【聖騎士の追想イゾルデの制約はサーチ効果発動後に適用されます】エアーマンの効果を発動した後にエアーマンサーチしてもOKよ!

公開日: : 【なぜなに遊戯王】

《聖騎士の追想イゾルデ》効果によって発生する制約について。

①効果の発動で発生する「このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果を発動できない。」について疑問に思っている人が意外と多いようなのでご説明しておきます。

SPONSORED LINK

《聖騎士の追想イゾルデ》の①効果による制約について

聖騎士の追想 イゾルデ シークレットレア 遊戯王 リンクヴレインズパック lvp1-jp051

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果を発動できない。
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。墓地へ送った数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

基本的には《クリッター》や《黒き森のウィッチ》と同じ感じ

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。

 

《クリッター》や《黒き森のウィッチ》とは制約内容が少し違います(こっちは召喚・特殊召喚・永続効果等は縛ってない)が、制約の適用過程に関しては同じ。それぞれの効果処理を完了したと同時に制約も適用されます。

なので、《クリッター》や《黒き森のウィッチ》の効果でサーチしたモンスターがその効果以前(同じターン)に効果を発動していたとしても問題ありません。

例えば、《キラートマト》の効果で《クリッター》をリクルートして、そのターン中に《クリッター》が墓地に送られ、その効果で《キラートマト》をサーチする事ができるよって感じの話です。

「HERO」デッキでの例

《エアーマン》の効果を使った後で《イゾルデ》効果で《エアーマン》をサーチできる

《E・HEROエアーマン》
効果モンスター(準制限カード)
星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの「HERO」モンスターの数まで、フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
●デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。

 

《ヒーロー・アライブ》始動で《シャドーミスト》を特殊召喚して「チェンジ」サーチ。手札の《エアーマン》を召喚してサーチ効果《バブルマン》。ガン伏せ(出来たら良いな)して《バブルマン》を特殊召喚し、《エアーマン》と《バブルマン》で《イゾルデ》をリンク召喚的な想定。

Q.ここで《イゾルデ》の効果で《エアーマン》や《バブルマン》をサーチできますか?
A.ジャンジャンサーチしちゃってください。

「剛鬼」デッキでの例

《スープレックス》の効果を使った後で《イゾルデ》効果で《スープレックス》をサーチできる

《剛鬼スープレックス》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札から「剛鬼」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「剛鬼スープレックス」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

 

《剛鬼スープレックス》の効果で《剛鬼ツイストコブラ》を特殊召喚し、その二体で《イゾルデ》をリンク召喚。《剛鬼スープレックス》と《剛鬼ツイストコブラ》の効果で「剛鬼」カードをサーチした想定。

Q.ここで《イゾルデ》の効果で《スープレックス》や《ツイストコブラ》をサーチできますか?
A.サーチするのはOKですが…。

サーチするのはOKですが、《剛鬼再戦》が腐っちゃうので他の「剛鬼」モンスターをサーチした方がお得ですね。書きながら「これダメじゃん…」って思っちゃいましたが、例題としては良いものになった気がします(笑)。

色んな戦士デッキで活躍させてね!!

「剛鬼」デッキなら、能動的に「剛鬼」モンスターを墓地に送れる上にサーチした「剛鬼」カードを《ヘッドバット》のコストにできたり《マンジロック》がレベル1だから②効果でリクルートしやすい等々、色々と噛合っていて素晴らしいという話を聞きました(コメント欄にもいっぱい寄せられてましたね)。

《マンジロック》や《ダークマスク(予定)》が実装されたらちゃんと形になりそうで楽しみです。

それまでにシークレットの《イゾルデ》を何とか引き当てなくては…(野望)。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ユキ より:

    自分の使っているデッキも戦士族が多いのでイゾルデが今回一番嬉しかったですね。
    X-セイバーやHC、忍者などに使える可能性が広がるいいカードだと思います。
    シクでなくても二枚は確保しておきたいですね

  2. huyu より:

    2箱でイゾルデ0!友人とトレードだ!
    豪鬼新規がない現状でも手札2枚からサモソ+グリオガンドorフェニキシオンとかできるので楽しいですね。

  3. 匿名 より:

    これモンスター効果が使えないだけなので、ペンデュラム効果とかは使えるんですね。戦士族PでP効果強いのいたっけ?

  4. 匿名 より:

    手持ちの戦士族デッキに忍者があるので使えるかなーと思って1枚シングルguyしたんですけど、どうなんですかね?

    • cast より:

      ジョウゲンとカゲンが入ってるならそれらのサーチに使えますね。ニチリンとかが入ってるならそのコストにもつかえますな!

  5. ネテルヒトー より:

    じゃあ逆に効果使っちゃったらサーチできないテキストはどう表記するんですかね。

  6. 匿名 より:

    ちょうど知りたかったので助かりました、やっぱりイゾルデ強いですね。

    • cast より:

      便利ですね。シークレットが欲しい(強欲)なお、まだウルトラ版も持っていない模様。

  7. 匿名 より:

    白い方のイゾルデ目赤いよね、ランスロットもそうだったけど

  8. 匿名 より:

    足りない方の魔装戦士をサーチしてスケールセットできるのはおいしい
    が、サーチした方と同じのをEXデッキからp召喚しないように要注意だな
    召魔装着から動いているとこのミスを度々しそうになる…

コメントを残す

【新たな良き力《トポロジック・トゥリスバエナ》効果考察】相手が使用するEXモンスターゾーン前に展開すると…

1月13日発売『フレイムズ・オブ・デストラクション』には、昨日

【Vジャンプ3月号付録《E・HEROソリッドマン》効果予想】展開をサポートするって事らしいけど

『Vジャンプ3月特大号』に付属する事が判明した《E・HEROソ

【 公式レシピ】《パーペチュアルキングデーモン》採用型「三幻神」デッキ!《エッジインプ・シザー》が生命線!

《パーペチュアルキングデーモン》を使用した「三幻神」+「デーモン」

【コード・トーカー特集】《デコード・トーカー》から始まった謎多きサイバースリンクモンスター【パワーコード・トーカー追記】

《デコード・トーカー》から始まりし謎多きサイバースリンクモンス

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話感想】トポロジック・トゥリスバエナという新たな良き力。

ゴーストガールの先行で幕を開けた【ゴーストガールvsリボルバー

【フレイムズ・オブ・デストラクション収録カード一覧】《オルターガイスト・キードゥルガー》公開【カード評価・プチ解説付き】

1月13日発売『フレイム・オブ・デストラクション』のカード効果

【パワーコード・トーカーの使い心地が良好だった話】ややコストが重い印象でしたが割かし強かったです

【ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク】に収録された新規

【レギュレーション改訂の影響と新環境の動向を考える】強そうなデッキは何かなぁ?

リミットレギュレーションの公開から1日が経ち、そろそろみんな落

→もっと見る

PAGE TOP ↑