【ゴキボール強化・《ゴキポール》《G・ボールパーク》考察】《超装甲兵器ロボ ブラックアイアンG》へと繋がるロード!

公開日: : モンスターカード

《ゴキポール》《G・ボールパーク》と言った【ゴキボール強化】カードについて色々こねくり回してみたのですが、こねくり回し過ぎて自分の頭の中で整理がつかなくなっちゃいました(笑)。

もしかしたら非常に読みにくい記事になっているかもしれません…もしなってたらスイマセン((+_+))

SPONSORED LINK

《ゴキポール》、《G・ボールパーク》効果詳細

《ゴキポール》 
効果モンスター
星3/地属性/昆虫族/攻1000/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル4の昆虫族モンスター1体を手札に加える。この効果で通常モンスターを手札に加えた場合、さらにそのモンスターを手札から特殊召喚できる。その後、この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つ、フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。
《G(ジャイアント)・ボールパーク》 
フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):ダメージ計算時に発動できる。その戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージを0にし、自分のデッキからレベル4以下の昆虫族モンスター1体を墓地へ送る。この効果で通常モンスターが墓地へ送られた場合、さらにその同名モンスターを自分の手札・デッキ・墓地から任意の数だけ選んで特殊召喚できる。
(2):自分フィールドのモンスターが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。自分の墓地から昆虫族の通常モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

《ゴキポール》は単体でも強いカードですが、今回のゴキボール強化は《G・ボールパーク》から始まる一連の流れがかなり重要になる為、その流れにそって解説していきます。

《G・ボールパーク》でプレイヤーを守りながら昆虫を墓地へ

とりあえず《G・ボールパーク》の効果でデッキからレベル4以下の昆虫族モンスターを墓地に送る訳ですが、ここで墓地に送るカードによってその後の展開は大きく変わります。

今回は、《ゴキポール》を送った場合と《ゴキボール》を送った場合の二パターンを例にしてみました。文字的にはややこしいですが、例題的にはこれが一番最適なはず…。

なお、《G・ボールパーク》は戦闘ダメージを0に出来るので防御用という印象の強いカードですが、何気にこちらから攻撃した戦闘のダメージ計算時でも発動可能です。この手のカード特有の受け身な条件を持っていないだけでも《G・ボールパーク》の優秀さが伺えますね。

※ダメージ計算時に発動する効果なので、相手の攻撃を見てから《メタバース》で展開するのも面白いです。

モンスター除去やサーチをしたい場合は《ゴキポール》

モンスターの除去や特定のレベル4昆虫族モンスターをサーチしたい場合は、《ゴキポール》の出番。

《ゴキポール》の効果はレベル4昆虫族モンスターなら何でもサーチ可能なので、《応戦するG》《共振虫》等、通常以外の昆虫族をサーチする事も可能です。

それ以外(通常モンスター)をサーチした場合は、特殊召喚から対象をとらない効果破壊までを一連の効果として処理する。これが《ボールパーク》から《ゴキポール》を落とした際の処理です。

なお、特殊召喚した通常モンスターの攻撃力が破壊効果のカギとなるので、ここでサーチ&SSするモンスターの攻撃力は低ければ低い程強力です。

ちなみに、該当モンスターの中で一番攻撃力が低いのは、攻撃力1150の《カマキラー》ですが、攻撃力1200の《ゴキボール》でも十分広範囲なので、基本的には《ゴキボール》で良いと思います。

大量特殊召喚のワラワラ戦術なら《ゴキボール》

遊戯王OCG ゴキボール VOL6-09N

大量特殊召喚からのワラワラ戦術を展開したい場合は、《ゴキボール》の出番。

《G・ボールパーク》の効果で《ゴキボール》をデッキから墓地に送り、その同名カード(ゴキボール)を可能な限り手札・デッキ・墓地から特殊召喚します。

一回の戦闘がモンスター3体の特殊召喚に繋がるのですからやり得感溢れる効果ですが、ご覧の通りデッキ内に存在する通常モンスターの消費スピードは凄まじいです。

枯渇を避ける為に昆虫族通常モンスターの採用数を増やすという手もありますが、それをやってしまうと初手事故や深刻なデッキパワー不足発生等、新たな問題が発生してくるのでさぁ、大変!

