【新カード《クリボーン》効果考察】2つの特殊召喚効果で仲間を徹底サポート【ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-】

yuugu

6月18日発売『ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-』に収録される新規「クリボー」モンスター《クリボーン》についての効果考察。絶体絶命のピンチをやり過ごす運命のお守りカード「クリボー」モンスターに新たな仲間が登場です。

ビジュアルから悪魔族感はゼロだが
これは本当に良いカードだわ~

SPONSORED LINK

クリボーン

kuribo

効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻 300/守 200
①:自分・相手のバトルフェイズ終了時にこのカードを手札から捨て、 このターンに戦闘で破壊され自分の墓地へ送られたモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。
②:相手モンスターの攻撃宣言時、墓地のこのカードを除外し、 自分の墓地の「クリボー」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

収録:【ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-】

自分・相手のバトルフェイズ終了時に手札から捨てる事で、このターンに戦闘破壊された自分のモンスターを蘇生できる特殊召喚効果。発動タイミングがバトルフェイズ終了時と限定的な上に遅いのが最大のネックですが、発動ターンに戦闘で破壊されたモンスターならば特に制限なく蘇生できるのが魅力的。

①効果で手札を墓地に送るのは容易なので、②の効果も活かし安いですが、そもそも「クリボー」モンスターをデッキにたくさん採用する必要が出てくるので構築の段階で頭をひねる必要はありそうです。でも、任意の数だけ特殊召喚できるのは凄いよね~

①効果は能動的な蘇生効果としても使用できる

 kuribo-

自分のバトルフェイズに自爆特攻を決めつつ終了時に《クリボーン》の効果で特殊召喚なんて芸当も当然可能。限定的ではありますが、能動的な蘇生効果としての運用も一応可能であります。オフェンス・ディフェンス時を問わず使えるのはナイスなポイントですね~

②効果で墓地から「クリボー」モンスター大量特殊召喚!

hane

②の「クリボー」モンスターを任意の数だけ特殊召喚できる効果は、勿論それなりに専用構築が必要になりますが、墓地発動効果でこれだけのアド期待値の高いカードは中々に貴重です。
「クリボー」モンスターは大半がレベル1モンスターなので、大量特殊召喚から【ランク1】エクシーズを狙うデッキや《ハネクリボー》特化にして《ハネクリボーLV9》を特殊召喚したり、あわよくば《LV10》を狙うのも面白そうです。

kuribo-

《クリアクリボー》など、最近は墓地から除外して効果を発動するタイプの「クリボー」モンスターも多くなっているので、それらのカードは墓地リソースを意識して発動する必要がありそうですね~

残念ながら仲間外れになってしまった子達へ

kuriba

残念ながら《クリバンデッド》《クリボン》などのビジュアルは「クリボー」だが「クリボー」モンスターではない子達は《クリボーン》②の効果には対応していません

ちょっぴり残念ですが、こればっかりはしょうがないですねw

何にせよ優秀な「クリボー」モンスターの誕生は純粋に嬉しい話です。②効果を強く意識したクリボー大量ワラワラデッキとかも非常に面白そうですし、もしかしたら新たな【ランク1】をうまく扱うデッキの誕生かもしれません…。

「マグネット」モンスターや一部カード以外は再録が中心になるものだと思っていましたが、ストラクチャーデッキ侮りがたし!
他にも公開されてないサプライズが残っているかもしれませんね…楽しみです!(主に師匠関連)

Amazon:遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ -武藤遊戯-

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. TMY より:

    奇跡の残照やタイム・マシーンと言ったカードは罠ゆえ発動が遅く、破壊される危険がありましたがモンスターで手札誘発なのは評価できそうですね
    ダイレクトは通してしまいますが…

  2. RUMロマンス より:

    ○ンチホープ「やったぜ!!」

    遊戯がクリボーとなると、海馬は新しいウィルスでも出るのかね

  3. 黒色ピクミン より:

    戦いの儀でこのバトルフェイズ破壊されたモンスター蘇生の罠があったんでそれっぽくて好きです。
    レベル1のモンスターがたくさん並ぶ…アンチホープ君ヤッタネ!

