【エヴォルテクター・エヴェック効果考察】デュアル状態で墓地から蘇生できるサポートカードはよ!

公開日: : モンスターカード

『ストラクR-ウォリアーズ・ストライク』に収録される新カード、《エヴォルテクターエヴェッタ》について。

管理人もすっかり勘違いしていましたが、デュアル初の召喚・特殊召喚誘発効果持ちらしいですね。

《スーペルヴィス》との相性が悪い事で評判を落としていますが、今後のサポート次第では結構化けるカードかもしれませんぞ?

SPONSORED LINK

エヴォルテクターエヴェック

《エヴォルテクター エヴェック》 
デュアル・効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1500/守1000
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとしても扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚扱いとしてもう1度召喚できる。その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「エヴォルテクター エヴェック」以外の自分の墓地の、戦士族・炎属性モンスターまたはデュアルモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。このカード名のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

ライジング・オブ・ファイア等、蘇生札を活用しよう!

《ライジング・オブ・ファイア/Rising Fire》 
装備魔法
このカード名はルール上「サラマングレイト」カードとしても扱う。このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分の墓地の炎属性モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。装備モンスターの攻撃力は500アップする。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
(2):このカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。フィールドのモンスター1体を選んで除外する。

 

特殊召喚からのデュアルはシンプルながらも有効な運用法です。

都合の良い事に、今回のストラクRは炎属性デッキ。《ライジング・オブ・ファイア》をうまく使う事が出来ます。

《ライジング・オブ・ファイア》で直接《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》を蘇生するのも良いですが、狙えそうなら《エヴォルテクターエヴェック》を噛ましてみるのも悪くないですね。

装備化するモンスターがいないなら《エヴォルテクターエヴェック》を装備にしてしまうのも面白そうです。

デュアルサポートを使って上手に運用しよう!

特殊召喚や蘇生からデュアルする以外に、シナジーの強いデュアルサポートを使用するのも一つの手です。

デュアルと言えば《スーペルヴィス》ですが、《エヴォルテクターエヴェック》の性質上、《スーペルヴィス》との相性はイマイチです。

なので今回は、《スーペルヴィス》以外で4枚のサポートカードをピックアップしてみました。

《超合魔獣ラプテノス/Superalloy Beast Raptinus》 
融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2200/守2200
デュアルモンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドのデュアルモンスターは全て、もう1度召喚された状態として扱う。
《ブラック・ブルドラゴ/Black Brutdrago》 
シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
チューナー+チューナー以外のデュアルモンスター1体以上
1ターンに1度、手札からデュアルモンスター1体を墓地へ送って発動できる。相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。また、このカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地のデュアルモンスター1体を選択して特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したデュアルモンスターは再度召喚された状態になる。
《炎妖蝶ウィルプス/Blazewing Butterfly》 
デュアルモンスター
星4/炎属性/昆虫族/攻1500/守1500
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
通常モンスターとして扱う。フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードをリリースする事で、自分の墓地に存在する「炎妖蝶ウィルプス」以外のデュアルモンスター1体を特殊召喚する。この効果によって特殊召喚されたデュアルモンスターは再度召喚された状態になる。
 
《化合電界スパーク・フィールド/Catalyst Field》
フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分はレベル5以上のデュアルモンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。この効果は1ターンに1度しか適用できない。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにデュアルモンスター1体を召喚できる。
(3):1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。自分フィールドのもう1度召喚した状態のデュアルモンスター1体を相手のエンドフェイズまで除外し、対象のカードを破壊する。

 

《化合電界》《二重召喚》と似たような動きになりますが、壊されない限り継続して使える分、コチラの方がアド的な面では良いと思います。

EXデッキを使うってなると一気にハードルが上がりますし、《炎妖蝶ウィルプス》《化合電界》の二枚が使い易いのかな?

スーペルヴィスをうまく使えないのは残念ですが…

デュアルの代名詞でもある《スーペルヴィス》をうまく使えないのは、正直残念です。

ただ、意味もなく噛み合わない構造にするのは考えにくいので、《スーペルヴィス》に変わるようなデュアル強化が用意されている様にも思えます。

それこそデュアル状態でモンスターを蘇生する装備魔法とかあるかもしれませんね!

追伸.名称ターン1が無ければ、ラプテノスを使って1ターン中に複数回効果発動とかも狙えたんですけどね。ちょっぴり残念です。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    もうシンプルにラプテノス効果のフィールド欲しい

  2. 匿名 より:

    強い新規欲しいけど、ラプテノスも好きだからラプテノスイラネってなる新規は欲しくないという複雑な心境

  3. 匿名 より:

    ブルドラゴがタイミング逃すのつらい

  4. 匿名 より:

    スーペルヴィスウィルプス、ギガプラントのコンボに絡ませれば更に動ける
    やっぱ使いにくいのが目立つけど、強力な展開効果なのは確か
    どんなストラクになるのか…

  5. 匿名 より:

    蘇生効果の付いたスーペルヴィスが望ましい…
    コストとかデメリットとか付けば素ーペルヴィス要らねとはならないはず

  6. ここの より:

    裁定次第ですが、一応スーペルヴィス装備デュアルとエヴェックとでラプテノス融合すれば素材2体蘇生できるので、そこまで相性悪くないかと
    ちなみに戦士族・炎属性には同じく蘇生持ちの紅蓮魔闘士さんもいます

コメントを残す

【真竜皇V.F.D.(ザ・ビースト)はやっぱり強い!】ランク9エクシーズ談義で盛り上がろう!

「ランク9エクシーズ談義で盛り上がろう!」と勢いよく始めてみたもの

【原始生命態ニビル】全てリリースできなかった際の処理はどうなるのか?リリース不可モンスターや完全耐性持ちが対策になる?

《原始生命態ニビル》の効果テキストが”全てリリース”になっていた問

【リンクヴレインズ・デュエリストセット収録カード・アイテム内容まとめ】新規カード10種全ての効果が判明!再録カードは残6種!

8月31日発売予定、『LINK VRAINS DUELIST SE

【エクストラパック2019】現在明らかになっている当たりカード(ウルトラ・スーパーレア)・レアリティまとめ!

『エクストラパック2019』の当たりカード(スーパー・ウルトラ

【海外・遊戯王TCG】絵違い「灰流うらら」カードスリーブ・プレイマット・バインダー・デッキケースが発売決定!

手札誘発娘の絵違いバージョンが海外で登場するのは既にお伝えした通り

【斬機(ざんき)デッキ】ダランベルシアンで超絶強化!手札2枚からファイナルシグマ!

出張性ばかりに目を向けるのもアレなんで、今日は【斬機デッキ】におけ

【原始生命態ニビル・隕石対策を考える】全てリリースになってるけど問題ないね【アザトート,抹殺の指名者が有力か?】

『エクストラパック2019』への収録が噂されている《《原始生命態ニ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第115話感想】始まりの場所・ソウルバーナーvsリボルバー!

始まりの場所でのデュエル(雨オプション付)。 この衝突は、ど

→もっと見る

PAGE TOP ↑