【サイバース・ガジェットはシンクロ召喚でも大活躍・汎用性抜群の釣り上げ効果は超強力】管理人はジャックデッキで使う予定

Vジャンプ5月特大号に付属する《サイバース・ガジェット》の考察記事を先日UPしましたが、あちらの記事は【リンク召喚】に関する動きが主だったので、今回は補足も兼ねてシンクロ召喚での運用方法を解説していきます。

管理人は「ジャック」デッキでの使用を想定しているので、「ジャック」デッキでの運用例を中心に書いていますが、勿論その他のデッキでも活躍できる性能なので大注目です。

SPONSORED LINK

サイバース・ガジェット

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1400/守300
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。

関連記事:【サイバース・ガジェット効果考察】トークンをリンク召喚の素材に使えるって本当ですか?

リンク召喚における《サイバース・ガジェット》の有用性に関しては上の記事に書いているのでそちらでご確認下さい。

Vジャンプ公式チャンネルでのカード紹介時にもシンクロ召喚での有用性について解説されていましたが、おさらいも兼ねて大解説!!

レベル2以下のモンスターなら何でもOK!!

《ギャラクシーサーペント》
チューナー・通常モンスター
星2/光属性/ドラゴン族/攻1000/守 0
宵闇に紛れて姿を現わすと言われるドラゴン。 星の海を泳ぐように飛ぶ神秘的な姿からその名が付けられた。 その姿を見た者は数えるほどしかないと伝えられるが、見た者は新たな力を得られるという。

スターターデッキに収録されているので《ギャラクシーサーペント》を例にして解説。

墓地の《ギャラクシー・サーペント》を特殊召喚し、《瑚之龍(コーラル・ドラゴン)》をシンクロ召喚すると、場にレベル2のトークンが生み出るので、トークン(レベル2)と《瑚之龍(コーラル・ドラゴン)》でシンクロ召喚すれば、1ドローしつつレベル8シンクロに繋がる…強い!(確信)

墓地のレベル2以下ならほぼ制限なく釣り上げられるのが超魅力的!効果は無効化されますが、墓地発動する効果なら問題なく発動できるので組み合わせ次第では滅茶苦茶美味しいシナジーも見出せそうです。

とりあえず《サイバース・ガジェット》自身は非チューナーなので、シンクロ運用する場合はチューナーを釣り上げる。(これ大事)

ジャックデッキの場合

ジャックデッキにはみんな大好き「リゾネーター」モンスターが盛り沢山なので、釣り上げ対象にはまず困りません。更に、非チューナーの採用バランスも重要になって来るデッキなので、一枚で非チューナー(レベル4)+チューナー(レベル1or2)の構図を作り出せるこのカードの相性は抜群と言えます。

既に釣り上げ担当として《レッド・スプリンター》君がいますが、彼はフィールドの状況に左右される効果ゆえにここぞという時に使えないってシーンも度々あり、万能とは程遠い存在でした。(別に彼が無能って話しではなく、手札やSSにも対応しているので彼には彼なりの強みがあるって話)

レッド・ライジング・ドラゴン》を絡めると闇属性・ドラゴン族という縛りが発生するので、生成されるトークンを有効に使う手段は中々に難しいですが、場合によってはベリアル効果のコストに使えたり思わぬルートに繋がるきっかけになるので軽視はできません。

まぁ、墓地が肥えてないと機能しない札なので脳死で3枚ってのは考え物ですが、試す価値は十分にあると考えているので管理人は今月のVジャンプは三冊購入の予定です。

新時代の《ジャンク・シンクロン》とも呼べる存在

自身がチューナーでない分、フィールドから離れるとトークンを生み出す効果を持った《ジャンク・シンクロン》とも呼べる存在。勿論、シンクロではなくリンク召喚という本来の動きもできるので、性能に関しては申し分ないはずです。

かなりの汎用性を誇るカードなので、再録も早いカードだとは思いますが、これはおさえておくべきカードの匂いがプンプンしています。【サイバース族】とか【リンク召喚】にそこまでまだ興味ないな~って人も華麗にスルーする前に自分の持つデッキで使えるカードかどうかの吟味をオススメします。