《ゴキポール》は《ボールパーク》の保険的な意味も持つ

しかしご安心を、《ゴキポール》ならばデッキに通常モンスターがいなくてもサーチカードとしてキッチリ機能してくれます。

勿論、デッキ内の通常モンスターを枯渇させないギミック(貪欲な壺等)を併用する事は大事ですが、それが間に合っていない際にも《ボールパーク》が腐らないように《ゴキポール》は設計されているんですね。(ありがてぇ)。

以上の事を踏まえると、大量展開出来るからと言って《ボールパーク》で通常モンスターを無策に落とすのではなく、《ゴキポール》で間を刻んで行くという選択も時には必要という事ですね。

墓地に昆虫族の同名3体は《超装甲兵器ロボ ブラックアイアンG》の合図

墓地に同名の昆虫族モンスターが揃ったら、いよいよ《超装甲兵器ロボ ブラックアイアンG》の出番となりますが、このカードのサーチも《ゴキポール》でサーチ出来る《共振虫》で補う事が可能です。

こうやって見て行くと、《G・ボールパーク》が一貫して《超装甲兵器ロボ ブラックアイアンG》へと繋がっている事が分かりますね。

ネタ色強いけど、滅茶苦茶良く練られたシナジーの連鎖。「G」に対する開発陣の愛を感じます。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ SOUL FUSION BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-07-14)
売り上げランキング: 53
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. huyu より:

    ウィルプス落とせばデュアルを3体展開できますね。ラプテノスだして墓地のデュアル蘇生とかできますが…

  2. 匿名 より:

    本家ゴキボールの採用理由が今んとこデッキイメージに合うことだけなので
    名指しするサポートみたいなの欲しいですね

    • cast より:

      もうここまでやったならゴキボールを使う利点をもう一つ位増やしてくれても良い気は確かにします。

  3. 匿名 より:

    Gに対する愛が変な方向に突き抜けたカードゲームって遊戯王ぐらいだよね…しかも強いし…

  4. 匿名 より:

    Gボールパークは相手のダメージも0にできるので、こっちから殴り倒しても発動できるという。全体除去や全体攻撃ができれば、自軍の攻撃でブラックシャイン3体呼び出して計6000ダメージに早変わり。

    • cast より:

      ブラックシャインはポールシナジーで使うならアンマッチですが、ボールパークから殴りに行くなら好相性という絶妙な立ち位置ですね。実際、大量展開から6000ダメージは奇襲力高そうです。

  5. 匿名 より:

    画像のクワガタ・アルファはパラサイト・フュージョナーと融合して一族の結束を汚さない貴重なモンスターだそうです…(あとは相方のヘラクレス・ビートルだけ)
    こういうやつらのそれぞれの優位点を考えるのもデッキ構築する際の楽しみと言えますね

  6. 匿名 より:

    いいぞもっとやれ(クローラー使い並感

  7. 匿名 より:

    影依融合で直接ゴキポールを落とす動きとか面白そう。
    組んでみるか……【ゴキシャドール】

    • cast より:

      ゴキシャドールというパワーワード
      ゴキポールは本当に強いんですよね 汎用性凄く高そう

  8. 匿名 より:

    家の探したらゴキボールが3枚見つかった…これは作れというお告げ!
    ついでにカマキラーにキラー・ビーも3枚あったし

  9. シャインブラックは攻撃力が高いので今ひとつシナジーが無い感じですねぇ。
    まぁ、攻撃力2000の昆虫バニラが登場したってだけで有難いですが。

    • cast より:

