【サイバース・ガジェット効果考察】トークンをリンク召喚の素材に使えるって本当ですか?

公開日: : モンスターカード

Vジャンプ5月特大号付録《サイバース・ガジェット》の効果が判明しました。

《サイバース・ガジェット》の効果自体は【リンク召喚】を意識したかなりの良効果なんですが、それと同時に判明した事実”トークンをリンク召喚に使用可能”でそれ以外のトークン生成カードが荒ぶる魂を抑えきれないようで…(特にゴウフウ…)。

《サイバース・ガジェット》の考察記事と呼ぶにはかなりワチャワチャした内容になってますが、悪しからず~

SPONSORED LINK

Vジャンプの公式動画でも紹介されました

サイバース・ガジェット

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1400/守300
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。

釣り上げ&トークン生成の優秀な効果!

①は召喚成功時に墓地のレベル2以下のモンスターを効果無効守備表示で特殊召喚できる効果。

「サイバース族」には、レベル2バニラの《ビットロン》がいるので、釣り上げの想定対象は恐らくそちら。更に、このカードが墓地に送られた場合に「ガジェット・トークン」を生成する効果まで持ってる…

あれっ、このカード強くね!?

単独で《デコード・トーカー》にアクセスこそできませんが、消費を軽減しつつ【リンクモンスター】へと繋げられる優秀な効果を二つも持っているとは天晴です。一応、「ガジェット」モンスターなので、《ゴル・シルガジェット》でサーチ可能だし本当に良いカードです。

【リンク召喚】の素材としてトークン使用OK!?

サイバースの名を冠するモンスターがトークン生成効果を持っているという事は、トークンをリンク召喚の素材に出来ちゃう!?と考えるのが自然…

更にそれを裏付けるかの様に、フラゲのQ&Aでトークンや効果でモンスターになった罠カードなどをリンク召喚の素材に使用できる。って情報が掲載されていたようです。

《スケープ・ゴート》やら何やらかんやらの評価がぐぐーんとアップしそうですが、何よりもあいつがヤバイ!ヤバ過ぎる!!

《サイバース・ガジェット》が強いのは勿論ですが、それ以上に《BF-朧影のゴウフウ》がヤバ過ぎる

《BF-朧影のゴウフウ》
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星5/闇属性/鳥獣族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。 自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
①:このカードが手札からの特殊召喚に成功した時に発動できる。 自分フィールドに「朧影トークン」(鳥獣族・闇・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。 このトークンはリリースできず、S素材にできない。
②:このカードとチューナー以外のモンスター1体以上を自分フィールドから除外し、 そのレベルの合計と同じレベルを持つ 自分の墓地の「BF」Sモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをチューナー扱いとして特殊召喚する。

トークンを【リンク召喚】の素材に使えるという事は、《BF-朧影のゴウフウ》は一体から《デコード・トーカー》にアクセスできるモンスターって事になります。(やべぇよ・・・やべぇよ・・・)

ー簡単な流れー

ゴウフウを①効果で特殊召喚して、トークンを2体生成。

まず、トークン1体を《リンク・スパイダー》(素材:通常モンスター指定・リンク1)をエクストラモンスターゾーンに【リンク召喚】、《リンク・スパイダー》のリンクマーカーは⇩なので、もう1体の朧影トークンを使用して真下に《リンク・スパイダー》を【リンク召喚】。

そのまま《デコード・トーカー》を【リンク召喚】してもいいですが、《リンク・スパイダー》はどちらもサイバース族なので、それを素材に《ハニーボット》を【リンク召喚】したり、その他色々なルートに繋げていける!

トーカー:「意外と簡単に出るじゃろ!?」

《ゴウフウ》くんの命運や如何に!?

流石に一体からリンク3を展開できるとなると、《朧影のゴウフウ》はかなり強いカードになってしまうでしょうね…

「リンク召喚促進の為に一役買ってもらうぜ、ゴウフウ!」となるか、「新カードの立場がねーじゃねーかー、スマネェなゴウフウ!」となるかは運営次第だと思います。

ゴウフウ君の運命や如何に!?

