《幻獣機テザーウルフ》が超絶強化!種族・属性を活かしたリンク召喚の可能性【オライオン併用で更に強く】

公開日: : モンスターカード

機械族を指定したリンクモンスターが増加傾向にある近年。

そんな激動の時代に適用すべく、虎視眈々と活躍の機会を伺う狼の影あり。

……《幻獣機テザーウルフ》只今発進ッ!

SPONSORED LINK

幻獣機テザーウルフ

遊戯王/幻獣機テザーウルフ(ノーマル)/STRUCTURE DECK -パワーコード・リンク-

《幻獣機テザーウルフ/Mecha Phantom Beast Tetherwolf》 
効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1700/守1200
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。
(2):このカードのレベルは自分フィールドの「幻獣機トークン」のレベルの合計分だけ上がる。
(3):自分フィールドにトークンが存在する限り、このカードは戦闘・効果では破壊されない。
(4):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに1度、自分フィールドのトークン1体をリリースして発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで800アップする。

 

効果を使う事で2500(エースライン)までのモンスターとガチンコ出来る単騎性能の高さを誇る。

リンク召喚の登場でトークン生成能力が格段に強化されたが、機械族や風属性を指定するモンスターの増加でその実力を更に伸ばす事に!

召喚権は消費しますが、この選択ラインナップは流石に侮れません。

テザーウルフのここが凄い
  • 召喚権を引き換えに以下のリンク2にアクセス
  • デッキスロットを圧迫し難い出張枚数(3枚完結)
  • 単騎性能が高い(攻撃力2500まで見られる)
  • オライオンの墓地効果を活かせるようになる

幻獣機オライオンとの相性に注目

遊戯王 PRIO-JP026-R 《幻獣機オライオン》 Rare

《幻獣機オライオン/Mecha Phantom Beast O-Lion》 
チューナー・効果モンスター
星2/風属性/機械族/攻 600/守1000
自分のメインフェイズ時に墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
手札から「幻獣機」と名のついたモンスター1体を召喚する。
自分フィールド上にトークンが存在する限り、
このカードは戦闘及び効果では破壊されない。
また、このカードが墓地へ送られた場合、
「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚できる。
「幻獣機オライオン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

《幻獣機オライオン》の墓地効果で召喚可能な「幻獣機」モンスターである事も大きな強み!

《オライオン》&《テザーウルフ》出張……可能性を感じます。

テザーウルフリンク9変化!

機関重連アンガー・ナックル

《機関重連アンガー・ナックル》
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:右/下】
機械族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送り、自分の墓地の機械族・レベル10モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを特殊召喚する。

 

効果を活かせるかどうかは構築次第

《幻獣機テザーウルフ》を出張させつつ《機関重連アンガーナックル》を活かせるデッキが思いつきませんが、一枚で《アンガー・ナックル》を出せるギミックを探しているのであれば使えるかも?

機械族って召喚権の激戦区的なイメージも強いので、競合は結構手ごわそうですね。

クリフォート・ゲニウス

《クリフォート・ゲニウス/Qliphort Genius》
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/機械族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
機械族モンスター2体
(1):リンク召喚したこのカードは魔法・罠カードの効果を受けず、このカード以外のリンクモンスターが発動した効果も受けない。
(2):1ターンに1度、このカード以外の、自分及び相手フィールドの表側表示のカードを1枚ずつ対象として発動できる。そのカード2枚の効果をターン終了時まで無効にする。
(3):このカードのリンク先にモンスター2体が同時に特殊召喚された時に発動できる。デッキからレベル5以上の機械族モンスター1体を手札に加える。

 

ペンデュラムや機械複製術と併用しよう!

《テザー・ウルフ》に召喚権を割いたとしても、その後ペンデュラム召喚で③に繋げて行くなら問題ない…(かもしれない)。

汎用面で見ると《アンガー・ナックル》よりもこっちの方が丸い。

ギミック・パペット-キメラ・ドール

《ギミック・パペット-キメラ・ドール》
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
機械族モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚されている場合に発動できる。デッキから「ギミック・パペット」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。自分フィールドのモンスターが「ギミック・パペット」モンスターのみの場合、
さらに手札から「ギミック・パペット」モンスター1体を特殊召喚できる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族XモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

流石にギミパペ専用です

他の機械族×2ギミックよりも優れている点は、「一部の手札誘発に強い」「単騎性能が高い」「3枚出張で完結できる」の三点。

ギミパペに出張させるかどうかは用検討ですが、安定して《キメラ・ドール》を立てられるのは魅力的(ただし召喚権消費は悩ましい)。

プラチナ・ガジェット

《プラチナ・ガジェット》
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/機械族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
機械族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下の機械族モンスター1体をこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキからレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

 

下級機械族サポートリンクとしての完成度

ゲニウスやアンガーが上級・最上級寄りの機械族サポートとするなら、こちらは下級機械族のサポート代表。

②効果まで活用するなら「ガジェット」も併用したい所。

F.A.シャイニングスターGT

《F.A.シャイニングスターGT》
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/機械族/攻 0
【リンクマーカー:左下/右下】
機械族モンスター2体
このカード名の(4)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先の「F.A.」モンスターのレベルの合計×300アップする。
(2):このカードの戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になる。
(3):「F.A.」魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動する。このカードにアスリートカウンターを1つ置く。
(4):相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのアスリートカウンターを1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にし破壊する。

 

属性・種族ともにベストマッチな組み合わせ!

専用色の強いカードな為、汎用使いするのは結構大変。しかし「F.A.」においては属性・種族ともにベストマッチな組み合わせだったりします…(レベルが変動するのも同じだ…)。

結局、召喚権が悩みの種になりそうではありますが、結構相性は良さそうです。

グレートフライ

《グレートフライ/Greatfly》
リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/昆虫族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
風属性モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの風属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、地属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の風属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

 

風属性モンスターをパンプパンプパンプ!!

