【遊戯王.JPにて天空聖騎士アークパーシアスが公開】パーシアスorカウンター罠サーチって斬新!

公開日: : 遊☆戯☆王.JP公開新カード情報

『遊☆戯☆王』公式情報サイト『遊☆戯☆王.JP』にて「Vジャンプ9月特大号」に掲載される新カード情報が先行公開されました。

新作カード情報ラッシュ第四弾は9月23日発売予定『ストラクチャーデッキR-神光の波動-』に収録される《天空聖騎士アークパーシアス》です。

エンジェルパーミは未だ根強い人気を持つデッキですし、これは嬉しい人も多いのではないでしょうか?

管理人は個人的に《裁きを下す者ボルテニス》のイラストと効果が凄く好きなのでそちらのリメイクにも密かに期待してしまいます。

SPONSORED LINK

天空聖騎士(エンジェルパラディン)アークパーシアス

カード画像・効果詳細はソース元でご確認ください。

自分のカウンター罠カードの発動や効果発動を無効にした場合に降臨するぜ!

自分がカウンター罠カードを発動した場合、または自分がモンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にした場合に手札・墓地から降臨するNEWパーシアス。

その際に手札・フィールド・墓地から天使族モンスター2体の除外コストが必要になりますが、墓地リソースを削るだけならそこまで重くも無いので大丈夫でしょう。

どことなく《裁きを下す者ボルテニス》っぽい効果ですね・・・(*´ω`*)

貫通効果のおかげでサーチ効果が通しやすいのがグッド!

《裁きを下す者ボルテニス》っぽい効果をゲットしてはいますが、パーシアスらしさもきちんと兼ね備えています。

パーシアスと言えば貫通効果ですが、更に戦闘ダメージを与えた時に発動できる「パーシアス」カードorカウンター罠サーチ効果のおかげで貫通する事の旨味が増していて素晴らしいですね。

ただ貫通するだけでは終わらない!

「パーシアス」カードがどれくらい増えるかにもよりますが、戦闘ダメージが通るととりあえず汎用カウンター罠をサーチされるってだけでも相当ヤバイですよね。(神通サーチします( `ー´)ノ

《勝利の導き手フレイヤ》がリメイクされる気がする

《裁きを下す者ボルテニス》のリメイクカードにも当然期待してしまいますが、《勝利の導き手フレイヤ》とか《豊穣のアルテミス》とかもリメイクされそうだよね・・・。

妄想するだけで夢が膨らむ・・・

9月23日の発売日が楽しみです(*´ω`*)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 柊 よつば より:

    戦わない、戦いの女神オリオンもリメイクされたら面白いんですがねw

  2. 匿名 より:

    毎ターンカウンター罠サーチは怖い。
    戦闘ダメージ必要とはいえ同名ターン1も無いし。
    複数並んだり、連撃させたり、アリアドネもいたりしたら酷いことになりそう。

  3. 匿名 より:

    フレイヤちゃんが僕の遊戯王の初恋だったから、買おうか迷ってる。
    でも、ガチっぽいデッキはもういらないからちょっとなぁ

  4. 匿名 より:

    最近なんで検索上位に出る記事ってこんな内容ばかりなんだろうか・・・。中身が無いと言うか。

  5. ランチョン より:

    このカードは冥王竜ヴァンダギルオンの効果を活かしやすそうな効果ですね。冥王竜は裏の手と考えれば共存は可能かな?

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

「守護竜」の登場で《巨神竜の遺跡》が超絶強化!表側カードを何でも《ピスティ》《エルピィ》に変換可能!

皆さんは『SD-巨神竜復活-』に収録された《巨神竜の遺跡》とい

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第73話感想】紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる!

勝機を見誤った事により、ボーマンの「ストームアクセス」を許してしま

【《ハーピィの羽根休め》の収録判明:DPレジェンドデュエリスト編4】条件付きで2ドローできるドロソ!

11月10日発売『DP-レジェンドデュエリスト編4』の情報が「

【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第一話感想】漫画の力で真実を照らす新感覚ミステリー!

《ハイキューの表紙が目印です》 発売から少し日は経ってしまいまし

【星杯ストーリー考察・解説】星櫃・守護竜の覚醒と終わる世界【星遺物を巡る戦いの歴史-第七幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