【鋼鉄の襲撃者(ヘビーメタル・レイダース)効果考察】ランチャースパイダー対応してないんだけど…(泣)

公開日: : 魔法カード

キースの最後の新規カードは、《鋼鉄の襲撃者》という名のフィールド魔法でした。

「鋼鉄の襲撃者」と言えば、原作漫画120話のサブタイトルであり、城之内vsキースの一戦で城之内が《落とし穴》で「ドカーン!」するエピソードです。

その後、再録パックの名前になったりと…何かと縁のある言葉なんですよね。

遊戯王 鋼鉄の襲撃者 BOX

遊戯王 鋼鉄の襲撃者 BOX

posted with amazlet at 17.11.10
コナミデジタルエンタテインメント
売り上げランキング: 250,398

 

ちなみに新品ボックスは3万越えとの事です…高い事よりも未開封が現存してることが凄いよね。箱を未開封で保管しておくとか管理人には絶対に真似できない(絶対剥いちゃう)

横道にそれてしまいましたが、《鋼鉄の襲撃者》の考察記事行ってみましょう!

SPONSORED LINK

鋼鉄の襲撃者(ヘビーメタル・レイダース)

《鋼鉄の襲撃者》
フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分の機械族・闇属性モンスターは、それぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されず、その戦闘で自分が戦闘ダメージを受けた場合、その数値分だけ攻撃力がアップする。
②:1ターンに1度、自分フィールドの元々の種族・属性が機械族・闇属性のモンスターが、戦闘または自身の効果でフィールドのカードを破壊した場合に発動できる。手札から機械族・闇属性モンスターを特殊召喚する。
効果 機械族・闇属性モンスターにターン1の戦闘破壊耐性とベエルゼヨロシクの打点アップ効果を付与するフィールド魔法です。更に自分のモンスターが戦闘破壊や効果破壊を成功させると手札から機械族・闇属性モンスターを特殊召喚可能ッ!

新規収録される《BM-4ボムスパイダー》《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》との噛み合わせも抜群に良いので最高のサポートカードって感じです。

キースは割かし上級・最上級を愛する男ですからね…素晴らしい新規です。

汎用性 機械族・闇属性モンスターならば問題なくシナジーを得られるカードなので汎用性は上々。特に能動的に②効果を誘発できるデッキとの相性は抜群です。

《BM-4ボムスパイダー》も割かし汎用カードですし、一緒に出張させるって事も可能かな?

イラスト 「あれはキースを昔から支えてきたモンスター」

《メタルデビルゾア》《スロットマシーンAM-7》《振り子刃の拷問機械》《スフィア・ボム 球体時限爆弾》《TM-1ランチャースパイダー》《メガトロン》…鋼鉄の襲撃者(メタル・レイダース)のお出ましだぜ!

《TM-1ランチャースパイダー》《メガトロン》の二体については後記します(笑)

【悲報】TM-1ランチャースパイダー非対応

遊戯王カード TM-1ランチャースパイダー VOL7-28N

スパイダー:「僕はみんなとは違うんだ…(涙)」

「イラストカッケー!」からの、「あれ?ランチャースパイダーって闇属性だっけか?」からの、「涙」。

ショウガナイ事とは言え、イラストに載ってるのにシナジー皆無ってのは余りにも辛い。

まぁ、《BM-4ボムスパイダー》が代わりってことなんでしょうね…( ˘•ω•˘ )

メガトロン:「俺、カードになってないんだけど?」

ゲーム作品では何度か収録された経験をお持ちですが、リアルカードになっていない《メガトロン》さんも左上にいてビックリ!

《ランチャー》は犠牲になり、《メガトロン》は優遇された…(複雑)

これはひょんなタイミングでのOCG化に期待がかかります!

左右と中央にあるレーザー砲で攻撃してくるから要注意だ!

相性の良いデッキを探せ!

「ギミック・パペット」では使えなくはないけど…って所かな?

 効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1200/守2000
自分のメインフェイズ時に、フィールド上の 「ギミック・パペット」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。 選択したモンスターを破壊する。 この効果はこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り1度しか使用できない。 また、このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、 手札から「ギミック・パペット」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚できる

 

少し前に《ギミック・パペット-死の木馬》を記事にしましたが、《鋼鉄の襲撃者》を展開していれば、合計3体のモンスターを特殊召喚できるカードになっちまったぜ!

「でも手札消費激しいなぁ…」

もう少しハンドアドを稼ぐ手段が確立されれば使えなくもないけど…。

でも《死の木馬》との相性はやっぱり悪くないですね(笑)

「A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス)」で使える?

