【テックジーナス新規】《TGタンク・ラーヴァ》の効果・画像が公開!【滲み出るモルガ感】

公開日: : モンスターカード

公式Twitterにて「TG(テックジーナス)」新規《TGタンク・ラーヴァ》が公開されました。

チューナーだけど非チューナーとしても扱える(《幻影王 ハイド・ライド》的な)効果を携えた逸材。TG縛りがあるとは言え、間違いなく優秀な一枚です。

SPONSORED LINK

TGタンク・ラーヴァ

《TG タンク・ラーヴァ》
チューナー・効果モンスター
星1/地属性/昆虫族/攻 0/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードを「TG」SモンスターのS素材とする場合、このカードをチューナー以外のモンスターとして扱う事ができる。
(2):このカードが「TG」SモンスターのS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。自分フィールドに「TGトークン」(機械族・地・星1・攻/守0)1体を攻撃表示で特殊召喚する。

「TG」モンスターにつなげば汎用使いも可能か!?

遊戯王/TG ワンダー・マジシャン(スーパーレア)/レアリティ・コレクション-20th ANNIVERSARY EDITION- RC02-JP027

「TG」には《TGワンダー・マジシャン》とか汎用性の高いシンクロも多いので、これらを中継に使う事で素材制限を乗り越える事も可能かもしれませんね。

《ハリファイバー》から出せる非チューナー役の選択肢として活躍の余地があるのか無いのか…?

相手ターンにシンクロして出て来たトークンを《リンクリボー》でパクパクしたり…トリッキーな動きも可能になりそうです。

ソース:遊戯王OCG公式ツイッター

凄く…ゾイドです

コトブキヤ ZOIDS モルガ&モルガ キャノリーユニット装着型 1/72スケールプラスチックモデル

色こそ違えど、横についてる武装とか…「凄くモルガです」。

割とサイズが大きそうなビジュアルなのにレベル1なのカワ(・∀・)イイ!!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    なんとなく…遊戯王っぽい見た目ではない気がしてた
    けど、性能ははなまるをつけたい良モンスター

  2. 匿名 より:

    個人的には凄くパワーハッグです(ビーストウォーズⅡ…わかる世代はいるだろうか…)

  3. 匿名 より:

    モルガなわけないやろと思って見たらとてもモルガでしたw
    しかしゾイドが通じるこのうれしさ…あーあのころが懐かしい…

  4. 大平直樹 より:

    今回のテックジーナス強化は本当に素晴らしいですね。
    ますます連続シンクロできやすくなるのはシンクロ好きには嬉しいです。

  5. 匿名 より:

    レベル1か。うまい使い方が思いつかない。
    レベル3、トークンも3か2の方が良かったかな?
    賢い人がどう使うのか見てみたい。

    • cast より:

      スクリューサーペントのレベル変動を加味すれば1,2として使えるトークンなので色んなルート開拓できそうですね。2だったら1,2,3で使えるってのもありましたけど…サーペントの②効果は積極的に使っていけるシーンとそうでないシーンがはっきりしてるので1が丁度良かったかもです。

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

「守護竜」の登場で《巨神竜の遺跡》が超絶強化!表側カードを何でも《ピスティ》《エルピィ》に変換可能!

皆さんは『SD-巨神竜復活-』に収録された《巨神竜の遺跡》とい

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第73話感想】紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる!

勝機を見誤った事により、ボーマンの「ストームアクセス」を許してしま

【《ハーピィの羽根休め》の収録判明:DPレジェンドデュエリスト編4】条件付きで2ドローできるドロソ!

11月10日発売『DP-レジェンドデュエリスト編4』の情報が「

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第一話感想】漫画の力で真実を照らす新感覚ミステリー!

《ハイキューの表紙が目印です》 発売から少し日は経ってしまいまし

【星杯ストーリー考察・解説】星櫃・守護竜の覚醒と終わる世界【星遺物を巡る戦いの歴史-第七幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