1000以上削れるため真紅眼融合から出した後黒炎弾2発のワンキルが現実的になった感じでしょうか。
    インサイトで真紅眼融合がサーチ可能であり同時にデッキ圧縮も行っているので黒炎弾や連続魔法を呼び込みやすいはず。
    残念なのは炎属性じゃないことと黒炎弾をサーチするカードの登場は絶望的になったことですね。
    素直に左腕の代償に頼るか…。

  9. 匿名 より:

    痒い所に手が届かない
    レッドアイズらしい

  10. 匿名 より:

    降ってきてるせいかメテオっていうよりも墜落

  11. 匿名 より:

    福音からのバーンが使えないのは残念だ

  12. ゲス顔ダブルエックス より:

    聖なるあかりで詰みそう(笑)
    レッドアイズ組みたての頃にやられて炎属性のメテオ入れたのにこれじゃあまた殺られそう(笑)

  13. ガトムズの休日出勤 より:

    悪魔竜に比べて素材指定が緩めですね。真紅眼融合でもデュアル真紅眼使えるし、もう片方のレベル6ドラゴンもデーモンよりはサポート共有しやすいですから、使うならそのへん活かしたいですかねぇ。

  14. TMY より:

    まさかここまでレッドアイズとデュアルを推すとは…

  15. 匿名 より:

    レッドアイズライトパルサードラゴン

  16. 匿名 より:

    絶対相手焼くという鉄の意志と鋼の(ry
    業炎マジシリ破壊輪なんかも入れて意地でも焼きまくる真紅眼デッキとか組たいなあ

  17. 匿名 より:

    来てくれたのはうれしいけれど弱い弱いと既に叩かれているのがつらい……
    バーンは半分じゃなくても良かったのよ?

  18. とある保護者な父親通行 より:

    帰ってきたメテオ・ブラック・ドラゴンwww
    東映の劇場版遊☆戯☆王で登場して10年ちょい・・・ようやくリメイクされ戻ってきましたねw

  19. ムー より:

    これはカッコいい。組みたくなりました

  20. カフェイン より:

    メテブラはともかくメテオの方がなんか効果が時代遅れすぎませんかね。名前もなんで
    対になってるエビルと違って途中でルビぶん投げたんでしょう。自身は守れない上に
    低ステで戦闘にも弱いしバウンス、除外、吸収も防げないガバガバ耐性。これがスー枠
    だったら地雷すぎてちょっと・・・。

  21. 匿名 より:

    使ってる見るとかなり便利ですよねこの子。
    黒炎竜を墓地に落として凱旋伏せエンドからの次のターン蘇生や早い段階でのレダメの墓地送りなど展開のキーカードとして使えます。
    というかインサイト一枚でデッキからモンスター四体も墓地肥やししつつ3500打点を出せてついでに1000ちょいのダメージを与えられるってだけでも強い

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【死魂融合(ネクロ・フュージョン)の使い方】相手ターンティエラ・相手ターンズァーク等《読者さんの素敵プラン紹介》

読者様からいただいた《死魂融合(ネクロ・フュージョン)》の活用案を

【簡易融合(インスタント・フュージョン)から出せる】汎用性の高いオススメ融合モンスター特集【色々追記】

レベル5以下の融合モンスターがたったの1000円ぽっきり! みん

【プランキッズ・ウェザー:画像・効果公開】簡易融合対応モンスター2体目!プチライトニング化いいっすね

遊戯王公式ツイッターにて、「プランキッズ」の新規カードが公開さ

【デッキビルドパック『ヒドゥン・サモナーズ』収録カードまとめ】ネフティス,魔妖(まやかし),プランキッズ始動【画像・効果随時更新中】

2018年8月4日発売、『デッキビルドパック-ヒドゥン・サモナ

【ソウル・フュージョン追いチャレンジ】20thシークレットの魔力やばし《オクトパストラベラーを求めて》

『オクトパストラベラー』(Switchのゲーム)を求めてゲーム

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第60話感想】森の鉄人メタル・バブーン!スクラップコングも大活躍!?

プレイメーカーとの関係を声高に触れ回っていた甲斐あって、まんま

【翼の魔妖-波旬・画像/効果公開】雪女への安定アクセス!俥夫特殊召喚で3体展開!【ヒドゥン・サモナーズ】

アニメ放送終了後の定期ツイートにより、新たな「魔妖(まやかし)

【新テーマ「魔妖(まやかし)」デッキ・圧倒的なイラストアド】不知火との関連性!?

管理人大注目の新テーマ、「魔妖(まやかし)」の大きめ画像が公式

→もっと見る

PAGE TOP ↑