【双星神a-vida効果考察】星神史上最も特殊召喚しやすい?ソピア,ティエラ程のリセット能力は無いけれど…

公開日: : モンスターカード

昨日UPした【星杯ストーリー考察・解説】記事にてリクエストいただいた《双星神a-vida》の考察記事をお持ちしました。

タイトルにもあるように、「星神」史上最も特殊召喚し易いカードだと管理人は考えています。

まぁ、その分効果も少し控えめになっている訳ですが、そのセーブ具合も使い方によっては面白い動きをしてくれるかもしれません。

他の二体(ソピア,ティエラ)との条件の比較などしつつ、ゆるり解説していきます。

関連記事: 【星杯ストーリー考察・解説】対焉からのa-vida覚醒!アストラムの選託は?【星遺物を巡る戦いの歴史-第九幕-】

SPONSORED LINK

双星神a-vida(アヴィダ)

《双星神 a-vida》 
特殊召喚・効果モンスター
星11/光属性/サイバース族/攻3500/守3500
このカードは通常召喚できない。お互いのフィールド・墓地にリンクモンスターが8種類以上存在する場合のみ特殊召喚できる。このカードを特殊召喚するターン、自分は他のモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードの特殊召喚は無効化されない。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。このカード以外の、お互いのフィールド・墓地のモンスター及び除外されているモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。この効果の発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。

リンクモンスター8種類って結構いけそうな感じする

ソピア 自分・相手フィールドの儀式・融合・シンクロ・エクシーズモンスターをそれぞれ1体ずつゲームから除外する
ティエラ 自分の手札・フィールドのカード10種類をデッキに戻す
アヴィダ お互いのフィールド・墓地のリンクモンスター8種参照

 

ソピア、ティエラとの最大の違いは、種類を参照するだけって所!

効果やステータスが異なるので単純比較はできませんが、条件だけで比較すると「アヴィダ」が一番楽な気がする…(これも勿論構築に依存します)。

リンクモンスターは他の召喚方法と違い、軽減ルールで階段状に刻んでいけるので、想像しているよりもずっと楽な気がします。…しません?

双星神と密な関係、轟雷帝ザボルグ!

《轟雷帝ザボルグ/Zaborg the Mega Monarch》 
効果モンスター
星8/光属性/雷族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを破壊する。破壊したモンスターが光属性だった場合、その元々のレベルまたはランクの数だけ、お互いはそれぞれ自分のEXデッキからカードを選んで墓地へ送る。
このカードが光属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時の効果に以下の効果を加える。
●墓地へ送る相手のカードは自分が選ぶ。

 

お互いの墓地を参照できる……ならば《轟雷帝ザボルグ》の出番だ!

この手のカードの話題になると必ずお呼びがかかる《轟雷帝ザボルグ》様ですが、今回は破壊したエクストラデッキを《アヴィダ》に修復されてしまう流れなのが面白い所です。

……出来れば相手のはそのままにしておきたいんだけどなぁ…。

「アヴィダ」は光属性なので《フォトン・サンクチュアリ》のトークンとかも使えますが、結局修復してしまうとなると、3500/3500のモンスターを展開するだけになっちゃうシーンが結構多そうですね。

破壊(ザボルグ)と再生(アヴィダ)って構図は結構面白いですが(笑)。

デッキに戻るのはモンスターのみ、ならば!

フィールド・墓地・除外されているモンスターのみをデッキに戻す!

手札・フィールド・墓地を全除外or全デッキバウンスするソピアやティエラと比較すると少しインパクトに欠ける印象もありますが、これはこれで面白い動きが生み出せそうな効果です。

例えば、魔法・罠主体で戦うデッキで発動して、相手にだけ大打撃を与えたり…(ある程度モンスターいないとそもそも条件満たせないけど)。

除外されているモンスターが墓地に戻る事を活用したり…(等々)。

「これだ!」ってプランは特にありませんが、何か面白い事が出来そうな効果ではありますよね!

手札に引き込む手段も考えないと…

《魂のカード/Card of the Soul》 
通常魔法
「魂のカード」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のデッキを確認する。その中から攻撃力・守備力の合計が自分のLPと同じ数値となるモンスター1体を手札に加える事ができる。

 

攻守合計7000のモンスターを《魂の造形家》でリリースするとかも考えましたが、そもそもそんなでかいのが場にいるならそれで戦えばよくね?ってなったので思考するのを止めました。

一番それっぽいのは、《チキンレース》でライフを7000に調整した状態で《魂のカード》を使うとかでしょうか?

