【竜姫神サフィラ】『ガイドサフィラザボルグ風味』デッキを晒してみる。

公開日: : 最終更新日:2014/08/06 儀式デッキ , , ,

ガイドサフィラザボルグ風味

DSCF0559

モンスター20枚
上級モンスター
6:竜姫神サフィラ×3
8:轟雷帝ザボルグ×3
8:カオス・ソルジャー-開闢の使者-×1
下級モンスター
4:マンジュ・ゴッド×3
4:オネスト×2
3:魔界発現世行きデスガイド×2
3:儀式魔人リリーサー×2
3:儀式魔人デモリッシャー×1
1:エフェクト・ヴェーラー×2
1:虹クリボー×1
魔法カード16枚
祝祷の聖歌×3
成金ゴブリン×3
フォトン・サンクチュアリ×3
儀式の準備×2
サイクロン×2
ブラック・ホール×1
大嵐×1
死者蘇生×1
罠カード4枚
強制脱出装置×3
神の宣告×1
エクストラデッキ

シンクロモンスター
7:ブラックローズ・ドラゴン×1
7:月華竜ブラックローズ×1
4:虹光の宣告者×3
エクシーズモンスター
7:迅雷の騎士ガイアドラグーン×1
6:フォトン・ストリーク・バウンサー×1
6:セイクリッド・トレミスM7×1
6:No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ×1
6:ガントレット・シューター×1
4:鳥銃士カステル×1
3:No.17 リバイス・ドラゴン×1
3:発条機雷ゼンマイン×1
3:虚空海竜リヴァイエール×1
3:機装天使エンジネル×1

デッキコンセプト

とにかく「竜姫神サフィラ」の儀式召喚を狙う!序盤で「轟雷帝ザボルグ」の効果が発動できれば、相手のエクストラを破壊しつつ「虹光の宣告者」を墓地へ送り、儀式魔法・儀式モンスターにアクセスできる。「フォトン・サンクチュアリ」は「轟雷帝ザボルグ」の召喚や「竜姫神サフィラ」の儀式にも使用できるので便利。エクストラデッキに関してはザボルグの効果で自分のエクストラも壊滅するので結構適当、「儀式魔人リリーサー」と「儀式魔人デモリッシャー」で儀式召喚された「竜姫神サフィラ」はよっぽどの事がない限り突破されないのでエクストラデッキを使う機会も少ないです。

魔法カードは儀式デッキの性質上、事故は避けれないので「成金ゴブリン」などのドローソースは必要になると思います、「強欲で謙虚な壷」も便利なのですが特殊召喚できないデメリットがキツイ場面が多かったので抜きました、「手札断殺」や「手札抹殺」などを入れても面白いかもしれませんね~。

罠カードはとりあえず「強制脱出装置」と「神の宣告」を採用していますが、潔く「王宮のお触れ」3枚に絞ってもいいかもしれません。

正直な話、「轟雷帝ザボルグ」に惹かれて、ガイドサフィラに無理やりぶち込んだ感が強いので、ガイド要素を抜いて「高等儀式術」や「聖刻」軸に変更したほうがいいかもしれませんね、「フォトン・サンクチュアリ」からの「轟雷帝ザボルグ」オラァァァァ!!は爽快ですが、サイド無しのフリーなどで1ターン目に決まってしまうと場が最高に冷めるのでご注意ください。

 

SPONSORED LINK

関連記事

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【天威龍の汎用性を探る】メタルフォーゼ等通常ペンデュラムと相性抜群?簡易融合なども巧みに使っていこう!※追記

本日は『ライジング・ランペイジ』に収録される「天威龍(てんいり

【ライジング・ランペイジ収録カードまとめ】ウィッチクラフト,妖仙獣,フォーチュンレディ等、既存テーマ新規強化祭!【ブラスターキャノン・コア追記】

4月13日発売『ライジング・ランペイジ』の収録カード情報まとめです

【コナミのゲーム作品が元ネタの遊戯王カード】「グラディウス」「沙羅曼蛇」【シューティング編】※久々の更新

このブログの開始当初に作成した【コナミゲーム作品が元ネタの遊戯

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第94話感想】猛る尊!サラマングレイト新たなフィールド魔法も登場!?

サブタイ通りの素晴らしい猛りっぷりでした。 途中から参戦した

《巨大戦艦ブラスターキャノン・コア》カードイラスト・効果公開!「0.4.1.3. 巨大戦艦新規ガ、ヤッテクル!」

アニメ放送後の定期ツイートにより、4月13日発売『ライジング・ラン

【ローグ・オブ・エンディミオン裁定】セットしたターンにカードを発動(表側にするだけ)は出来ません!

「Vジャンプ5月特大号」付録《ローグ・オブ・エンディミオン》の裁定

【Vジャンプ5月号(ローグ・オブ・エンディミオン付録)感想・レビュー】セットしたターンに表にしたいです(白目)

▲表紙恰好良すぎ 本日発売(3/20)『Vジャンプ5月特大号』を

【バスターモード出張】《サイキック・リフレクター》使ってる?手札を減らさずシンクロ召喚!

皆さんは《サイキック・リフレクター》を絡めた「バスター・モード」出

→もっと見る

PAGE TOP ↑