【ブンボーグ003(ゼロゼロスリー)】3人目の機械戦士!

公開日: : 最終更新日:2015/02/20 モンスターカード , ,

003png
フ、フランソワーズ!?

てっきり”003”は女性型のメカだと思っていたが…。

SPONSORED LINK

ブンボーグ003(ゼロゼロスリー)

DSCF2048

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「ブンボーグ003」以外の「ブンボーグ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「ブンボーグ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、 自分フィールドの「ブンボーグ」カードの数×500アップする。 この効果は相手ターンでも発動できる。

《ブンボーグ》の種類が増えれば増えるほど評価がドンドン上がりそうなカード。
現状でも「001」と「002」にアクセスすれば十分な働きを見せてくれる。

ブンボーグ001(ゼロゼロワン)

2014-08-02-210303

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードの攻撃力・守備力は、 自分フィールドの機械族モンスターの数×500アップする。
(2):このカードが墓地に存在し、 フィールドに機械族モンスターが2体以上同時に特殊召喚された場合に発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。

”003”でアクセスすれば、それだけでレベル4シンクロが成立する。”001”は常に墓地に落としておきたいカードなので、”003”でリクルートできるのは非常に嬉しいシナジー。打点的にも2500まで対応できる、強い!

ブンボーグ002(ゼロゼロツー)

2014-08-02-210337

効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ブンボーグ」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 このカード以外の自分フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。

”003”からアクセスするだけでサーチ効果を発動できる。
手札から特殊召喚できる「ブンボーグ」が登場すればかなり強い動きが想像できる。

まとめ

順調に種類が増えている「ブンボーグ」たち、このまま”009”までカード化して欲しい!
レベルも名前と同じ数字でカード化されているので最終的にはかなり面白い動きのテーマになりそう!?

関連記事:「ブンボーグ」シリーズの効果・デッキについて考える!

Amazon:ブンボーグ

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    その内にシンクロが出そう
    折角チューナーがいるんだし……004あたりでも

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

《オッドアイズ・ウィザード・ドラゴン》公開:素オッドアイズ救済?螺旋のストライクバーストサーチ【DPレジェンドデュエリスト編6】

本日(2019/10/23)放送された『デュエリストライブ』にて、

【E・HEROサンライザー効果考察】待望の《ミラクル・フュージョン》サーチ!ソリッド始動なら融合自体は割と簡単?【RXのベルトかな?】

11月9日発売『DPレジェンドデュエリスト編6』に収録される新カー

《女剣士カナン》の20thってどれくらいの封入率なんだろうね?【管理人の独り言】

遊戯王OCG10000種突破記念特設サイト ツイッターを

【リンクヴレインズパック3:収録カードリスト・効果まとめ】捕食植物、エンディミオンの新規リンクが現在確定!FGDリメイクリンクにも注目!

11月23日発売『リンク・ヴレインズ・パック3』の収録カード情報を

《ヘッド・ジャッジング》で己の運を試せ!モンスター効果を制するコイントス!Ms.JUDGEさんまたしても運任せのジャッジ!

本日は、『イグニッション・アサルト』に収録されたノーマルレアカード

【シャードルストラク】新カード《エルシャドール・アプカローネ》《影依の巫女エリアル》!絵違いネフィリムのシークレット欲しいのぅ

「シャドール」ストラク『リバース・オブ・シャドール』の新情報が公開

《シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX》がカッコイイ!遊星とブルーノの絆パワー!ブレード・ガンナーの装備で武装したシュースタ!

遊星とブルーノのカードが合体してるってマジで尊いな! 本日は

「特製トークンカードプレゼントキャンペーン」開催:Aiとダークナイトのトークンが貰えるぞ!

「ディスプレイコンテスト2019」に参加したお店限定で開催され

→もっと見る

PAGE TOP ↑