【迷カード名鑑】「コカローチ・ナイト」は動かない

公開日: : 迷カード名鑑

a0006_002421

これほど恐ろしいカードは滅多に存在しない。

古いカードなのに、効果が最近のカードみたいに緩い!

最近は、墓地に落ちるだけで効果を発動する(落ちる場所を問わない)、縛りの緩い効果モンスターが多くなってきましたね~。今回はそんなカード達のある意味大先輩をご紹介!!

コカローチ・ナイト

DSCF1327

効果モンスター
星3/地属性/昆虫族/攻 800/守 900
このカードが墓地へ送られた時、 このカードはデッキの一番上に戻る。

「コカローチ・ナイト」が初登場したのは、1999年8月26日発売の【BOOSTER4 】である。
この時代のカードで、どこからだろうが墓地に送られれば効果を発動する脅威の緩さ!つ、強い

しかし、普通に運用すれば、ただひたすらに自分のドローをロックするかのような効果。

昔は、「生還の宝札」などを絡めた1キルが存在していたようだが、「生還の宝札」は現在禁止カードなので、過去の栄光である。

しかし、流石Gとでも言うべきか、意外な活用方法も存在する。

「デーモンの宣告」

DSCF1329

永続魔法
1ターンに1度だけ、500ライフポイントを払い カード名を宣言する事ができる。 その場合、自分のデッキの一番上のカードをめくり、 宣言したカードだった場合手札に加える。 違った場合はめくったカードを墓地へ送る。

絶対デッキトップに戻ってくれるのであれば、絶対にデッキトップを言い当てられる!
(「だからどうした?」と言われると、困るのですが。)

他にも、「星見獣ガリス」などを絡めたコンボによる無限ループなど、ずいぶんと派手な事もできる様子。

やっぱり『遊戯王』における【G】って只者じゃないって事ですね。

DSCF1330

あと、「魔のデッキ破壊ウイルス」にだけは気をつけてください!コイツが手札に存在する時に打たれると。3ターンの間ドローロックを喰ってしまうので….。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    コカローチナイトさんはガリスバーンだと無限の弾になる優秀な奴ですよ。
    まぁ採用するかは別ですが・・・。

    • cast より:

      現状だと、「デーモンの宣告」と「ガリスバーン」くらいしか用途は無いのだろうか….、どこかに「コカローチ・ナイト」マスターはいないかな?

  2. 匿名 より:

    スケール割られなければ毎ターンペンデュラムからのランク3の素材になれますね、、、
    デッキめくる森羅とかだともしかして使い道あるんですかね?

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【2019.1禁止制限感想】ファイアウォール・ドラゴン死す!ハリファイバー展開を見直す!イゾルデ装備品選定の三本立て!

停戦協定が禁止改訂風景に見えて来た いつもよりかなり早めに公開さ

【最新禁止カードリスト・リミットレギュレーション改訂(2019.1月)】FWD、バルブ、ダンディetc、禁止多すぎ!!

『遊☆戯☆王.jp』にてリミットレギュレーション改訂(2019/1

【転生炎獣(サラマングレイト)デッキレシピ】御前試合採用!燃える炎属性デッキ(サイキック添え)

「転生炎獣(サラマングレイト)」デッキ第一弾が完成しました。

【シークレット・オブ・ジ・エンシェント:オススメカード5選】エンシェント・フェアリー・ドラゴンがリンクス次元に到来!

『デュエルリンクス』に新実装された最新パック「シークレット・オ

《閻魔の裁き》効果考察:5枚除外の重み!破壊するだけなら除外は必要ないんですね

PPお馴染みの三沢(漫画版)枠! 今回は、三沢がマッケン

《希望の記憶》効果考察:最大6枚ドローの通常魔法!ソルチャで並べて発動したいですねぇ

新マスタールール以前に登場してたら大変な事になってたかもしれな

《シンクロ・トランセンド》効果考察:相手場のSモンスターを参照できるかどうかが課題

ジャンプフェスタ2019も近付いて参りましたので、『プレミアム

【新規入り「転生炎獣(サラマングレイト)」デッキ考察】ランク3の安定がとにかく重要!サンライトウルフ超重要!!

新規入りの「転生炎獣(サラマングレイト)」を少しいじってみたの

→もっと見る

PAGE TOP ↑