《エクスクローラー・クオリアーク》の画像・効果が公式情報サイトにて公開!【星杯関連?これが機怪蟲?】

公開日: : 最終更新日:2017/06/24 遊☆戯☆王.JP公開新カード情報

〈久々の蜘蛛モンスターだと思ったけど、クモグス君がいた!〉

『遊☆戯☆王』公式情報サイト「遊☆戯☆王.jp」にて7月8日発売『サーキット・ブレイク』に収録される新カード《エクストローラー・クオリアーク》が公開されました。

他の「クローラー」モンスターについて一切が不明なので、現時点では評価に困りますが、効果の仕様からして、大量展開・裏側守備でのリクルートから「リバース」の存在を感じさせます。

SPONSORED LINK

エクスクローラー・クオリアーク

《エクスクローラー・クオリアーク》
効果・リンクモンスター
地属性/昆虫族/LINK-2
「クローラー」モンスター2体
①:自分フィールドの「クローラー」モンスターの数によって以下を適用する。
●2体以上:自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●4体以上:相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。
●6体以上:自分のモンスターは直接攻撃できる。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

遊戯王.jpより引用
©2017 Konami Digital Entertainment

もしかして「星杯」関連?

イラストや効果の雰囲気から、何となく「星杯」との関連性を感じずにはいられません。

もし関連するテーマなのであれば、《星杯に誘われし者》等のフレーバーに登場する「機怪蟲」と呼ばれる存在と、この「クローラー」は何かしらの関係がありそうです。

続報は「遊戯王.jp」or「Vジャンプ」誌面とのこと!

裏側守備表示で2体釣り上げる効果部分には「リバース」テーマを感じさせますが、①効果で即座に「クローラー」カウントを増やさない防止策とも取れますね。

とりあえず続報は「遊戯王.jp」or「Vジャンプ」誌面との事なので、そちらに期待して待ちましょう!

蜘蛛っぽいモンスターがワラワラ湧いてくるテーマだったらええなぁ~(´・ω・`)

ソース元

「遊☆戯☆王.JP」《エクストローラー・クオリアーク》紹介記事

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    効果解説のところ裏側表示でなく表側表示になってますよ

  2. そもそもリンクスパイダーが…

  3. 匿名 より:

    ビジュアルがどストライク
    従来の昆虫たちとシナジーあったらいいなあ…

  4. 匿名 より:

    まともな昆虫族テーマは久しぶりなんじゃ?
    電子光虫は微妙な枚数しか出てないし

  5. 匿名 より:

    蜘蛛モンスター…ナンバーズ…うっ頭が

  6. 匿名 より:

    これは・・・インゼクター以来のマトモな昆虫族テーマ来るか?

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【呪眼(じゅがん)デッキ構築】命削りAF・メタビート型レシピ:妨害してサリエルでひたすら殴る!

レジェコレ直後だし今回は購入セーブするつもりでしたが、結局合計

【20thシクアレイスター出るか?】インフィニティ・チェイサーズ&20thシークレットチャレンジパック開封結果!

今回はまだ組むテーマを決めていないのでとりあえず二箱にしました

【DBインフィニティ・チェイサーズ:強くてオススメ汎用カード5選】テーマ色強いけどギリギリやりくり

毎度お馴染み【強くてオススメ汎用カード5選】のコーナー!

【デッキビルドパック-インフィニティ・チェイサーズ収録カード・レアリティまとめ】スーレア最大テーマは「呪眼」でした!

「デッキビルドパック-インフィニティ・チェイサーズ」の収録カードリ

《ローグ・オブ・エンディミオン》効果予想!ロード・オブ・マジシャンにとってのライデン的存在なのでは?

3月21日発売『Vジャンプ5月特大号』付録《ローグ・オブ・エンディ

《アンクリボー》の使用感良好!同名モンスターが双方の墓地にある場合は状況を見て対象を選択しようね!

▲可愛らしいイラストも良いよね 《アンクリボー》付録のVジャンプ

《復活の福音》需要上昇中!理由はオルタナティブ再録による「ブルーアイズ」?「レッドアイズ」?

少し前に《強欲で金満な壺》の記事をUPしましたが、それと同時に《復

【Vジャンプ4月号(アンクリボー付録)感想・レビュー】高橋和希先生描き下ろし複製原画応募者全員サービスもあるぞ!

▲表紙恰好良すぎ 本日発売(2/21)『Vジャンプ4月特大号』を

→もっと見る

PAGE TOP ↑