ここからは風属性を指定したリンクモンスター群をご紹介!

リンクモンスターの増加によって徐々に優先度は下がりつつありますが、それでも属性汎用リンクモンスターは相変わらず有能。

打点アップ効果のおかげでワンキルラインに迫れるデッキも多いです。

HSR-GOMガン

《HSR-GOMガン》
リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:左下/右下】
風属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。風属性モンスター1体を召喚する。この効果を発動したターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):EXデッキから風属性Sモンスター1体を除外して発動できる。レベルの合計が除外したモンスターと同じになるように、デッキからカード名が異なる「スピードロイド」モンスター2体を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。その1枚を自分の手札に加え、残りを墓地へ送る。

 

召喚権も増えるしシンクロデッキなら結構良さそう!?

召喚権を使ってしまっても①でカバーできるのがポイント高し!

効果発動後はシンクロモンスター縛りになってしまうので、そこからリンク・エクシーズ・融合に繋げるデッキには適さないので要注意!

風属性シンクロデッキにオライオンと共にどうぞ!

ハーピィ・コンダクター

《ハーピィ・コンダクター》
リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/鳥獣族/攻1900
【リンクマーカー:左下/右下】
風属性モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
(2):自分フィールドの「ハーピィ」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる。
(3):このカード以外の自分フィールドの表側表示の「ハーピィ」モンスターが自分の手札に戻った場合、相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

 

流石に「ハーピィ」で使う事は無さそうかな?

召喚権的に【ハーピィ】で使う事は流石になさそう。

風属性デッキに無理やり《ハーピィの羽根吹雪》を出張させる際に使えるかもしれないが…!?

汎用リンクも含むと凄い数になります

中には併用が困難な選択肢もありますが、1枚からこれだけのラインナップにアクセスできるのは結構凄いのではないでしょうか?

汎用リンク2とか含めると更に凄い事になる訳で…(ぞわぞわ)。

オライオンとの併用も面白いですし、色々可能性を感じるなぁ…。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    スピードロイドにGOMと同時採用しました。
    抽選次第ではこれ一枚でクリスタルウィング&墓地羽子板なので強いです!

  2. 匿名 より:

    ストレージで初めて見つけたときからこいつはいつか化けると思って既に3枚集めていた(ドヤァ

  3. 匿名 より:

    サックといいオライオンといいパーツパーツで注目はされるし度々新規は貰うんだけどイマイチ強くならない幻獣機はそんな印象

  4. アクシズキョウシンジャー より:

    適当なssモンスターが有れば
    割と気軽に耐性リンク3カオソル出せるから強い

  5. 匿名 より:

    風属性の方としては最近のカードで手に入れやすいクロックワイバーンでもできるけど、機械族ってところと、打点面でこっちの方が上位互換ですね

  6. 匿名 より:

    全部ベイゴマで事足りるんだよなぁ…

  7. 匿名 より:

    SRの枚数が足りなかった時代、幻獣機と無理やり組み合わせてたのを思い出します…
    1箱でベイゴマックス当たってくれたし、また組み合わせてみるか…?(個別に使った方が強そうw)

  8. 匿名 より:

    昔からシンクロエクシーズ素材やライオウミドラーシュの突破に便利に使ってたから、ようやく日の目を見たかって感じで感慨深いな
    もう一体何かしらモンスターいれば最強カオスソルジャーもリンク召喚出来るし、それこそベイゴマックスと一緒に使えばテンペストにも繋がる
    これを機に幻獣機自体がまた浮上してくれれば……

  9. cast より:

    個人的には単騎性能が高い所が好きですね
    ベイゴマ出張で足りない場合はお世話になりそうです

  10. 匿名 より:

    幻獣機新規に強い専用リンクとデメリット無しのトークン精製カードが欲しい

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

《超魔導騎士-ブラック・キャバルリー》効果考察:《ティマイオスの眼》の選択肢増加!《超融合》でドラゴン・戦士族を吸収可能になった師匠!

▲ガイアさんの馬が!? 今までも数多の可能性を示し続けてきた《ブ

【名画トークン】アーモンドピークおまけ「12人のクイーン名画カード」開封!トークンやセンターカードに最適です

カリっとアメ焼きアーモンドでお馴染みのお菓子「アーモンドピーグ

【プレミアムパック2019収録カードリスト・効果まとめ】おジャマ・エンペラー、超重武者カカ-C等効果判明!

プレミアムパック2019の収録カードリスト・効果をまとめた記事

【20thアニバーサリーデュエリストボックス収録内容・新規カード効果まとめ】《シャイニング・ドロー》や《超魔導騎士-ブラック・キャバルリー》等、新カード大量追記

2018年12月22日発売『20thアニバーサリーデュエリスト

《憑依覚醒》効果判明!打点アップ・耐性・ドロー効果の大盤振る舞い!シラユキでドローもできる

ジャンプフェスタ2019配布『ジャンプフェスタリミテッドパック20

【遊星号】《シグナル・ウォリアー》は生きてる《スピード・ワールド2》!カウンター蓄積が課題です

12月22日発売『20thアニバーサリーデュエリストボックス』

《No.39希望皇ホープ・ダブル》に重ねる「希望皇ホープ」エクシーズモンスター特集!

関連記事: 《No.39希望皇ホープ・ダブル》判明!ダブルアップチ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第81話感想】たどり着いた頂、その先に道はあるのか?

AIとの同化という禁断の道を選んだ鬼塚。 確かにそれはある種

→もっと見る

PAGE TOP ↑