【テックジーナス新規】《TGブースター・ラプトル》の効果を考える!《スクリュー・サーペント》一枚から《ランチャー》《ライブラ》の構え!

公開日: : モンスターカード

管理人がうとうとしている間に「TG(テックジーナス)」の新規が公開されてるじゃありませんか!

待望のレベル1非チューナーの登場で、ついに「TG」単独で《TGレシプロ・ドラゴン・フライ》のシンクロ召喚が可能となりました。

レベル1の恐竜族非チューナーってのも珍しいですし、色々レアな逸材ですね。

SPONSORED LINK

TGブースター・ラプトル

《TGテックジーナス ブースター・ラプトル》 
効果モンスター
星1/風属性/恐竜族/攻 400/守 300
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドに「TG」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「TG ブースター・ラプトル」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。

 

注目ポイント
  • フィールドの「TG」モンスターを参照した緩い特殊召喚効果
  • 自分の効果で破壊した場合でも発動可能なサーチ効果(ただしエンドフェイズ発動)
  • オヴィラプターやミセラ対応の恐竜族
  • TG初のレベル1非チューナー!

「TG」単独で《TGレシプロ・ドラゴン・フライ》への道が開けた!

遊戯王 EXVC-JP039-SR 《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》 Super

レベル1の非チューナー「TG」モンスターの増加が意味する事…。

「そう、《TGレシプロ・ドラゴン・フライ》をテーマ内カードだけでようやくシンクロ召喚する事が可能になったのです。」

フィールドに展開した《TGサイバー・マジシャン》の手札シンクロで活用したり、場合によっては「TG」モンスターを参照してフィールドに出てくる対応力の広さも魅力的です。

セルフSS効果は名称ターン1ですが、《サイバー・マジシャン》の手札シンクロを加味すれば、様々な新ルートが開拓できそうな気がしますね。

《TGハイパー・ライブラリアン》への道繋がった!

《TGテックジーナス スクリュー・サーペント》 
チューナー・効果モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1300/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「TG スクリュー・サーペント」以外の自分の墓地のレベル4以下の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「TG」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

 

《スクリュー・サーペント》からの《ハリファイバー》ルートに新たな動きアリ!

墓地の《TGブースター・ラプトル》を蘇生すれば、《ハリファイバー》⇒《トライデント・ランチャー》ルート《ライブラリアン》ルートを自由に選択可能というのは分かり易い流れ。しかし、これら二枚が想像する動きはこんなものでは終わりません!

《TG トライデント・ランチャー》
リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/機械族/攻2200
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「TG」チューナーを含む効果モンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「TG」モンスターをそれぞれ1体ずつ選んで、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「TG」モンスターしか特殊召喚できない
(2):相手はこのカードのリンク先の「TG」モンスターを効果の対象にできない。

 

《トライデント・ランチャー》の効果準備(手札・デッキ・墓地…三か所の用意)をきちんと確保し、《スクリューサーペント》、《ブースター・ラプトル》、+αを特殊召喚できれば、《トライデント・ランチャー》+《TGハイパー・ライブラリアン》の盤面の完成です。

《トライデント・ランチャー》の②効果でリンク先の《TGハイパー・ライブラリアン》は相手の効果対象にならない……という事は、その後展開してドローするニヤニヤタイムを阻害され難いという事です。

《トライデント・ランチャー》+《TGハイパー・ライブラリアン》+α以降の動きは要件等ですが、+α部分に《サイバー・マジシャン》辺りが収まれば《レシプロ・ドラゴン・フライ》のルートも見えてきそうです。

「TG」にあんまり長けていない管理人でもわかる有能さ!

一枚からリンク3を確保しながら《ライブラリアン》や《ワンダー・マジシャン》と言ったレベル5シンクロルートを確保できる強さと重要性は、「TG(テックジーナス)」に長けていない管理人でも分かります。

熟練の「TG(テックジーナス)」使いの本音…是非お聞かせください!