  4. AYBな鮫使い より:

    クリボーン可愛いヤッター!これでとある神様が救済されたのかな?どっち買うか悩んでたけどこれは両方買う!遊戯はマグネット特化、海馬はユニオン特化で組む予定。イヤーいいイラストだ、クリボーン(擬人化的な意味でも)

  5. ユーゴウ=スレイヤー より:

    クリボー特集で俺に笑顔を・・・

  6. レモンの人 より:

    クリボーン強すぎじゃないですかね?
    【ウィジャ盤】デッキを組む場合はかなりの相性の良さです。何故かと言いますと

    ⚫︎壁を生み出しウィジャ盤が揃う前に攻撃でライフを削り切られる事の防止
    ⚫︎ランク1の中でも優秀な『ゴーストリックデュラハン』や『シャイニート・マジシャン』の召喚コストを確保しやすい
    ⚫︎相手ターンにクリボー達を展開してもダーク・サンクチュアリの効果で確率だが攻撃を防ぐ事が出来る

    など、ある程度のシナジーがある点です。一方で、ダーク・サンクチュアリ発動下でクリボーを一斉展開してしまうと死のメッセージが置けずに完成失敗のリスクを背負ってしまうことも考慮して一斉展開する際は必ず1枠空きを確保しておく事もお忘れなく。また、機雷化や大番狂わせなどといったカードによりフィールドをなるべく空けるようにすると良いでしょう。
    (ウィジャ盤の完成に失敗した際に速やかに戦術を変更出来るようエクストラデッキの充実は徹底してください)

    • 名無し より:

      クリボーンは良いカードだとは思いますが、その戦法については少し厳しい気がします。。ケチをつけるわけではないのですが、ただでさえ事故と隣合わせのウィジャ盤デッキに、壁となるクリボーをそんなにも墓地へ送れるでしょうか?墓地へ送るカードや方法を採用するとクリボー関連・ウィジャ盤関連も圧迫され、最後に書かれてある、ウィジャ盤失敗時のエクストラモンスターを出す為の素材を採用するのもまた困難になる場合があると思います。
      相手の妨害を考慮しなければなりませんし、環境にまだまだ顔を出すカオスMAXや、ダークロウも天敵ですし。
      面白いデッキだとは思いますけどね!
      強過ぎはしないと思います。

      • レモンの人 より:

        確かにそれも事実です。
        採用するのはクリボーン・クリボー・虹クリボーが限界です。その上、絡めていくのもどちらかが足を引っ張る事も否定できません。
        ただ、時間稼ぎの出来る奇襲型のモンスターである事がウィジャ盤の欠点を補ってくれるのではないかと嬉しくなって書いた次第であります。

  7. カフェイン より:

    虹クリボーやクリボール、サクリボー、サクリファイスあたりと一緒に運用すれば結構
    しぶとく粘れそうでいいですね。1レベのゴストリ連中やクリボー系を混ぜて、埋葬されし
    生贄も積んで最上級に繋ぐデッキなんかいいかも。
    何気に同名も復活できるのも中々。これは多々買わねば・・(使命感)

  8. とある保護者な父親通行 より:

    か…カワイイよ~、は~う~!お持ち帰りィ!!
    …さてと、そんなネタはさて置き良い効果だ!!遊戯と十代、どちらのデッキに採用するか迷うな…。

  9. ルシフェル より:

    クリボーデッキ、もといレベル1デッキならかなり強そうですね

コメントを残す

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話感想】GO鬼塚の決意!ヒールターンによりダーク鬼塚爆誕!《毒霧》

友を昏睡に追いやったドクターゲノムをぶっ潰すべく立ち上がったG

【リンク・ヴレインズ・パック収録カード】彼岸、クリストロン、ライトロード等々!《アロマセラフィ-ジャスミン》公開!

皆が楽しみでしょうがない『リンク・ヴレインズ・パック』のカード

【サプライの軌跡】ブルーアイズデザインのデッキケースを入手!最近の非正規品って出来が良いんだね…

気付いてしまった…( ˘•ω•˘ )…カードサプライ系の記事を

【新パック「サーヴァント・オブ・キングス」は何が当たり?】混沌の黒魔術師欲しい!《遊戯王デュエルリンクス》

本日配信(2017/10/18)となる最新パック「サーヴァント

【インスペクト・ボーダーは強いのに安すぎる】メタビ専用カードとして見るのはやや早計かも?

「エクストリーム・フォース」には、過小評価され過ぎててやたら安

【デュエルリンクス】《機械天使の儀式》制限!《レッドアイズ・スピリッツ》は準制限!【最新リミットレギュレーション】

11月開催予定の「KCカップ」に向け、よりよいバランスを目指す

【セキュリティ・ドラゴンの登場で《トーチ・ゴーレム》完全に壊れる】妖精伝姫カグヤやインフェルニティデーモンでループする

《アカシック・マジシャン》の登場で既に壊れかけてた《トーチ・ゴ

【魔法使い族モンスター最強人気投票結果】腕力ではなく魔力の強さで己を高める者たち(例外もある)〈軌跡調べ〉

魔法使い族界最強の人気モンスター決定戦(軌跡調べ) 【魔法使い族

→もっと見る

PAGE TOP ↑