《エクスクローラー・クオリアーク》の画像・効果が公式情報サイトにて公開!【星杯関連?これが機怪蟲?】

公開日: : 最終更新日:2017/06/24 遊☆戯☆王.JP公開新カード情報

〈久々の蜘蛛モンスターだと思ったけど、クモグス君がいた!〉

『遊☆戯☆王』公式情報サイト「遊☆戯☆王.jp」にて7月8日発売『サーキット・ブレイク』に収録される新カード《エクストローラー・クオリアーク》が公開されました。

他の「クローラー」モンスターについて一切が不明なので、現時点では評価に困りますが、効果の仕様からして、大量展開・裏側守備でのリクルートから「リバース」の存在を感じさせます。

SPONSORED LINK

エクスクローラー・クオリアーク

《エクスクローラー・クオリアーク》
効果・リンクモンスター
地属性/昆虫族/LINK-2
「クローラー」モンスター2体
①:自分フィールドの「クローラー」モンスターの数によって以下を適用する。
●2体以上:自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●4体以上:相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。
●6体以上:自分のモンスターは直接攻撃できる。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

遊戯王.jpより引用
©2017 Konami Digital Entertainment

もしかして「星杯」関連?

イラストや効果の雰囲気から、何となく「星杯」との関連性を感じずにはいられません。

もし関連するテーマなのであれば、《星杯に誘われし者》等のフレーバーに登場する「機怪蟲」と呼ばれる存在と、この「クローラー」は何かしらの関係がありそうです。

続報は「遊戯王.jp」or「Vジャンプ」誌面とのこと!

裏側守備表示で2体釣り上げる効果部分には「リバース」テーマを感じさせますが、①効果で即座に「クローラー」カウントを増やさない防止策とも取れますね。

とりあえず続報は「遊戯王.jp」or「Vジャンプ」誌面との事なので、そちらに期待して待ちましょう!

蜘蛛っぽいモンスターがワラワラ湧いてくるテーマだったらええなぁ~(´・ω・`)

ソース元

「遊☆戯☆王.JP」《エクストローラー・クオリアーク》紹介記事

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    効果解説のところ裏側表示でなく表側表示になってますよ

  2. そもそもリンクスパイダーが…

  3. 匿名 より:

    ビジュアルがどストライク
    従来の昆虫たちとシナジーあったらいいなあ…

  4. 匿名 より:

    まともな昆虫族テーマは久しぶりなんじゃ?
    電子光虫は微妙な枚数しか出てないし

  5. 匿名 より:

    蜘蛛モンスター…ナンバーズ…うっ頭が

  6. 匿名 より:

    これは・・・インゼクター以来のマトモな昆虫族テーマ来るか?

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【Vジャンプ12月号(ホワイトローズ・ドラゴン付録)感想・レビュー】アキデッキを作るなら必ずゲット!《ゲーム小話》

本日発売(10/20)『Vジャンプ12月特大号』を購入して参りまし

【サベージ・ストライク追加購入記録】20thシク《ヴァレルロード・S・ドラゴン》を求めて!

昨日、足りないデッキパーツを求めて行き付けのショップに行ったんです

《エーリアン・ソルジャーM/フレーム》効果考察:毒蛇の供物やゴルガーとのシナジー濃いですね!【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』特集第二弾は、昔からコアなファ

「守護竜」の登場で《巨神竜の遺跡》が超絶強化!表側カードを何でも《ピスティ》《エルピィ》に変換可能!

皆さんは『SD-巨神竜復活-』に収録された《巨神竜の遺跡》とい

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第73話感想】紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる!

勝機を見誤った事により、ボーマンの「ストームアクセス」を許してしま

→もっと見る

PAGE TOP ↑