【アスポート効果考察】速攻魔法版《ポジションチェンジ》!ジャックナイツや《魅幽鳥》とのシナジーを意識したカード

公開日: : 遊☆戯☆王.JP公開新カード情報

『エクストリーム・フォース』収録カードの新情報が「遊戯王.JP」にて公開されましたよ!

自分フィールドのモンスターの位置を自由に変えられる速攻魔法《アスポート》。

イラスト的に「サイキック族」サポートかと思いきや、特にそんな事も無かった!でも、アスポートはしっかりとサイキック用語だし何にも間違っちゃーいない!

アポート(apport)は超能力の一種で、別の場所にある物体を取り寄せたり、物体をどこからともなく登場させることである。取り寄せ、引き寄せなどと訳されることもある。アポーツとも呼ばれる。アポートに対しアスポート(asport)は、物体を別の場所に送ったり、どこへともなく消し去ることである。こちらはアスポーツとも呼ばれる。(アポートwikiより引用)

ソース:【遊戯王.JP】
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

アスポート

速攻魔法
①:自分のメインモンスターゾーンのモンスター1体を対象として発動できる。その自分のモンスターを任意の、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。

収録:【エクストリーム・フォース】

自分のメインモンスターゾーンのモンスター1体を別の自分のモンスターゾーンに移動させる…ただそれだけのカード。

基本的にアド損するカードなので、動く事が失うアド以上でないと評価できないカードです。

しかし、速攻魔法で場所移動できるってのは今後の遊戯王で大きな意味を持ってきそう…。

同時収録される「機界騎士(ジャックナイツ)」では一応使えますが、どちらかというと相手のモンスターを動かしたいデッキなので採用するなら要検討って所でしょうか?

動かせるのは自分のメインモンスターゾーンのモンスターだけだぞ!

注意点としては、自分の【メインモンスターゾーン】のモンスターしか対象にできないって事ですね。

【エクストラモンスターゾーン】のモンスターをどっこいしょして(´∀`*)ウフフは出来ないので要注意!

《青き眼の乙女》へ奇襲的にタッチできるね

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
「青き眼の乙女」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドの表側表示のこのカードが効果の対象になった時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。
その攻撃を無効にし、このカードの表示形式を変更する。
その後、自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚できる。

 

別にいやらしい意味ではないです。

奇襲的に《青き眼の乙女》を対象にとれて効果を誘発する事が出来るなぁ~と考えはしましたが、そもそも使い捨てOKでフリーチェーンで触る事が目的なら他のカードでも良い訳で…。

同じようなカードで注目されていた《ポジションチェンジ》は、そういえば永続魔法である事が大きかったなぁ~と思い出しました。

あ…別に《アスポート》で触りたいなら全然問題はないですよ!

《ポジションチェンジ》か《アスポート》か!?

《ポジションチェンジ》
永続魔法
自分フィールド上モンスター1体の位置を、使用していない隣のモンスターカードゾーンに移動する事ができる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

比較対象としては《ポジションチェンジ》の名が確実に挙げられる事でしょう!

使い捨てだけとフリーチェーンで移動場所も自由な《アスポート》か?自分メインフェイズ限定、移動できるのはお隣、しかし、維持できれば恒久的に使用できる《ポジションチェンジ》か?

これは「デッキによって使い分けよう。」としか言いようがないですね。

「機械騎士(ジャックナイツ)」的には縦列カウントになるし《ポジションチェンジ》優先!?

今はただ只管期待を込めて

今はただひたすら将来への期待を込めて…って印象のカードです。

《魅幽鳥》をフリーチェーンで動かしまくるのは面白そうですが…

やっぱりアド損するのは辛い…((+_+))

遊戯王OCG デュエルモンスターズ EXTREME FORCE BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2017-10-14)
売り上げランキング: 691
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ポジションチェンジが使われてるならまだしも、全然使われて無い中こんなカード出てもね
    せめて墓地除外でもう一回移動出来ても良かったんじゃ?

  2. ゲス顔ダブルエックス より:

    リンク先に左右マーカー持ったヤツ召喚して移動させれば枠増えるから楽しそう、それなりの展開力要求されるだろうけど。

  3. 匿名 より:

    名前と画像でサイキックサポートかと思って効果読んでがっかりしたやつ……
    これははたして、今後位置で効果の変わるモンスターも増えると言うことなのでしょうか

  4. 匿名 より:

    よく只管が出たなぁ。うちのアンドロイドだとでないわ。痴漢ならでるけど。青眼ちゃんのところと関連したネタかしら。
    位置が変わることで大きなメリットになる、さらに通常(速度1)ではなく速効であることが決め手になるコンボがメインのカテゴリーが出きるのかしら?今後に期待!

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【真紅眼の不屍竜/レッドアイズ・アンデットネクロドラゴン考察】アンデットワールドへの依存性は高いがデッキ次第では普通に汎用

『ストラクチャーデッキR‐アンデットワールド』に収録される《真紅眼

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第64話・感想】草薙さんと遊作、出会うの巻!《過去編》

今明かされる遊作と草薙さんの出会いのエピソード。 ロスト

【エクストラパック2018収録《ハロハロ》公開】フレーバーテキストが滅茶苦茶可愛い!【ミニストップに行きたくなる】

『エクストラパック2018』に収録される新カード《ハロハロ》の

【タツネクロの使い方・効果考察】《たつのこ》まさかのアンデット化!手札シンクロor送り付け戦術!?

可愛い可愛い《たつのこ》は、アンデットになっても可愛かった!?

【シンクロデーモン《デーモンの招来》効果解説】対象耐性付与で硬さが増しました!

キャンペーンパック第三弾の収録情報と共に、第三の《デーモンの召喚》

【ストラクチャーデッキRアンデットワールド】収録カードリスト・新規カード効果・再録情報まとめ【タツネクロ等更新】

本記事は、9月22日発売『ストラクチャーデッキR-アンデット・ワー

【《デーモンの招来》収録・20thスペシャルパックカード一覧】《バルブ》と《トリックスター・ライトステージ》のスーパーやばそう

『遊戯王OCG』20周年を記念して毎月実施(12か月連続)され

【エクストラパック2018収録カードまとめ】アドヴェンデッド・セイヴァーの効果判明!【カッコイイ】

2018年9月8日発売、『エクストラパック2018』の収録カー

→もっと見る

PAGE TOP ↑