追伸:完全にトークンの話題、ゴウフウの話題に切り替わっていましたが、Vジャンプ5月特大号《サイバース・ガジェット》はかなり優秀なカードなので大注目です。このカードの効果で何となく遊作くん(サイバース)の戦術が見えてきましたし、ソリティア色の強そうな動きなので、アニメ映えはしそうだなぁ~と個人的には楽しみにしています。

Amazon:Vジャンプ 2017年 05 月号 [雑誌]

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    新ルールは低速化じゃなくてリンクを売るためだったのね、
    サイバースガジェットはジャンクシンクロン見たいで絶対
    強い。3枚集めといた方がいいな。

  2. 匿名 より:

    トークン使えるとなるとおジャマトリオやナイトメア・デーモンズとかは敵に塩を送りかねないし宇宙の収縮とのコンボのロックをエクストラにリンクモンスターを用意するだけで突破されることになりますね
    幸い同じ送り付けるロックのダストンはリリース自体できないので大丈夫ですがロックデッキの一部は見直しが必要になりますね

  3. 匿名 より:

    ゴウフウのトークン リリース出来ないついてますが、リンク召喚できるんですか?
    出来るのなら BF は、飛べる

  4. 匿名 より:

    今からでも遅くないリリースにしろ

  5. 匿名 より:

    いま現在判明しているリンクモンスターは大体縛りがある(効果モンスター等)ので、トークンだけだとガイアセイバーしか出なさそう

  6. 匿名 より:

    ツィオルキンの後を追うようにビシバールキンも死んでしまった……

  7. TMY より:

    問題はエクストラの枠ですね
    リンクとそれ以外のバランス大事

  8. 匿名 より:

    ルール改正辞めて欲しいなぁ…、なんだか昔のカードが可愛そうに思う

  9. 匿名 より:

    まぁ、それでも真竜十二獣が強いんですよね。
    レディエント搭載したら、なにかと厄介な気もします

  10. 親切なおじさん より:

    ダストンロックが意味なくなんのか…
    新ルールの弊害が色々ところに見え始めてますね
    RUM型のRRで生きていきたいがファジーさんの制約でリンク召喚も出来なくなるのが難点です そもそもRRのエクストラ枠カツカツなんですけどね

  11. 匿名 より:

    ツォルキンはむしろ息を吹き返したんだよなあ。ゴウフウでトークン×2→スパイダー×2→ミセスレディエントでリンク先を2つ確保しつつ、ゴウフウ自身をツォルキンの素材にできるから。

  12. ガトムズの休日出勤 より:

    元々強いカードでしたから、有用になりすぎれば制限待ったなしですかねゴウフウ

  13. マメイドルの人 より:

    ガジェットモンスターの効果は召喚、特殊召喚に対応するタイミングを逃すことのある効果なのではないのか!?

  14. 匿名 より:

    怖いのはlinkモンスター同士でlink召喚ができるかどうか明記されてないところだよな

  15. 匿名 より:

    トークンが使えてもエクストラがカツカツなのは変わらないですからね、記事のゴウフウの流れでもスパイダー2ハニポ1トーカー1で4枚消費してますし

  16. 匿名 より:

    禁止制限でスケープゴートをスケープゴートにして生き残るトークン生成カードとか出てきそうですね

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第78話感想】リボルバー様による熱き勧誘!荒野を彷徨う孤高の一匹狼、ブラッドシェパード!

イグニス絶対倒すマン同盟を組むべく、健吾へと近づくリボルバー様

【サラマングレイト新規】《転生炎獣Bバイソン》判明!セルフSS・リンク回収・効果無効【SDソウルバーナー】

『SD-ソウルバーナー』に収録される新カード、《転生炎獣(サラ

『遊☆戯☆王』デュエリスト&モンスターズ メモリアルディスク予約開始!20thシク《ブラック・マジシャン・ガール》ゲットチャンス!《特典・解説役声優情報等》

2019年3月20日(水)発売予定『遊☆戯☆王デュエリスト&モ

【Vジャンプ1月号(プラチナ・ガジェット付録)感想・レビュー】何冊購入予定ですか?《ゲーム小話》

本日発売(11/21)『Vジャンプ1月特大号』を購入して参りました

《セラの蟲惑魔》の使い方・効果考察:「こわくま」デッキに革命来る!展開&落とし穴セットのダブルアド革命!

▲ここにセラ達も加わる訳か… だんだん大所帯になってきましたねw

《機関重連アンガー・ナックル》の使い方・効果考察:《スキドレ》強制遮断!《緊急ダイヤ》《臨時ダイヤ》をフィールドからコストにするのオシャンティー

『リンク・ヴレインズ・パック2』の特集記事第12弾は、「DP」に引

《PSYフレームロード・Λ(ラムダ)》と《六武衆の軍大将》の強さを動画でチェック!《六武の門》やっぱり強い…

Youtuberのポルンガさんのチャンネルにて、『リンク・ヴレ

【堕天使リンク】《失楽の堕天使》効果考察:聖女、魔女を経て堕天使へ!神へ仇なす者達

▲聖女、魔女を経て、堕天使へと至る。 神によって追放されし者達よ、今

→もっと見る

PAGE TOP ↑