【オルフェゴール・オーケストリオン:画像/効果公開】機械仕掛けの冥府の調べ《ソウル・フュージョン収録》

公開日: : モンスター(リンク)

ここにきて新テーマの公開だとッ!?

7月14日発売、最新パック『ソウル・フュージョン』に、「オルフェゴール」なる最新テーマが収録される事が判明しました。

《オルフェゴール・オーケストリオン》…でかいな。

SPONSORED LINK

オルフェゴール・オーケストリオン

《オルフェゴール・オーケストリオン》
リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/機械族/攻3000
【リンクマーカー:左下/下/上/右上】
「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体以上
このカード名の⓶効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されない。
⓶:除外されている自分の機械族モンスター3体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに戻す。相手フィールドにリンク状態の表側表示モンスターが存在する場合、それらのモンスターは、攻撃力・守備力が0になり、効果は無効化される。

ソース:【遊戯王OCG公式ツイッター】

攻撃力3000の戦闘・効果破壊耐性!

リンク状態限定とは言え、攻撃力3000の戦闘・効果破壊耐性持ちはヘビィーだぜ!

⓶の効果を活かす為に、マーカーは上/右上の超臨戦態勢。

一応、⓶効果魔で見ると機械族専用ですが、①だけだったら「オルフェゴール」モンスター次第では出張も可能かもしれませんね。

モチーフは「オルガン」「オルゴール」「オルフェウス」「ベルフェゴール」?

オルフェと聞くと「オルフェウス」、フェゴールと聞くと「ベルフェゴール」、形状は「パイプオルガン」、機械仕掛けの楽器で「オルゴール」。とりあえず、今の所これ位のモチーフ予想がイメージできます。

「ベルフェゴール」がモチーフであるなら、七つの大罪絡みで「トロイメア」との結びつきもありそうですが、果たして「星杯」絡みのテーマなんでしょうか?

もしそうなら…ストーリー考察がまた楽しくなりそうです(^^♪

遊戯王OCG デュエルモンスターズ SOUL FUSION BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-07-14)
売り上げランキング: 23
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 無銘 より:

    誰かニンギルスを止めろぉ!オルフェウス×オルゴールとか絶対悪い予感しかしない!(他にも掛け合わされているかも)

  2. 通りすがりの人 より:

    オルガン+ベルフェゴール かな?

    • cast より:

      オルフェウス、オルガン、ベルフェゴール、ベル、オルゴールはとりあえず入ってそうです

  3. 匿名 より:

    ついに機械族のリンクテーマが来ましたかね
    効果も除外を活用するようなのでマグネットリバースが火を噴く時代がやっと来たかとワクワクします

  4. 匿名 より:

    響け、魔の旋律!
    なんという心揺さぶるイラスト!

  5. ネテルヒトー より:

    私はベルフェゴールと聞くとある王子を思い出します。あの王子好き。②効果で無効にする効果は③になっても良いんじゃないでしょうか?それとも機械を3体除外しないと発動できない?
    とりあえずイラストがロボロボしい。

  6. huyu より:

    うちの星遺物てんこ盛りテーマのデッキ枚数を70枚にしてよろしいでしょうか?

  7. 匿名 より:

    闇機械とはそそるステータス

    戻す機械族には制限はないのでクリストロン音響(メインも闇機械なら)闇の誘惑で除外したカードで賄えるし、上向きマーカーで②の無効化も狙いやすいのいいですね

  8. にゃん より:

    オルフェゴールはパラディオンの敵なんでしょうか?
    効果だけ見るとトロイメアメタなんですが…

    • cast より:

      うーん どうなんでしょうかねぇ?
      ニンギルスが「全て壊すんだ♪」モードになって過去の遺産を掘りだしてきたって可能性も

  9. 匿名 より:

    2の効果が相手ターンにも使えたらもっと評価が上がっただけに残念です。まぁ、1の耐性だけでも強いですけど

    • cast より:

      オルフェゴールモンスター次第では汎用で使えそうですしね~ 他の情報待ちですな

  10. ユキ より:

    ギミパペに入るかなと期待してますわ。
    鋼鉄の襲撃者貼っておけば戦闘耐性も獲得しますしかなり堅くなるのではないでしょうかね?

