【魔界台本「魔王の降臨」「ファンタジー・マジック」効果考察】ワイルドホープも強いけど…魔界台本やべぇ~

ooarasi

《魔界劇団-ワイルド・ホープ》

そして、待ちに待った
「魔界台本」カード…

《魔界台本「魔王の降臨」》
《魔界台本「ファンタジーマジック」》
の効果が判明しました!

「魔界台本」想像していたよりもやべぇ~

関連記事:【エキストラ&その他「魔界劇団」へのリンク

SPONSORED LINK

魔界劇団ワイルド・ホープ

wairudo

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守1200
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「魔界劇団」カードが存在する場合に発動できる。このカードのPスケールはターン終了時まで9になる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「魔界劇団」モンスターしか特殊召喚できない。
【モンスター効果】
「魔界劇団-ワイルド・ホープ」の②のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカー ドの攻撃力はターン終了時まで、自分フィールドの「魔界劇団」モンスターの数×100アップする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「魔界劇団-ワイルド・ホープ」以外の「魔界劇団」カード1枚を手札に加える。
(正確なテキスト未確定)

収録:【ブースターspデステニーソルジャーズ】

テーマ内カードだけではレベル8をペンデュラムできないと思い込んでいましたが、ワイルドホープの効果を使用すればオールOK!発動後は「魔界劇団」モンスターしか特殊召喚できなくなりますが、これは嬉しい効果です。

モンスター効果①はフィールドの「魔界劇団」モンスターを参照して自身の攻撃力をターン終了時まで地味強化!参照は自身も含まれるので自分だけでも攻撃力1700は死守してくれます。間違いなく地味だけど意外とこういうのは侮れません!
更に②は戦闘・効果破壊で「魔界劇団」カードサーチか…隙がないね!

魔界台本「魔王の降臨」

通常魔法
①:自分フィールドの表側表示の「魔界劇団」モンスターの種類の数まで、フィールドの表側表示のカードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。自分フィールドにレベル7以上の「魔界劇団」モンスターが存在する場合、このカードの発動に対して相手は効果を発動できない。
②:自分のエクストラデッキに表側表示の「魔界劇団」Pモンスターが存在し、セットされたこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「魔界劇団」カードまたは 「魔界台本」魔法カードを合計2枚まで手札に加える(同名カードは1枚まで)。

収録:【ブースターspデステニーソルジャーズ】

参照するのが種類である事と対象が表側表示のカード限定である事が救いか…。
おまけみたいに書いてるけど自分フィールドにレベル7以上の「魔界劇団」モンスターが存在する場合チェーン不可って怖すぎやろ…(流石は魔王!)

エクストラデッキに表側表示の「魔界劇団」Pモンスターが存在するという条件はありますが、セットされたこのカードが相手効果で破壊されるとデッキから「魔界劇団」カードor「魔界台本」魔法カードを合計2枚までサーチ(同名カードは1枚)。何これ…強い…。

魔界台本「ファンタジーマジック」

通常魔法
①:自分フィールドの「魔界劇団」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターとの戦闘で破壊されなかったモンスターは、ダメージステップ終了時に持ち主の手札に戻る。
②:自分のエクストラデッキに表側表示の「魔界劇団」Pモンスターが存在し、セットされたこのカードが相手の効果で破壊された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキの一番上に戻す。

収録:【ブースターspデステニーソルジャーズ】

突破困難な相手の壁はファンタジーマジックにおまかせ!
いつの時代でも対象をとらないバウンス効果は強いっておばぁちゃんが言ってた!

おうおうおう!セットしたこのカードを相手が破壊したらフィールドカード1枚対象にしてデッキトップバウンスだぜ!状況に応じて発動とセットを使い分けていくスタイル…これは新しいゼ!

魔界大道具「ニゲ馬車」の収録も決定です!

nige

効果は未判明ですがアニメで使用した《魔界大道具「ニゲ馬車」》や名も知らぬ新カード《魔界劇団の楽屋入り》なるカードの収録も判明しています。

しっかし…相手の妨害であるバックを処理してから安全に動くという遊戯王のセオリーを揺るがす魔界台本の効果…恐るべし!!現在判明しているカードを見る限りだと破壊された場合の効果はもれなく持ってそうですね。これによって何が起こるのか…!?

バックを割ると効果が出る安易に割れない仕方なく攻撃を仕掛ける台本にまぎれてセットされた強力な攻撃誘発が機能する可能性仕方なくバックを処理する魔界台本の破壊された場合効果が機能しだすジレンマ発生!

