【マジシャンズ・ソウルズ効果考察】ブラマジだけじゃない!ウィッチクラフトとの相性も良いね!

公開日: : モンスターカード

11月9日発売『DPレジェンドデュエリスト編6』に収録される《マジシャンズ・ソウルズ》に関する記事です。

【ブラック・マジシャン】【ブラック・マジシャン・ガール】の強化カードなのは勿論ですが、このカードは単なる強化カードで止まるカードではありません。

コストによる墓地肥やしからのセルフSSor師弟蘇生&ドロー効果。これはナイスな一枚です。

SPONSORED LINK

マジシャンズ・ソウルズ

効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻0/守0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札にある場合、デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードを特殊召喚する。
●このカードを墓地へ送る。その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。
②:自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。

 

コストで上級・最上級魔法使いモンスターを墓地に落としつつ、自身or師弟を特殊召喚できる凄い奴!

魔法・罠が必然的に増える性質を熟知したドロー効果…最高かよ!

コストによる墓地送り!無効にされても問題ないぜ!

《マジシャンズ・ソウルズ》の①効果は、デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスターを墓地へ送って(コスト)発動できる効果なので、無効にされても墓地効果を遂行する事が出来ます。

【ブラマジデッキ】におけるブラマジ不在はマジな死活問題の為、確実に墓地にブラマジを叩き込めるのは大きな利点と言えます。

コストである以上、デッキに該当するモンスターがいないと発動する事は出来ませんが、師弟構築にするならブラマジ,ガール,見習いちゃんを合わせて6.7枚の採用は堅いはずです。

ブラマジ&ガールデッキではマナにも使えます

《守護神官マナ/Palladium Oracle Mana》 
効果モンスター
星6/光属性/魔法使い族/攻2000/守1700
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの魔法使い族モンスター1体のみを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドのレベル7以上の魔法使い族モンスターは効果では破壊されない。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚する。

 

【ブラマジデッキ】では、師弟コンビ以外にも《守護神官マナ》という選択肢もあります。

ぶっちゃけた話、現行の型だと「マナ」を混ぜるのが結構難しかったので、以前よりも格段に採用し易くなったと思います。

何だかんだで1枚墓地に落ちていたら結構良い動きするカードですしね☆

レベル1なのも何気に素敵

SS後すぐに《リンクリボー》化できるレベルなのもナイス!

特殊召喚⇒出来るなら②効果でドロー⇒リンクリボーって隙無さ過ぎ!

追記:《サクリファイス・アニマ》も選択肢に入ります。

②効果はチキンレースを使うと超お得です!

②効果のコストはフィールド魔法でもOKな為、《チキン・レース》との相性が抜群です。

《チキン・レース》を場に残す心配もないですし、ドローからのドローで回転力もゴリゴリ高まります!

これはドローソースの選択も結構変化しそうな予感がしますねぇ…。

注意点:《マジシャンズ・ナビゲート》のバリューが少し下がるかも?

手札にのみ対応する《マジシャンズ・ナビゲート》の旨味が少し薄れるかも?

ただし、②効果が強力でコストとしても優秀なカードなので、何とか都合を合わせて行きたい所でもあります。

まぁ、《イリュージョン・マジック》とかでやりくりすればうまく付き合っていける気もします。

ブラマジ以外の魔法使い族デッキでも

コストを確保できるデッキなら、ブラマジ以外のデッキにも勿論出張可能です。…中には【ブラマジ】以上にこのカードをうまく使える可能性を持ったテーマもあったり無かったり?

ウィッチクラフトとの相性に注目!

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):デッキから「ウィッチクラフト」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

 

「ウィッチクラフト」魔法の共通効果により、うまくいけば毎ターンコストを回収できる!

フィールドからもコストに出来る為、《ウィッチクラフト・スクロール》,《ウィッチクラフト・バイストリート》等の永続魔法との相性も上々です。

「ウィッチクラフト」にはレベル6以上の魔法使い族も当然いますし、これは「使え!」って言われてるような気がしてきますね。

これは良い強化!素直に嬉しい!

遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編6- BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-11-09)
売り上げランキング: 24,010
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 魔導と組み合わせるのも良さそうです。ゲーテ用に墓地肥やしすれば、コストが丸々ドローに代わるので、事故率も低くなりそうですし。新旧プレイヤーに可能性を与えてくれる良いカードだと思います。

  2. 匿名 より:

    なんならリンクリボーじゃなくてサクリファイスアニマにしてもいいですね

  3. 匿名 より:

    何気に帝とも相性が良かったりします。
    闇帝ディルグが魔法使いの為墓地送りが可能でリリースコストを盤面に確保しながらドローを回せます。
    ②効果でドローして汎神でさらにドローできたら宇宙です。

  4. 匿名 より:

    アストログラフ落として黒牙で持ってくるのも面白そうですね
    エレクトラムが何らかで使えなくなった時に使ったり、エクストラから送る枠を別に切り替えることが出来ますし

  5. 匿名 より:

    141が解禁されたので後半のドロー効果を主に活かしたいデッキでも採用の余地があるかも…?

  6. 匿名 より:

    これもしかして使い終わったペンデュラムスケールをドローに変換できたりしちゃいます?ちょっと裁定出てみないとわからないですけどできたら面白いですよね

    • 匿名 より:

      確かペンデュラムカードはフィールドから墓地に送るコストには使えなかったはずです。(リリースするコストや墓地に送る効果の場合はOK)

    • 匿名 より:

      師弟の蘇生効果は自身を墓地に送る効果が最初の処理のため、墓地に師弟が1枚も存在しない場合でも師弟をコストにすることで使用できるのが強力ですね。

  7. 匿名 より:

    師匠の場所をコントロールできるカードが増えるだけでいい強化

  8. 匿名 より:

    ブラマジとガール使い分けられるのはティマイオスデッキにとっても僥倖

  9. 匿名 より:

    汎用すぎると、制限になる可能性も高くなるため、やはりブラマジのみで使ってほしいカードですね。

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【始原竜プライマル・ドラゴン付録「Vジャンプ12月号」購入感想】万物創世龍持ってねぇ!【ゲーム小話:デススト】

▲カズキング描き下ろしの海馬の表紙が目印! 本日発売(10/21

《くず鉄のシグナル》の安定運用は難しい?効果は強力だけど発動条件とサーチ手段の乏しさが気になります

2019年11月9日発売『DPレジェンドデュエリスト編6』に収

【@イグニスターデッキ】サイバース・ウィキッドが滅茶苦茶便利!バランサーロードとの相性が素晴らしい!

どうも!最近ちまちまと「@イグニスター」をいじっている管理人で

【進撃の巨人プレイマット&カードバインダー予約情報】巨人バージョンのエレンプレマカッコイイ【サプライの軌跡】

「進撃の巨人」シリーズより、ラバーマット、カードバインダー等の

【キャラクター万能ラバーマット サルゲッチュ & どこでもいっしょ 20周年・発売予約情報】管理人それぞれへの想いを語る【サプライの軌跡】

「サルゲッチュ」「どこでもいっしょ」の両タイトルがめでたく20

【ガガガガマジシャン】未来皇ホープ・フューチャースラッシュで8000ダメージ!エクシーズ汎用蘇生効果としても見所あります

2019年11月9日発売『DPレジェンドデュエリスト編6』に収録さ

【サテライト・ウォリアー効果考察】ウォリアー、シンクロン、スターダストを結ぶ超広範囲シナジー!動きをイメージするだけでワクワクします

2019年11月9日発売『DPレジェンドデュエリスト編6』に収

【E・HEROネオス・クルーガー】幻の融合「ネオス・ワイズマン」現る!《ネオスフュージョン》で楽々展開できるのが素晴らしい!

《ネオス・ワイズマン》と言えば、アニメでは融合モンスターであったに

→もっと見る

PAGE TOP ↑