【《接触するG》はEXデッキからの召喚メタに使えるのか?】リンク召喚の存在が最大の障壁

公開日: : 最終更新日:2017/10/14 モンスターカード

〈対峙したら次のステージはこうだよなぁ…〉

「エクストリーム・フォース」に新たな「G」カードが収録されている様ですね。

その名も《接触するG》(想像するだけで悍ましい)。

あらゆる召喚方法をもしかしたら封じれるかもしれないやんわりとしたメタ効果。

これまた評価が難しい一枚です…。

もしかすると、相手にリンク素材をプレゼントする結果に終わっちゃうかも!?

SPONSORED LINK

接触するG

効果モンスター
星6/地属性/昆虫族/攻1500/守2200
(1):相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。このカードを手札から相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのコントローラーは融合・S・X・リンク召喚を行う場合、このカードを素材とした融合・S・X・リンク召喚しか行えない。

収録:【エクストリーム・フォース】

相手の召喚・特殊召喚に反応してヒラヒラと相手の場へと飛翔!

フィールドに存在する限り、相手の各種召喚を抑制し続けます。

…が、このカードを素材とすれば問題なしに融合・S・X・リンクできてしまので、メタ札としてはやや緩々な印象。

召喚方法によっては確かにクリティカルかもしれませんが、これはどうなんだろう?

召喚方法別に考える必要があると思うので、それぞれ個別に見て行きましょう。

融合メタとしての評価

《ヒーローアライブ》
通常魔法
(1):自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合、
LPを半分払って発動できる。
デッキからレベル4以下の「E・HERO」モンスター1体を特殊召喚する。

〈マスクHERO相手にうち所は多いが…〉

送り付けた《接触するG》を素材に使用される可能性は低いですが、手札融合からいきなりGOされる可能性があるので手遅れになる可能性もあります。一応その後の展開を止められはしますが、まぁまぁサイズの大きなGなんでそのまま殴りに来そうな気もしますね(笑)

「マスクHERO」相手だと《ヒーローアライブ》、《エアーマン》召喚、《リビングデッドの呼び声》等、うち所は多いかもしれません。

ただ、《コード・トーカー》等、【汎用リンク2】の素材に使われて終了の可能性も高いです。

シンクロメタとしての評価

《亡龍の戦慄-デストルドー》
チューナー・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻1000/守3000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
LPを半分払い、自分フィールドのレベル6以下のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、レベルが対象のモンスターのレベル分だけ下がり、
フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

〈せめてレベル7ならば…〉

シンクロは融合と違い盤面に展開してからが勝負なので、飛ばすタイミングは多いです。

しかし、レベル6という微妙な高さはシンクロ素材としては持って来いなんじゃないでしょうか?

最近流行りの《亡龍の戦慄-デストルドー》の対象にもなってしまいますし、抑制能力はそこまで高くなさそう。

勿論、【汎用リンク2】で対応される可能性もあります。

エクシーズメタとしての評価

《彼岸の旅人ダンテ》
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/光属性/戦士族/攻1000/守2500
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数×500アップする。
(2):このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地の「彼岸」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

〈彼岸には結構刺さりそう…(辛)〉

この中だと一番制する事が出来そうなのが【エクシーズ召喚】です。

【ランク6エクシーズ】を扱うデッキだと素材にされてしまいますが、運悪くヒットしない限りはたぶん大丈夫。

ただ、こちらも【汎用リンク2】で対応される可能性が高く…完全なるメタとは言い難いです。

リンク召喚メタとしての評価

《ミセス・レディエント》リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/獣族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
地属性モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

〈相手が得して終了だけは避けたい〉

これからどんどんプールは広がって行くでしょうし、既に【地属性汎用リンク2】を持っている事から相手に素材をプレゼントする確率の方が高い気がします。

せめて【リンク召喚】に使用する場合はリンク3以上にしか使用できないとか…そういうもう一枷があって欲しかった。

【リンク召喚】の存在ゆえにその他の召喚メタとしても微妙な評価を下さざるを得ない感じが悲しすぎます。

登場するのがやや遅すぎたか…!?

