《スクラップ・ワイバーン》効果考察:スクラップ・リサイクラーの評価爆上がり!墓地肥やしの神爆誕!?

公開日: : LVP2


▲島くんも大満足な一枚!

『リンク・ヴレインズ・パック2』の特集記事第19弾は、「スクラップ」リンクモンスター《スクラップ・ワイバーン》についてです。

破壊と再生を繰り返すテーマ、「スクラップ」に新たな仲間(鋼の竜)が加わりました。

その鋼の翼ひるがえし時、破壊と再生の輪廻は更なるステージへと歩みを進めるのだ!

SPONSORED LINK

スクラップ・ワイバーン

《スクラップ・ワイバーン》 
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/ドラゴン族/攻1700
【リンクマーカー:左/下】
「スクラップ」モンスターを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「スクラップ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。その後、自分フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、フィールドの表側表示の「スクラップ」モンスターが効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「スクラップ」モンスター1体を特殊召喚する。その後、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 

《スクラップ・ワイバーン》のココが凄い
  • 蘇生からの破壊だから破壊するカードに困る事が無い
  • 「スクラップ」なら特に制約なく蘇生できる(スクラップ・ドラゴンもOK)
  • ①の効果が通ると②効果も通る
  • ②効果による破壊は自分・相手の場を問わない柔軟性を持つ

《スクラップ・リサイクラー》の評価バク上がり!

【シングルカード】遊戯王 スクラップ・リサイクラー SD18-JP004 ノーマル

《スクラップ・リサイクラー/Scrap Recycler》 
効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 900/守1200
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキから機械族モンスター1体を選択して墓地へ送る事ができる。1ターンに1度、自分の墓地に存在する機械族・地属性・レベル4モンスター2体をデッキに戻す事で、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 

《スクラップ・ワイバーン》の影響を受けるカードは多いですが、その中でも一際影響を受けたカードの一つが《スクラップ・リサイクラー》です。

  1. リサイクラー召喚⇒効果で水晶機巧ローズニクスを落とす
  2. ローズニクスでトークン生成
  3. トークンとリサイクラーでワイバーンリンク召喚
  4. リサイクラー対象でワイバーン効果発動
  5. リサイクラーを破壊してデッキからスクラップゴーレムSS(相手の場にカードが無いので先手だとワイバーン破壊)
  6. スクラップゴーレムでリサイクラー蘇生
  7. リサイクラー効果でジェットシンクロン墓地へ
  8. ジェットシンクロン効果(手札コスト1枚必要)でSS
  9. ジェットロンとゴーレムでハリファイバー
  10. ハリファイバーでスチーム等々SS
  11. ソリティアはまだまだ続くよ

 

ご覧の通り、《スクラップ・リサイクラー》を召喚するだけ(コスト1枚いる)でリンク4盤面まで余裕で繋がります。

10の時点でリンク4は成立していますが、ここでレベル3モンスターを引っ張れば、《リサイクラー》とで《ケルビーニ》が出せて更に繋げる事も可能です。

墓地が潤沢に肥えているなら、墓地回収効果を使ってドローに変換する事も可能ですし、かなりのポテンシャルを秘めたカードである事が伺えますね。

……ターン1が無い墓地肥やしってのがまぁ大体ダメですよねw(古いカードだからね…)

《スクラップ・ワイバーン》で《スクラップ・ワイバーン》を蘇生する事も出来る

遊戯王/第7期/1弾/DREV-JP043UR スクラップ・ドラゴン【ウルトラレア】
▲スクドラも蘇生できるよ

《スクラップ・ワイバーン》の①効果は、対象が「スクラップ」モンスターでさえあればOKな為、シンクロモンスターである《スクラップ・ドラゴン》や《スクラップ・ツイン・ドラゴン》等も蘇生可能です。

また、同名モンスターも対象にとれる為、《スクラップ・ワイバーン》で《スクラップ・ワイバーン》を蘇生なる芸当も可能だったりします。

《スクラップ・ワイバーン》のマーカーが【下、左】なのは、《スクラップ・ワイバーン》を含む「スクラップ」モンスターが持つ豊富な蘇生効果に理由がありそうですね。

②による破壊は自分の場でも相手の場でもOK!柔軟性が凄い

UR◇スクラップ・オルトロス(VE03-JP004)
▲オルトロス再録もありがたい!