      他の人のコメントにもありますが、ボールポークから展開して殴りに行く分には結構良い動きしそうですよ。おっしゃる通り、ゴキポールからの動きを考えると少し範囲が狭まりますけどね。

  10. ユキ より:

    昆虫だから変化の術内臓のゴキボール忍者もワンチャン…

  11. RUM ロマンス より:

    G(ガースー)黒光りデッキですね。

    最近バニラテーマって聞くと、高等儀式術連想しちゃう。…なんだよバニラテーマって。

  12. 匿名 より:

    ピコファレーナと超進化の繭を使えばデッキ内の通常モンスターの枯渇をケアできそうです。

  13. 匿名 より:

    一枚だけ戻せばGパークの効果を再利用できるのがめっちゃ強いです(´∀`*)
    ゴールはまだ模索中ですけどこんなルートも。

    Gボールパークがある状態で共鳴虫などのリクルーターで相手モンスターに自爆特攻。応戦するGor共鳴虫特殊召喚。Gボールパークの効果でバニラ昆虫三体特殊召喚。メイン2で応戦するGとバニラ昆虫Aでピコファレーナ特殊召喚。応戦するGで任意の昆虫サーチ。効果で手札を一枚切ってデッキからゴキポールをバニラ昆虫Bに装備。ピコファレーナの効果で墓地の昆虫三体を戻してワンドロー。ピコファレーナとバニラ昆虫でサモンソーサレスをリンク召喚。ゴキポール効果でデッキからレベル四の昆虫サーチ。(ピコファレーナの効果で戻したバニラ昆虫もしくはジャイアントワーム。召喚権を増やせるようならカブトロンのんかもありです)サモンソーサレスの効果でバニラ昆虫Cを対象にして効果発動。デッキから任意の昆虫をリクルート……

    これだけ回せればアイアンGの特殊召喚も普通に狙えますし、サーチを多用するので超進化の繭さえ握っていれば究極変異体インセクト女王を二体並べるのも容易いです。スカルデッドでぐるりぐるりと回すのもありです!

  14. 匿名 より:

    昆虫族で初動になるカードってなにかありましたっけ
    gパークだけだと先行で死にそうだし
    ピコファレーナゴキポールからサモソとかに上手く繋がらないかなぁ

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【リンクヴレインズパック2】収録カードリスト,当たりカードまとめ!収録テーマ・再録カード大量判明!【GOMガン、チャネラー等追記】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の収録カードリスト・当たりカー

《魔弾の射手マックス》の使い方・効果考察:デッキから「魔弾」魔法・罠・モンスターを供給するリンク1モンスター!【遅れて来た主人公】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の特集記事第8弾は、個人的にも待ち

【SRリンク】《HSR-GOMガン》効果判明!スピードロイド新規が「はじめしゃちょー」の動画で公開されました

『リンク・ヴレインズ・パック2』収録新カード《HSR-GOMガ

【20thアニバーサリーSPパックVol.4】スーパーレアで欲しいカードはどれですか?グラットン高そう…

▲需要は低いだろうけど地味に欲しい 12月8日実施、『20thアニバ

【プレミアムパック2019収録カード】転生炎獣アルミラージ,希望の記憶等、効果判明!

2018年12月22.23日(ジャンプフェスタ2019会場にて先行

【20thアニバーサリーボックス収録カード判明】《マジシャン・オブ・カオス》《E・HEROグランドマン》《シグナル・ウォリアー》《希望皇オノマトピア》《オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン》《バックアップ・スーパーバイザー》

12月22日発売『20thアニバーサリーデュエリストボックス』の情

《デーモンの超越》の画像・効果判明!その他収録カードも判明【SPパックVol.4収録】

12月8日から実施される『20thアニバーサリーキャンペーン』

【サラマングレイト新規】《転生炎獣ミラージュスタリオ》はエクシーズモンスターだ!【SDソウルバーナー】

『SD-ソウルバーナー』に収録される新カードの画像・効果が「Y

→もっと見る

PAGE TOP ↑