機械族の闇属性モンスターと言えば「A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス)」。

管理人自身が「A・O・J」に全く詳しくないというのが最大の問題ですが、そこまで展開力の高いデッキでもなかった…と記憶しているので使えそうな気がします。フィールド魔法なかったよね?

「裏サイバー」とかも考えたけど、あっちは専用フィールド使った方が強そうだしなぁ…。

《クラッキング・ドラゴン》を出そう!

効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻3000/守 0
(1):このカードは、このカードのレベル以下のレベルを持つモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在し、相手がモンスター1体のみを召喚・特殊召喚した時に発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時までそのレベル×200ダウンし、ダウンした数値分だけ相手にダメージを与える。

 

《鋼鉄の襲撃者》って名前と《クラッキング・ドラゴン》はマッチしますね!

イメージがモリモリと沸いてくる組み合わせですよ!

コイツは「ヘビーメタル・レイダース型クラッキング・ドラゴン」デッキ作るっきゃねぇな…。

やっぱり上級や最上級を出したいよね

汎用性はそれなりにありますが、やっぱり出してそのまま戦える強力な上級・最上級モンスターのサポートに使いたいですね!

《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》にはセルフ特殊召喚効果があるので、《リボルバー・ドラゴン》を展開できたら御の字って感じかな?

イラストもカッコイイ最高の一枚でした((((oノ´3`)ノ

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    リアクター達も破壊なんで強化貰ってしまいましたね!

  2. ラララ より:

    ドラゴノイド・ジェネレーターも相性がいいから採用したら面白いかも

  3. 匿名 より:

    少し相手に依存するところはありますがジャイアントキラーが効果を2回使えることを利用して1回目をトリガーに強襲の効果でボムスパイダーを出して2回目でモンスターを破壊してボムスパイダーの効果(+対象がエクシーズならジャイアントキラーの効果)でバーンというのはどうでしょう

  4. 匿名 より:

    メガトロンはゲーム内には出たんだけどな・・・(頼むよコナミさん)

    コレはボマー強化。

  5. 匿名 より:

    メガトロンはトランスフ○ーマーのほうを連想させちゃうから出せないのかな

  6. 匿名 より:

    aojは①の効果とdna移植手術がアンチシナジーなのが辛そう。 個人的にはリバースブレイクの使い道が少しずつ増えてきてるのが嬉しい(使えるようになったわけではないのが悲しい)

    • cast より:

      あーそうか… カタストルでバンバン割りながら展開するってのはカッコイイと思ったんだけどなぁ…残念

  7. 匿名 より:

    打点に不安のあるサイコショッカーも強化されたのかな?

  8. 匿名 より:

    サイバー・ダーク も割と相性が良いぞ!

コメントを残す

【リンク・ヴレインズ・パック意識調査結果発表】期待と不安がぎっしり詰まったパックになりそう

投票やコメントが緩やかになって来たし、あまり長くやっても逆に発表の

【エスパー絽場がデュエルリンクスに参戦】ドロップ報酬・レベル40デッキレシピ情報《サイコショッカー》の入手は流石にダメらしい(笑)

エスパー絽場が『遊戯王デュエルリンクス』に参戦! まだイベン

【意外と知らないモリンフェンの元ネタ】ガロウブレイドも仲間に入れてくれ

《モリンフェン》と言えば、スリーブ人気投票で滑り込み入賞を収め

【サモン・ソーサレス付録「Vジャンプ1月特大号」の発売日】付属カード・掲載漫画感想など

〈身勝手の極意バージョンの悟空が表紙〉 本日は「Vジャンプ1月特

【サイバネット・ストームでストームアクセス!】百万喰らいのグラットンでむしゃむしゃすれば狙って特殊召喚可能だな(ロマンとは…)

サイバース関連のストラクやスターターデッキには、毎回「サイバー

【リンク・ヴレインズ・パック収録カード】現在判明している新規・再録カードをテーマ・カテゴリ別にお届け

皆が楽しみでしょうがない『リンク・ヴレインズ・パック』のカード

【ジェムナイト・ファントムルーツ効果考察】ジェムナイトカードサーチに除外も使える融合効果で大満足!

熱き心と血潮を持つ戦士《ジェムナイト・クリスタ》が、僕らの元に

【リンクヴレインズパック意識調査】これを機に遊戯王を始めよう・復帰しようと考えている人はいますか?

『リンク・ヴレインズ・パック』に関する記事をUPすると、「これを機

→もっと見る

PAGE TOP ↑