本来ならスターターに収録しても良いレベルのカードだと思う

定期購読組や予約していない人は発売日当日に書店へGOですぞ~

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. TMY より:

    使うなら複数枚確保したいカードですね

  2. 匿名 より:

    PSYに入れようと考えてる
    墓地の1、2PSYチューナーとガジェで
    コーラルかアクセルシンクロン
    からのΩかΖ
    早く使ってみたいぞ

  3. TyP より:

    金銀ガジェで呼んでも釣り上げ出来ないし
    ウィッチクリッター対応が大半のジャックデッキとの相性は良さげだな

    後はズァーク・遊矢戦のモンスター・魔法が魔改造されれば中々楽しくなりそう

  4. 匿名 より:

    ジャンクロンのイメージがあるからか星3だと思ってたよ 星4ならつよいね〜

  5. 匿名 より:

    将来的にウィッチが完全釈放されたらライジング出しながら後続のリゾネーターかワイルドワインドサーチできて楽しそう

  6. 匿名 より:

    これを「ジャック」デッキで使う気はしないな

    • cast より:

      今回に関してはリゾネーターシンクロと表記するべきでした。失礼しました。

    • 匿名 より:

      ジャックに限らず今までキャラデッキ楽しんでた層はリンク混入に拒否感高いっすね
      文字通り異物混入なワケですし笑

  7. 匿名 より:

    レベル1チューナー釣ってボウテンコウからガイザーができるので竜星に入れる予定

  8. 元ジャック より:

    僕もジャックデッキ使いとして新マスタールール以降、どうすればよいのかと頭を抱える日々なのですが…
    しかし、管理人さんはあまり悲観してないご様子
    よろしかったら管理人さんのサイバースガジェット入りのデッキレシピを一度教えていただけたら嬉しく思います

  9. レモンの人 より:

    レモンの人です。
    リゾネーターデッキに採用するのはアリだと思いますが、その場合はリンクスレイヤーなどの他のサイバース族の採用を検討すべきだと思います。

  10. 匿名 より:

    今更だけど本当に素早い再録ストラクチャーと予言的中に驚きです。

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【魔界の警邏課デスポリス付録Vジャンプ8月号感想・レビュー】今明かされる漫画版アークファイブ驚愕の真実!

魔界の警邏課デスポリス付録「Vジャンプ8月号」を購入して参りま

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話感想】ボーマンとのマスターデュエル!新たに植え付けられた記憶

キルラキルと言うべきか、綺羅星と言うべきか…やたら星が主張して

【マスターリンク】《プロフィビット・スネーク》の収録が判明!驚異のダメステバウンス!

遊戯王公式twitterにて、2018年6月23日発売「ストラ

【クラッシュ・オブ・ウィングスオススメカード5選】まさかの空牙団参戦!【デュエルリンクス最新パック】

本記事は、『デュエルリンクス』に新実装される最新パック「クラッシュ

【焔凰神-ネフティス効果考察】攻撃力4800、戦闘・効果破壊耐性、効果対象不可!儀式デッキの矛となれ!

『ヒドゥン・サモナーズ』に収録される《焔凰神(えんおうしん)-ネフ

更なるサイバー新規《サイバー・ネクステア》等、遊戯王の今をぐだぐだ話す記事【陰陽師、家事テーマ、ゴキボールSP】

記事にする程のボリュームは無いけど、触れたい内容ではある…。

【クロック・ワイバーンの汎用性の高さ】絶対正義トークン生成!超融合でエクストラリンクを完全突破!!

本日は、《サイバース・クロック・ドラゴン》の素材指定にもなって

【手札からリンク召喚素材を供給?】マイクロ・コーダー&コード・ラジエーターという強力な逸脱者たち

本記事は、手札からリンク召喚の素材を供給できるというトンデモ効

→もっと見る

PAGE TOP ↑