【リンク召喚】が存在する今となっては、このカードを素材としなくてはならないってのは抑制として不十分に感じます。

「彼岸」の様に素材指定や自場の状況がしっかり縛られているテーマが環境に上がってこない限り使われる事は流石に無さそうかな?

あと2年早く登場していれば評価も違っていただろうに…(無念)。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    相手のデッキに左右されるし汎用リンクの餌にもなりやすそうだから少なくともメインには入らなさそうな

  2. 匿名 より:

    今回のGはイラストが一番強烈ですね。あと何気にG系のカードで打点が一番高いという…現環境ではSPYRALのメタとはいいがたいですねえ…

  3. 幻奏使い より:

    Gに触られて死んじゃう彼岸の悪鬼たち……

  4. 匿名 より:

    大量展開できる相手に刺さらないというだけで基本的には強いでしょ
    汎用リンク2に変換されてもそこで相手の展開が止まるなら万々歳
    Gの他にモンスターを1体犠牲にして弱小リンク2を出すってかなりつらいぞ

  5. 匿名 より:

    融合デッキならキツそう
    まあ間違いなくデコードトーカーなどリンクは入ってると思うけど

  6. 匿名 より:

    純リンクデッキにはほとんど利かないだろうけど
    それ以外にはある程度の効果はあるでしょう
    汎用リンク2に変換されるといってもターンはかえってきそう

    • cast より:

      そこで止まってくれる相手なら確かに良い択かもしれません。リンクがある今だから許されたカードとも考えられますね。

  7. 匿名 より:

    マスクHEROみたいな特定のキーカードがあったり、リンク2に変換して再展開が出来る程数を並べる事のできないデッキにはぶっ刺さりそうですね…

  8. 匿名 より:

    個人的にはテキストには『このカードを素材とした』ってあるから『このカードのみ』ではないしリンク3以上の素材にもできそうだから役に立たなさそうな気がするけど

  9. 匿名 より:

    テーマ専用の素材縛りリンクが多くて、エクストラに汎用が入らないようなテーマ相手ならワンチャンですかね。流行次第でしょうけど、わざわざコイツである必要性が現状では無いですかねぇ

コメントを残す

【オーバーテクス・ゴアトルスの召喚条件が重い?】シャドールフュージョンなら1枚でOKだよ!

10月改訂で《魂喰いオヴィラプター》と《化石調査》が規制されて

【アロマセラフィージャスミン効果考察】ロンファ、マスマティ1枚で出せる超汎用リンクモンスター

11月25日発売『リンク・ヴレインズ・パック』に「アロマ」新規

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話感想】GO鬼塚の決意!ヒールターンによりダーク鬼塚爆誕!《毒霧》

友を昏睡に追いやったドクターゲノムをぶっ潰すべく立ち上がったG

【リンク・ヴレインズ・パック収録カード】彼岸、クリストロン、ライトロード等々!《アロマセラフィ-ジャスミン》公開!

皆が楽しみでしょうがない『リンク・ヴレインズ・パック』のカード

【サプライの軌跡】ブルーアイズデザインのデッキケースを入手!最近の非正規品って出来が良いんだね…

気付いてしまった…( ˘•ω•˘ )…カードサプライ系の記事を

【新パック「サーヴァント・オブ・キングス」は何が当たり?】混沌の黒魔術師欲しい!《遊戯王デュエルリンクス》

本日配信(2017/10/18)となる最新パック「サーヴァント

【インスペクト・ボーダーは強いのに安すぎる】メタビ専用カードとして見るのはやや早計かも?

「エクストリーム・フォース」には、過小評価され過ぎててやたら安

【デュエルリンクス】《機械天使の儀式》制限!《レッドアイズ・スピリッツ》は準制限!【最新リミットレギュレーション】

11月開催予定の「KCカップ」に向け、よりよいバランスを目指す

→もっと見る

PAGE TOP ↑