【パワーコード・トーカーの使い心地が良好だった話】ややコストが重い印象でしたが割かし強かったです

公開日: : モンスター(リンク)

【ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク】に収録された新規「コード・トーカー」モンスター《パワーコード・トーカー》を実際にデュエルで使用してみて感じたことをただ単に書き綴った記事です。

アニメでの活躍がかなり印象的だっただけに、実際に使用するのを凄く楽しみにしていた一枚。

運用サンプルとしては、《スケープ・ゴート》を積んでいるデッキのエクストラに雑に突っ込んで、相手のエンドに羊トークン生成からの【リンク召喚】といういつもの流れで試してみました。結構雑な使い方だとは思いますが、公式も《スケゴ》一枚から《パワーコード・ト―カー》&効果コストという流れを想定しているようなので大目に見てくださいまし😳

SPONSORED LINK

パワーコード・トーカー

パワーコード・トーカー ウルトラレア 遊戯王 パワーコード・リンク sd33-jp040

リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左/右/左下】
モンスター3体
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、このカードのリンク先の自分モンスター1体をリリースして発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力の倍になる。

収録:【パワーコード・リンク】

素材・リンクマーカー 必ず3体による【リンク召喚】が必要(リンクモンスターによる軽減ルールは使用不可)になりますが、 モンスターなら何でもOKで展開できる攻撃的な効果を持つモンスターは魅力的。
EXモンスターゾーンでもメインモンスタゾーンでもきちんと機能するマーカー方向もいい感じです。
効果 表側表示のモンスター1体の効果をターン終了時まで無効にする効果とリンク先のモンスターを1体リリースして自身が持つ元々の攻撃力の倍となるオフェンシブなダブル効果!
宛ら、【リンク界】の《ホープ・ザ・ライトニング》って感じの一枚です。 
攻撃・効果名
  • 攻撃名「パワーターミネーションスマッシュ」
  • 効果①「ワイヤー・リストラクション」

①効果によるワイヤーで相手を拘束し、そこに高速移動からの聖拳突きをお見舞い。
ロボビジュアルのモンスターが体術を使うとカッコイイの法則発動。

《スケープ・ゴート》一枚で展開・効果コストまで供給できるのは地味だけどやっぱり悪くない

遊戯王カード MP01-JP022 スケープ・ゴート ミレニアムスーパーレア 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ [MILLENNIUM PACK]

すげーシンプルかつ当たり前の事を書いて申し訳ないですが、《スケープ・ゴート》一枚から出せる効果無効化効果持ちの4600アタッカーはやっぱり強力でした。

公式の動画内で《スケゴ》から展開&効果について触れている所を見たときは、「これ、悪くないけど流石に当たり前すぎて紹介するにはちょっと弱くないか?」とかぶっちゃけ思っていました。

…が、今なら言える。「本当にすまなかった」と(笑)

エクストラを圧迫せずに攻撃的な効果のリンクモンスターを出せるのも素敵

遊戯王/ヴァレルロード・ドラゴン(シークレットレア)/サーキット・ブレイク

《パワーコード・ト―カー》は、効果発動も含めると実質【リンク4】相当のモンスターです(発動コスト含)。

実質【リンク4】相当のモンスターなのであれば、低リンクを経由した《ヴァレルロード・ドラゴン》展開で良いじゃないか!?

確かにエクストラデッキに余裕があるデッキなら勿論それでもOKですし、管理人自身も余裕があれば《ヴァレルロード・ドラゴン》を優先して出すでしょう。

要するに、EXデッキに余裕がないデッキの選択肢として《パワーコード・ト―カー》は重宝するってことですね。あと稀に《パワーコード・ト―カー》じゃないと打開できない状況も一応想定できるかな?

《スケゴ》一枚から低リンク経由なしで一発出し可能…これこそ強み!

《リコーデット・アライブ》との併用も魅力的に感じました

遊戯王/第10期/SD32-JP032 リコーデッド・アライブ【パラレル】

あと、「コード・トーカー」専用サポートである《リコーデッド・アライブ》の使用願望もかなりつのってきました。

《リコーデッド・アライブ》の⓶効果で特殊召喚する場合は、左右マーカーのほうが何かと都合がいいですし、「コード・トーカー」モンスターの中でも割とわかりやすく強い《パワーコード・ト―カー》はデッキを締めてくれるいいポジションに収まってくれるはずです。

「サイバース」デッキを考えるなら、《サイバネット・ストーム》と《リコーデッド・アライブ》はやっぱりロマンを感じるよねぇ~(しみじみ)

堅実に強い良いカードだと思います

「コストも含めると実質【リンク4】って重い気がするなぁ~」と思っていましたが、使ってみると結構小回りが利く普通にいいカードでした。

「コード・ト―カー」モンスターってなんだかやたらに管理人のハートを掴んでくるんですよねぇ~(なんでだろう?)

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク
コナミデジタルエンタテインメント (2017-12-09)
売り上げランキング: 34
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 荒くれナンバーズ より:

    パワーコードは安定的な強さを感じますね~
    個人的には コード・トーカーたちは同じリンク3(素材縛りはあれど)で状況に応じて多種多様に対応できる…みたいな所に魅力を感じますねw

  2. などりぃ より:

    コード・トーカーモンスターの魅力はやっぱりロボロボしてる見た目と効果なんじゃないんですかね
    パワーコードの攻撃は何回見ても飽きない程カッコいいし、いい意味で遊戯王離れしてますね

  3. ユキ より:

    打点を上げて物理で突破するカードは潔くて好きですね。
    制圧よりも殴り合いデッキが好きなのでこのようなカードが増えてほしいものです。

  4. bana より:

    エンコードトーカーが弱すぎた感ある
    エクスコードはまだ全然いいけど

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第73話感想】紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる!

勝機を見誤った事により、ボーマンの「ストームアクセス」を許してしま

【《ハーピィの羽根休め》の収録判明:DPレジェンドデュエリスト編4】条件付きで2ドローできるドロソ!

11月10日発売『DP-レジェンドデュエリスト編4』の情報が「

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第一話感想】漫画の力で真実を照らす新感覚ミステリー!

《ハイキューの表紙が目印です》 発売から少し日は経ってしまいまし

【星杯ストーリー考察・解説】星櫃・守護竜の覚醒と終わる世界【星遺物を巡る戦いの歴史-第七幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

【20thアニバーサリーデュエリストボックス】ステンレスカードは青眼とブラマジ!プレイマットのデザインも公開!

12月22日発売『20thアニバーサリーデュエリストボックス』の情

《転生炎獣-ベイルリンクス》判明!《転生炎獣の聖域》サーチ素晴らしい!【SD-ソウルバーナー収録】

12月8日発売『SD-ソウルバーナー』の情報が「YU-GI-O

【リンクヴレインズパック収録テーマ一部公開】カオソル、サンダードラゴン、エーリアン、ドラグニティ、DD等キタキタキタ!【一言コメント追記】

11月23日発売『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報が「YU-G

【魔神儀(デビリチャル)モンスターまとめ】儀式デッキ汎用サポート!《カリスライム、祝誕追記しました》

『サイバネティック・ホライゾン』、『ソウル・フュージョン』と連続収

→もっと見る

PAGE TOP ↑