【迷カード名鑑】「コカローチ・ナイト」は動かない

公開日: : 迷カード名鑑

a0006_002421

これほど恐ろしいカードは滅多に存在しない。

古いカードなのに、効果が最近のカードみたいに緩い!

最近は、墓地に落ちるだけで効果を発動する(落ちる場所を問わない)、縛りの緩い効果モンスターが多くなってきましたね~。今回はそんなカード達のある意味大先輩をご紹介!!

コカローチ・ナイト

DSCF1327

効果モンスター
星3/地属性/昆虫族/攻 800/守 900
このカードが墓地へ送られた時、 このカードはデッキの一番上に戻る。

「コカローチ・ナイト」が初登場したのは、1999年8月26日発売の【BOOSTER4 】である。
この時代のカードで、どこからだろうが墓地に送られれば効果を発動する脅威の緩さ!つ、強い

しかし、普通に運用すれば、ただひたすらに自分のドローをロックするかのような効果。

昔は、「生還の宝札」などを絡めた1キルが存在していたようだが、「生還の宝札」は現在禁止カードなので、過去の栄光である。

しかし、流石Gとでも言うべきか、意外な活用方法も存在する。

「デーモンの宣告」

DSCF1329

永続魔法
1ターンに1度だけ、500ライフポイントを払い カード名を宣言する事ができる。 その場合、自分のデッキの一番上のカードをめくり、 宣言したカードだった場合手札に加える。 違った場合はめくったカードを墓地へ送る。

絶対デッキトップに戻ってくれるのであれば、絶対にデッキトップを言い当てられる!
(「だからどうした?」と言われると、困るのですが。)

他にも、「星見獣ガリス」などを絡めたコンボによる無限ループなど、ずいぶんと派手な事もできる様子。

やっぱり『遊戯王』における【G】って只者じゃないって事ですね。

DSCF1330

あと、「魔のデッキ破壊ウイルス」にだけは気をつけてください!コイツが手札に存在する時に打たれると。3ターンの間ドローロックを喰ってしまうので….。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    コカローチナイトさんはガリスバーンだと無限の弾になる優秀な奴ですよ。
    まぁ採用するかは別ですが・・・。

    • cast より:

      現状だと、「デーモンの宣告」と「ガリスバーン」くらいしか用途は無いのだろうか….、どこかに「コカローチ・ナイト」マスターはいないかな?

  2. 匿名 より:

    スケール割られなければ毎ターンペンデュラムからのランク3の素材になれますね、、、
    デッキめくる森羅とかだともしかして使い道あるんですかね?

コメントを残す

【魔晶龍ジルドラスと相性の良いデッキとは?】命を賭けてでも守るべき魔法・罠がそこにあるか!?

本日の主役は魔法・罠を復活させる凄い奴、《魔晶龍ジルドラス》につい

【闇鋼龍ダークネスメタルのカード効果予想編】Vジャンプ付録・応募者全員サービスで蘇る伝説竜に思いを馳せる!

Twitterなどをご使用の皆さんは既に周知の事と思いますが、来月

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード 【リプロドクス、ハイパースター、見習い魔嬢など追記】

出しやすくって使いやすい、【リンク召喚】のメインストリーム

【No.75ゴシップ・シャドーの使い方・効果考察】モンスター効果に対する制圧力は如何程か!?エクシーズ素材化も面白いです

5月12日発売『コレクターズパック2018』にて、新たなナンバーズ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第48話感想】儀式サイバース&新たなコードトーカー登場!ソウルバーナーと不霊夢もカッコイイね!

奪われた仁くんの精神を追いかけて新生リンクヴレインズを疾走する

【コレクターズパック2018 ・収録カードリストまとめ】新たなナンバーズ《No.75惑乱のゴシップ・シャドー》!モンスター効果をドローに変えるぜ!

『コレクターズパック2018』の情報が到着だぁぁ! まだ4枚

【リトマスの死の剣士とスキドレの布陣は凶悪です】一緒に使いたい罠カード5選付き!

《馬頭鬼》、《マスマティシャン》等の汎用性の高いカードから、「

【星杯ストーリー考察・解説】《星冠》の出現とパラディオン集結・機械騎士の過去【星遺物を巡る戦いの歴史-第五幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