  11. 匿名 より:

    効果欄見て大きいと思えるのが素材を「含む2体以上」と「相手フィールド上のリンク状態」の部分。
    カテゴリー全体がわかりませんが、ある程度混ぜものできるし、相手のリンクマーカーも範囲に入るので期待値で2体以上永続で無力化できるのは強力。展開力によりますが、かなりのキル能力だと思います。

    • cast より:

      この二大耐性はいつの時代も一定以上の安心感をくれますからねぇ~

      • 匿名 より:

        耐性……(-_-;)あれ、微妙に噛み合ってない?
        ②の効果、自分のマーカーだけでなくて、相手のリンク&リンク先のモンスターも効果を受けるから、リンク相手なら3体以上まとめて無力化できる。
        カテゴリー内容以前に機械族なんで、サイドラとオバロ出張でキメラテックだすだけで大火力叩き出せる。(耐性でオーバーと共存可能)

  12. 匿名 より:

    単純にトポロンとこいつだけで3000+3000+相手攻撃力分、リンクしてる相手モンスターが2000超えてれば即死か

  13. RUM ロマンス より:

    ネジマキシキガミはこいつらで使えと?相手を無力化していくスタイルなのかな

  14. 匿名 より:

    立ち昇るクリフォート+インフェルノイド臭。
    こいつはヤベェ奴や。
    リンクパワーを吸収するパラディオン、相互リンクで制圧するトロイメア、リンク先を強化するクローラー、それぞれをメタッた効果デザインはお見事と言うしかない。
    「リンク状態」がデメリットになる効果→絆の決裂なのだとしたら兄が出てくる可能性が高い?。
    機神兵化ニンギルスVS光の剣を携えたアヴラム・・・燃える。
    考察がはかどる一枚です。

  15. 匿名 より:

    オルフェゴールは除外あるいはデッキに戻したときに発動するテーマかな?
    ディアボリックみたいに除外してリクルートからリンンク→デッキに戻して弾丸補充みたいな
    あるいは下位リンクが除外をコストにして何かをする感じかね

  16. より:

    音楽関連のテーマがハーモニーを断ち切るような効果してるのが不穏で仕方ないですね。除外された機械族回収はハリファイおっと誰か来たようだ

  17. 匿名 より:

    1コメが気になってオルペウス調べたけど、これはニンギルス兄さんいるの確定でかね
    オルペウスは冥府から妻を取り戻せなかったけど、ニンギルス兄さんは無事イヴを取り戻せるんですかねぇ

  18. 匿名 より:

    リンクモンスターのオルフェゴールしだいではいろんな機械族に出張できそう

  19. H.T より:

    2の効果が強すぎる。これってエクストラリンクのモンスターすべて攻守0でモンスター効果無しになるということですよね。
    コードトーカーデッキに対しても、厳しすぎます。
    あと、今回って、融合以外にも除外がテーマなんですかね。コストが除外されているのを戻すとあるので。

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【堕天使リンク】《失楽の堕天使》効果考察:聖女、魔女を経て堕天使へ!神へ仇なす者達

▲聖女、魔女を経て、堕天使へと至る。 神によって追放されし者達よ、今

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第6話感想】ハロウィン殺人事件解明!本当の被害者は誰なのか?

《Dr.STONEの表紙が目印》 先週位からハンターの文字数が天

【遊戯王リーグ20th EDITION】ディビジョンB 第4試合 南雲大輔VSサンダー【ダイナレスラーvsHERO】

「遊戯王リーグ 20th EDITION」ディビジョンB第4試

【RRリンク】《RR-ワイズ・ストリクス》効果考察:「レイド・ラプターズ」待望のリンクモンスター!RUMサーチ搭載かつ汎用面もバッチリ!

▲隠れて爪を研ぎ澄ませていたRR使いのイメージ 同胞たちよ準備は良い

【リンクヴレインズパック2】収録カードリスト,当たりカードまとめ!収録テーマ・再録カード大量判明!【RR等追記】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の収録カードリスト・当たりカー

【LVP2生放送新カード情報まとめ】RR、堕天使、炎星、PSYフレーム、極星、HERO、幻影騎士団、蟲惑魔、スクラップ!

『リンク・ヴレインズ・パック2』の収録テーマ・新規カードが全て

【遊戯王リーグ20th EDITION】ディビジョンA 第4試合 鎌倉有那VS佐藤雅史【オルターガイストvsBF】

「遊戯王リーグ 20th EDITION」ディビジョンA 第4

《セラの蟲惑魔》収録判明!「こわくま」リンクモンスター画像・効果判明〈LVP2生放送〉

「リンク・ヴレインズ・パック生放送」で公開されるリンクモンスタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