遊戯王OCG デュエルモンスターズ SAVAGE STRIKE BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-10-13)
売り上げランキング: 25
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ストライカーやワーウルフとも噛み合うのも良いなぁ…他になんかあるかwiki見るか…

    >《ジュラック・アウロ》以来2体目となるレベル1恐竜族。
    >また、非チューナーとしては初となる。

    マジ?

  2. 匿名 より:

    効果はかなり強いですが、あと問題はどれだけ手札に呼び込めるかどうかですね。
    ストライカーもワーウルフもこのカードも手札からですからね。
    ただストライカーは増援。ワーウルフは炎舞天キ、ブースターラプトルは化石調査とサーチ手段はいっぱいあるので問題はなさそうですが。
    化石調査をいれるとオヴィラプターだけでなくミセラサウルス単身リクルート対応なのでもでいい感じですね。トライデントランチャー使えばスクリューサーペントは通常召喚する必要はありませんし。

    • cast より:

      TGは優秀なサーチ手段を持った種族にまたがっているのが良いですね でもデッキスロットはカツカツになりそうw

  3. ネテルヒトー より:

    RRみたい。

  4. 匿名 より:

    恐竜族レベル1はデッキからSSできるカードが5枚あるからいいですね 手札にきても事故らない自己SSも優秀
    素晴らしい有能新規

  5. 匿名 より:

    ついに来たレベル1非チューナー。
    新規3枚でかなりハルバードキャノン出しやすくなりました。

  6. 匿名 より:

    これまでの新規のレベルから考えて体験会のポスターに乗ってたもう一枚の新規はレベル5シンクロっぽいですね

  7. 大平直樹 より:

    テックジーナス強化も素晴らしいですね。
    トライデントランチャー素晴らしいです。
    僕はテックジーナス使いじゃありませんがシンクロ好きにはたまらないですね。
    もともとテックジーナスは連続シンクロするテーマでしたしトライデントランチャーはブルーノ好きな人には最高に嬉しい1枚なんじゃないでしょうか。
    昔のテーマが強化されるのは嬉しいですね。

  8. 波音 より:

    トライデントと一緒に出ててモンスターは、ブルーノを文字ってTGノーブル〇〇とかなったりして。

  9. 匿名 より:

    ドラゴンフライ出せるようになっても肝心のハルバートがって思ったけど
    そーいやトライデントランチャーのおかげで彼にも愛以外の採用理由が生まれるのか

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

《ダーク・アンセリオン・ドラゴン》効果考察:ランク7のダクリベ!フリーチェーンで二度活躍!

今回のプレミアムパックはEXのモンスターが濃くて良い感じだよね

【呪眼(じゅがん)カード効果から感じた事あれこれ】セレンの呪眼が超重要なテーマ!攻撃力2600の達成が急務!

未だ3枚しか判明していないので時期尚早とは思いますが、「呪眼(じゅ

【新テーマ:呪眼(じゅがん)】呪眼の王ザラキエル、呪眼の死徒サリエル、セレンの呪眼の3枚が公開!

2019/2/23日発売『デッキビルドパック-インフィニティ・チェ

【遊戯王リーグ応援キャンペーン当選】謎の小包到来!遊戯王.JPありがとう…

超が付くレベルの私事ですが、『遊戯王リーグ』と並行してやっていた「

《星屑の願い》効果考察:《スターダスト・ドラゴン》や《スターダスト・ウォリアー》の隙を埋める一枚!

2018年12月22日発売『20thアニバーサリーデュエリスト

《ファイアウォール・X・ドラゴン》効果考察:FWDの穴はトポロジックで埋める!いざ、脳筋へ!

1月改訂で禁止になる《ファイアウォール・ドラゴン》と、1月パック(

【D-HERO強化・新規カード効果考察】デッキ融合《フュージョン・デステニー》と《クロスガイ》の有能さがやばい!

『ダーク・ネオストーム』に収録される「D-HERO」強化を見て、色

【ダーク・ネオストーム新カード】空牙団・魔妖・魔弾・天気・魔神儀新規!

▲魔妖新規ありがてぇ… 1月12日発売、『ダーク・ネオストーム(

→もっと見る

PAGE TOP ↑