後は《セフィラの神託》によるトップ操作(神託チャージ),シンプルに《封印の黄金櫃》…とか…。

コメント欄にて《フォーマッド・スキッパー》を推薦していただきました。

サイバース族だからサーチ出来るのね!(*’ω’*)ベンキョウニナリマス

流れで出せるのが一番良いかな?

切腹帝コンボも一応挙げてはみましたが、やっぱりEXデッキを修復してしまう事を考えると素出し出来るように持っていけるのが理想な気がしますね。

場の魔法・罠に干渉できる効果でもない為、出た後に魔法や罠で普通にやられるなんて事もありそうですし、過信し過ぎるのはちょっと危険なカードかもしれません…(そもそも遊戯王に単体で盤石な生物なんてほぼいない説)。

複数つむのはリスキーですし、とりあえずサーチ構造から組み立てて行くとデッキにはし易いかもしれませんねぇ。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. どなさん より:

    サーチに関してはフォーマッドスキッパーがいいと思います。スキッパー自身の効果で戦闘姫作ってリンクモンスターの数を稼ぐこともできるので。

  2. 匿名 より:

    次のターン以降に出すならフォーマード・スキッパーでサーチするのが一番事故率低そうですかね。無理に構築変えなくてもリンクデッキなら簡単に8種類出せそうだし、天威無双の地などで鬼神に耐性つけて残ったアヴィダと一緒に殴れば大体終わりそう。

  3. 匿名 より:

    今サイバース型マリンセスにスキッパーとアヴィダいれてる。
    スキッパーは、ワンフォーワンとマイニングとデバッガーで持ってくる。
    シーホース一体で二ターンでリンクが6枚はいける。

  4. 匿名 より:

    通常召喚はできるならガーゼットで7000…
    双星神はサイバース故にサーチも豊富で、やっぱり他の神に比べると手軽ですね
    ザボルグ帝にこっそり仕込むのも面白そう

  5. 匿名 より:

    魔法、EXデッキに干渉しないから、ペンデュラムデッキで使うのが良さそう

  6. cast より:

    そうか・・・ サイバースだからスキッパーを使えるのか!
    参考になります!

  7. 匿名 より:

    コードトーカーデッキなら初動で8種墓地は余裕ですね〜
    サイバネットコーデックでサーチもできますし
    割と返しの手段としてピン差ししておくのはアリなのでは…

  8. マグナス神 より:

    昔Tierraを使ってた時はブリリアントフュージョンで墓地に落として、FWDでサルベージ、てのをやってました。
    サイバースだからサルベージ手段は豊富だろうし、結構楽なんではないかと、

  9. 匿名 より:

    出しやすいデッキほど出す必要性が無くなるジレンマ。

コメントを残す

『遊戯王モンスターアートボックス』予約開始!掲載内容・同梱カード情報など!【完全受注生産】

2019/11/20日発売予定『モンスターアートボックス』の予約が

【デュエルリンクス】新パック「ブレイジング・ローズ」注目カード紹介!メタファイズ、サブテラー参戦!

本日実装、新パック『ブレイジング・ローズ』のオススメカード記事

【Vジャンプ7月号(抹殺の指名者付録)購入感想・レビュー】Vジャンプが書店から消えた日

本日発売(5/21)『Vジャンプ7月特大号』を購入して参りました。

【天威の龍鬼神の使い方・効果考察】超強い汎用レベル8シンクロ現る!効果無効は無いけど十分強いでしょ!

7月13日発売『カオス・インパクト』に収録される《天威の龍鬼神》に

【各種「HERO」モンスターの元ネタの軌跡】ウルトラマン、仮面ライダー、アメコミetc、世界は勇者で溢れている!

本記事では、各種「HERO」モンスターの元ネタについてまとめて

【カオス・インパクト 収録カード・リスト・レアリティまとめ】「天威」新規《天威の龍鬼神》判明!汎用レベル8シンクロじゃん!

7月13日発売『カオス・インパクト』の収録カード情報をまとめた

【リボルバーストラク:収録カードリスト・新規カード効果まとめ】シルバーヴァレット・ドラゴンの効果・画像が公開されました!

本記事は、6月22日発売『ストラクチャーデッキ-リボルバー-』の収

【カオス・インパクト収録新カード】《熾天蝶/セラフィム・パピオン》判明!昆虫族期待のリンクモンスター!

管理人がショップでデュエルしている間に新規カードが発表されているじ

→もっと見る

PAGE TOP ↑