【竜姫神サフィラ】『ガイドサフィラザボルグ風味』デッキを晒してみる。

公開日: : 最終更新日:2014/08/06 儀式デッキ , , ,

ガイドサフィラザボルグ風味

DSCF0559

モンスター20枚
上級モンスター
6:竜姫神サフィラ×3
8:轟雷帝ザボルグ×3
8:カオス・ソルジャー-開闢の使者-×1
下級モンスター
4:マンジュ・ゴッド×3
4:オネスト×2
3:魔界発現世行きデスガイド×2
3:儀式魔人リリーサー×2
3:儀式魔人デモリッシャー×1
1:エフェクト・ヴェーラー×2
1:虹クリボー×1
魔法カード16枚
祝祷の聖歌×3
成金ゴブリン×3
フォトン・サンクチュアリ×3
儀式の準備×2
サイクロン×2
ブラック・ホール×1
大嵐×1
死者蘇生×1
罠カード4枚
強制脱出装置×3
神の宣告×1
エクストラデッキ

シンクロモンスター
7:ブラックローズ・ドラゴン×1
7:月華竜ブラックローズ×1
4:虹光の宣告者×3
エクシーズモンスター
7:迅雷の騎士ガイアドラグーン×1
6:フォトン・ストリーク・バウンサー×1
6:セイクリッド・トレミスM7×1
6:No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ×1
6:ガントレット・シューター×1
4:鳥銃士カステル×1
3:No.17 リバイス・ドラゴン×1
3:発条機雷ゼンマイン×1
3:虚空海竜リヴァイエール×1
3:機装天使エンジネル×1

デッキコンセプト

とにかく「竜姫神サフィラ」の儀式召喚を狙う!序盤で「轟雷帝ザボルグ」の効果が発動できれば、相手のエクストラを破壊しつつ「虹光の宣告者」を墓地へ送り、儀式魔法・儀式モンスターにアクセスできる。「フォトン・サンクチュアリ」は「轟雷帝ザボルグ」の召喚や「竜姫神サフィラ」の儀式にも使用できるので便利。エクストラデッキに関してはザボルグの効果で自分のエクストラも壊滅するので結構適当、「儀式魔人リリーサー」と「儀式魔人デモリッシャー」で儀式召喚された「竜姫神サフィラ」はよっぽどの事がない限り突破されないのでエクストラデッキを使う機会も少ないです。

魔法カードは儀式デッキの性質上、事故は避けれないので「成金ゴブリン」などのドローソースは必要になると思います、「強欲で謙虚な壷」も便利なのですが特殊召喚できないデメリットがキツイ場面が多かったので抜きました、「手札断殺」や「手札抹殺」などを入れても面白いかもしれませんね~。

罠カードはとりあえず「強制脱出装置」と「神の宣告」を採用していますが、潔く「王宮のお触れ」3枚に絞ってもいいかもしれません。

正直な話、「轟雷帝ザボルグ」に惹かれて、ガイドサフィラに無理やりぶち込んだ感が強いので、ガイド要素を抜いて「高等儀式術」や「聖刻」軸に変更したほうがいいかもしれませんね、「フォトン・サンクチュアリ」からの「轟雷帝ザボルグ」オラァァァァ!!は爽快ですが、サイド無しのフリーなどで1ターン目に決まってしまうと場が最高に冷めるのでご注意ください。

 

SPONSORED LINK

関連記事

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

《天空神騎士ロードパーシアス》効果考察:輪廻のパーシアスからの特殊召喚は必殺の輝き【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』特集第三弾は、「天空の聖域」で

【Vジャンプ12月号(ホワイトローズ・ドラゴン付録)感想・レビュー】アキデッキを作るなら必ずゲット!《ゲーム小話》

本日発売(10/20)『Vジャンプ12月特大号』を購入して参りまし

【サベージ・ストライク追加購入記録】20thシク《ヴァレルロード・S・ドラゴン》を求めて!

昨日、足りないデッキパーツを求めて行き付けのショップに行ったんです

《エーリアン・ソルジャーM/フレーム》効果考察:毒蛇の供物やゴルガーとのシナジー濃いですね!【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』特集第二弾は、昔からコアなファ

「守護竜」の登場で《巨神竜の遺跡》が超絶強化!表側カードを何でも《ピスティ》《エルピィ》に変換可能!

皆さんは『SD-巨神竜復活-』に収録された《巨神竜の遺跡》とい

《混沌の戦士カオス・ソルジャー》効果考察:EXデッキに入る開闢!リンク3の限界を超えるスペック【リンクヴレインズパック2】

『リンク・ヴレインズ・パック2』の情報についに解禁されましたね

【新規入り「不知火」デッキ・カード考察】《逢魔ノ太刀-不知火》は滅茶苦茶強い!しかし、デッキの落とし所が超難しい!

正直な話、新規入りの「不知火(しらぬい)」デッキの作成…難航し

【リボルバーのエースモンスター:ヴァレル×トポロジック特集】リンク召喚の頂点を目指す!【サベージ・ドラゴン追記】

ハノイの崇高なる力を遺憾なく発揮するリーダーの鏡リボルバー様。

→もっと見る

PAGE TOP ↑