バックは破壊処理するのではなく除外処理しなきゃいけない時代が来てしまうのか…
そうなってくると《コズミック・サイクロン》などの評価にも影響が出てきそうですね~

沢渡さん…もしかするとユート戦でバックを処理して負けたのを教訓にしてるのか?
遊矢のエンタメといい、今回の効果といい…負けた相手の強みをスポンジの如く吸収する男沢渡シンゴ!やっぱり沢渡さんって只者じゃないな…。

まさかのダークホース「魔界劇団」
残りの収録カードにも期待できそうです!

Amazon:遊戯王アーク・ファイブ OCG ブースターSP デステニー・ソルジャーズ BOX

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. とある保護者な父親通行 より:

    castさんのおばあちゃんはデュエリストかwwwwwww
    魔界台本強いな!!そして魔界大道具出るから魔界衣装にも期待している。
    この調子だと罠カードも割られた時の効果ありそうだな・・・。

  2. 紅月 より:

    天の道を往き、総てを司る男だった……!?
    ワイルド・ホープがタイミングを逃さないなら、プリティ・ヒロインも同じようにしてくれれば、と思ってしまいますね
    でも、とりあえず全部3枚集めて試行錯誤しつつ魔界劇団を組みたいです
    混ぜ物をするならAFを入れたいですね
    魔界台本を回収するためにも、魔界劇団の効果以外にも貪欲な瓶とかを積むのもアリ

  3. とあるDD使い より:

    どっかで魔王の降臨はスーレアって書いてあって絶望してたわたす
    沢渡さんのカードは期待が高い分後々が楽しみですね

  4. 匿名 より:

    台本にはもうフェニキシオンぶっ放すしかないのか…カウンター罠でも防げなくなるとすると対策が難しそうですね…。

  5. TMY より:

    なかなかエンタメできそうな効果!
    とりあえずPと一緒にがセットされてる時に羽根箒っスよ!って言えませんねw

  6. RUMロマンス より:

    デュランダルで割らせたい!出せるかどうかは別として!でもPゾーンも危ないなあ。

  7. 伏せまくってにやにやしたいし、アーティファクトと混ぜるか、デュランダルが活躍しそうな予感!?

  8. 匿名 より:

    フェニキシオンで全除外だ!
    最近は魔法罠も除外しないといけなくなってきてつらい

  9. ヨッシー より:

    確かにデュランダル出したくなりますね。でも自分はAFセット揃えてないんでフォース系で、ゲス顔したいと思いますw

  10. 匿名 より:

    プレゼント交換で大嵐もとい羽箒をあげよう

  11. ユーゴウ=スレイヤー より:

    結構楽しげなカテゴリーだからわりと高騰しそう、箱予約するかなぁ

  12. AYBな鮫使い より:

    最近の魔法罠は破壊または墓地で効果発動するのが多くなった気がします。もうバックを破壊するのではダメになる日がくるとは…

コメントを残す

【デストルドー採用リゾネーターシンクロデッキ】覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン添え

少し前に紹介した《亡龍の戦慄デストルドー》を実際に採用した「リ

【ジェネクスウンディーネと星遺物からコズミック・クェーサー】星杯シンクロデッキでサティスファクション!

〈万能の願望器はコズミックやクェーサーだって叶えてくれる〉 今回

【森の聖霊エーコについて考える】効果ダメージに対するメタカード!トリックスター対策に・・・

〈同じパックに入ってました。知名度は私の方が上だと思う。〉 皆さ

【インタラプト・レジスタンス効果考察】サイバネット・バックドアで手軽に握れる防御札!ゴーズの如く只今推参!

昨日、東京幕張メッセで行われた『ジャンプフェスタ2017』にて

【サイキック族モンスターカードランキング人気投票】アナタの好きを募集中!《今日で締め切り》

人気投票企画第4弾は、「サイキック族」大投票!! アナタ

【バイオ?スポーン?海外新規テーマ「Vendread」に心躍る!】アンデット儀式デッキって作るしかないんじゃ・・・

管理人がアンデット族大好きっ子なのは普段から「不知火」、「不知

【海外新テーマ「F.A.」からサイバーフォーミュラを感じる】加速度的にレベルを上げろ!!

海外版の『コード・オブ・ザ・デュエリスト』に収録される新テーマ

【エクストラパック2017収録カードまとめ】サブテラーにSPYRAL(スパイラル)以外の汎用にも注目集まる!

本記事は、2017/9/9日発売『エクストラパック2017』に

→もっと見る

PAGE TOP ↑