【お騒がせ忠犬《ライトロード・ハンターライコウ》エラッタ!?】グラファに洗脳されて強くなった?

公開日: : モンスターカード

「トワイライト」化の秘密を握ってそうな忠犬《ライトロード・ハンター ライコウ》くん
《暗黒界の洗脳》にてイラスト出演しただけでなく、スターターデッキ(2017)で再録が決定したようです…

「まぁ、ライコウは今までも散々再録されたし記事にする程でもないか~」と半スルーしていたのですが、よーくよーく見ると、この再録版ライコウ…何かがオカシイ!?

選んで破壊…だと!?
何かさり気無くパワーアップしてる~

って事で《ライトロード・ハンターライコウ》くんの新テキストを見て行こう!

SPONSORED LINK

対象をとる効果から対象をとらない効果へとパワーアップ


任意の破壊効果と強制の墓地肥やし効果を判断しやすくする為のエラッタっぽい?

破壊効果の方は任意効果で、墓地肥やしは強制効果っていう少し分かりにくいテキストだったので、分かり易くする為にエラッタしたって感じでしょうか?
まぁ、実質強くなっているのでそこまで不満は出ないと思いますが、分からない点が一つ…

エラッタ前のライコウだと破壊と墓地肥やしが別処理(同時処理でない)ので、タイミングを逃す要因になっていたはずですが、これってそのままなのかね… これ系でよくある「その後、~~~」って書いちゃうと、それこそテキストが意味不明になっちゃうので書くことができなかったっぽいが…

(裁定待ちですね…分かります。)

最近遊戯王を始めた人の為の補足

  • 「~を選択して発動⇒対象をとる効果
  • 「効果発動。~を選んで~~⇒対象をとらない効果

 

ちなみライコウの旧テキストは以下の通りです。

旧テキスト版ライコウ
リバース・効果モンスター
星2/光属性/獣族/攻 200/守 100
リバース:フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

グラファ様の洗脳半端ねぇ~

「トワイライトロード」化の影響で対象をとらない効果にパワーアップするのなら何も不思議じゃないんですが、オリジナルの効果まで書き換えるって、もはや洗脳ってレベルじゃねーぞ!(笑)

現実を捻じ曲げるグラファ様の洗脳術…恐ろし過ぎる

今回発表されたのは「ライコウ」のみですが、「トワイライトロード」の関係で『スターターデッキ(2017)』には他の「ライトロード」モンスターも再録されそうな気がしますね。
他に再録するタイミングもないし、少なくとも汎用性の高い《ライトロード・マジシャン ライラ》は高確率で入る予感がするぜ…

何かとお騒がせの忠犬《ライトロード・ハンター ライコウ》くんをこれからもよろしくお願いします!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    こういうふうに、再録してエラッタはコロコロしていいものじゃないと思うんですが、管理人さんはどう考えます?

    • cast より:

      これが普通になってもらっては確かに困りますね。するにしても何かしらのアナウンスは絶対に必要ですね

  2. 匿名 より:

    選択して発動って書いたのは8期までですね。
    9期は対象として発動で統一されています

    • cast より:

      昔の感覚のままで書いてました…申し訳ございません 早急に修正しておきます

  3. TMY より:

    海外版じゃtargetの単語がなかったのでこれはある意味統一した感じですね

  4. かも より:

    グラファ様ドンサウザンド説

  5. 匿名 より:

    傷ついて大量にストレージに放り込まれてるワンコにグラファ様の愛の手が

コメントを残す

【ストラクチャーデッキ「サイバース・リンク」オススメ収録カードリスト】リンク召喚本格始動!!

本記事は、2017/6/17日発売の最新ストラクチャーデッキ「

【トリックスターデッキと相性の良いカード考察】オネストの強さが際立つぜ・・・

「トリックスター」の強さを語る為には、それをサポートする出張札

【DDD超偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドンの効果を考える】相手フィールドにPモンスターがいない場合は!?

公式のyoutubeチャンネルで本日公開された「遊戯王リーグ」

【200ダメージ痛いです「トリックスター」カード・デッキ考察】マンジュシカの恐怖!!

今更ながらですが、先日「トリックスター」と初対戦したのでその感

【本日はマスターガイド5の発売日】OCGカードストーリーは15ページの大ボリュームです

本日はカードストーリーファン待望の『マスターガイド5』の発売日

【梶木デッキ胎動】城塞クジラを軸とした潜海奇襲(シー・ステルス・アタック)が面白強い

『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』にて収録され

【Pゾーンに舞い戻るスケール12《EM五虹の魔術師》の使い方】迷い風との組み合わせが面白い

『コレクターズパック2017』にて遊矢が零児とのラストデュエル

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)最新情報】謎の生命体はクラウド!?〖LABO感想〗

遊戯王VRAINS 徹底解剖!遊戯王LABOより引用 ©高橋和樹スタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