②による破壊は自分・相手の場を指定していないので、状況に応じて破壊対象を選べます。

しかし強制効果ゆえに、相手の場に破壊するカードが無い場合は、自分の場のカードを破壊しなくてはなりません。

「スクラップ」だから壊すカードで困る事はないと思いますが、先手で回す際にはちょっと気を付けた方がいいかも知れませんね。

まぁでも、SSしてから破壊するから困る事はほとんどないと思います。

シナジーカードと併用する事で更にアドアドしく!

遊戯王 LVP2-JP040 スクラップ・ファクトリー (日本語版 ノーマル) リンク・ヴレインズ・パック2

《スクラップ・ファクトリー》のサポート札が重なると更にアドアドしくなりますね!

テーマ外のカードだと《補給部隊》とかで1ドローオマケをもらうとかも良さそうです。

…思う存分「I’ll be back」できるね…(意味深)。

テーマサポートとして完成されていますね!

「スクラップ」における《スクラップ・リサイクラー》の評価を上げる等、テーマ強化・サポートとしてはかなり完成された一枚です。

かなり良いカードなので、これをきっかけに「スクラップ」を使うデュエリストも結構増えそうな予感…!?

LVP2収録テーマ(リンク)
カオソル サンダードラゴン パーシアス DD(ディーディー) エーリアン
ドラグニティ ハーピィ 魔弾 六武衆 列車
SR RR 堕天使 HERO 極星
スクラップ 蟲惑魔 PSYフレーム 幻影騎士団 炎星
遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS PACK 2 BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2018-11-23)
売り上げランキング: 4

 

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. とあるDDD使い より:

    やっぱりターン1って文言はとても重要だなって思うのです。
    まさかリサイクラー1枚からここまで展開できる時代が来るとは…

  2. 匿名 より:

    リサイクラーはガジェ戻すのにも使ってたなー

  3. ここの より:

    (2)効果のトリガーが互いのモンスターに及ぶからミラーマッチだと後攻不利になりそう
    純スクラップで行く場合、機械族以外が多いのでスクラップ・シャークとスクラップ・サーチャーが重宝されますね

  4. huyu より:

    どこのショップにもリサイクラーやゴーレムが無い…再録なしはキツイ…

  5. 匿名 より:

    リサイクラー何枚かあるかと思ったら、昔買ったストラクの1枚だけだった…
    あまりデッキに入れたことなかったし、複数枚あると思って油断したわ
    せっかくスクラップ久しぶりに活躍できると思ったのに、ピン差しじゃきついなぁ

  6. cast より:

    管理人もリサイクラーは2枚しかなかったっす…
    意外とないもんですねぇ~

  7. 匿名 より:

    オルフェゴール組んだ時にリサイクラー買っといて良かったぁ・・・
    オルフェゴールバラしてスクラップ組みます!

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【最新禁止カードリスト・リミットレギュレーション改訂(2019.1月)】FWD、バルブ、ダンディetc、禁止多すぎ!!

『遊☆戯☆王.jp』にてリミットレギュレーション改訂(2019/1

【転生炎獣(サラマングレイト)デッキレシピ】御前試合採用!燃える炎属性デッキ(サイキック添え)

「転生炎獣(サラマングレイト)」デッキ第一弾が完成しました。

【シークレット・オブ・ジ・エンシェント:オススメカード5選】エンシェント・フェアリー・ドラゴンがリンクス次元に到来!

『デュエルリンクス』に新実装された最新パック「シークレット・オ

《閻魔の裁き》効果考察:5枚除外の重み!破壊するだけなら除外は必要ないんですね

PPお馴染みの三沢(漫画版)枠! 今回は、三沢がマッケン

《希望の記憶》効果考察:最大6枚ドローの通常魔法!ソルチャで並べて発動したいですねぇ

新マスタールール以前に登場してたら大変な事になってたかもしれな

《シンクロ・トランセンド》効果考察:相手場のSモンスターを参照できるかどうかが課題

ジャンプフェスタ2019も近付いて参りましたので、『プレミアム

【新規入り「転生炎獣(サラマングレイト)」デッキ考察】ランク3の安定がとにかく重要!サンライトウルフ超重要!!

新規入りの「転生炎獣(サラマングレイト)」を少しいじってみたの

【20thアニバーサリースペシャルパックVol.4開封】化石調査,ダークヴルム,グラットンのスーパー狙い!

関連記事: 【SDソウルバーナー&EX強化パック開封結果】シク

→もっと見る

PAGE TOP ↑